あいちトリエンナーレ 「表現の不自由展その後」再開強行

あいちトリエンナーレも来月半ばで終わるのですが、急遽、企画展「表現の不自由展・その後」の展示を再開すると報じられています
展示内容の是非にまつわる議論について何も結論など出ていないのであり、賛否両論ある中で展示の再開を強行する愚かな決定です
もちろん、企画展を推進した側に焦りがあるからこそ、なりふり構わず展示再開に走ったのでしょう。展示を再開すれば彼らの勝ち、となるのですから
「表現の自由を尊重しろ」だの、「芸術に政治が口出しするな」だのと、後押しするメディアの側にも問題があります
芸術に名を借りた政治的プロパガンダが公共の場で行われるのを、県民・市民の税金で後援するというのは異常な事態です
どのような警備体制を敷くにしても、騒動は避けられません


国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」(津田大介芸術監督)で、中止になっていた企画展「表現の不自由展・その後」の実行委員会が30日、展示再開を求めた仮処分を取り下げ、10月6~8日に再開することで芸術祭実行委員会と合意した。中止前の状態での再開にこだわっていた企画展実行委は、どんな形で再開すると合意したのか。
記者団の取材に応じた企画展実行委の代理人・中谷雄二弁護士によると、芸術祭実行委側から30日朝に大村秀章知事が公表した再開への4条件の提示があった。①犯罪や混乱を誘発しないように双方協力する②安全維持のため事前予約の整理券方式とする③開会時のキュレーション(展示内容)と一貫性を保持し、(来場者に)エデュケーションプログラムなど別途実施する④県庁は来場者に(県の検証委の)中間報告の内容などをあらかじめ伝える――の四つで、中谷弁護士は、「この内容で和解しましょう、と申し入れました」と説明する。
その上で、③のキュレーションの一貫性について、中谷弁護士は「同じ場所で作品を動かさないという趣旨ではなく、同じ部屋の中で個々の作品を動かすことはあり得るが、その範囲であって、一貫性、同一性を崩すことはしないと確認した」と述べた。展示は、慰安婦を表現する少女像や昭和天皇を含む肖像群が燃える映像作品など16作家の23作品が集められていたが、それらをまとめた企画展としての「一体性」は維持された、とみているという。
取材に同席した企画展実行委のフリー編集者の岡本由佳さんによると、「(作品の移動など)もちろん作家の了解を得ないといけないが、(作品の)維持と(展示)方法の改善の可能性を含むという意味だ」という。企画展実行委の一人、美術批評家のアライ=ヒロユキさんも「作品が集まった一体性というのがこちらのキュレーションのひとつの眼目で、それが今回の和解では担保された」と説明している。
(朝日新聞)


会場に警備会社の人間はもちろん、愛知県警の警備服を着た機動隊員をずらりと並べる気なのでしょうか?
そこまでして茶番のような政治プロパガンダのイベントを守る必要があるのか、と思ってしまいます。追加の警備は愛知県が負担し、県民の税金で賄うのか、と
不適切な展示だったと認め、再開見送りを決めれば済む話です(ついでに芸術監督の津田大介を解任すればOK)
当ブログでは複数回、あいちトリエンナーレに言及していますが、自分自身会場に足を運んではいません。企画展が再開と聞いても、ガソリンが撒かれる危険のある場所に足を運ぶ気にはなれないのであり、見送るつもりです
もちろん、犠牲者が出るような騒動にはならないことを祈念していますが、衝突は避けられそうにないのであり、展示再開は愚かな決定でしょう

(関連記事)
あいちトリエンナーレ閉幕 朝日新聞「日本ヘイトは大間違い」
https://05448081.at.webry.info/201910/article_30.html
あいちトリエンナーレ 文化庁は補助金交付しないと決定
あいちトリエンナーレ 「河村市長は二度と政治にかかわるな」と書く朝日新聞
あいちトリエンナーレ 展示再開を協議も東浩紀は逃亡
あいちトリエンナーレ 津田大介はなぜ炎上したのか?
あいちトリエンナーレ 琉球新報「表現の自由を守れ」
あいちトリエンナーレ「表現の不自由」展とは何だったのか?
慰安婦像展示のあいちトリエンナーレ 炎上騒動で企画展中止
捏造で日本批判を行う韓国の教科書
証拠写真を捏造 歴史を歪曲する韓国
原爆Tシャツ防弾少年団にユダヤ系団体が喝!
韓国メディア 日本のアニメを使って「従軍慰安婦」の証拠を捏造
慰安婦像問題で日本政府を批判 朝日新聞社説
釜山領事館前の少女像で日韓関係紛糾
慰安婦問題 韓国が安倍首相の「おわびの手紙」要求
サンフランシスコ裁判所 慰安婦訴訟を門前払い
オーストラリア 韓国従軍慰安婦像設置を否決
韓国朴大統領 慰安婦問題で日本批判
朝日新聞「慰安婦」捏造報道で謝罪
元朝日記者「慰安婦記事」訴訟で敗訴
慰安婦合意に反発する韓国世論3 元慰安婦は合意に反発
慰安婦合意に反発する韓国世論2 「帝国の慰安婦」に名誉毀損判決
慰安婦合意に反発する韓国世論1 国際法学者の妄言

「トロッコ問題」授業で児童が不安を訴える 岩国

岩国市の小中学校でスクールカウンセラーが「心理教育プログラム」の1つとして、トロッコ問題を授業で取り上げ、これを受けた児童が不安を訴えたため、学校側に説明を求める事態になった、と報道されています
なぜ、スクールカウンセラーはトロッコ問題などというものを授業の題材にしたのでしょうか?
「心理教育プログラム」が児童・生徒に不安を与えるなど本末転倒であり、スクールカウンセラーの独善と映ります
トロッコ問題とは別名、路面電車問題とも呼ばれ「人間が道徳心から生まれるジレンマにどう対処するのか」を見るための倫理学の思考実験として発案され、さまざまなアレンジを加えながら大学の授業や企業研修といった場で使われています。基本は、線路上を走るトロッコが制御不能になり、そのまま進むと5人の作業員が確実に死ぬ、5人を救うためにポイント(分岐点)を切り替えると1人の作業員が確実に死ぬという状況下で、線路の分岐点に立つ人物(自分)はどう行動すべきか、との設問になっています
当ブログで過去に取り上げた、「ハーバード大学白熱教室」で政治哲学者のマイケル・サンデルもこのトロッコ問題を題材にしていました


山口県岩国市立東小と東中で、「多数の犠牲を防ぐためには1人が死んでもいいのか」を問う思考実験「トロッコ問題」を資料にした授業があり、児童の保護者から「授業に不安を感じている」との指摘を受けて、両校の校長が授業内容を確認していなかったとして、児童・生徒の保護者に文書で謝罪した。
市教委青少年課によると、授業は5月に東中の2、3年生徒、東小5、6年児童の計331人を対象に「学級活動」の時間(小学校45分、中学校50分)であった。同じスクールカウンセラーが担当し、トロッコ問題が記されたプリントを配布して授業した。
プリントは、トロッコが進む線路の先が左右に分岐し、一方の線路には5人、もう一方には1人が縛られて横たわり、分岐点にレバーを握る人物の姿が描かれたイラスト入り。「このまま進めば5人が線路上に横たわっている。あなたがレバーを引けば1人が横たわっているだけの道になる。トロッコにブレーキはついていない。あなたはレバーを引きますか、そのままにしますか」との質問があり「何もせずに5人が死ぬ運命」と「自分でレバーを引いて1人が死ぬ運命」の選択肢が書かれていた。
授業は、選択に困ったり、不安を感じたりした場合に、周りに助けを求めることの大切さを知ってもらうのが狙いで、トロッコ問題で回答は求めなかったという。しかし、児童の保護者が6月、「授業で不安を感じている」と東小と市教委に説明を求めた。両校で児童・生徒に緊急アンケートをしたところ、東小で数人の児童が不安を訴えた。
市教委によると、授業は、県が今年度始めた心理教育プログラムの一環。スクールカウンセラーによる授業については資料や内容を学校側と協議して、学校側も確認してから授業するとされていたが協議、確認していなかった。
東小の折出美保子校長は「心の専門家による授業なので任せて、確認を怠った」と確認不足を認めた。
(毎日新聞の記事から引用)


学校の授業とは教師が思いつきで行うものではなく、学習指導要領などによって教える内容が規定され、何を目的とし、どのように習得させるか計画の上に成り立っています。しかし、このスクールカウンセラーは事前に授業の目的や計画、習得させる内容など学校側と協議しておらず、勝手にトロッコ問題を取り上げた…との経緯です
学校側の怠慢もありますが、スクールカウンセラーの独善も咎められてしかるべきでしょう
しかも、トロッコ問題についての答えは求めず、「周りに助けを求めることの大切さを教えたかった」と意味不明な説明をしているのですから
ならばトロッコ問題でなくてもよかったのであり(いじめを苦に自殺した中学生、とか身近な題材はいくらでもあります)、ただトロッコ問題を引き合いに出して自身の教養をひけらかしたかっただけなのではないか、と言いたくなります
ビジネスの分野などでは、このトロッコ問題をさまざまにアレンジし、社員の意識改革やらリーダーシップ育成やらに使っているのだとか
最近の話題としては、トロッコのポイントを切り替えずに中立にし、どちらの分岐戦へも侵入させなければトロッコそのものが脱線し誰も犠牲にならない、とのアイディアが最適解だと宣伝されています。二者択一を迫るような問題がいかにばかばかしいものであるか、教えてくれます
このような二者択一を迫る、いわゆる「イエスかノーか」、「賛成か反対か」を問う二元論的思考は袋小路にはまる危険がありますし、視野狭窄に陥って失敗を招く可能性大です
トロッコ問題をアレンジし自動運転の車が暴走したと仮定すれば、今日風の問題になります。この場合、道幅は広いが交通量も多い幹線道路へ車を誘導するか、交通量は少ないものの歩行者がいる間道へ車を誘導すべきかを問う形式にするのでしょうか?
しかし、最適解は自動運転の車を強制的に停車させるシステムをあらかじめ採用しておく、になるのでは

(関連記事)
マイケル・サンデル「白熱教室」のデタラメ
大津のいじめ事件 正義を批判する哲学者の珍説
勝間和代 論理的思考を育てる教育を求める
死刑を執行しない民主党政権への疑問
コジェーヴの「ヘーゲル読解入門」
「ヘーゲル読解入門」を読む1
「ヘーゲル読解入門」を読む2 他者の欲望
「臨床医学の誕生」
なぜ人を殺してはいけないか
なぜ人を殺してはいけないか その2
なぜ人を殺してはいけないか 3
「ケンブリッジ数学史探偵」を読んで呆れた

俳優新井浩文第2回公判 「暴力行為、脅迫行為はしていない」

強制性交罪で起訴されている俳優、新井浩文被告の第2回目公判がありました
「死んだ魚の目の演技ができる俳優」と評された新井被告ですが、裁判の場では質問責めを受けて言葉に詰まる場面も多く、キレのある受け答えはできない様子が伝わってきます(もっと吹っ切れた、突き抜けた発言で質問をぶった切るかと思っていたのですが)
産経新聞の公判の模様を伝える記事の中から引用します


(前略)
検察官「以前にも甲店(被害者の女性が勤務していた店)を利用したことはありますか」
新井被告「あります」
検察官「どういう店だと思っていますか」
新井被告「健全な、グレーゾーンではあるけれど、マッサージ店だと思っています」
検察官「利用同意書は書きましたか」
新井被告「書きました」
検察官「どういう内容だと思っていましたか」
新井被告「性的サービスがないとかだと思っていました」
検察官「禁止行為だと思っていたということですか」
新井被告「はい」
(中略)
検察官「風俗も利用していましたか」
新井被告「していました」
検察官「どういうものですか」
新井被告「デリバリーヘルスです」
検察官「そういう店でも基本的に性行為をしてはいけないのでは?」
新井被告「だと思います」
検察官「禁止行為を結構やってしまうんですか」
新井被告「結果、そうなっています」
検察官「禁止なのになぜやるんですか」
《ここで数秒の間があった》
新井被告「分かりません」
検察官「自分のことなのに分からないんですか」
新井被告「女性から誘われたときに断ったことはたぶんないと思いますし、自分で誘ったとき…もう1回質問をお願いできませんか」
検察官「禁止なのになぜやるんですか」
新井被告「すみません、わかりません」
検察官「オイルマッサージのセラピストと性行為をしたことがあるということですが、相手は同意していたんですか」
新井被告「と思っています」
検察官「なぜですか」
《ここで再び間があいた》
新井被告「態度、行為、両方です」


性的なサービスは行わない店だと知りつつ、金さえ払えば何でもできると新井被告が決めてかかっており、最初からセックス目当てに派遣マッサージを利用したのでしょう(新井本人は頑なにアロママッサージを受けるのが目的で、性行為目当てに利用したのではないと繰り返し述べていますが)
ただ、犯行後、帰ろうとする被害者に紙幣を押し付けて渡したものの、被害届を出されて公にされるのではないかと心配になり、マッサージ店へ何度も電話し、被害者とコンタクトを取ろうとしていた経緯も語られています
結果、新井被告は示談金として1千万円を払うと申し出ていますが拒否され、最終的には2千万円の支払いで示談しようと試みた旨を供述しています
新井被告としては誠意を示したつもりなのかもしれません


弁護人「いくらで、その理由は?」
新井被告「1千万円提示しました。理由はAさんに謝罪の意味も込めていて、あとは起訴されたくなかったからです」
弁護人「1千万円はなぜですか」
新井被告「当時の自分の残高と、払える限度額が1千万円だったからです」
弁護人「提示してどうなりましたか」
新井被告「断られました」
弁護人「最終的には?」
新井被告「2千万円です」
弁護人「どうやって準備する予定だったんですか」
新井被告「当時の事務所が肩代わりしてくれるということでした」
弁護人「今後、示談は?」
《この質問に対し、考え込むような沈黙があった》
新井被告「Aさんと私は意見が違うところがあります。同意があったと誤信しているのは認めています。なので、Aさんに対しては謝罪も込めて誠意を持って対応したいと思っています」
《一言一句、言葉を選ぶように慎重に、ゆっくりと話す新井被告》
弁護人「誤信を認めているというのは」
新井被告「当時合意があったと思っていましたが、今回の裁判でもそうですが、Aさんの意見を聞き…」
《ここで数秒、新井被告は口を閉じ、弁護人もしくは自身に向けてか、「ごめんなさい、もうちょっと分かりやすく」などと言葉を挟んで続けた》
新井被告「性行為をしてしまったことは私が悪いと思っています。暴力行為、脅迫行為は一切やっておりません」


あくまで強制性交罪には当たらないと、弁護士と打ち合わせ済みの主張を展開しています。なおかつ、(同意があったと誤解した上で性交に及んでいたのであり)被害者に対して謝罪の意思もあり、賠償する意思もあると強調したいのでしょう
最近は強制性交罪の裁判で、「明確な拒絶の意思を示さなかった」との理由で無罪を言い渡す事案が目につきます
これはむしろ、「明確な同意の意思があったかどうか」を問うべきでしょう。明確な同意の意思が示されない限り有罪、と判断すべきでは?
新井被告の裁判は次回の公判で結審する予定となっており、判決でどのような判断が示されるか注目しましょう

(関連記事)
俳優新井浩文の強姦事件 懲役5年の判決
https://05448081.at.webry.info/201912/article_3.html
俳優新井浩文 強姦事件公判で「合意があった」と主張
俳優新井浩文強姦、逮捕の影響
高畑裕太事件で「被害者女性の問題」を書く週刊誌
高畑裕太の芸能界復帰説が繰り返される訳
高畑裕太 不起訴も弁護士戦術は完敗
高畑裕太は子どもの頃、発達障害と診断されていた
高畑裕太不起訴 弁護士は「そもそも事件性なかった」発言
高畑裕太容疑者の発達障害説への批判
逮捕された高畑裕太容疑者を「おバカな2世タレント」と決めつける報道
俳優高畑裕太を強姦容疑で逮捕
TOKIO山口達也の淫行事件を考える アルコール依存
TOKIOの山口達也不起訴も損害は5億円
俳優小出恵介 未成年者と淫行の波紋
小出恵介示談成立もくすぶる噂
小出恵介問題 示談後も収拾つかず

あいちトリエンナーレ 文化庁は補助金交付しないと決定

炎上騒動になった企画展「表現の不自由展・その後」を含むあいちトリエンナーレに対し、文化庁は補助金を交付しないと決定しています
表現の自由を巡る議論からどんどん逸脱し、まったく別物の様相を呈しています
今後、愛知県の大村知事は補助金交付を求め、文化庁相手に訴訟を提起するのだとか
以下、毎日新聞の社説を引用します


