天才少年少女の孤独 英才教育の是非

NHKクローズアップ現代+「知られざる天才"ギフテッド"の素顔」で、IQの極めて高いこどもたちが、日本の学校の中で息苦しさを感じている実態を報じています
生憎と番組そのものは見ていませんので、概要を伝える報道を引用します


浮きこぼれに苦しむ「IQ130以上の超天才少年・少女」たち!普通と違い過ぎると偏見や差別
沖縄の大学1年生の太田三砂貴さんは、小学生のときにアインシュタインの相対性理論を理解し、高校での知能検査はIQ188、5億人に1人と言われる高い数値だった。教室の黒板いっぱいに数式を書き並べて、「これが一番幸せ。美しい」と話す。
1歳後半でローマ字、3歳で漢字を書くような能力を両親も理解できず、大学進学を諦めかけた。父親は「自分から天才が生まれると思っていませんでした。だから、専門学校で技術を身につけてと思いました」と語る。三砂貴さんは「だれかわかってくれる人はいないかと、孤独感がありました」という。
IQ130以上の人たちを、「天から与えられた」という意味で「ギフテッド」と呼ぶのだそうだ。どこの国でも、人口のほぼ2%ほど、日本では約250万人がいる。「クロ現+」が彼らにアンケートしたところ、90.2%(回答数122)が何らかの「生きずらさ」を訴えた。
札幌市の宮田太郎くんは小学6年生だ。入学前から掛け算や分数を理解していた。母親の邦子さんは「興味を持つことが他の子どもさんと違うので、育てにくい」という。医学や生物が大好きだが、本を読んでいると友だちが閉じてしまう。先生も「彼は宇宙人で理解できない」と言い放った。
「落ちこぼれ」ならぬ、「浮きこぼれ」というのだそうだ。アンケートでは、「人間関係のストレスで体調を崩した」「はみ出しもののレッテルを貼られた」「9年間不登校だった」というものもあった。
小学6年生の檜垣大峯くんも浮きこぼれだ。課題を終えて、「次を」と言っても、先生は「みんなが終わってから」と応じてくれない。小学1年生のときから不登校になった。学校の代わりに水族館に行った。そこで、アメリカ、カナダには「ギフテッド」教育があることを知り、両親を説得して5年生からカナダに留学した。
公立小学校に通いながら、大学の生物学の授業に出ている。「こんなにいい環境があるんだ、教育システムがあるんだと、充実した毎日を過ごしていると実感しています」と、まるで大人の口調だ。
(以下、略)


世の中には一芸に秀でた子を伸ばすべきだと主張する人もいれば、諸々の能力を平均レベルに引き上げて世渡りに適するよう教育すべきだ、と
主張する人もいます。日本の学校教育は明らかに後者の立場です
一芸に秀でていたとしてもそれが社会で通用しないケースもあるのですから、特に秀でた能力はなくても平均的な人間である方がましだ、とするシニカルな考えが幅を利かせるのは理解できます
「ギフテッド」という考え方に日本人は違和感を抱くのかもしれません。選ばれた人、という幾分高慢な印象があるためです
しかし、キリスト教文化圏では「生まれ持った才能」を神からの賜りものと扱い、その才能を発揮することこそ神の恩寵に応える途であり、神を称える行為(信仰)だと説きます。もちろん、現実には一般人の妬みややっかみも存在しますので、天才少年、少女たちがすくすくと成長できるとは限りません
クローズアップ現代の中ではソフトバンクの孫正義会長を取り上げ、「3年前、『異能』の発掘を掲げて育英財団を立ち上げた。異能の持ち主の進学・留学の支援をしようというのだ。孫氏は『異能を伸ばすという点で、日本はあまり得意じゃない。産業や学術のリーダーになりうる芽を伸ばしていきたい』」とのコメントを取り上げています
果たして「異能の持ち主」が企業経営者に向いているのか、特定プロジェクトのリーダーに向いているのかは判断が難しく、あくまで個人の資質の問題でしょう
わざわざ海外へ留学せずとも、日本国内で相応の教育の機会が得られるようになるのが理想です。公立学校では無理なので、私立学校が特色ある教育の機会を提供してはどうか、と思いましたので紹介しました

(関連記事)
天才児を取り巻く人たち 映画「ギフテッド」
「財務省は天才が減った」と書く財務省OB
韓国「天才数学少女」の嘘がバレて大騒ぎ
「天才数学少女」 大学合格証偽造の異常行動
天才少女の行方 虚言症だった可能性
韓国が持ち上げる天才児 12歳でコーネル大進学
フィールズ賞を期待される韓国の天才少年
高校生数学オリンピク優勝でフィールズ賞を夢見る韓国
「数学のノーベル賞」 フィールズ賞を渇望する韓国
韓国の元祖天才少年 その後
「日本は英語が苦手でもノーベル賞を取る」と説く韓国人学者
15歳で博士号 韓国の天才少年はその後
韓国の天才少年 博士論文盗作バレる
韓国教授 難問「「ヤン-ミルズ問題」証明と報じられるも…
天才少年少女の憂鬱 14歳でケンブリッジ入学
ノーベル賞学者の息子は天才ハッカー 下村努
岩井圭也「永遠についての証明」
スタンフォード大裏口入学に7億円払った中国人
少年革命家ゆたぼんを考える
天才将棋少女 林葉直子の不倫、借金