NGT48事件「山口真帆こそファンとつながっていた」と明かしたAKS吉成社長

NGT48のメンバーであった山口真帆が暴行を受けた事件について、運営会社「AKS」のトップである吉成夏子社長が、「犯人グループと山口真帆は元々繋がっており、山口と疎遠になったためマンションに押しかけた」旨を保護者向け説明会で話していた、と週刊文春が記事にしています
これまであやふやな説明を繰り返し、すっかり信用を失っている「AKS」がこの期に及んでまた奇妙な説を唱えたものです
第三者委員会の調査結果にしろ、事件に関する「AKS」の説明にしろ、とても信用できるものではないと世間が判断していますので、いまさら山口真帆こそ事件の元凶とする吉成社長の言い分を誰が信用するのでしょうか?
しかもこの話の出処は民事訴訟の相手方である、悪質ファングループの側がもたらした言い分なのだとか
以下、文春オンラインの記事から引用します


「 週刊文春デジタル 」では8月27日、活動を再開したNGT48メンバーの保護者を集めた説明会での 音声データ を公開した。そこで明らかになったのは運営会社「AKS」トップ・吉成夏子社長の衝撃発言。暴行事件を告発した元メンバーの山口真帆(23)が、実は犯人たちと「もともと繋がっていた」とした吉成氏の説明に業界は揺れている。
「保護者会の直後から『さすがにマズイ』と関係者はザワついていました。AKSは犯人を相手取って民事訴訟を起こしている真っ最中。裁判に関わる内容を公然と開示したのですから、問題視されるのも当たり前でしょう。しかし、再出発したAKSの新体制は、吉成氏のイエスマンや現場経験のない人間たちで固められていて、心配の声が上に届かない。
記者やファンは吉成社長に説明を求める声をあげていますが、保護者会でも説明しているように吉成社長は会見をやる気などさらさらない。山口が会見中に批判ツイートをしたことで、世間から集中砲火を浴びた今年3月の松村匠元取締役の釈明会見がトラウマとなっているようです」(AKS関係者)


上記の記事に名前の挙がっている松村匠取締役は「元」と書かれています
第三者委員会による調査を、「ファンとつながっているメンバーを斬るため」と山口真帆に虚偽の説明をし、その後の記者会見で山口真帆に反論をされ赤っ恥をかいた取締役は、7月2日付けで退任していたと、別の報道で明かされています
こうやって関係者を1人1人切り捨て、当事者が誰もいない状態にする意図が「AKS]側にあるのでしょうか?
加えて悪質ファングループと民事訴訟で係争中なのに、その訴訟内での相手方とのやり取りを一方的明かす、という吉成社長の行動も大いに疑問です。社長という立場を担えるような人物ではないと、自ら明かしたも同然でしょう
結局のところ、吉成社長としてはすべてを山口真帆のせいにして、幕引きを図るつもりと映ります

(関連記事)
NGT48事件 和解成立の不思議
NGT48事件の民事訴訟 迷惑ファンとAKSの言い分
NGT48事件民事訴訟 悪質ファンが反論
NGT48事件で迷惑ファンに3千万円の賠償請求
NGT48事件 元総支配人戸賀崎智信が釈明会見をする?
NGT48事件 襲撃犯を民事で提訴
NGT48事件の闇 すべては山口真帆のせい?
NGT48暴行問題 第三者委員会報告に批判噴出
今村悦朗元NGT48劇場支配人ら解雇
欅坂握手会にナイフ男 幕張メッセ
AKB襲撃犯のプロフィールを考える 発達障害
AKB襲撃事件 握手会商法破綻
AKB48河西智美の写真集騒動はどうなったのか?
AKB48河西智美の過激なグラビア写真
AKB高橋みなみの母淫行で逮捕も各メディアは報道せず
ドラマ低視聴率で前田敦子は女優業に自信喪失
前田敦子 泥酔し尻丸出し
前田敦子泥酔事件に女性は共感
24時間テレビはなぜか前田敦子卒業ライブ中継予定
AKB前田敦子主演ドラマ 視聴率5%の大コケ
映画「苦役列車」は前田敦子出演で大コケ