文化庁が、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」に対し、予定していた補助金約7800万円を交付しないことを決めた。
問題視されたのが、従軍慰安婦から着想した「平和の少女像」などを展示する企画展「表現の不自由展・その後」だ。先月の開幕直後からテロまがいの脅しを含む抗議が殺到し、3日で中止に追い込まれていた。
文化庁は不交付の理由を、補助金の申請者である愛知県が、円滑な運営が脅かされる事態を予想していたにもかかわらず、申告していなかったことだと説明する。
情報が十分でなく、適切な審査ができなかったという判断だ。
一方で、あくまでも展示内容の是非ではないと強調する。
しかし、いったん事業を採択して助成を決めたにもかかわらず、開幕後に手続きの問題を理由にして不交付にするというやり方は、展示内容に対する今の政権の不快感を表していると取られても仕方ない。
実際、開幕直後、菅義偉官房長官は、文化庁の補助金交付の是非について検討する考えを示していた。
結果的に今回の措置は、自分たちと意見を異にする言論や表現を暴力的な脅しで排除しようとする行為を、後押しすることにつながる。さらに、そういった風潮が社会に広がっていくことにも強い危機感を覚える。
確かに、不自由展の開催にあたっては、リスク回避の不備など津田大介芸術監督に甘さがあった点は否めない。
しかし、政治権力が補助金の判断を通して、展示内容や作品を選別するようなことはあってはならない。文化人や芸術家から、芸術文化活動が萎縮するのではないかとの懸念が上がるのは当然だろう。
補助金の不交付決定は、愛知県の大村秀章知事が、企画展の再開を目指すことを表明した直後だった。大村知事は、不交付について、「表現の自由」の侵害にあたるとして、文部科学省を相手取り提訴する方針を示した。法廷の場で明らかにするのも一つの手立てだろう。
国は、世界に尊敬され愛される「文化芸術立国」を目指すとしている。そうであれば、なおさら丁寧に説明する必要がある。


文化庁が当初、補助金の交付を決めたのはあいちトリエンナーレがこれまでにも補助金交付の対象となっている事業だからであり、今年の企画展の中身まで精査してなどいないはずです
ゆえに炎上騒動を招き、民間からも政治家からも批判が噴出したため、補助金交付をやめたと解釈して間違いありません
ただし、補助金の撤回が毎日新聞の指摘するように問題ある決定なのか、と
津田大介のような人物を芸術監督に据え、左翼勢力や韓国のプロパガンダ同然の展示をすれば市民から批判の声が出るのは当然ですし、出ない方が異常でしょう
極めて健全な批判であり、良識の反映です
その声を踏まえて、文化庁が補助金交付を撤回したのも健全な行政判断でしょう
一度決めたからといって、問題のある展示内容に目をつむり補助金を交付してしまう方がよほど問題です
検証委員会が会合を重ね、企画展の再開を模索している途中ですが、補助金不交付でまたぶれまくる予感がします


「文化庁が負ける公算も高い」 あいトリ補助金問題、弁護士が予想する裁判の行方
「うわ......」「ようやるわ」。芸術監督のジャーナリスト津田大介氏は、2019年9月26日に補助金不交付の報道を引用し、ツイッターでこう嘆いた。大村知事も「正直言って驚いた」と報道陣に漏らすなど、文化庁の決定は、関係者に衝撃を与えた。
報道発表によると、補助金を申請した愛知県は、安全を脅かすような重大な事実を知りながら文化庁に申告せず、展示会の実現可能性や事業継続性の2点について、適正な審査ができなかった。こうしたことは、手続き上不適切だったとし、事業全体として補助金が申請されていることから、交付決定について定めた補助金適正化法第6条などに基づいて、「全額不交付」とした。
この決定について、津田氏は、すでに補助金が内示されていたことから、事後検閲に当たらないのかと取材に疑問を語ったと朝日新聞が報じた。また、大村知事も、「合理的な理由がない」と不快感を示し、「裁判で争いたい」と明らかにした。
訴訟では、表現の自由をうたった憲法第21条を争点にしたい考えも示した。中止となった「表現の不自由展・その後」を再開したいと25日に表明した直後だけに、大村知事は、「関連性があるとしか思えない」と不信感を露わにした。
ツイッターでも、著名人らから「政府に都合のいい文化事業にしか補助金が出ない」「自主規制(自己検閲)せざるを得なくなる」と懸念の声が上がった。また、一部大手紙や野党幹部からは、官邸の意向か忖度ではないかと政治的な思惑を指摘する声も出ていた。
一方、ニュースサイトのコメント欄などでは、文化庁の決定を支持する声も多い。「市民の税金を使って催すような展示ではない」「表現の自由も無制限ではないですよね?」「文化庁の今回の措置を支持します」などと書き込まれている。
萩生田光一文科相は9月26日、報道陣に対し、憶測が出ている官邸からの指示は否定した。「申請のあった内容通りの展示会が実現できていない」と補助金不交付の理由を説明し、検閲に当たるかについては、「中身については、文化庁はまったく関与していない」と述べた。
(以下、略)


あいちトリエンナーレの開催期間は10月14日までですから、企画展の全面再開は間に合いません
論争だけを巻き起こして終わった、と書き残されるのでしょう

(関連記事)
あいちトリエンナーレ閉幕 朝日新聞「日本ヘイトは大間違い」
https://05448081.at.webry.info/201910/article_30.html
あいちトリエンナーレ 「表現の不自由展その後」再開強行
https://05448081.at.webry.info/201909/article_27.html
あいちトリエンナーレ 「河村市長は二度と政治にかかわるな」と書く朝日新聞
あいちトリエンナーレ 展示再開を協議も東浩紀は逃亡
あいちトリエンナーレ 津田大介はなぜ炎上したのか?
あいちトリエンナーレ 琉球新報「表現の自由を守れ」
あいちトリエンナーレ「表現の不自由」展とは何だったのか?
慰安婦像展示のあいちトリエンナーレ 炎上騒動で企画展中止
捏造で日本批判を行う韓国の教科書
証拠写真を捏造 歴史を歪曲する韓国
原爆Tシャツ防弾少年団にユダヤ系団体が喝!
韓国メディア 日本のアニメを使って「従軍慰安婦」の証拠を捏造
慰安婦像問題で日本政府を批判 朝日新聞社説
釜山領事館前の少女像で日韓関係紛糾
慰安婦問題 韓国が安倍首相の「おわびの手紙」要求
サンフランシスコ裁判所 慰安婦訴訟を門前払い
オーストラリア 韓国従軍慰安婦像設置を否決
韓国朴大統領 慰安婦問題で日本批判
朝日新聞「慰安婦」捏造報道で謝罪
元朝日記者「慰安婦記事」訴訟で敗訴
慰安婦合意に反発する韓国世論3 元慰安婦は合意に反発
慰安婦合意に反発する韓国世論2 「帝国の慰安婦」に名誉毀損判決
慰安婦合意に反発する韓国世論1 国際法学者の妄言

元プロ野球選手奥浪鏡 特殊詐欺と児童買春で実刑判決

今年5月、元プロ野球選手(オリックス所属)の奥浪鏡容疑者がいわゆる特殊詐欺と児童買春で逮捕された件を取り上げました
その事件の判決が出ましたので言及します
まずは初公判の模様を伝える報道から引用します


奥浪被告は昨年7月、兵庫県尼崎市の高齢者2人が計816万円を騙し取られた事件で、キャッシュカードを受け取る男性を詐欺グループに人材を紹介するなどした疑いで、逮捕されていた。なお、検察側によると、同被告は紹介料の82万円を受け取っていたそう。
犯行理由について奥浪被告は、「競艇にハマっていて金に詰まっていた。100万円くらいの借金があった」「勝った時の快感が忘れられなかった」などと供述。自己の快楽を満たすため、人を騙して金を手に入れるグループに手助けをするという、なんとも自分勝手な論理で犯行に及んだことを明かした。
検察側は高齢者2人を騙す詐欺事件に手を貸した奥浪被告について、「被害金額は甚大」として、懲役4年を求刑。一方、弁護側は紹介料82万円を被害者に弁済しているとして、減刑を求めた。
華やかなプロ野球選手から一転、犯罪者となってしまった奥浪被告。同被告は今年3月にも、出会い系サイトを通じて知り合った少女と現金4万円を渡す約束をしたうえみだらな行為を行い、逮捕されている。
(リアルライブの記事から引用)


被害者の被った損害は816万円ですが、奥浪被告は自身の受け取った利益分、82万円だけを弁済し、刑の減軽を求めていたと分かります
借金まみれの奥浪被告にはそれだけしかできなかったと解釈すべきなのか、他に主犯格がいるのだから自分の取り分だけ弁済すればよいと考えたのかは不明です
しかし、裁判官は納得できなかったのであり、実刑判決を言い渡していま


特殊詐欺のメンバーを仲介した詐欺ほう助や、未成年の少女に対する児童買春・児童ポルノ禁止法違反などの罪に問われたプロ野球オリックスの元選手、奥浪鏡(きょう)被告(24)=広島県呉市=に対し、神戸地裁は25日、懲役2年6月(求刑・懲役4年)を言い渡した。安達拓裁判官は「性欲や金銭欲のおもむくままの悪質な犯行だ」と指摘した。
◇「欲望のおもむくままの犯行」
判決などによると、奥浪被告は昨年7月、特殊詐欺グループの関係者に実行役の男を紹介。兵庫県尼崎市の高齢男性2人からキャッシュカードを詐取し、現金計817万円を引き出すなどした犯行を手助けして、約80万円の紹介料を受け取った。また、昨年12月に同県西宮市内で10代の少女を買春するなどした。
奥浪被告は2017年5月、運転免許停止処分中に車を運転して人身事故を起こし、同年8月に球団から契約解除され、18年5月に大阪地裁で有罪判決を受けた。
安達裁判官は判決で「順法精神に相当な問題がある」と厳しく批判した。
(毎日新聞の記事から引用)


免停中に人身事故を起こして懲役8月(執行猶予3年)の有罪判決を受けたにもかかわらず素行をあらためようとしなかったのですから、裁判官が厳しい判決を下すのは当然でしょう
上記の記事では触れていませんが、執行猶予期間中の再犯ですから執行猶予も取り消され、懲役8月が加算されるのでしょう
高卒でプロ野球の世界に入った世間知らずの奥浪被告も、これで多少は世の中の仕組みを学んだのではないでしょうか?
まだ24歳なので、刑務所を出た後は額に汗して働き、人生をやり直してもらいたいものです

(関連記事)
元プロ野球選手の転落 カード詐欺で逮捕
暴行で書類送検の巨人山口に「処分甘すぎ」との声
暴力事件の巨人山口投手 今季は出場停止処分に
巨人山口投手 泥酔暴行で書類送検
野球賭博高木京介の巨人復帰は美談なのか?
巨人の福田聡志投手 野球賭博で永久追放か
西武ライオンズ相内誠投手 喫煙飲酒発覚で処分
斎藤佑樹(ハンカチ王子)がポルシェをねだって騒動
プロ野球中継の不人気 低視聴率
ドラフト会議の波紋 菅野は入団拒否か?
プロ野球 「来季は戦略重視」という巨人の迷走
元プロ野球選手 被災地で電線泥棒・逮捕
米メジャーに挑む日本のベテラン野球選手
楽天 星野監督就任への疑問
西武・大久保コーチ解任 「陽気な兄貴」と擁護するコラム
解任されたデーブ大久保への奇妙な同情論
野球U18大会 日本が韓国に10-0で圧勝
WBC準決勝で敗退 美談で終わらせるべきではない
韓国野球選手「活躍出来なかったのは日本の差別のせい」と主張
プロ野球加藤コミッショナー いまさら辞任
清原和博被告公判(2) 黒い交際は不問のまま
清原和博被告公判(1) お涙頂戴話を連発
元プロ野球選手清原 覚醒剤で逮捕

インドの月探査機 着陸失敗、月面で大破

少し遅くなってしまいましたが、今月の7日、月面への着陸を目指していたインドの探査機が制御できず、月面に衝突して大破した件を取り上げます
インドはこれまでに月を周回する探査機を成功させており、さらなるステップアップを目指して今回、月面に探査機を送り込む計画でした
月面への着地プロセスは半自動制御で行われたようで、事前に関係者は成功の確率を30%程度と明かしていました


インドの月面探査機が7日、予定していた月の南極近くへの着陸直前に通信を絶った。インド宇宙研究機関(ISRO)が明らかにした。
ISROのK・シバン総裁はインド南部ベンガルール(Bangalore)にある管制室で、月面探査機チャンドラヤーン2号(Chandrayaan-2)の着陸船ビクラムについて、「計画通り降下し、正常に動作していることが観測されていた」が、「その後、地上局への通信が途絶えた。今はデータ分析が行われている」と説明した。
管制室を訪れていたインドのナレンドラ・モディ首相はシバン氏の発言の後、科学者らに向かって「あなた方が(すでに)成し遂げたことは小さなものではない」と述べた。
ISROは、月面探査機の着陸が複雑な操作になることは事前に認識しており、シバン氏は「恐怖の15分間」と呼んでいた。
ビクラムには探査車「プラギャン(サンスクリット語で英知の意)」が載せられており、着陸から数時間後に月面に降り立つ予定だった。
プラギャンはクレーターを調査し、月の起源や進化に加え、月の南極地域にある水の量を示す証拠を探すことになっていた。
チャンドラヤーン2号は今も稼働中で、約1年にわたって遠隔から月の調査を続ける予定。
(AFPの記事から引用)


入念な準備をした上での計画だったはずが、失敗したのは実に残念です。インドは日本と宇宙技術協力の協定を結びましたので、今後は遠方の小惑星に探査機を自動で着地させた日本の技術が反映されるのかもしれません
それにしてもいきなり月面探査機を打ち上げる(ぶっつけ本番)性急さは、インド人の感覚ゆえなのでしょうか?
日本は重量200キロほどの「小型月着陸実証機」を月面に送り込み、精密で正確な着陸制御技術の確認をする予定になっています。「はやぶさ」の成果だけで事を推し進めるのではなく、月の重力も考慮しまずは試験機を打ち上げて…という姿勢は日本らしいといえます
一時期は月よりも火星だ、金星だと目が向いていた感がありましたが、ここ最近は月面探査に各国や民間企業が乗り出しています
今年の4月にはイスラエルの民間企業が探査機を打ち上げています(途中、通信が途絶えて失敗)
中国は探査機を月の裏側に送り込むことに成功しています。さらに中国とロシアが月面探査で協力する協定が締結された、との報道があります
最近、トラブル続きのロシアではあるものの、月面探査で起死回生を図る狙いがあるのかもしれません

(関連記事)
中国の無人月探査機 着陸に成功
中国 新型ロケット失敗で月面探査延期
日本の有人月面着陸計画
韓国 月面探査が2030年以降へ大幅遅延
月探査機「かぐや」 全長50キロの空洞発見
日本の宇宙開発を見下す中国メディア
中国宇宙ステーション建設へ 目的は謎
日本の宇宙実験棟「きぼう」 中国の嫉妬と誤解
韓国「偵察衛星を貸して」と頼むも断られる
情報収集衛星打ち上げに成功
日本の偵察衛星打ち上げに神経を尖らせる韓国
オリンピック期間中、韓国気象衛星壊れる
気象衛星打ち上げで日本の鼻を折ったと書く韓国メディア
日本の情報収集衛星を敵視する中国
情報収集衛星レーダー3号機打ち上げ 韓国メディアの反応
ロシアの火星探査機 航行エンジン作動せず失敗か
イランがロケットで猿を打ち上げ 失敗
国際宇宙ステーションへ 「こうのとり」5号来月打ち上げ
日本が月面探査に乗り出す
「あかつき」金星周回軌道投入成功 韓国の反応
金星探査機「あかつき」 周回軌道投入への再挑戦
金星探査機「あかつき」を羨む韓国
予測か妄想か? 20年後の韓国は火星を目指す
準天頂衛星「みちびき」を戦争準備だと批判する北朝鮮と中国

和歌山カレー事件 「20年目の真実」と称する幻想譚

田中ひかるという歴史社会学者が昨年夏に、「毒婦 和歌山カレー事件20年目の真実」と題する本を出しています
社会学者宮台真司は推薦文に、「日本の司法が『法的正義の貫徹』ならぬ『利害と感情の調整装置』に過ぎぬ事実は夙に知られる。信頼すべき弁護側再鑑定結果をスルーした最高裁判決の出鱈目に憤るのも良いが、本書を読んで落胆すべきは『だからどうなの』という世論とマスコミの劣化だ。『見たいものしか見ない俗情』が勧善懲悪劇を超える事実の深さを消去し続ける。この国の崩壊現象を端的に指し示す必読書」と書いています
果たしてそれほどまで事件の真相に肉薄した内容なのでしょうか?
著者である田中ひかるが、あらましについてゲンダイのウエッブサイトに書いていますので取り上げます
最初から冤罪説ありき、で書かれてものです。長文の記事なので全容を読みたい方は、以下のゲンダイのウェッブサイトへアクセス願います


