あいちトリエンナーレ 逃亡した東浩紀の言い分

あいちトリエンナーレの「表現の不自由展・その後」が炎上騒動となり、アドバイザーを辞任した東浩紀の言い分を取り上げます
本人なりに筋道を通し、辞任に至った理由を説明しているのですが、「事前に炎上するのは察知していた」発言からすれば、後付けの言い訳に聞こえてしまうのはやむを得ないところでしょう
事前に察知していたなら、なぜもっと展示内容の再考を強く訴えなかったのか、問題提起をしなかったのかと誰もが思うはずです
展示開始前、芸術監督の津田大介と「和気あいあい」の掛け合い漫才のようなトークショーを披露しておきながら、騒動が起きてから「実は事前に察知していました」と言い出したのですから、不信感しか湧きません
以下、東浩紀のツイッターから一部を引用します(一部ではありますが、悪意をもって切り取りしたのではなく、東浩紀の意図は十分に汲んだつもりです)


「表現の自由」vs「検閲とテロ」という構図は、津田さんと大村知事が作り出した偽の問題だと考えています。
ぼくはこの1週間、津田さんにはそれを訴えてきました。
ではなにが本質だったのか。それは「外交問題に巻き込まれたこと」と「市民への説明不足」だというのが、ぼくの考えです。
慰安婦像については、政治家やメディア(海外含む)に政治的に利用されてしまいました。
天皇作品については、過激な表現が多くの市民にショックを与えました。
それゆえ、ぼくは津田さんに、論点をこの2点に絞り、外交問題に安易に巻き込まれる展示を行ったこと、市民に十分な説明をしないまま過激な作品を展示しショックを与えたことについて、まず誠実な謝罪をし、そのうえで対策について市民や出展者を巻き込んで議論をすべきだ、と提案しました。
そして、市民や出展者の信頼を回復し、「議論の場の再設定」を実現可能なものにするために、まずは混乱の責任をとって監督を辞任し、ほかのキュレイターと協力関係を築くべきだと提案しました。
けれども、残念ながら、津田さんを動かすことはできませんでした。
ぼくの観察するかぎり、今回「表現の不自由展」が展示中止に追い込まれた中心的な理由は、政治家による圧力や一部テロリストによる脅迫にあるのではなく(それもたしかに存在しましたが)、天皇作品に向けられた一般市民の広範な抗議の声にあります。津田さんはここに真摯に向かい合っていません。
それら抗議は検閲とはとりあえずべつの問題です。
日本人は天皇を用いた表現にセンシティブすぎる、それはダメだと「議論」することはできますが、トリエンナーレはその日本人の税金で運営され、彼らを主要な対象としたお祭りでもあります。
芸術監督として顧客の感情に配慮するのは当然の義務です。
この問題を「表現の自由」vs「検閲とテロ」の構図でとらえているかぎり、そこには出口がありません。


多くの新聞が社説で指摘するとこの、「政治家による展示への批判は検閲であり、けしからん。表現の自由を守れ」との主張は問題の本質をとらえたものではないとの指摘は重みがあります
ただ、そうした問題意識を東浩紀が炎上騒動になる前に持っていたのかどうか?
騒動が起きて、各種メディアの取り上げ方を見て、そこに気がついたのかもしれません
東浩紀が今回の事件をどう考え、解釈していったのか時系列がはっきりしないので、すべてを後付けの理屈のように断じるのは不適切とは思うものの…
そして最初に指摘したように、アドバイザーとして芸術監督の津田大介や実行委員会のメンバーとどこまで真摯に議論を深めていたのかも大いに疑問です
袂を分かった今となっては互いに相手を批判するだけで、真摯な議論などできるはずもないのでしょう
企画展の失敗、という苦い事実だけが残り、喪失感だけが漂う結果になりました

(関連記事)
東浩紀「韓国との多文化共生を諦めてはならない」
あいちトリエンナーレ 展示再開を協議も東浩紀は逃亡
https://05448081.at.webry.info/201908/article_11.html
あいちトリエンナーレ 「河村市長は二度と政治にかかわるな」と書く朝日新聞
https://05448081.at.webry.info/201909/article_9.html
あいちトリエンナーレ 津田大介はなぜ炎上したのか?
あいちトリエンナーレ 琉球新報「表現の自由を守れ」
あいちトリエンナーレ「表現の不自由」展とは何だったのか?
慰安婦像展示のあいちトリエンナーレ 炎上騒動で企画展中止
捏造で日本批判を行う韓国の教科書
証拠写真を捏造 歴史を歪曲する韓国
原爆Tシャツ防弾少年団にユダヤ系団体が喝!
韓国メディア 日本のアニメを使って「従軍慰安婦」の証拠を捏造
慰安婦像問題で日本政府を批判 朝日新聞社説
釜山領事館前の少女像で日韓関係紛糾
慰安婦問題 韓国が安倍首相の「おわびの手紙」要求
サンフランシスコ裁判所 慰安婦訴訟を門前払い
オーストラリア 韓国従軍慰安婦像設置を否決
韓国朴大統領 慰安婦問題で日本批判
朝日新聞「慰安婦」捏造報道で謝罪
元朝日記者「慰安婦記事」訴訟で敗訴
慰安婦合意に反発する韓国世論3 元慰安婦は合意に反発
慰安婦合意に反発する韓国世論2 「帝国の慰安婦」に名誉毀損判決
慰安婦合意に反発する韓国世論1 国際法学者の妄言