あいちトリエンナーレ 展示再開を協議も東浩紀は逃亡

あいちトリエンナーレの企画展「表現の不自由・その後」を巡るドタバタがまだ続いています
展示中止に不満を爆発させた企画展の実行委員会の言い分は、本来実行委員会に諮るべき重大な決定を大村愛知県知事と津田大介芸術監督が一方的に行った、というものです
「表現の不自由」を目玉に据えたのは津田大介ですから、身内であり応援団である実行委員会から突き上げに困惑しきっているのでしょう
ここで実行委員会を敵に回してしまうと、彼の左翼系ジャーナリストという立ち位置まで危うくなってしまうからです


「あいちトリエンナーレ2019」で、慰安婦を象徴する少女像を含む企画展に脅迫メールなどが相次ぎ展示が中止となった問題で、愛知県の大村秀章知事は13日、津田大介芸術監督が中心となって展示再開について、企画展の実行委員会と協議していく考えを明らかにしました。
企画展の実行委員会はこれまで、大村知事に対し書面で展示再開に向けた協議を申し入れていました。
大村知事は13日の会見で、芸術監督の津田氏を中心に事務局が企画展の実行委員会と協議していく考えを述べました。
県は、企画展が中止となった経緯などを検証する委員会を今月16日に開く予定です。
(中京テレビニュースの記事から引用)


他方で、大村愛知県知事は事前に慰安婦像の展示を津田芸術監督から知らされ、「騒動になる」と予感していたのだとか。それでも津田に押し切られる形で企画展を認めた、と経緯を明らかにしています


国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、いわゆる従軍慰安婦を象徴する少女像などの展示が中止となった問題について、実行委員会会長の大村秀章・愛知県知事は13日の定例記者会見で、今年6月に展示内容を初めて知り、一部作品を展示しないよう企画者に要望したと明らかにした。
大村知事や実行委事務局によると、大村知事が6月に「表現の不自由展・その後」の説明を受けた際、芸術祭の企画責任者である津田大介芸術監督に対し、少女像について、「本当にやるのか。展示はやめてもらえないか」「実物ではなく、パネルにしてはどうか」などと伝えたという。
企画展の運営メンバーからは「それなら、この企画展を全てやめる」などの話もあり、最終的に、来場者に写真撮影やSNS投稿を控えてもらうことで、展示することになったという。
大村知事は「強い要望・希望は申し上げたが、それを超えると憲法21条(表現の自由の保障)の話になる」と説明。「相当様々な意見が来るとは思った」としながらも、「警備の増強など、行政としてできる限りの対応はした。テロ予告や脅迫などは予想しなかった」と述べた。
(読売新聞の記事から引用)


先に挙げた企画展実行委員会は展示の再開を強硬に主張しているのですが、いかに安全を確保するか明確なアイディアはありません
会場の警備員を増やしても、丸腰の警備員がテロを敢行しようとする人物を阻止するのは困難であり、警備員が犠牲になるだけでしょう。同じく、会場の警備に警察官を動員しても、例えば爆発物を持ち込もうとするテロリストを阻止できるかは分かりません。自爆覚悟のテロリストなら躊躇なく警察官を巻き添えにするはずです
どちらにせよ、犠牲者を出す結果になります
実行委員会は頭に血が上っていますから、何人犠牲者が出ようが展示を再開すべき、と結論付け妥協する気はないのでしょう
津田大介や実行委員会メンバーはエアコンの効いた別室で世間話でもしながら展示場の様子を監視カメラで視聴するだけで、自ら体を張って展示を守ろうとする気があるとは思えません
また、たとえ彼らが体を張ったとしても、テロを100%防げるはずはありません。展示手法が一方的な政治宣伝である以上、反対者が湧いて出るのは防げないのです
さて、芸術監督のアドバイザーである思想家の東浩紀は、ツイッターで辞任する意向を表明しています
津田大介の応援団が逃げ出した、と書けば酷かもしれませんが、事実はそのとおりです


愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で企画展「表現の不自由展・その後」が中止になった問題をめぐり、芸術祭の企画アドバイザーを務める思想家、東浩紀さんが14日、辞任する意向をツイッターで明らかにした。
ツイートによると、東さんは、展示を取りやめる海外の作家らの動きが出たことを受け「ぼくの力が及ばず、県民のみなさま、出展者のみなさま、申し訳ありませんでした」と謝罪。既に芸術祭の事務局と津田大介芸術監督にもメールで辞意を伝えたとしている。
不自由展中止をめぐっては、韓国人作家2人が抗議として出品を取り下げ、展示が取りやめとなったほか、企画展とは別の展示に参加する米国の報道機関が出品の取り下げを要請し、10日から展示が休止されている。
(産経新聞の記事から引用)


東浩紀はあいちトリエンナーレ開幕前、津田大介大術監督とともにニコニコ動画に出演し、悪ノリとも言える態度で「炎上の可能性」を煽っていました。実際に炎上してから「不適切な言動だった」と謝罪しているのですが、あまりに軽すぎでしょう
得意の弁舌を駆使し、アドヴバイザー辞任を正当化する理屈を長々と語るのかもしれません

(関連記事)
東浩紀「韓国との多文化共生を諦めてはならない」
あいちトリエンナーレ 逃亡した東浩紀の言い分
あいちトリエンナーレ 「河村市長は二度と政治にかかわるな」と書く朝日新聞
あいちトリエンナーレ 津田大介はなぜ炎上したのか?
あいちトリエンナーレ 琉球新報「表現の自由を守れ」
あいちトリエンナーレ「表現の不自由」展とは何だったのか?
慰安婦像展示のあいちトリエンナーレ 炎上騒動で企画展中止
捏造で日本批判を行う韓国の教科書
証拠写真を捏造 歴史を歪曲する韓国
原爆Tシャツ防弾少年団にユダヤ系団体が喝!
韓国メディア 日本のアニメを使って「従軍慰安婦」の証拠を捏造
慰安婦像問題で日本政府を批判 朝日新聞社説
釜山領事館前の少女像で日韓関係紛糾
慰安婦問題 韓国が安倍首相の「おわびの手紙」要求
サンフランシスコ裁判所 慰安婦訴訟を門前払い
オーストラリア 韓国従軍慰安婦像設置を否決
韓国朴大統領 慰安婦問題で日本批判
朝日新聞「慰安婦」捏造報道で謝罪
元朝日記者「慰安婦記事」訴訟で敗訴
慰安婦合意に反発する韓国世論3 元慰安婦は合意に反発
慰安婦合意に反発する韓国世論2 「帝国の慰安婦」に名誉毀損判決
慰安婦合意に反発する韓国世論1 国際法学者の妄言