和歌山カレー事件・20年目の真実〜林真須美は本当に毒を入れたのか
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56582
和歌山市園部の自治会が開いた夏祭りで、カレーにヒ素が混入され、67人が急性ヒ素中毒に陥り、うち4人が亡くなるという凄惨な事件が発生してから、7月25日で20年になる。
容疑者として逮捕、起訴された林真須美(正しい表記は眞須美。当時37歳)は、2009年に最高裁で死刑が確定した。
しかし、彼女は逮捕当時から一貫して容疑を否認しており、有罪の決め手となったヒ素鑑定にも綻びが生じてきている。
林真須美といえば、逮捕前、自宅を取り囲む報道関係者たちにホースで放水している姿がよく知られている。笑いながら“こちら側”に放水してくるふてぶてしい態度に、嫌悪感を覚えた人も少なくなかっただろう。
あのとき彼女が着ていた黒いTシャツには、ある有名ブランドのロゴが入っていたのだが、イメージの悪化を懸念したブランド側の要請で、報道の際、ロゴの部分にぼかしが入るようになった。
拙著『「毒婦」 和歌山カレー事件 20年目の真実』の表紙写真でも、彼女は大のお気に入りだったそのTシャツを着て微笑んでいるが、ロゴはない。
(中略)
カレー事件は発生当初、「集団食中毒」と誤認されたが、翌日、被害者の吐しゃ物や体内から「青酸化合物」が検出されたことから、「青酸カレー事件」と報じられた。
そして事件から1週間後、「ヒ素も混入されていた」ことが判明した。つまり、2種類の毒が混入されていたということになる。
ヒ素の混入が判明したことで、林真須美とカレー事件がつながった。一方で「青酸化合物」の存在はフェイドアウトしていく。
警察は「青酸化合物は混入されていたものの、犠牲者たちの死因はヒ素だった」と発表し、最終的には「青酸化合物は混入されていなかった」と結論づけた。真相は不明である。
事件から1ヵ月後、過去に林宅で食事をしたことのある男性2人が、急性ヒ素中毒に陥ったことがあると報じられると、林宅を取り囲む報道関係者の数は、一気に数百人に膨れ上がった。
(以下、略)


省略した部分ではワイドショーなどでお馴染みにとなった取材合戦、報道の加熱について長々と書いています
それが「20年目の真実」なのか、と突っ込みたくなります
もちろん田中ひかるが言いたいのは、警察とメディアが一体になって林眞須美を犯人に仕立て追い込んだ、という冤罪の構図なのでしょうが
前述の本の表紙には、「動機なし!自白なし!物証なし!」と印刷されています
当ブログでは和歌山カレー事件において、本当に林眞須美には動機がなかったのか、との疑問を繰り返し提起してきました
既に述べたように2審の大阪高裁で林眞須美は近隣に住む主婦2名の実名を挙げ、「真犯人だ」と告発しています
林眞須美がそう決めつける背景、軋轢や因縁が存在していたはずです。それをスルーしたのでは「20年目の真実」とは言い難いのであり、不都合な事実は隠し、林眞須美の主張のみに依存した内容と断じるしかありません
さらに上記の記事の省略部分では、自白を迫る警察の取り調べと林眞須美の抵抗について触れているのですが、それならばなぜ一審の大阪地裁において林眞須美は黙秘を続け、語らなかったのでしょうか?
無罪を積極的にアピールしなかったのはなぜでしょうか?
林眞須美と面会したり手紙のやりとりをし、家族を取材し、弁護士と話し合った上で本書をまとめたのでしょうが、一方的にその言い分のみを集めたに過ぎず、これを良質なドキュメンタリーと表現するのは無理があります
読み手の多くは、「善良な家庭の主婦がある日突然、大量殺人事件の犯人に仕立てられ、警察の過酷な取り調べを受けた挙句に死刑判決を下された」とのストーリーに酔っているのかもしれません
善良な主婦どころか、保険金詐欺を繰り返した強欲な女であるという事実を忘れないで読むべきでしょう

(関連記事)
和歌山カレー事件 林死刑囚に動機はないのか?
https://05448081.at.webry.info/201904/article_19.html
和歌山実業家怪死事件に口出す和歌山カレー事件林健治
http://05448081.at.webry.info/201806/article_12.html
林眞須美死刑囚長男インタビュー
https://05448081.at.webry.info/201703/article_19.html
林眞須美死刑囚の長男が語る「家族」
http://05448081.at.webry.info/201705/article_14.html
和歌山毒カレー事件 再審請求を棄却
http://05448081.at.webry.info/201703/article_29.html
毒入りカレー林真須美の息子と淫行事件
http://05448081.at.webry.info/201310/article_19.html
和歌山毒カレー事件 林真須美冤罪説への疑問
http://05448081.at.webry.info/201403/article_30.html
和歌山カレー事件を冤罪と決め付けるメディア
http://05448081.at.webry.info/201504/article_14.html
和歌山毒入りカレー事件から15年
http://05448081.at.webry.info/201310/article_18.html
毒入りカレー事件 林真須美の再審請求
http://05448081.at.webry.info/201307/article_27.html
和歌山毒入りカレー事件の判決を聞いて
http://05448081.at.webry.info/200904/article_36.html
和歌山毒入りカレー事件判決 その後
http://05448081.at.webry.info/200905/article_13.html
毒入りカレー事件被告を悲劇のヒロインにする「週刊金曜日」
http://05448081.at.webry.info/201006/article_35.html
和歌山カレー事件林真須美を支援する人たち
http://05448081.at.webry.info/201007/article_53.html
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える1
http://05448081.at.webry.info/201304/article_20.html
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える2
http://05448081.at.webry.info/201304/article_21.html
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える3
http://05448081.at.webry.info/201304/article_22.html

韓国は村上春樹をどのように読んだのか

ノーベル文学賞候補と言われるようになって久しい村上春樹ですから、文芸雑誌を手掛ける出版社は「受賞記念号」に向け、評論家などによる予定原稿を集め準備を終えているのでしょう
いつまでも受賞できないため、予定原稿が古びてしまい、世相との間にギャップが広がっている可能性も懸念されます。令和の時代にはまた、新たな評価もあるわけで…
さて、今回は韓国で村上春樹がどのように読まれているのか、受容されているのか、取り上げてみます
当然ながらさまざまな受け止め方、読み方があるわけで、誰かの評論を1本紹介しただけで全容を伝えきれるものではなく、切り口が難しいのは書くまでもありません
しかし、何か俎上に乗せなければ話が始まらないので、Google検索で上位にあったユン・へウォンの評論を引用します
どのような人物かは不明ですが、PDFの紙面に「専修国文」とありますので専修大学文学部の紀要に掲載されたものなのでしょう
ただ、参考文献の筆頭に小森陽一の「村上春樹論」というトンデモ本が挙げられていますので、ドン引きしてしまいました
小森の「村上春樹論」がいかにひどい内容であるか、以前に言及しました

村上春樹論

さて、今回引用するユン・へウォンの評論は長文のなので、その一部だけ紹介するにとどめます。全文を読みたい方は以下のアドレスからダウンロードしてください


韓国における村上春樹の役割と意義―代表作『ノルウェイの森』の受容様相
(前略)
1980年代後半、韓国では学生による民主化運動が展開されるようになった。 学生たちは民主化を弾圧し、自由を抑圧する暗くて息苦しい社会の中で、精神的に悩んで迷いながら苦しんでいたのである。
民主化を叫びながら焼身をすることや、投身自殺をする衝撃的な事件も起きたが、若者たちは時代に立ち向かって民主化運動を続いた。そして1987年6月の反軍部独裁の民主化抗争で、韓国の学生運動は立派な民主化の成果をあげ、栄光の絶頂に達した。しかし学生たちは強大な社会の壁 の前で、自身たちが信奉し掲げた理想主義を実現できず、絶対的だった価値と目標を喪失したまま、挫折感に落ちてしまうのであった。
このような挫折を経 験した当時の若者たち、いわゆる 386 世代はまさに喪失の時代に住む張本人で あった。一方、この時期に韓国国内文学の成長がなかったのではないが、開放的で自由な資本主義市場で生まれ変わる 80 年代後半までは、韓国文壇は統制が厳しくて権威的な時期であった。そしてそのような抑圧的で閉鎖的な雰囲気の中では、活発な創作活動は難しいことであることを考えられる。
その時に登場したのが村上春樹の小説であった。村上春樹の作品には国も政治も存在しなかった。そこには個人に対する倫理があって、都市的な感覚がみなぎっていた。それは歴史と現実に抑えられ、精神的な恐慌に落ちていた若者 たちのこころを強くとらえるに充分なものであった。
キムチュンミはこの時期の韓国の若い作家たちは、村上春樹の作品を通じて政治社会小説ではなくても、文学はできるという認識を持つようになったと、当時の村上春樹の影響について述べた。
つまり村上春樹の作品から、新しい小説作法と都市的な感性を表出する表現方法を見た作家たちは、それをきっかけにして保守的な小説の形式から自由になれたと説明できるのである。詩人のジャンソクジュも「ハルキと出版、ハルキと文壇の問題的愛憎関係」で村上春樹の登場とその意味について次のように述べている。
1989年に始めてハルキを見たとき、アーリーアダプターたちはまさに新しい、という印象をたくさん持った。わが国の文学もこのような方向にいくだろう、強大談論が消滅し、日常、自我、欲望、愛、性を扱う方向に行くだろう、またそのモデルはハルキであろうと話しをした事を思い出す。(中略)グヒョ ソ、ユンデニョン、ジャンジョンイルなど新しく登場した小説たちが実際にそ うであった。『喪失の時代』が回顧する状況は韓国のそれとそっくりだった。韓国の作家たちはそのような大衆儀式の変化、情緒の変化を先占されたのであった。
(以下、略)


韓国のいわゆる386世代(1990年代に30歳前後で、80年代に学生であり、1960年前後に生まれた世代)が村上春樹を発見し、自身のアイデンティティに重ね合わせる形で「ノルウェイの森」など、各作品を受け入れたと言いたいのでしょう
それは従来の権威主義的な文壇にはない、斬新で極めて個人的な物語に映ったのであり、自身を語るに相応しいスタイルだと
従来の韓国文学(と、一括りにはできないのでしょうが)は、民族の運命などを描く大河的視点を求められ、個人のささやかな体験を語るような小説は評価されない風潮があったがゆえに、村上作品がより新鮮なものと受け止められた、と言えるのかもしれません
省略した部分では、「ノルウェイの森」が翻訳出版されてから、およそ10年に渡って小説部門の売上20位内にランクインし続けたと指摘されたいます
同時に、村上春樹風の小説を書き新人作家が大挙して登場したのも、その影響力が大きかった証拠なのでしょう
踏み込み不足ではあるますが今回はここまでにして、また面白い評論を見つかたら取り上げることにします

(関連記事)
中国は村上春樹をどう読んだのか
村上春樹はなぜ芥川賞が取れなかったのか?
ノーベル文学賞欲しい韓国 村上春樹よりも名作を書けと厳命
「村上春樹のノーベル賞予想に浮かれる日本」と書く海外メディア
「物語論で読む村上春樹と宮崎駿」を読んで1
村上春樹論
村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」
「1973年のピンボール」
記事「村上春樹ブームを読む」を読む
村上春樹「神の子どもたちはみな踊る」
村上春樹を読み誤る中国人文学者 その1
村上春樹を読み誤る中国人文学者 その2
映画「ノルウェイの森」 予告編
村上春樹原作「神の子どもたちはみな踊る」映画化
米ハイスクールで「ノルウェイの森」の課題図書指定にクレーム
尖閣・竹島問題で村上春樹が朝日新聞に寄稿
村上春樹の新作 予約が45万部突破
爆笑問題が村上春樹の新作を批判
爆笑問題太田による村上春樹批判の迷走
「なぜ韓国に村上春樹はいないのか」と書く韓国メディア
村上春樹「蛍・納屋を焼く」を韓国で映画化 その感想
「韓国文学がブーム」と煽るメディア

山口二郎法大教授「ナショナリズムという危険」で日本批判

休日なのでまとめてブログを更新しています
反安倍活動の旗手の1人、山口二郎法政大学教授がハンギョレ新聞に「ナショナリズムという危険」と題するコラムを寄稿していますので、取り上げます。日本がナショナリズムに走り、危険な状態にあると警鐘を鳴らす要旨で、なぜか韓国のナショナリズムには触れません(笑)
自分の目からすれば韓国のナショナリズムの方が十分に危険と映りますし、日韓関係の悪化を日本のナショナリズムのせいにだけするのは偏見でしょう
日本を批判し、安倍政権を批判したいだけ、のコラムです


日韓関係の険悪化は終息の方向が見えないままである。テレビや雑誌で韓国を批判する特集が続き、いたたまれない思いである。韓国に対する反感は、日本国内に子供っぽい自己中心主義を広めており、日本の対外政策を制約し、国益を損なう危険があると私は考える。
現在の日本では、ナショナリズムは食事や景色の自慢にとどまらず、歴史の改変に向かっている。これは、日本の国際的信用にかかわる重大問題である。なぜなら、第2次世界大戦後の日本の民主主義は、敗戦によってもたらされたものであり、戦前の植民地支配や侵略戦争に関する認識は政治体制の正統性に結び付くからである。
日本の敗戦は、具体的にはポツダム宣言を受諾することであった。この宣言では、日本軍国主義が誤った戦争を仕掛けたことが明記され、日本はこの戦争を誤りと認めたうえで、民主主義国家を再建することを世界に対して約束した。朝鮮半島の植民地支配について、ポツダム宣言では、日本の領土は本州等の本来の領土に限定されると書かれているわけで、不当な植民地支配を否定することも、日本は約束した。
日韓関係が険悪化する中で、日本の一部のメディアやネットでは、戦前の日本の政策や行動を正当化する議論が広がっている。関東大震災の時の朝鮮人虐殺はなかったとか、日韓併合によって日本は朝鮮半島に恩恵をもたらしたといったたぐいの、とんでもない歴史の歪曲も飛び交っている。
日本のナショナリストは、日本の帝国主義や軍国主義がもたらした犯罪的行為を正当化することで、日本人の名誉を回復しようとしている。しかし、それは大間違いである。歴史を直視することを拒否し、過去を賛美するならば、現代の日本人は敗戦の時に日本が世界に行った約束を破ることになる。様々な問題はあるものの、平和国家として歩んできた戦後の70年の実績を否定し、外国からの日本に対する不信を招くことになる。
安倍晋三政権は、さすがに非常識な歴史修正主義を唱えてはいない。しかし政府は韓国に対して「国際法を守れ」と主張することによって、別種のナショナリズムを振りかざしている。安倍政権がここでいう国際法は、1965年の日韓基本条約とその付属協定である。しかし、この条約や協定は日韓の大きな国力の差と冷戦時代の権力政治の必要性を反映したものであって、植民地支配を受けた側の権利を回復する内容ではない。
安倍首相は、北朝鮮との国交回復に積極的な姿勢を示している。首相の意図通りに国交正常化交渉を進めるとき、北朝鮮は必ず植民地支配に対する補償を要求するだろう。慰安婦や徴用工だった人が今の北朝鮮にどの程度存在するかわからないが、この問題を持ち出すこともありうる。その時に、安倍政権は日韓基本条約の枠組みで北朝鮮を説得することなどできないだろう。今日の国際人権法や歴史の常識にそぐう政策を、日本は朝鮮半島の南北に対して公平に適用しなければならないはずである。今の韓国に、半世紀以上前の日韓基本条約を当てはめることは、実は道義や人権に背を向けた自己中心主義だと、私は言いたいのである。
他国民や多民族をその属性によって否定する議論が、いかに大きな災厄をもたらすか、人類はホロコーストの経験によって学んだはずである。今の日本の嫌韓ブームの広がりは、人間の尊厳を守るという最も基本的な原理さえ打ち捨てることにつながるのではないかと、私は憂慮している。正気を取り戻せという声を少しでも上げていきたい。


突っ込みどころだらけのコラムであり、突っ込んでほしくて書いているのかと勘繰りたくなります
「他国民や他民族をその属性によって否定する議論が、いかに大きな災厄をもたらすか」と指摘するなら、韓国人による日本への偏見やヘイトを取り上げないのは失態であり、欠陥でしょう
「国際法を守れ」と言う安倍首相を、ナショナリズムを振りかざしていると切り捨てるのはトンチンカンな主張です。「国際法順守」という秩序の上に国と国の関係が成立するのであり、韓国に対して「国際法を守れ」と言うのがナショナリズムに毒された政治家の妄言なのでしょうか?
政治学や行政学を講じる大学教授でありながら、冷戦時代に締結された日韓既報条約は不平等条約だから順守する必要はない、と学生たちに教えているとしたら驚きです
現下の情勢を鑑みて日韓基本条約を改定する必要があるなら、韓国はあらてめて新条約締結のための協議を日本に持ち掛けるべきであり、一方的に条約を骨抜きにしたり無視したりするのは論外でしょう
国と国との約束を守らずして信頼関係など構築できません
歴史認識に相違があるにせよ、各種の条約や協定などを順守した上で国交が成立し、商取引が行われるのが現実です。歴史認識を共有することが国交成立の必須条件ではありませんし、商取引の原則ではないのです
いったい山口二郎は学生たちに何を教えているのやら
正気を取り戻せ、と山口二郎に言いたくなります

