闇営業芸人が謝罪会見できない理由 闇の深さ

カラテカ入江の口利きで吉本興業らに所属するタレントが闇営業をし、反社会勢力である詐欺師集団からギャラを受け取っていた事件ですが、宮迫博之らは修正申告を済ませたと報じられています
しかし、これで一件落着、とはいかない事情を芸能メディアが報じています


今回の不祥事が明るみになったとき、同じく「よしもと」の千原ジュニアは、「先輩である2人(宮迫と田村亮)が矢面に立って、質疑応答込みの記者会見を開くべきだったんじゃないかと思う」と主張。ツイッターやラジオで一方的に釈明していたことを責め、「記者会見して質疑応答してすべてさらけ出した方が、今後、復帰するためにも良かったんじゃないかと思う」と続けた。
さらに7月15日放送のMBS『ミント!』でも、たむらけんじが「宮迫さんに記者会見をしてほしい。記者会見をして宮迫さんの口から話してほしいし、被害者の方に対する謝罪も聞きたい。僕は早く記者会見を開くべきだと思っています」とアドバイス。月亭方正も「会見をしないと世間が納得しない」「宮迫、亮だけではなく、みんなで」と話していた。
「今回の不祥事で一番問題になっているのは、〝闇営業〟などではなく、〝ウソ〟をついたこと。もし、謝罪会見でも〝ウソ〟をつけば、復帰は永久にできなくなります。しかし、会見では『この件以外もグレーな闇営業をした経験は?』など、聞かれることは確実。十中八九、宮迫たちが〝闇営業〟をしたのはこれが初めてじゃないので、そこらへんをすべて明かさなければならなくなるのです。そして内容によっては、二度と復帰ができなくなるでしょうね」(芸能記者)
ネット上でも、
《突っ込まれてボロが出るからダメだな》
《「今まで何回くらい闇営業やりましたか?」「そのお金は申告しましたか?」「これから修正申告しないんですか?」 の質問で本当のこと言ったら、追徴金で破産》
《正直に言う→アウト。嘘をつく→証拠が出てきてアウト。会見は絶対にできないよね》《謝罪会見でなく、引退会見しかできないよ》
などと揶揄されている。
とはいえ、グレーなままの復帰がかなうはずもない。宮迫の仕事復帰は、想像以上に難しそうだ。
(まいじつの記事から引用)


確かに宮迫らはラジオやツイッターで一方的に謝罪を表明しただけであり、記者会見をしていません
禊のために記者会見が必要であるかどうかは議論の分かれるところながら、中途半端な対応はかえって疑いを招くだけでしょう
闇営業が今回だけ、とは誰も思わないはずで、芸能記者たちが「過去には相当回数の闇営業を繰り返していただろう」と憶測をするのは当然です。取材であれ、記者会見であれ、そこに突っ込まずにはいられません
当然、受け取ったギャラは所得として申告していないわけで、脱税で調査を受けるのは必至です
ギャグで誤魔化せるような話ではなく、それだけで契約解除→芸能界引退につながる事態です
別の報道によれば、この夏にも「行列のできる法律相談所」に島田紳助をサプライズゲストとして出演させ、芸能界復帰を実現させる計画があったのだとか。宮迫らが反社会勢力との繋がりを持った件が表沙汰になったため、この島田紳助復帰計画がダメになってしまい、吉本興業の幹部が激怒している云々と伝えられています
当面、宮迫らの無期限謹慎が解除される見通しはないのであり、復帰させるための環境作りにも苦労するのでしょう
昔なら、「24時間テレビ」で100キロマラソンに挑戦させ、顔を歪めながら走り続ける姿を映し出すことによって視聴者の共感を引き出し、禊とする手もあったと思いますが、今ではかえってバッシングを招く結果になりそうです

(関連記事)
カラテカ入江 闇営業で解雇処分
カラテカ入江 闇営業で吉本芸人11名謹慎
闇営業で宮迫100万円、田村亮50万円受け取る
吉本興業社長会見が火に油 コンプライアンス不在の無法
24億円横領犯と飲み歩いていたラモス瑠偉
ティッシュ王子こと大王製紙の井川会長 80億円の使い込み発覚
ティッシュ王子「孤独なエリート」という表現の怪
100億円使い込み ティッシュ王子の高飛車な謝罪文
「ティッシュ王子」大王製紙会長はギャンブル狂 80億円注ぎ込む
「オヤジ殺し」と書かれた沢尻エリカ
有栖川宮を名乗った詐欺師
何から何までウソだらけ 経営コンサルタント「ショーンK」
診療報酬詐欺のタレント女医 武将の子孫はウソ
「三井財閥の子孫」と騙した女詐欺師逮捕
「母さん助けて詐欺」の名称で犯罪を防げるのか?
実在しない100万ドル札で詐欺 過去にも発生
引退後も蒸し返される島田紳助待望論の怪
島田紳助が講談社を名誉毀損で訴える
島田紳助 芸能界復帰特番撮影との噂
吉本社長「紳助君の復帰、信じてる」発言で大炎上
島田紳助引退 ヘキサゴンファミリーの行く末