(関連記事)
「安倍は人間じゃない」発言で野党結集を煽る山口二郎法政大学教授
北朝鮮攻撃を「非現実的」と批判 山口二郎法大教授
「北朝鮮有事で想像を絶する被害」と批判する上野千鶴子
東洋大教授「平和ボケ=ウルトラマン症候群」と書いて炎上
北朝鮮ミサイル発射でも朝鮮学校無償化を叫ぶ人たち
「安保法反対の憲法学者208人の声明」の愚かさ 
「永続敗戦論」でデモを煽る白井聡
安保関連法案成立と「ぼくたちの失敗」
「徴兵制あるかも?」と煽るパンフレット 民主党が作成するも廃棄
流行語大賞「日本死ね」を巡る騒動
ポツダム宣言で安部首相を斬ったつもり(1) 日本共産党
ポツダム宣言で安部首相を斬ったつもり(2) 「きっこのブログ」
憲法記念日に思う 護憲派の言い分

立川病院暴走死亡事故 運転の85歳に禁固2年の実刑判決

高齢者の運転ミスによる死亡事故を続けて取り上げます
池袋での事故で思い当たるのが、2016年11月、立川市の国立病院機構災害医療センターの敷地内で車が暴走し、歩道を歩いていた2人がはねられ死亡した事件です。当ブログでは2016年11月の記事、「高齢者の交通事故相次ぐ」で触れていますが、裁判結果に言及していませんでしたので、あらためて取り上げます
事件当時83歳だった上江洲幸子は判決公判時に85歳になっていました
東京地裁立川支部は上江洲幸子に禁固2年の判決を言い渡しています


東京都立川市の病院で平成28年、車が暴走して2人が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死)の罪に問われた東京都国分寺市の上江洲幸子被告(85)に対し、東京地裁立川支部は30日、禁錮2年(求刑禁錮4年)の判決を言い渡した。
宮本孝文裁判官は判決理由で「2人を死亡させた結果は極めて重い」と指摘。「85歳と高齢だが、認知機能の衰えに起因する事故ではない」として弁護側が求めていた執行猶予を付けなかった。
判決によると、28年11月12日、立川市の国立病院機構災害医療センター敷地内で車を運転し、八王子市の会社役員、安和竜洋さん=当時(39)=と小平市のパート、市川妙子さん=同(35)=をはねて死亡させた。
傍聴した安和さんの母親(73)は「先日も高齢女性による死亡事故があり、残念な気持ちだ。高齢者には運転してほしくない」と話した。
(産経新聞の記事から引用)


以下、判決文から量刑判断の理由を引用します


歩道上の歩行者2名を死亡させており,結果が極めて重い。各被害者の母らが強い処罰感情を示しているのも理解できる。
しかも,その過失の態様は,アクセルペダルをブレーキペダルと間違えて踏み込んで自車を前方に暴走させ,さらに,歩行者を認め急制動の措置を講じようとしたが,自車を暴走させたことに狼狽し,再度ブレーキペダルと間違えてアクセルペダルを踏み込んで自車を加速させて暴走させ,歩行者2名を跳ね飛ばした上,コンクリート壁に激突させたというものであって,基本的な注意義務の違反である。
被告人は,本件事故当時83歳という高齢であったが,健康であり,その約半年前に運転免許を更新し,その際実施された認知機能検査,適性検査,実車教習等に何ら問題がないとして免許が更新されたというのであるから,本件事故は,必ずしも高齢による認知機能等の衰え等に起因するとはいえない。
もっとも,被告人は,無謀な運転に及んだものではないし,悪質な道路交通法規の違反を伴う運転をしたものでもない。
被告人は,金銭による賠償ではあるものの,被害者らのうち一名(C)の遺族(妻)との間では示談を成立させている。被告人の加入している共済保険は上限が限定されていないものなので,もう一名の被害者の遺族に対しても,将来的に合理的な額での賠償がなされる見込みもある。
被告人は,本件を深く悔いており,亡くなられた被害者らはもとより遺族への謝罪の気持ちも心からのものとうかがえる。
以上に加え,被告人は,現在85歳であり,健康状態に問題は抱えていないようであるが,その年齢を考慮すると,長期間の服役に心身が耐えきれるかという懸念は拭えない。
以上を踏まえると,その犯情に照らし,実刑は免れないとしても,刑期は主文の程度にとどめるのが相当である。


入院中の夫を見舞うため車で病院を訪れた上江洲幸子被告ですが、思わぬ惨事を起こす結果になりました
上記の判決のように、運転者が高齢だからという理由で安易に量刑を軽くしたり、執行猶予を付けたりはしないと、世の高齢者ドライバーは認識してもらいたいものです

(関連記事)
高齢者の交通事故相次ぐ
池袋暴走事故 ようやく飯塚幸三を書類送検
https://05448081.at.webry.info/201911/article_14.html
池袋暴走事故 88歳飯塚幸三はまだ起訴されず
前橋女子高生死亡事故 公判で責任能力なしと主張
前橋女子高生死亡事故 運転に固執した85歳
東名あおり運転裁判 危険運転を否認
堺あおり運転 二審も懲役16年の判決
小学校教頭 飲酒ひき逃げ死亡事故で逮捕
小樽市3人死亡事故で最高裁判決 懲役22年確定
小樽の飲酒ひき逃げ 危険運転で懲役22年判決
浜松暴走死事件 中国人被告に懲役8年判決
浜松中国人ひき逃げ事故 同乗の夫も書類送検
中国人女ひき逃げで逮捕 5人死傷
亀岡暴走事故 被告が判決を不服として控訴
亀岡暴走事故 懲役5年以上8年以下の実刑判決
エスカレーターで車椅子の夫婦転落事故
西伊豆電気柵感電事故死を考える3 容疑者自殺
西伊豆電気柵感電事故死を考える2 440ボルトの電流
西伊豆電気柵感電事故死を考える1 安全管理欠如

池袋暴走事故 88歳飯塚幸三はまだ起訴されず

池袋で88歳の飯塚幸三(元通商産業省興行技術院長、元クボタ副社長)運転のプリウスが通行人をはね、2人が死亡し8人が重軽傷を負う事故があったのは今年の4月です
しかし、飯塚幸三はいまだに起訴もされず、それどころか送検すらされていません
元高級官僚という事情から特別扱いされているのではないか、と勘繰る声は収まらず、司法の公平性を疑われる事態です
被害者の遺族である夫は飯塚幸三の速やかな処断を求める署名を集めており、9月になって39万筆のもの署名を東京地検に提出したと報じられています
少し前の記事ですが、8月には以下のように共同通信が伝えています


東京・池袋で車が暴走し松永真菜さん(31)と長女、莉子ちゃん(3)が死亡した事故で、会社員の夫(33)が30日、東京都内で記者会見し、車を運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三・元院長(88)に厳罰を求める署名が計約29万人分集まったと明らかにした。引き続き9月中旬まで署名を募る。
警視庁は飯塚元院長が運転操作を誤った可能性が高いとして、自動車運転処罰法違反容疑で書類送検する方針。署名は送検後、東京地検に渡すという。
夫によると、署名は7月中旬から受け付けを開始。子どもを持つ親や高齢者が多く、海外からも集まった。手紙も約1万通送られてきたといい、「寄り添ってくれて感謝しかない」と述べた。
こうした事故を防ぐため「軽い罪で終わるという前例を作りたくない」と強調。安全運転に向け「法制度や技術改善が進んでほしい」と語った。
事故は4月19日昼に発生。飯塚元院長の車が横断歩道に突っ込み通行人をはねるなどして、自転車に乗っていた2人が死亡、8人が重軽傷を負った。元院長と同乗の妻もけがをした。
(共同通信の記事から引用)


退職して随分と歳月が経過しており、元通産省の官僚のネットワークが飯塚擁護に奔走しているとは考え辛いのであり、現政権が飯塚を擁護して捜査に圧力を加えているとも思えません
車両を検査した結果、プリウスに結果はないと判明している以上、飯塚の運転ミスと警察は断定するでしょう
ではなぜ、いまだに送検しないのか理由は不明です
飯塚幸三の代理人である弁護士は取材に対し、以下のように述べています


J-CASTニュースでは署名提出を前にした2019年9月13日、飯塚元院長の代理人に電話で取材を申し込んだ。
――厳罰を求める署名活動について、ご見解など伺えないか。
申し述べることは何も。取材に対して内心の考えていることを伝えるなどの意向は全くない。もちろん考えていることはあるとは思いますけれども。
――理由について。
非常に慎重に対応している。一切応じてはいません。
――書面で取材の内容をお送りしたい。書面でのご回答を検討いただけないか。
捜査も続けられている中で、何か事件に関連することをどうのこうのというのは、まったく一切ない。
「マスコミなどの取材は一切応じていない」とされ、明確な回答は得られなかった。
(J-CASTニュースの記事から引用)


法制度の建前として、逃亡や罪証隠滅のおそれがなければ在宅のまま取り調べ、在宅のまま起訴という経過はありです
今回の事件で警察が立件に手間取る理由はないはずであり、速やかに送検(身柄付きではなく)できると思うのですが
現時点で飯塚幸三は自らの運転ミスは否認し、「ブレーキが効かなかった」と車両の欠陥を主張していると見られます。それゆえ被害者にも謝罪はせず、示談交渉もしていないのでしょう
示談が成立していれば執行猶予付き判決になるところを、全面的に争うとなれば反省していないと判断され、実刑もありえます(あくまでも一般論として)
ただし、刑事訴訟法第482条には「自由刑の裁量的執行停止」という規定があり、有罪判決を受けた場合でも検察官の指揮によって刑務所に収監しない決定ができます
幾つかの例示があり、飯塚幸三の場合は次の2項目に該当します

1 刑の執行によって、著しく健康を害するとき、又は生命を保つことのできない虞おそれがあるとき。
2 年齢70年以上であるとき。

もちろん、70歳以上は絶対に刑務所へ収監されないと決めてかかるのではなく、服役に耐えられないと検察官が判断した場合に適用される規定です
この事件がどう決着するのか、経過を見守り言及を続けるつもりです

(関連記事)
池袋暴走事故 ようやく飯塚幸三を書類送検
https://05448081.at.webry.info/201911/article_14.html
前橋女子高生死亡事故 公判で責任能力なしと主張
前橋女子高生死亡事故 運転に固執した85歳
https://05448081.at.webry.info/201801/article_18.html
立川病院暴走死亡事故 運転の85歳に禁固2年の実刑判決
https://05448081.at.webry.info/201909/article_18.html
高齢者の交通事故相次ぐ
東名あおり運転裁判 危険運転を否認
堺あおり運転 二審も懲役16年の判決
小学校教頭 飲酒ひき逃げ死亡事故で逮捕
小樽市3人死亡事故で最高裁判決 懲役22年確定
小樽の飲酒ひき逃げ 危険運転で懲役22年判決
浜松暴走死事件 中国人被告に懲役8年判決
浜松中国人ひき逃げ事故 同乗の夫も書類送検
中国人女ひき逃げで逮捕 5人死傷
亀岡暴走事故 被告が判決を不服として控訴
亀岡暴走事故 懲役5年以上8年以下の実刑判決
エスカレーターで車椅子の夫婦転落事故
西伊豆電気柵感電事故死を考える3 容疑者自殺
西伊豆電気柵感電事故死を考える2 440ボルトの電流
西伊豆電気柵感電事故死を考える1 安全管理欠如
横浜強盗殺人未遂 71歳の男を逮捕

さいたま小4男児殺害事件を考える  単純な動機

さいたま市で小学生の男児が殺害された事件は取り調べが進み、進藤悠介容疑者が犯行のあらましについて語り始めたようです
前回も触れたように、こうした事件では容疑者が犯行の「動機」についてあっけないほどの単純な理由を口にする例があります
長年連れ添ってきた夫婦でトラブルがあり、夫が妻を殺害する事件は、「妻の用意した食事が気に入らなかった」などと理由を述べる、という具合に
ただし、この理由は直接的なきっかけにすぎないのであり、実際には夫婦の間に軋轢や感情的な対立がくすぶり続けていて、「食事」は長年の鬱屈が暴力に変貌する引き金であった可能性が考えられます
今回の事件の場合、進藤悠介容疑者は「実の父親ではない」と被害者からなじられたため、と語っているようです。が、それは暴力が顕現するためのきっかけにすぎず、両者の間に深いわだかまりが存在していたと推測した方が適切でしょう


さいたま市見沼区大谷の教職員住宅で市立小4年、進藤遼佑(りょうすけ)さん(9)の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された義理の父親の無職、進藤悠介容疑者(32)が「赤白帽子をなくしたことを注意したら『本当の父親じゃないのに』と言われ、頭にきて首を絞めた」との趣旨の供述をしていることが20日、捜査関係者などへの取材で判明した。
進藤容疑者は「延長コードで絞めた」とも供述しているといい、埼玉県警は自宅から延長コードを含む複数のひも状の物を押収。自宅で殺害したとみて、凶器の特定を進める。
捜査関係者によると、進藤容疑者は教員である遼佑さんの母親(42)と今年春に結婚し、母親の連れ子だった遼佑さんと3人で暮らしていた。家族間のトラブルは把握されておらず、県警は、進藤容疑者が突発的に遼佑さんを襲った可能性があるとみている。
県警によると、遼佑さんは17日午後4時ごろ帰宅したが、同6時ごろに母親が帰宅した際にはおらず、自宅にいた進藤容疑者は「英会話塾に行った」と説明した。しかし、午後8時過ぎに塾に行っていなかったことが分かり、母親が110番。18日午前0時40分ごろ、警察官が隣の空き室のメーターボックス内で遺体を発見した。
また遼佑さんの靴は自宅の普段は置いていない場所にあり、塾用のリュックサックは遼佑さんとともにボックス内から見つかった。県警は、遼佑さんが塾に行ったように進藤容疑者が見せかけ、発覚を遅らせようとしたとみている。母親らと一緒に遼佑さんを捜すふりもしていたという。
捜査関係者によると、進藤容疑者は県警の任意の聴取に対し、当初は「私はやっていない」などと事件への関与を否認していた。だが、19日になって遺棄への関与を認め、殺害についてもほのめかす供述を始めたという。
県警は20日、進藤容疑者を送検した。
(毎日新聞の記事から引用)


記事ではわざわざ「家族間のトラブルは把握されておらず」と書いていますが、これは近隣の住民は「怒鳴り合ったり、喧嘩をしているような声は聞いていない」と語っているのを受け売りしているだけであり、新藤容疑者や妻から供述を得た結果ではありません
妻が新藤容疑者と再婚したのは半年前であり、3人が同居して暮らし始めたのはそれからです
再婚当時、新藤容疑者は介護施設に勤務していたとの話もありますが、確認はできません。そして現状は無職で、ぶらぶらしていたわけです
広島出身の新藤容疑者は結婚前、長島姓であり、結婚して妻の籍に入ったのでしょう。東洋大学で社会福祉を学び、その後は介護施設に勤務していたと報じられているものの、年上の妻とどのような形で知り合い、結婚に至ったのか、なぜ離職したのかは不明です
殺害された被害者には兄がいて、そちらは実父に引き取られ暮らしているのだとか
複雑な家庭状況を見れば、「家族間のトラブルは把握されておらず」との見解がいかに浅いものであるかが分かります
憶測でモノを言うべきではないにしても、被害者と義父である容疑者の間にはぎくしゃくしたものがあったと推測され、それを無視してこの事件を語るのは大間違いでしょう
なので、容疑者が語る動機がすべてと決めつけるのは事件の意味を読み誤る危険があり、もっと深く掘り下げて考える必要があります

(関連記事)
さいたま小4男児殺害事件を考える 殺人容疑で再逮捕
https://05448081.at.webry.info/201910/article_9.html
さいたま小4男児殺害事件を考える 義父を逮捕
さいたま小4男児殺害事件を考える 連れ子殺しの理由
和歌山小5刺殺事件を考える1 引きこもりの容疑者
和歌山小5刺殺事件を考える3 犯行を自供
和歌山小5刺殺事件を考える4 犯行のきっかけ
和歌山小5刺殺事件を考える7 公判で犯行を否認
和歌山小5刺殺事件を考える9 控訴審を前に
和歌山小5刺殺事件を考える10 控訴審で精神鑑定
和歌山小5刺殺事件を考える11 中村被告の「妄想」
和歌山小5刺殺事件を考える12 控訴審でも懲役16年判決
西淀川虐待死事件 内夫に懲役12年の判決
西淀川虐待死事件 母親に懲役8年6月の判決
こどもの虐待死 刑罰が軽すぎる
16歳の娘を裸で縛り死亡させた母親
16歳長女監禁死事件を考える2 しつけという弁明
相模原中学生自殺 児童相談所が保護せず見殺し
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 虐待する父親
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 性的虐待を把握
目黒女児虐待死事件を考える 初公判で起訴事実を認める
目黒女児虐待死事件を考える 「こどもに問題があった」と主張
目黒女児虐待死事件を考える 「父親になろうとした」と繰り返す被告

さいたま小4男児殺害事件を考える 連れ子殺しの理由

再婚したり同棲している男が、相手女性の連れ子を虐待したり殺害する事件が頻繁に起こります
男の方がこどもに愛情を注ぐ妻(同棲相手)に不満を抱き、こどもを邪魔だと感じ排除しようとするため、との説明ができるのですが実際はどうなのでしょうか?
千葉県野田市で栗原心愛ちゃんが実父の虐待により殺害された事件の場合、女児をとことん虐め抜いて苦しめる行為に性的快楽を覚えた、サイコパスによる犯罪と考えられます。自分の思うがままに支配し、隷属させ、少しでも意に沿わない態度が見られたなら過剰な暴力をふるう(むしろ、暴行を加えて苦しめるのが目的であり、そのために些細な違反を重大な過失であるかのように理由付けする、と言い換えた方が適切でしょう。実の娘を暴行し、追い詰めるという背徳感も栗原勇一郎容疑者にとっては快楽だったと推測されます)
さて、さいたま市で妻の連れ子である小学4年生の男児を殺害し、遺体を遺棄した進藤悠介容疑者の犯行はどう考えるべきなのでしょうか?
精神科医の片田珠美先生が「母親の愛情を奪い合うライバル関係だった可能性」に言及していますので、取り上げます
なお、長文の記事なので一部のみ引用させてもらいます。全文を読みたい方はアドレスを貼っておきますので、以下のサイトにアクセス願います


義父と息子、母親の愛情を奪い合うライバル関係だった可能性
(前略)
子殺しは、その動機にもとづき、次の4つに大別される。
(1)望まぬ子供を消すための子殺し
(2)慈悲による子殺し
(3)配偶者への復讐のための子殺し
(4)虐待の結果としての子殺し
まず、(1)望まぬ子供を消すための子殺しは、非行もしくは家庭内暴力を繰り返す、もはや親に望まれなくなった子供の殺害である。あるいは、子供が経済的に重荷になるとか、新しいパートナーとの関係に邪魔になると感じて、殺害する場合もあるようだ。
(2)慈悲による子殺しは、親がわが子を「苦しみ」から救うためには殺すほうがいいと信じて遂行する殺害である。この「苦しみ」は、現実の場合もあれば、親が妄想的に確信しているだけで、現実には存在しない場合もある。たとえば、子供が実際に重い障害や病気を抱えている場合は前者だが、子供に悪魔が憑いているとか、魔法によって子供の発育が妨げられているとか親が確信している場合は後者である。
慈悲による子殺しは、親の自殺と結びつくことが少なくない。自殺願望を抱いている親が、「自分の子供を残して死ぬのは不憫だ」と思い、その結果、親子心中が起きるわけだが、欧米でも日本でも母子心中のほうが父子心中よりもが圧倒的に多い。これは、子供との一体感を母親のほうが抱きやすいからだろう。
(3)配偶者への復讐のための子殺しは、配偶者もしくは元配偶者を苦しめるために意図的にわが子を殺害する事例である。その原型は、ギリシャ悲劇に登場するメデイアであり、自分を裏切って他の女のもとに走った不実な夫に復讐するために、2人の息子を殺害する。そして、「なぜに、手にかけた?」と問いただす夫に「あなたを苦しめようために」と言い放つ。
このメデイアの悲劇から、「メデイア・コンプレックス」という概念が生まれ、「母親がわが子の死を望む願望であり、通常は夫への復讐として生じる」と定義されている。現代でも、夫もしくは元夫への復讐のために母親が子殺しや母子心中に走ったと考えられる事件は、ときどき報道されている。
復讐願望から子供を殺したり、無理心中を図ったりするのは、母親に限った話ではない。父親が、妻もしくは元妻への復讐のために同様の凶行に走ることもあり、離婚後の面会交流中の父子心中は、その典型と考えられる。
(4)虐待の結果としての子殺しは、虐待の末に子どもを死に至らしめてしまう事例である。
最近母親の船戸優里被告に懲役8年が言い渡された目黒女児虐待死事件、あるいは今年1月に千葉県野田市で栗原心愛さんが父親の虐待によって死亡した事件が、これに該当する。
(以下、略)


上記のような例示の上で片田先生は、妻の愛情が息子に注がれるのを嫌い、息子を殺害したのではないかと推測します
同時に、進藤悠介容疑者と妻の間に年齢差があることから、悠介容疑者は妻にべったりと甘えていたかったのではないかと述べています
養護教諭であった妻に、そのまま保健室の優しい先生という役割を求め、依存し、保護してもらいたかったのかもしれません(典型的なダメ男という印象がしますし、精神分析的には母親との近親相姦願望をかなえるため年上の女性を娶ったと考えます)
と、まあ部外者から見たところは上記のとおりです。実際、家庭ではどのような関係だったのでしょうか?
逮捕された悠介容疑者が心情を率直に語るとは思えないのであり、あくまでも自身の欲望をひた隠し、「些細な口論からカッとなって首を絞めてしまった」と誤魔化すような供述をするのではないでしょうか?

(関連記事)
さいたま小4男児殺害事件を考える 殺人容疑で再逮捕
https://05448081.at.webry.info/201910/article_9.html
さいたま小4男児殺害事件を考える 義父を逮捕
さいたま小4男児殺害事件を考える  単純な動機
https://05448081.at.webry.info/201909/article_16.html
和歌山小5刺殺事件を考える1 引きこもりの容疑者
和歌山小5刺殺事件を考える3 犯行を自供
和歌山小5刺殺事件を考える4 犯行のきっかけ
和歌山小5刺殺事件を考える7 公判で犯行を否認
和歌山小5刺殺事件を考える9 控訴審を前に
和歌山小5刺殺事件を考える10 控訴審で精神鑑定
和歌山小5刺殺事件を考える11 中村被告の「妄想」
和歌山小5刺殺事件を考える12 控訴審でも懲役16年判決
西淀川虐待死事件 内夫に懲役12年の判決
西淀川虐待死事件 母親に懲役8年6月の判決
こどもの虐待死 刑罰が軽すぎる
16歳の娘を裸で縛り死亡させた母親
16歳長女監禁死事件を考える2 しつけという弁明
相模原中学生自殺 児童相談所が保護せず見殺し
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 虐待する父親
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 性的虐待を把握
目黒女児虐待死事件を考える 初公判で起訴事実を認める
目黒女児虐待死事件を考える 「こどもに問題があった」と主張
目黒女児虐待死事件を考える 「父親になろうとした」と繰り返す被告

さいたま小4男児殺害事件を考える 義父を逮捕

さいたま市の小学4年生が塾に行ったまま帰宅しないと警察に通報があり、捜索の結果、教職員住宅(集合住宅)の中にある自宅前のメーターボックスで遺体となって発見される事件がありました
被害者である進藤遼佑君は教師である母親と義理の父親との3人暮らしであり、義父は「学校から帰った後、塾へ行った」と警察に説明していました。しかし、新藤君の遺体は靴を履いていない状態で発見されており、誰がどう見ても自宅で殺害されたものと気がつくはずです
報道は最初から義父を犯人と推測できるニュアンスを漂わせており(捜査関係者が仄めかしたのでしょう)、警察も義父を問い詰め犯行を自供させた模様です
それにしては自宅の目の前にあるメーターボックス内に遺体を隠すという稚拙な手口からすると、計画性のない突発的な犯行だったと推測されます。新藤君の母親は42歳で教員をしており、義父は進藤悠介で32歳、無職と報じられています
まずは行方不明として捜索願が出された時点での記事を引用します


さいたま市見沼区大谷(おおや)で18日、遺体で見つかった小学4年、進藤遼佑(りょうすけ)君(9)は、すれ違った同級生の保護者らに挨拶を欠かさない明るい少年だった。普段着姿のまま、住んでいた集合住宅の居室そばのスペースで見つかるという最悪の結末に、前夜から無事を祈った保護者や周辺住民からは「元気だったころの姿しか浮かばない」「なぜ自宅の前で…」と悲しみの声が漏れた。
進藤君が通っていた市立大谷小学校によると、進藤君は過去、放課後児童クラブ(学童保育)に入っていた。しかし、習い事が多かったことを理由に途中で辞めており、17日は6時限目の授業を終え、午後3時15分には小学校を後にしたとみられている。その後、自宅そばのバス停からバスに乗り、約4・5キロ離れたJR大宮駅(さいたま市大宮区)近くの英会話塾に向かう予定だった。
普段は午後7時半ごろに塾を終え、バスで帰宅していたが、勤務先から自宅に戻った母親(42)が塾を欠席していたことを知り、午後8時20分ごろに110番通報。学校側からは4年生の保護者らに「進藤君の行方が分からない。捜してほしい」とのメールも送られ、ツイッターなどでも「困ってそうな男の子の情報があれば教えてほしい」と情報提供を求める動きが広まった。
(産経新聞の記事から引用)


17日の夜の時点では家出や誘拐、事故に巻き込まれた可能性などを念頭に置いて情報提供を求めたのでしょう
しかし、義父から事情を聴いていた警察官は、その説明に違和感を覚えたに違いありません
人を殺害した後で、平然と事情聴取に応じられる者は滅多にいません。言葉遣いや挙動、目つきなど、警察官は注意深く観察しているはずです
学校から帰った新藤君と無職で家にいた義父との間で口論なり喧嘩があり、悠介容疑者が紐で頸部を絞め殺害し、自宅から遺体を運び出してメーターボックス内に遺棄した…という流れでしょうか
車がなく、遺体を遠くに持ち去るのが困難だった、とも考えられます
詳細は今後の捜査で明らかになるはずですから、続報を待って取り上げるつもりです

(関連記事)
さいたま小4男児殺害事件を考える 殺人容疑で再逮捕
さいたま小4男児殺害事件を考える  単純な動機
https://05448081.at.webry.info/201909/article_16.html
さいたま小4男児殺害事件を考える 連れ子殺しの理由
https://05448081.at.webry.info/201909/article_15.html
和歌山小5刺殺事件を考える1 引きこもりの容疑者
和歌山小5刺殺事件を考える3 犯行を自供
和歌山小5刺殺事件を考える4 犯行のきっかけ
和歌山小5刺殺事件を考える7 公判で犯行を否認
和歌山小5刺殺事件を考える9 控訴審を前に
和歌山小5刺殺事件を考える10 控訴審で精神鑑定
和歌山小5刺殺事件を考える11 中村被告の「妄想」
和歌山小5刺殺事件を考える12 控訴審でも懲役16年判決
西淀川虐待死事件 内夫に懲役12年の判決
西淀川虐待死事件 母親に懲役8年6月の判決
こどもの虐待死 刑罰が軽すぎる
16歳の娘を裸で縛り死亡させた母親
16歳長女監禁死事件を考える2 しつけという弁明
相模原中学生自殺 児童相談所が保護せず見殺し
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 虐待する父親
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 性的虐待を把握
目黒女児虐待死事件を考える 初公判で起訴事実を認める
目黒女児虐待死事件を考える 「こどもに問題があった」と主張
目黒女児虐待死事件を考える 「父親になろうとした」と繰り返す被告

元野球選手石井浩郎参議院議員 賭け麻雀に養育費不払い

参議院議員にタレントやスポーツ選手を担ぎ出す例は珍しくもない今日この頃です。しかし、国会議員に相応し人物なのか、その人となりを有権者は確認できるはずもなく、単にテレビで見たイメージだけに左右され、票を投じているのが実態でしょう
週刊文春では近鉄や巨人で活躍した元プロ野球選手、石井浩郎参議院議員のスキャンダルを記事にしています


JPアセット証券(本社・東京都中央区)から利益提供を受けていた石井浩郎・自民党参院議員(55)。この取引について、証券取引等監視委員会は金融商品取引法違反(特別の利益提供)の疑いで、同社を行政処分をするよう金融庁に勧告した。
「デリバティブ取引には、担保となる証拠金が必要ですが、一定の倍率の大きさの額まで売買することができます。ただ、通常、損失が拡大して証拠金の額を超えてしまったら、追加分を納めるか、取引の清算と損失の穴埋めをしなければなりません。ところが、石井氏の場合、昨年12月には約6200万円もの証拠金不足に陥ったにもかかわらず、証券会社が便宜を図り、取引を継続していたのです」(経済部記者)
石井氏は1990年近鉄に入団、巨人で4番打者を務め、ロッテなどを経て2002年に現役引退。10年の参院選で故郷の秋田から初当選、現在二期目だ。
「JP社の志村仁社長は石井氏の古い友人で、石井氏のパーティ券をたびたび購入していました。多少無理のきく間柄だったのでしょう」(自民党関係者)
なぜ巨額取引をしたのか。「石井氏はもつ鍋店を経営するなどビジネスに積極的。電話で専門用語を使って金融取引を指示する姿をよく見た。プロ野球時代の感覚が抜けず、高級車を乗り回し、息子を“御三家”と呼ばれる名門幼稚園に入れています」(古くからの知人)
養育費不払いと麻雀による“負債”
石井氏は歌手・岡村孝子と結婚・離婚し、現在の妻は3人目だが、それぞれに子供をもうけている。
「再々婚後の14年頃、前妻から養育費の不払いを指摘され、さらにその親族が自民党本部に『(石井氏と)連絡が取れないからどうにかしてほしい』と電話して来るなど、騒動になったことがあります」(別の関係者)
麻雀による“負債”も抱えていたという。
「無類の麻雀好きで毎日のように夕方になると西麻布や赤坂の雀荘に出かけ、朝の部会後に行くことも。同僚議員を誘うこともあります。賭けた金額は相当なものでしょうが、ある麻雀仲間が『負けても払ってくれない』と嘆いていた」(同前)
石井氏に養育費の不払いや賭け麻雀について質問状を送ったが、それには答えず「法令に従い適正に処理している」、「(JP社の件は)現在すべて清算している」との回答があった。
元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士は「今回の行為は言語道断」と語る。
「石井氏が証券会社に対し証拠金の損失補償を頼んでいたら、金商法違反(損失補填の禁止)や特別背任罪の共犯に問われます。特捜が内偵捜査する価値はあります」
(文春オンラインの記事から引用)


石井議員とJPアセット証券の間では、金融庁の検査が入るのを前提に正常な取引であったように装う隠蔽工作が行われ、口裏合わせも済んでいるのでしょう
立件できるかどうかは不明です
さて、記事を読む限り参議院議員の仕事は片手間であり、麻雀にどっぷりとのめり込んでいるようにうかがえます
プロ野球選手から国会議員への転身ですから、いわゆる勝ち組なのでしょう
現役引退後、生活苦に直面するプロ野球選手は珍しくないのですから、石井浩郎は世渡り上手であったのでしょう
ただ、麻雀に現を抜かす参議院議員を有権者は必要としていないのであり、ここは糾弾されてしかるべきです
私生活の面をとやかく言うべきではないとの見解もあるのでしょうが、私生活がグダグダでは公僕は務まりません
付け加えると石井浩郎議員の最初の妻は歌手の岡村孝子で、2人目の妻は元レースクイーン、3人目はフリーナウンサーなのだとか

(関連記事)
水野真紀の夫・後藤田正純議員の不倫
今井絵理子参議院議員の不倫スキャンダル
参議院候補SPEED今井絵理子の恋人は逮捕歴有り
山尾志桜里議員 不倫を否定し離党届
民進党山尾志桜里議員 不倫疑惑で幹事長逃す
不倫辞職した宮崎謙介前議員を庇う義理の母
不倫しまくり宮崎謙介議員 あっさりと辞職
週刊誌に「女子大生とエッチした」と書かれた佐田玄一郎議員
政界失楽園 中川郁子政務官路上キス事件
国会サボってデート 上西小百合衆院議員
参議院出馬予定の乙武洋匡氏に不倫報道
新潟県知事 女性問題で辞任へ
民進党初鹿議員 女優をラブホテルに連れ込み
田畑毅元衆院議員を強姦罪で書類送検
衆議院議員辞職 田畑毅のゲスの極み
中川俊直政務官 不倫でクビ

ノーベル賞の季節 韓国の候補者は?

商売のコツは季節を先取りすること、との意見があります。昼中の暑さを考えると、とても秋めいた感はしません。むしろ8月よりも暑い気さえします
しかし、9月も半ばを過ぎ、季節は確実に秋を迎えつつあります。秋の風物詩といえば、ノーベル賞に異常なまでに執着する韓国のドタバタ劇でしょう。最近は韓国の国民的詩人高銀をノーベル文学賞候補だ、と毎年のように騒いでいました
が、高銀による数々のセクハラ事件が暴かれるに至り、国民的詩人が単なるエロ爺だと明らかになって評判は地に落ちています。もはや性犯罪者レベルであり、とてもノーベル文学賞候補には相応しくないと韓国国内でも見限られた状態です
さて、昨年の報道から、科学分野におけるノーベル賞候補として挙げられた韓国人研究者の現状を眺めてみましょう(毎年、同様の報道がなされており、候補者の顔ぶれもほぼ同じです)


ノーベル賞の季節が近づいた。来月1日のノーベル医学生理学賞受賞者の発表を皮切りに2日に物理学賞、3日には化学賞の受賞者が順に発表される。ノーベル賞は「人類に最も大きな貢献をした人物に財産を賞金として渡す」というアルフレッド・ノーベル(1833-96年)の遺言で制定された。1901年に授与が始まった後、昨年まで医学生理学、物理学、化学などの科学分野で計599人の受賞者が出ている。韓国からはいつごろ最初のノーベル科学賞受賞者が誕生するのだろうか。国内科学者の研究力量を見ると、その可能性は低くない。
韓国研究財団は最近、論文被引用数基準でノーベル賞レベルに近い韓国の科学者13人を発表した。13人のうち6人は過去10年間にノーベル科学賞受賞者のレベルにすでに到達していることが分かった。残りの7人は3年以内に同じレベルに達すると分析された。研究財団側は「ノーベル科学賞受賞の可能性をはかるものではない」と明らかにしたが、少なくとも6人の国内研究者が過去10年間にノーベル賞を受賞した科学者のレベルになったというところに意味がある。
研究財団は一次的に研究生産力と影響力、ネイチャー・サイエンス・セルなど主要3大科学ジャーナルのうち1つに2件以上の論文を掲載した履歴、上位1%論文10件以上保有の計3つの条件のうち2つ以上を満たした研究者31人を選抜した。
その後、31人の研究者のうち論文被引用数がすでにノーベル賞受賞者の平均値を超えたり3年以内に超えると推定される研究者13人が最終選抜された。物理学の分野は金必立教授(キム・ピルリプ、ハーバード大)、チョン・サンウク教授(ラトガース大学)、イ・ヨンヒ教授(成均館大)、化学はヒョン・テクファン教授(ソウル大)、キム・グァンス教授(UNIST)、ユ・リョン教授(KAIST)、ソン・ヤングク教授(漢陽大)、ユン・ジュヨン教授(梨花女子大)、チョ・ジェピル教授(UNIST)、パク・ナムギュ教授(成均館大)、ソク・サンイル教授(UNIST)、医学生理学はイ・ソグ教授(延世大)、キム・ピッネリ教授(ソウル大)だ。ユ・リョン教授とパク・ナムギュ教授はそれぞれ2014年と2017年にグローバル情報分析機関クラリベイト・アナリティクスのノーベル賞受賞候補予測リストに名を連ねた。
このように韓国の研究者は優秀な研究成果でノーベル賞レベルの論文被引用指数に達しているが、実際に受賞につながっていない理由は2つあると分析された。国際共同研究などネットワークの不足と短い基礎科学研究史だ。
韓国研究財団のキム・ヘド政策研究チーム長は「優秀な研究成果と高い被引用指数がノーベル賞受賞に直結するわけではない」とし「研究の成果を国際的に知らせようとする努力もなければいけない」と明らかにした。キム・チーム長は「日本学術振興会(JSPS)の場合、ノーベル賞授賞式が行われるスウェーデンのストックホルムに5人の学者が勤務し、現地の科学者と国際的なネットワークを強化していると聞いている」とし「国家レベルの広報より、こうしたネットワークを通じて自然に研究の成果が知られるようにする必要がある」と話した。
(中央日報の記事から引用)


記事では「論文被引用数基準でノーベル賞レベルに近い」研究者としていますが、それは結果であって、研究そのものの評価とは別です
例えば化学研究の分野でノーベル賞の前哨戦とされるウルフ賞があります。しかし、ウルフ賞を受賞した韓国人研究者はいません
2018年には東京大学の藤田誠教授が「金属が誘起する自己集合原理の創出と巨大中空物質構築への展開」で受賞しています
医学研究ではガードナー賞が登竜門とされ、ノーベル賞受賞者である大隅良典教授や山中伸弥教授も過去に受賞しています。が、韓国人研究者で受賞した例はありません
ですから研究内容を評価され、ウルフ賞やガードナー賞を手にするのが第一段階です。そのプロセスを無視して(過去に韓国人研究者で受賞した者がいないため、その重要性を理解できないのでしょう)、いきなりノーベル賞候補だと騒ぐのはあまりに愚かしい事態です
上記のように日本にはウルフ賞やガードナー賞、ラスカー賞といった国際的な賞を手にした研究者が何人もいて、研究内容が高く評価されているがゆえに、「ノーベル賞候補」として名を挙げることができます

ノーベル賞2019日本人候補予想

さて、今年はどうなるのでしょうか?

(関連記事)
韓国 ノーベル賞を超える科学賞を設立へ
https://05448081.at.webry.info/201910/article_29.html
吉野彰フェローのノーベル化学賞受賞 複雑な韓国の反応
https://05448081.at.webry.info/201910/article_13.html
韓国教授「ノーベル賞獲得数で日本を追い越せる」と豪語
https://05448081.at.webry.info/201910/article_6.html
韓国「ノーベル賞は公平でない。韓国も受賞できるはず」
日本人のノーベル賞に妬み炸裂 韓国メディア
本庶教授のノーベル賞に対する韓国の反応
文在寅大統領のノーベル平和賞に期待する韓国
ノーベル賞候補の韓国詩人 セクハラで批判浴びる
韓国詩人高銀、ノーベル文学賞確実と語るエール大教授
ノーベル文学賞を熱望する韓国
韓国メディア「ノーベル文学賞の取るには民族文学は不利」
ノーベル文学賞が獲れない韓国 短編小説を礼賛
日本のノーベル賞について韓国の偏見・誤解・嫉妬
ノーベル文学賞候補 村上春樹は選ばれるか
「日本は英語が苦手でもノーベル賞を取る」と説く韓国人学者
韓国 「5年以内にノーベル賞を獲るプロジェクト」
「村上春樹のノーベル賞予想に浮かれる日本」と書く海外メディア
ノーベル文学賞欲しい韓国 村上春樹よりも名作を書けと厳命
「日本の科学力後退」とはしゃぐ韓国メディア
ノーベル賞獲得を目指すサムスン 毎年、対策発表?
ノーベル物理学賞に梶田隆章氏ら決定
ノーベル医学生理学賞に大村智氏ら決定
2015年ノーベル賞の候補となる日本人研究者
山中教授のノーベル賞を悔しがる韓国

岡山少女殺害事件を考える 公判前争点整理でも全面否認

長年未解決であった事件の1つ、2004年に岡山県津山市内で小学3年生の女児を殺害した容疑で起訴された勝田州彦被告の公判前整理手続きが行われ、容疑を全面否認して争う方針だと報じられています
前回、当ブログで取り上げた際(2018年6月)にも犯行を否認する姿勢を示していましたので、とことん争うつもりなのでしょう


15年前、岡山県津山市で当時小学3年生の女の子が殺害された事件で、殺人などの罪に問われた男の弁護側が無罪を主張する方針であることが分かりました。
殺人と強制わいせつ致死などの罪に問われているのは、勝田州彦被告(40)です。
勝田被告は2004年、津山市の住宅に侵入して当時小学3年生の女の子に暴行を加えた時に抵抗されたため、刃物で胸や腹を多数回刺して殺害した罪に問われています。
12日、岡山地裁で第1回公判前整理手続きが行われました。勝田被告の弁護人は事件当時、被告が現場や津山市にいたことを裏付ける証拠が示されていないなどとして、無罪を主張する方針です。
勝田被告は逮捕直後、首を絞めたことは認めたものの、殺害については否認。その後の調べで刃物で刺したことを認める供述をしましたが、一転して、「うその供述をした」と話していました。
(KBS瀬戸内放送の記事から引用)


時系列に沿って書くと、逮捕に至ったのが2018年5月です。当時、大阪刑務所に服役していた勝田被告が犯行をほのめかす発言をしていたため、身柄を岡山刑務所に移し、岡山県警の警察官が任意での事情聴取を行いました
任意とはいえ、深夜にまで及ぶ執拗な取り調べになったようで、そこに勝田被告は反発しているようです。供述は長時間に及ぶ違法な取り調べによるもので、任意性はないと弁護人は主張しています
2018年10月には起訴前の鑑定留置(精神鑑定)が終了し、責任能力に問題はないとして岡山地方検察庁が勝田被告を起訴しています
そして現在、2019年9月の段階で公判前の争点を整理する手続き中ですから、年内に公判が始まるか微妙なところです
全面的に争う方針なので、検察は公判の場で証拠申請を行って各種の調書や証拠品を提示し、弁護人と検察官が丁々発止のやりとりをすることになります
これまで複数の女子小学生や女子中学生を襲う事件を起こし、怪我を負わせてきた勝田被告ですが、過去の事件はそれぞれ裁判で刑を受けていますので、今回は本件犯行のみで争われます
すべての事件を通算すれば死刑の求刑もありえるところながら、本件のみでは無期懲役が相場でしょう(勝田被告の地元では未解決の少女への傷害事件が2つあると報じられているものの、残念ながら警察が立件するとは思えません)

(関連記事)
岡山女児殺害事件を考える 一転して殺害否認
岡山女児殺害事件を考える 14年間の捜査は?
岡山女児殺害事件を考える 未解決の女児殺害事件にも関与か
岡山女児殺害事件を考える 性犯罪防止プログラムは役に立たないか
岡山女児殺害事件を考える 岡山、兵庫県警で連携なし
岡山女児殺害事件を考える 勝田容疑者の異常性癖
岡山女児殺害事件を考える 14年目で犯人特定
14年前の廿日市女子高生殺害事件で容疑者逮捕
島根女子大生遺棄事件を考える42 容疑者死亡で送検
島根女子大生遺棄事件を考える43 矢野容疑者のプロフィール
島根女子大生遺棄事件を考える44 捜査本部会見
島根女子大生遺棄事件を考える45 矢野容疑者のmixi
島根女子大生遺棄事件を考える46 矢野容疑者の前科
島根女子大生遺棄事件を考える47 犯人扱いで大学中退者も
広島女児殺害事件を高裁に差し戻し 最高裁判決
今市女児殺害事件 勝又被告に無期懲役判決
今市女児殺害事件 犯行を示唆する手紙
今市女児殺害事件 無罪を主張
今市女児殺害事件 公判前の争点整理で紛糾
今市女児殺害事件 犯行の状況
今市女児殺害事件 逮捕まで8年半

疑惑男チョ・グクを法務長官に任命する文在寅大統領

日本では内閣改造が行われ、新しい閣僚が何人も選ばれています。メディアや野党はこの時とばかり、新人閣僚のスキャンダル探しに奔走し、暴き、国民に疑惑を印象付けようとします
叩けば埃が出る体でありながら、大臣になりたくて仕方のない政治家としては自業自得でしょう
さて、海の向こう韓国ではさまざまな疑惑が噴出した元大統領府の民情首席秘書官、チョ・グクが法務長官に任命されています。批判があるのを承知の上で、文在寅大統領が任命を強行したわけです
当然ながら大統領の権力を疑惑を封じ込めるのならば、世論の反発は必至でしょう。最悪の場面で最悪の選択をする、と揶揄される韓国らしい展開です(皮肉です)


韓国の文在寅大統領は9日、「タマネギ男」ことチョ国(チョ・グク)前大統領府民情首席秘書官を、法相に強行任命した。チョ氏には、娘の大学不正入学疑惑や、息子の徴兵逃れ、家族ぐるみの不透明な投資、妻の在宅起訴などスキャンダルが連続炸裂(さくれつ)し、国民の批判や怒りが爆発していた。逆風での強行突破は、韓国国内が「左派」と「保守派」に分断するなか、残り任期2年半となった文氏による「延命工作」という見方が多い。ただ、「反日・離米・従北・親中派」の中心人物であるチョ氏の起用は、窮地の韓国経済や、外交・安全保障体制も直撃し、文政権を崖っぷちに追いやりそうだ。
「本人が責任を負うべき明白な違法行為が確認できないのに、疑惑があるというだけで任命をしないなら、あしき先例となる」「(チョ氏には)権力に関する改革を行い、(検察に)国民の機関としてのポジションを確立してほしい」
文氏は9日、チョ氏の法相任命について、記者会見でこう言い切った。三流の韓流ドラマでも、ここまで独善的なセリフは聞かれないだろう。
検察を指揮する司法行政トップに、妻が私文書偽造罪で検察に起訴されるなど疑惑を抱えたチョ氏を起用することについて、文氏は「任命については賛成と反対の厳しい対立もあった。国民の分裂につながりかねないその姿を見て、深く悩んだ」と会見で語ったが、その結論が「強行任命」なのだから、文政権の常識は世界の非常識のようだ。
法相任命式は同日午後2時から行われ、チョ氏は平然とまっすぐ前を見据えて臨み、「私が任命されたのは、未完の課題だった法務・検察改革を仕上げるべきだという意味だと考える」と語った。後ろめたさはないように伺えた。
文政権と検察が全面対決の様相を示すなか、文氏としては「反日・離米・従北・親中派」「左派革命」の同志であるチョ氏を法相にして、岩盤支持層に訴え、「政権延命」につなげようとしたとみられている。
注目の法相任命式に、チョ氏の疑惑捜査を指揮する尹錫悦(ユン・ソクヨル)検事総長は出席しなかった。尹氏は権力になびかない姿勢で知られ、「私は人に忠誠をささげない」と公言する。
保守系最大野党の自由韓国党は「韓国の法治主義は死んだ」「憲政史上、最悪の人事」などと非難した。今後、国会ボイコットやチョ氏の解任建議案提出など、あらゆる手段で争う構えだ。
朝鮮近現代史研究所所長の松木國俊氏は「妻が起訴され、世論の5割が反対する人物を任命するなど、近代の民主主義国家ではあり得ない。『潔白が証明されるまで法相任命を保留する』のが世界の常識ではないか。文氏は自分の思想と合致する人間だけを登用して、独裁政治に近づいている。もはや法治国家ともいえないのではないか」と語った。
いわゆる「元徴用工」の異常判決もそうだが、法律がまともに機能せず、常識が通用しない国家となれば、経済活動にも当然影響が出てくる。
(産経新聞の記事から引用)


さて、文在寅大統領が自分の後継者とみなし、次の政権を託そうというチョ・グク法務長官がどれだけ優れた人物であるのか、大いに疑問であり、次々とボロを出す可能性が濃厚です
チョ・グクの不正や疑惑は今に始まったものではなく、例えばソウル大の大学院時代に提出された修士論文は、日本人研究者の手による「ソビエト社会主義法・刑法理論の形成と展開に関する研究」を丸写ししたもの、と発覚しています。ロシア語も理解できないのに、ソビエトの法制度を研究、なんてあり得ません
つまり学生のときから不正に手を染めるを躊躇わない人物だったのでしょう(それに反日を主導する立場なのに、日本人研究者の業績を丸パクリ厚かましさときたら)
ちなみに学生時代、司法試験を2度受験し、落ちていたりもします
今後は疑惑を解明しようとする検察と、捜査を阻止しようとするチョ・グクの対立が予想されます。捜査を進めようとする検事たちを強引に左遷させるなど、捜査妨害を繰り返すのかもしれません
チョ・グクの起用が文在寅政権の命取りになる…という韓国ドラマ顔負けの展開を期待したいものです

(関連記事)
文在寅ピンチ 反日主導の側近が不正疑惑で強制捜査
韓国政府高官「日本は韓国に8億ドル払い6800億ドル儲けた」と批判
https://05448081.at.webry.info/201910/article_16.html
「日本にミサイル情報求めていない」韓国政府関係者の発言 嘘だとバレる
https://05448081.at.webry.info/201910/article_4.html
日韓軍事情報包括保護協定破棄は日米のせいニダと吠える韓国メディア
「日韓関係悪化は日本の敗北で終わる」とする記事
文在寅「対話の用意がある」と宣言するも日本政府は懐疑的
ホワイト国除外で憤慨する韓国 対抗手段は?
韓国メディア 「日本不買運動が安倍政権に打撃」と煽る
韓国政府高官「経済制裁は日本が韓国に追い抜かれるとの危機感から」
日本の経済制裁に茫然自失の文在寅大統領
韓国への経済制裁を批判する中日新聞社説
経済制裁に猛反発する韓国
韓国へ経済制裁 半導体材料輸出規制開始
徴用工判決への報復措置 麻生財務相発言
韓国議員団訪日 関係改善ならず
「反日活動」を批判する朝鮮日報
米朝首脳会談決裂も「安部のせい」 韓国政治家
韓国国会議長「天皇は謝罪しろ」発言に安倍首相抗議
韓国国会議長「天皇が謝罪しろ」発言で波乱
徴用工問題 請求権協定を無視する韓国政府
徴用工問題 対話で解決と書く信濃毎日新聞
日韓徴用工訴訟 文大統領は日本の譲歩求める

あいちトリエンナーレ 「河村市長は二度と政治にかかわるな」と書く朝日新聞

あいちトリエンナーレにおける企画展「表現の不自由 その後」について繰り返し言及してきました。いわゆる「表現の自由を守れ」派は朝日新聞や毎日新聞、共産党や立憲民主党といった面々であり、例のごとく「日本人による韓国批判はヘイトだ」と主張する面々と重なります
韓国による日本人へのヘイトにはまったく触れず、日本人による韓国批判は許さないという偏った政治志向の持ち主が何を言うのやら、と思ってしまいます
そして各地自体の長が、あいちトリエンナーレの企画展への批判を強めている事態に畏怖したのか、名古屋市の河村市長を槍玉に挙げ、「二度と政治にかかわってはならない」レベルの暴言と切り捨てる主張を朝日新聞が掲載しているので、取り上げます
記事を書いているのはフリーライターの赤木智弘ですが、当然ながら朝日新聞の意見を代弁するものです


表現の自由の「本丸」はどこにあるのか あらためて「憲法21条」を読んでみる
赤木智弘 フリーライター
あいちトリエンナーレ内の企画展「表現の不自由展」が中止された件で、表現の自由のあり方に注目が集まっている。
表現の不自由展には、従軍慰安婦問題に対する日本の隠蔽や歪曲を批判するために、韓国の彫像作家が作成した「少女像」や、昭和天皇の顔写真が燃やされる展示などがされていることに対して、多くの批判の声が寄せられた。中には「ガソリン携行缶を持ってお邪魔する」とした脅迫FAXなどもあり、あいちトリエンナーレ側は表現の不自由展の中止を決定した。
さて、表現の自由は日本国憲法第21条に規定されている。

憲法21条
集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

憲法が命令するのは国に対してであり、この条文を守る主体は国である。当然、国の中枢に近ければ近い立場の人達ほど、立場をわきまえなければならないはずだ。
今回の展示に対して、まだ中止される前に、河村たかし名古屋市長は「どう考えても日本人の心を踏みにじるものだ。即刻中止していただきたい」と主張した。また、菅義偉官房長官は今後の助成金交付について「交付の決定にあたっては、事実関係を確認、精査して適切に対応したい」と牽制を加えた。そして表現の不自由展の中止が決定された後、大村秀章愛知県知事は河村市長の発言を「憲法21条(表現の自由)に違反する疑いが極めて濃厚」と批判。河村市長は「(表現の自由に対して)最低限の規制は必要」と論じた。
さらに松井一郎大阪市長は「税金を投入してやるべき展示ではなかった。慰安婦はデマ」と主張。黒岩祐治神奈川県知事は「表現の自由から逸脱している。もし同じことが神奈川県であったとしたら、私は開催を認めない」と主張。行政の長たちによる「表現の自由」への介入が相次いだ。
憲法のあり方から考えれば、大村知事を除く、市長や知事や官房長官は、行政の長としてあるまじき発言をしている。特に「日本人の心を踏みにじる」などという曖昧な「お気持ち」を理由に表現を規制しようとした河村市長と、「表現の自由から逸脱している」などと、政治的な理由で表現を区分けした黒岩知事の発言は、二度と政治に関わってはいけないレベルの暴言と言っていい。
法治国家であるはずの日本において、表現の自由を侵害しようとしたのだから、当然、これらの行政の長たちに対する国民的な非難の声が挙がらなければならないはずである。ところが、こうした行政の長たちの暴言は批判されるどころか、その矛先は驚くべきことに、脅迫を受けた側のあいちトリエンナーレに向いたのである。


日本国憲法の条文を示し、ドヤ顔で言われてもねえ
赤木智弘は「表現の自由は無制限の、絶対的な権利として保障されているものではない」と、中学や高校で学ばなかったのでしょうか?
さらに表現の自由を侵害したから河村市長は政治家失格などと主張して恥ずかしくないのか、と言いたくなります
本人は単純素朴で明快に河村たかしや黒岩祐治を斬ったつもりなのでしょう
指摘するまでもなく表現の自由には制約があり、公益を侵害しない前提で保障されているものです。何を表現してもどのように表現しても自由というものではありません
「政治的な理由で表現の自由を規制するのはけしからん」と赤木智弘は言うものの、彼らは自治体の長であるとともに政治家なのですから、当然、政治的思想や信条に左右されます
そして今回のあいちトリエンナーレで企画展を中止にする決定を下したのは河村たかしや黒岩祐治ではなく、津田大介と大村愛知県知事です
批判の矛先を津田大介に向けないのは「仲間」であり、「同志」であるからなのでしょうか?
表現の自由を尊重するなら、国民が「従軍慰安婦像」展示を批判する権利をも認めなければなりません。それを容認しない赤木智弘の主張に何の説得力もないのです

(関連記事)
あいちトリエンナーレ閉幕 朝日新聞「日本ヘイトは大間違い」
https://05448081.at.webry.info/201910/article_30.html
あいちトリエンナーレ 「表現の不自由展その後」再開強行
https://05448081.at.webry.info/201909/article_27.html
あいちトリエンナーレ 文化庁は補助金交付しないと決定
https://05448081.at.webry.info/201909/article_24.html
あいちトリエンナーレ 展示再開を協議も東浩紀は逃亡
あいちトリエンナーレ 津田大介はなぜ炎上したのか?
あいちトリエンナーレ 琉球新報「表現の自由を守れ」
あいちトリエンナーレ「表現の不自由」展とは何だったのか?
慰安婦像展示のあいちトリエンナーレ 炎上騒動で企画展中止
捏造で日本批判を行う韓国の教科書
証拠写真を捏造 歴史を歪曲する韓国
原爆Tシャツ防弾少年団にユダヤ系団体が喝!
韓国メディア 日本のアニメを使って「従軍慰安婦」の証拠を捏造
慰安婦像問題で日本政府を批判 朝日新聞社説
釜山領事館前の少女像で日韓関係紛糾
慰安婦問題 韓国が安倍首相の「おわびの手紙」要求
サンフランシスコ裁判所 慰安婦訴訟を門前払い
オーストラリア 韓国従軍慰安婦像設置を否決
韓国朴大統領 慰安婦問題で日本批判
朝日新聞「慰安婦」捏造報道で謝罪
元朝日記者「慰安婦記事」訴訟で敗訴
慰安婦合意に反発する韓国世論3 元慰安婦は合意に反発
慰安婦合意に反発する韓国世論2 「帝国の慰安婦」に名誉毀損判決
慰安婦合意に反発する韓国世論1 国際法学者の妄言

堺あおり運転 二審も懲役16年の判決

毎日のようにあおり運転を報じるニュースが流されています。これまでは「質の悪い運転をする人間がいる」と認識されていたものの、あおり運転そのもので逮捕されたり、立件されるケースは少なかったという現実があります
ここ最近はドライブレコーダーを装備する車も増え、あおり運転の証拠となる動画が簡単に撮影できるようになったのも、検挙数の増加につながっているのでしょう
さて、あおり運転で世間を震撼させた事件の1つ、四輪車でバイクの大学生をあおって死亡させた中村精寛被告の控訴審判決がありましたので取り上げます


堺市で2018年7月に車であおり運転をした後に追突し、バイクの男子大学生を死亡させたとして、殺人罪に問われた中村精寛被告(41)の控訴審判決が11日、大阪高裁であった。樋口裕晃裁判長は殺人罪の成立を認め、懲役16年とした一審判決を支持し、弁護側の控訴を棄却した。あおり運転に厳しい姿勢を示した司法判断といえ、後を絶たない危険行為にも警鐘を鳴らす可能性がある。
あおり運転に対する厳罰化を求める社会の流れの中、一審に続き、あおり運転では異例となる殺人罪の成否が主な争点となった。
判決理由で樋口裁判長は、19年1月の一審・大阪地裁堺支部の裁判員裁判の判決を、ほぼ踏襲。中村被告の車のドライブレコーダー映像などを基に、ハイビームを照射し続け、立て続けに何度もクラクションを鳴らすなどした行為について「怒りによる威嚇だった」と指摘。「衝突の危険性が高まっているのを認識しており、衝突は想定内の出来事だった」とし、一審に続き、被告の殺意を認定した。
弁護側は一審判決を不服として控訴した。7月の大阪高裁で開かれた控訴審の初公判で、改めて殺意を否定。衝突はブレーキ操作を誤った過失による自動車運転処罰法違反(過失致死)罪にとどまるなどと主張した。
一審判決によると、中村被告は18年7月2日夜、堺市南区の府道でバイクに追い抜かれて立腹し、時速96~97キロで追突。大学4年の高田拓海さん(当時22)に頭蓋骨骨折などのけがを負わせて殺害した。
(日本経済新聞の記事から引用)


中村被告はドライブレコーダーに残っていた「はい、おしまい」という自身の発言を、「自分の人生が終わった」とつぶやいたもので、被害者を死に至らしめた現実を軽視したものではない、と公判で主張していました
もちろん、そんな釈明は通用しません
控訴審で中村被告は、一審判決後に自動車保険から被害者遺族に対し3000万円が支払われたことを踏まえ、減刑を求めてもいました
単なる交通事故だったので殺人罪を適用べきではなく、過失致死に該当するとの言い分です
一審判決を経てもなお不満たらたらで、自身の罪と向き合う気は皆無なのでしょう
平素から乱暴な運転を繰り返していた中村被告が、何を思って自分の車にドライブレコーダーを取り付けたのか不明ですが、結果として動かぬ証拠を残したのであり、彼自身を追い詰めたと言えます
今後はいわゆる交通刑務所ではなく一般に刑務所に服役する中村被告は、不満を抱えたまま刑期を過ごすのでしょう

(関連記事)
堺あおり運転裁判 殺人罪認め懲役16年判決
堺市あおり運転裁判 殺意を否認
東名あおり運転裁判 懲役18年判決
東名あおり運転裁判 懲役23年求刑
東名あおり運転裁判 危険運転を否認
小樽市3人死亡事故で最高裁判決 懲役22年確定
小樽の飲酒ひき逃げ 危険運転で懲役22年判決
歌川5人殺傷交通事故 懲役23年の実刑判決
飲酒運転で幼児3人死亡事故 懲役20年確定へ
小学校教頭 飲酒ひき逃げ死亡事故で逮捕
浜松暴走死事件 中国人被告に懲役8年判決
浜松中国人ひき逃げ事故 同乗の夫も書類送検
中国人女ひき逃げで逮捕 5人死傷
亀岡暴走事故 被告が判決を不服として控訴
亀岡暴走事故 懲役5年以上8年以下の実刑判決
亀岡暴走事故 小学校教頭が電話番号を漏らす
無免許運転で児童の列に突っ込む 懲役は7年前後
亀岡暴走事故 被害者の近況と少年法
京都の暴走事故 てんかん患者が運転
クレーン車事故で児童6人死亡 運転手は「てんかん」の持病
クレーン車事故を考える2 「てんかん」隠していたと母親が謝罪
クレーン車事故で運転手起訴 危険運転致死罪は見送り
前橋女子高生死亡事故 運転に固執した85歳
前橋女子高生死亡事故 公判で責任能力なしと主張

小学生男児を誘惑したシングルマザー 懲役3年執行猶予5年の判決

オンラインゲーム「荒野行動」で知り合った福岡県在住の小学生男児を誘い、性交に及んだとして強制性交、児童ポルノ法違反容疑(製造)で逮捕・起訴された高松市の長尾里佳被告(23)に対し、高松地方裁判所は懲役3年執行猶予5年の判決を言い渡しています
執行猶予付きの判決は珍しくないものの、5年もの期間を設けたのは異例でしょう
性犯罪者が再犯に及ぶ危険度は高いとされますが、執行猶予5年というのは裁判官がそれだけ被告の「今後」を危惧しているからだと思われます


9月4日、高松地裁は強制性交、児童ポルノ法違反容疑(製造)で逮捕、起訴された、高松市の長尾里佳被告(23)に対し、懲役3年、執行猶予5年の有罪判決を言い渡した。
起訴状によると、長尾被告は、今年1月22日に高松市の自宅アパートに男児を呼び寄せて性交渉をしたほか、昨年12月にも自宅アパートで男児に胸を吸わせ、その様子を動画で撮影し、保存するなどしたという。
長尾被告と男児が知り合ったのはスマートフォンのゲームがきっかけだった。長尾被告はゲームを通じて仲良くなった男児とやりとりを繰り返し、ときには男児の住む福岡県にまで足を運び、性的関係を持ったという。
長尾被告は今後、病院で治療を受ける予定だというが、そもそもどのような精神疾患で、どういった治療が必要なのか。
精神科医の片田珠美さんは、「彼女は思春期以前あるいは思春期早期の子どもに対し性的関心をもつ性倒錯の一種『小児性愛』にあたると思います」と分析する。
小児性愛は精神疾患の一種で、米国精神医学会によるガイドラインでは、「患者は16歳以上で、13歳以下の子どもに性的興味を抱く」「対象となる子どもより5歳以上年上」などの条件に当てはまる場合、小児性愛と診断されるという。
「小児性愛は治療が非常に難しいです。男性の場合で考えると、例えば胸の大きな女性が好きだとか、お尻がふくよかな女性が好きだとか性的な好みは人それぞれです。『性的興味の対象を変えろ』と言われてもなかなか簡単にはできません。ですから、性衝動を抑える道筋を探ったり、自慰行為で性衝動をまぎらわせたりして、性行為に至らせないように誘導していくしかありません」
『ルポ 平成ネット犯罪』(ちくま新書)の著書があるジャーナリストの渋井哲也さんは「他の障害の可能性」も指摘する。
「報道だけでは症状はわかりませんが、小児性愛のほかにセックス依存症や支配欲の強い人格障害の可能性もあります。セックスによって相手を支配すると同時に強い満足感を感じ、性的な衝動が抑えられなくなる。大人の異性との交際がうまくいかなかったことで、支配しやすい子どもを相手に選ぶ人もいます」
成人との性行為の経験も治療に深く関わってくるという。
「過去に成人との関係があったのであれば、凝り固まった考えを社会常識に合わせるために『認知行動療法』を行って矯正できる可能性があります。しかし、小児性愛への依存度が高いと、そもそも成人との関係で成功体験がないため矯正が難しい。その場合は、治療後も家族や知人、あるいは警察などと協力しながら子どもと出会うことのできる場所や連絡のとれるゲームの使用を禁止するなど、行動制限をかける必要があります」(渋井さん)
(AERA.dotの記事から引用)


「今後、病院で治療を受ける」と長尾被告は約束したようですが、果たして実行できるのでしょうか?
小児性愛治療の専門家が高松近辺にいればよいのですが
診察する医師、あるいはカウンセラーによってはまったく別の障害であると判断し、独自の治療法を勧めるケースもあり、必ずしもクライアントの思い描くような治療にならない例もあります
それだけ心の絡む問題は対処が難しいわけです
しかし、長尾被告がオンラインゲームを介し、成人男性とチャットを楽しみ交遊するのならば、対象が未成年者ではないので問題にはなりません。ゲームを禁止するより、よほど現実的な解決になる可能性もあります(もちろん、交遊する相手がDV男という危険もありますが)
長尾被告の場合、年下のこどもを性愛の対象とするに至った原因、きっかけを探り、どこで歪んだ欲望を抱くようになったかを解き明かし、「ああ、わたしはこうだったのか」と彼女自身が納得できたならば、少年に対する執着は解消できるのかもしれません

(関連記事)
「魔女の条件」
https://05448081.at.webry.info/200905/article_17.html
女性教師が少年にわいせつ行為で懲戒処分
13歳教え子に手を出した女教師逮捕 テキサス州
女性教諭が男子生徒にセクハラ 懲戒免職
年下男性に貢いだ末殺害された女教師 裁判の結果
年下男性に貢いだ挙句殺害された女性教師
不倫殺人 人妻と年下の専門学校生の暴走
人妻に横恋慕した不倫殺人 懲役20年の判決
香川の不倫殺人 被告女性が拘置所で自殺
出会い系サイトに出会いを求める女性 高額利用料請求も

BBC「世界は漫画を通して日本を見ているのか」

NHKの親玉みたいな存在として思い浮かぶイギリスの公共放送BBCが、日本の漫画文化と諸国の関係に言及する記事を書いていますので、取り上げます
以前、当ブログでBBCが日本の漫画文化=児童ポルノと断罪する番組を紹介しています
同様に、今回の記事も一方的な目線から捉え書かれたものであり、日本人が読むと「何だかなぁ」と違和感ありありの感想しか出てきません
こうした食い違いが生じるのは、海外メディアが漫画やアニメを世界的な流行という事象で語ろうとする一方、日本人はあくまで日本のポップカルチャーとして見据え、日本人の審美眼に適うかどうかで語ろうとするギャップにあるのかもしれません
例えば韓国のマンファの描き手は海外でどうウケるかを考えながら描くわけですが、日本の漫画家は世界一シビアな日本の読者にどうウケるかを考えずにはいられません。日本の読者にウケてこそ、プロとしてやっていけるわけで
以下、BBCの掲載記事の一部を引用します。全容を知りたい方は、以下のアドレスにアクセス願います


世界は漫画を通して日本を見ているのか
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-48618569
ロンドンの大英博物館では現在、日本国外では最大の漫画展が開催されている。物語を絵で見せるこのアート様式がなぜ世界中で人気を集めているのか、なぜ文化のクロスオーバーを起こしているのか、そして世界中でどのような影響を与えているのかを見ることができる。
多くの場合、世界の人が初めて触れる日本文化は漫画やアニメだ。
韓国の漫画家ホン・ヨンシク氏もその一人。ホン氏は、自分の家族がワーク・ライフ・バランスを取り戻そうとする様子を漫画にし、「Uncomfortably Happily(居心地悪いけど幸せな)」として出版した。
「日本文化のことを考えるとき、はじめに思い浮かぶのは漫画とアニメだ。韓国では漫画やアニメの知識がなくても、そう思っている人は多い。この2つが日本文化を代表していると思う」
日本と韓国の関係は複雑だが、漫画やアニメは前向きな関係をもたらしているとホン氏は言う。
「ほとんどの韓国人は日本による侵略と植民地支配をまだよく覚えている。私たちにとって、日本はとても近いが、とても遠い国だ」
ここで言う近さには地理的な距離のほかに、ポップカルチャーが育む相互理解も含まれる。
もちろん、抵抗感は両国双方にある。韓国の漫画が日本で出版される際には、韓国らしいデザインや言葉は差し替えられて、現地化(ローカライズ)されがちだ。日本の読者は日本で生まれたコンテンツに慣れているからだ。
悪名高い事例が、2005年の「マンガ 嫌韓流」だ。韓国の文化を下等と見なす少数派意見を作品化したもので、韓国ではこれを受け、日本文化を標的にした類似の本が出版された。
こうした緊張関係は、世界に輸出するポップカルチャーの分野で日韓がライバルになりつつあることにも関係している。日本の「マンガ」と韓国の「マンファ」の競合も、ライバル関係の一部だ。
植民地支配の歴史というキーワードは、アジアから遠く離れた場所でも漫画の受け取られ方に影響を与えている。米スワースモア・カレッジでフランス語圏を研究するアレクサンドラ・ギーダン=トゥレク准教授は、かつて植民地だった国が自分たちの文化アイデンティティーに正面から取り組む手段として、マンガが有用だと語る。
ギーダン=トゥレク氏は、北アフリカのアルジェリアで「DZマンガ」というジャンルが生まれた理由について、2つの傾向があると指摘する。
「西洋の絵画とも、伝統的なイスラム芸術とも違う異国化。それから若いアルジェリアの読者に訴求する現地化(ローカリゼーション)の要素だ」
つまり、伝統的にフランス文化が圧倒的な地位を占めるアルジェリアにおいて、日本は歴史的にも地理的にも、別の選択肢になり得るほど遠かったというわけだ(アルジェリアでは他のアラビア語圏と同様、「キャプテン翼」が大ヒットしている)。ギーダン=トゥレク准教授はこの現象を、文化の新たな可能性を開くものだと前向きに捉えているが、日本そのものは必ずしも関係していないと見る。
「DZマンガが人気なのは、読者が日本文化に惹かれているからというより、漫画が柔軟で世界的に人気の文化商品だからだ」
アルジェリアの漫画出版社Z-Linkのサリム・ブラヒミ社長も、アルジェリア人にとって「漫画は、アルジェリアから遠いところにある文化を見つける手段だ」と語る。
ビデオゲームや日本食といった日本文化もアルジェリアに入っているが、「アルジェリア人が日本の文化を発見し、それを体験する最大の手段は漫画だ」という。
Z-Linkはアラビア語とフランス語、ベルベル語でDZマンガを出版する。さらに、日本の漫画やアニメ、ゲームに特化した雑誌「Laabstore」も発行している。
漫画好きはフランス仕込み?
アルジェリアの人が漫画に興味を持った一端には、旧宗主国フランスの長きにわたる日本文化びいきが反映されている。17世紀末には、フランスのコレクターは「中国様式」と間違って呼ばれた漆塗りのたんすなどの日本製品を買い集めた。次に流行したのは浮世絵で、欧州にジャポニズム熱が広まるひとつのきっかけになった。
浮世絵は、現在の漫画の原型でもある。
(以下、略)


海外メディアによくあるパターンで、事象を極めて広く浅く紹介するだけの記事です
上記の記事だけでは、韓国のマンファと日本の漫画の関係など何も分かりません。踏み込みが足りないのですから
同様にアルジェリアにおける日本漫画の影響がどのようなものか、まったく見えてきません
引用から省略された部分を読んでも、「結局、この記事は何を言いたかったのか?」と思うばかりです
せめて日本風漫画表現を獲得した作品が世界各地で見られるようになり、新たな文化の波を予感させている…というオチなら理解も納得もできるところですが
記事の書き手の理解不足もあり、タイトルのごとく「漫画を通して日本を見ている」のかどうか、怪しい限りです
記事全体を通じて残念ながら、この記事の書き手には日本が見えていないのだろうな、と思うばかりです

(関連記事)
英BBCが「漫画は児童ポルノ」と批判
https://05448081.at.webry.info/201710/article_15.html
ロンドンの日本漫画展に嫉妬する韓国
https://05448081.at.webry.info/201906/article_9.html
こどもを守ることに繋がらない児童ポルノ論議
http://05448081.at.webry.info/201007/article_7.html?pc=on
「女子高生の13%が援助交際」と主張する国連特別報告者
http://05448081.at.webry.info/201511/article_4.html
漫画の児童ポルノ禁止を日本に要請、国連報告者
http://05448081.at.webry.info/201510/article_39.html
児童ポルノか芸術か? 映画「ヴィオレッタ」
http://05448081.at.webry.info/201403/article_23.html
フランス議会「美少女コンテスト禁止法案」可決へ
http://05448081.at.webry.info/201309/article_21.html
美少女コンテストを巡る米仏の論議
http://05448081.at.webry.info/201309/article_28.html
「プリキュア」性犯罪論争
http://05448081.at.webry.info/201209/article_14.html
ロンドンの日本漫画展に嫉妬する韓国
https://05448081.at.webry.info/201906/article_9.html
イギリスで「日本漫画大討論会」
http://05448081.at.webry.info/201005/article_19.html
アメコミ変化 ヒロインはイスラム系女子高生
http://05448081.at.webry.info/201311/article_10.html
日本のアニメは暴力的で卑猥と批判する中国
http://05448081.at.webry.info/201210/article_5.html
中国人 日本アニメは「下品なギャグと暴力」
http://05448081.at.webry.info/201106/article_41.html
「坂道のアポロン」 海外の反応
http://05448081.at.webry.info/201207/article_17.html
アニメーション「君に届け」を見た海外の反応
http://05448081.at.webry.info/201009/article_111.html
「ガールズ&パンツァー」を槍玉に挙げる中国
http://05448081.at.webry.info/201312/article_7.html
少年愛と性犯罪の境界
http://05448081.at.webry.info/201109/article_50.html
英BBCの人気司会者 200人以上の子供をレイプ
http://05448081.at.webry.info/201210/article_40.html

NGT48事件「山口真帆こそファンとつながっていた」と明かしたAKS吉成社長

NGT48のメンバーであった山口真帆が暴行を受けた事件について、運営会社「AKS」のトップである吉成夏子社長が、「犯人グループと山口真帆は元々繋がっており、山口と疎遠になったためマンションに押しかけた」旨を保護者向け説明会で話していた、と週刊文春が記事にしています
これまであやふやな説明を繰り返し、すっかり信用を失っている「AKS」がこの期に及んでまた奇妙な説を唱えたものです
第三者委員会の調査結果にしろ、事件に関する「AKS」の説明にしろ、とても信用できるものではないと世間が判断していますので、いまさら山口真帆こそ事件の元凶とする吉成社長の言い分を誰が信用するのでしょうか?
しかもこの話の出処は民事訴訟の相手方である、悪質ファングループの側がもたらした言い分なのだとか
以下、文春オンラインの記事から引用します


「 週刊文春デジタル 」では8月27日、活動を再開したNGT48メンバーの保護者を集めた説明会での 音声データ を公開した。そこで明らかになったのは運営会社「AKS」トップ・吉成夏子社長の衝撃発言。暴行事件を告発した元メンバーの山口真帆(23)が、実は犯人たちと「もともと繋がっていた」とした吉成氏の説明に業界は揺れている。
「保護者会の直後から『さすがにマズイ』と関係者はザワついていました。AKSは犯人を相手取って民事訴訟を起こしている真っ最中。裁判に関わる内容を公然と開示したのですから、問題視されるのも当たり前でしょう。しかし、再出発したAKSの新体制は、吉成氏のイエスマンや現場経験のない人間たちで固められていて、心配の声が上に届かない。
記者やファンは吉成社長に説明を求める声をあげていますが、保護者会でも説明しているように吉成社長は会見をやる気などさらさらない。山口が会見中に批判ツイートをしたことで、世間から集中砲火を浴びた今年3月の松村匠元取締役の釈明会見がトラウマとなっているようです」(AKS関係者)


上記の記事に名前の挙がっている松村匠取締役は「元」と書かれています
第三者委員会による調査を、「ファンとつながっているメンバーを斬るため」と山口真帆に虚偽の説明をし、その後の記者会見で山口真帆に反論をされ赤っ恥をかいた取締役は、7月2日付けで退任していたと、別の報道で明かされています
こうやって関係者を1人1人切り捨て、当事者が誰もいない状態にする意図が「AKS]側にあるのでしょうか?
加えて悪質ファングループと民事訴訟で係争中なのに、その訴訟内での相手方とのやり取りを一方的明かす、という吉成社長の行動も大いに疑問です。社長という立場を担えるような人物ではないと、自ら明かしたも同然でしょう
結局のところ、吉成社長としてはすべてを山口真帆のせいにして、幕引きを図るつもりと映ります

(関連記事)
NGT48事件の民事訴訟 迷惑ファンとAKSの言い分
NGT48事件民事訴訟 悪質ファンが反論
NGT48事件で迷惑ファンに3千万円の賠償請求
NGT48事件 元総支配人戸賀崎智信が釈明会見をする?
NGT48事件 襲撃犯を民事で提訴
NGT48事件の闇 すべては山口真帆のせい?
NGT48暴行問題 第三者委員会報告に批判噴出
今村悦朗元NGT48劇場支配人ら解雇
欅坂握手会にナイフ男 幕張メッセ
AKB襲撃犯のプロフィールを考える 発達障害
AKB襲撃事件 握手会商法破綻
AKB48河西智美の写真集騒動はどうなったのか?
AKB48河西智美の過激なグラビア写真
AKB高橋みなみの母淫行で逮捕も各メディアは報道せず
ドラマ低視聴率で前田敦子は女優業に自信喪失
前田敦子 泥酔し尻丸出し
前田敦子泥酔事件に女性は共感
24時間テレビはなぜか前田敦子卒業ライブ中継予定
AKB前田敦子主演ドラマ 視聴率5%の大コケ
映画「苦役列車」は前田敦子出演で大コケ

「日韓関係悪化は日本の歴史修正主義のせい」と主張する青木理

日韓関係悪化を受け、さまざまな人が関係改善のための提言を口にしています。しかし、理念ばかりを口にするだけで中身のない提言など役には立ちません。同様に、「対話をすべき」との提言も対話自体が成り立たない現状では何の効果もない呪文と同じでしょう
共同通信出身のジャーナリスト青木理はテレビ番組にも顔を出し、韓国の立場を擁護する発言を繰り返している人物です
その青木理の「日本の歴史修正主義が関係悪化の要因だ」とする記事が新聞赤旗に掲載されていますので、取り上げます


日本と韓国がとこういう形で対立して、両国にとってメリットは何一つありません。
安全保障や外交面では、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮とどう向き合うか。日朝首脳会談を実現させるためにも、日本が重要課題と位置づける拉致問題を前進させる上でも、日韓の連携協力はきわめて重要です。
経済面でも日韓は1965年の国交正常化以降、緊密に結びついてきました。韓国は日本の経済協力資金や技術協力で成長を果たし、日本の企業などもそれで潤ったのです。この半世紀、日韓貿易は一貫して日本側の大幅黒字なのはその証左でしょう。ある意味では“ウィンウィン”だった経済関係を日本が輸出規制などで傷つけ、安保面や観光面にまで悪影響がどんどん広がっています。
あらゆる面でメリットなどないのに、相手をやり込めてカタルシス(快感)を得るかのような外交や風潮は心底愚かなことです。
しかもメディアの現状も無残です。メディアは本来、政治権力の行き過ぎをチェックし、冷静な視座からの情報や分析を提供し、隣国などとの対立や紛争はできるだけ抑制的に報道すべきなのに、日本では政権があおる対立にメディアが風を吹き込むような最悪の状況になっています。
粘り強く対話を
この状況を招いた原因はどこにあるのか?
日韓の国交正常化交渉は、韓国の朴正煕(パク・チョンヒ)軍事独裁政権と日本の佐藤栄作政権による政治的妥協でした。当時は冷戦体制の下、日韓の関係改善を望むアメリカの意向なども背後に横たわり、だからこそ植民地支配は合法だったか、違法なのか、なぜ賠償ではなく経済協力資金なのか、そういう問題に全部フタをしてしまいました。現在でも対立がくすぶる問題の大本はそこにあります。
国交正常化時の請求権協定を肯定するとしても、すでに問題は完全に解決済みという日本政府の主張には問題があります。一つは、個人の請求権まで消えたわけではないこと。これは日本政府も認めてきたことです。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権の姿勢などにも問題はあれ、かつての政治的妥協の協定でフタをした問題がいま、矛盾として噴き出しているわけですから、本来は両政権が向き合って話し合い、粘り強く解決するしかありません。
事実知り、伝える
その際、日本政府や私たちが常に念頭に置くべきは歴史認識問題です。かつて日本は朝鮮半島を植民地支配し、どれほどの苦痛を与えてしまったか。韓国を併合して言葉を奪い、氏名を奪い、天皇の臣民として動員し、とてつもない被害を強いたのは歴史的事実であり、日本がそれを反省する立場にたつのが問題解決の基本的な土台です。
かすかな希望は、10代、20代の若者たちが韓国のポップカルチャーに親しみ、ごく当たり前に日韓の壁を越えていることでしょうか。今回の対立を文化や人的交流に波及させず、発展させられるようにしなくてはいけません。と同時に、かつて日本が何をしたか、歴史の事実を知り、伝え、歴史修正主義にあらがう必要もあるでしょう。


日本が植民地支配を反省することが関係改善のための「基本的な土台」と、青木理は主張します。しかし、そんな土台は不動のものでもなく、万全なものでもなく、韓国は平気でゴールポストを動かす国ですから何の基礎にもなりません
あれやこれやと論点をずらし、次から次へと因縁を吹っかけるような真似をする国を相手に、対話など無理だと多くの日本人は理解しているのではないでしょうか?
歴史修正主義というのならば、韓国側の主張こそ歴史修正主義の最たるものであり、自国の歴史をいくらでも都合よく塗り替え、それを受け入れろと日本にせまってきます
当然ながら、日本は断固として拒否するわけです。隣国との関係改善のためとしても、韓国が捏造した歴史をそのまま受け入れるなどできません。そんな真似をして、日本には何のメリットもないのですから
日本の輸出規制に関しても、日本側が一方的に韓国を傷つけたがごとく青木理を書いていますが、これは戦略物資の使用状況についての日韓協議に3年も応じようとしなかった韓国側に責任があり、事実を歪めています。都合の悪い点については平気で嘘を書き、置き換えるという韓国そっくりの手口です
現時点で安倍首相と文在寅大統領が首脳会談を行っても、互いの主張の隔たりは大きいのであり、妥協など困難です
ここは時間をかける(間を置く)のが一番ではないかと思います。経済政策で失敗している文在寅政権は近いうちにがたがた、ぼろぼろになるのでしょうから、それを待つべきでは?
もちろん文在寅政権とどのような協定を交わそうと、次の政権は必ず反故にしてきますので、それを見据えた対応が必要です(面倒な話です)

(関連記事)
韓国 「フッ化水素国産化に成功」の嘘
https://05448081.at.webry.info/201911/article_10.html
韓国政府高官「日本は韓国に8億ドル払い6800億ドル儲けた」と批判
https://05448081.at.webry.info/201910/article_16.html
韓国の不買運動 「日本に9倍の被害を与えた」と書く韓国メディア
https://05448081.at.webry.info/201910/article_11.html
「日本にミサイル情報求めていない」韓国政府関係者の発言 嘘だとバレる
https://05448081.at.webry.info/201910/article_4.html
韓国の大学教授 「日本人には共感と普遍的世界観が足りない」
「文明開化に失敗した李氏朝鮮」を認めない韓国史観
日本の新紙幣 渋沢日栄一を猛批判する韓国
世界遺産「韓国の裏切り」は安部首相の陰謀と書くメディア
「明治日本の産業革命遺産」登録も韓国と火種残す
朴大統領が日本の世界遺産登録に反対を表明
日本の世界文化遺産登録に反対する韓国
NHK朝ドラ「マッサン」に難癖 韓国メディア
「世界を制したフン族アッティラは韓民族」と言い張る韓国
「アベノミクスよりクネノミクスが上」だと誇示する韓国メディア
「江戸時代の日本はアジアで孤立」と主張する韓国教授
「日本は古代、韓国の直轄領土」と主張する韓国の歴史学者
千利休は朝鮮系と捏造報道 朝鮮新報
またもや「茶道の起源は韓国」と捏造
韓国歴史者「日本の神々は朝鮮半島の祭神だ」と妄想
韓国車を買わない日本 「島国だから」と説明する大学教授
産経記事「朴大統領=閔妃、事大主義者」に激怒の韓国メディア
「日本による植民地支配こそ問題」と発言する韓国人教授
「日本は朝鮮人が作った国」と報じる韓国メディア
韓国メディア「王とポルノが共存する日本精神の深層」
伊藤博文暗殺犯安重根を英雄に祀り上げる韓国
疑惑男チョ・グクを法務長官に任命する文在寅大統領

山形女医殺害事件を考える 精神鑑定

山形県で女性医師が殺害され、容疑者として山形大学の学生加藤紘貴が逮捕されたのが6月です
警察の取り調べに対し加藤容疑者は「覚えていない」と述べ、否認を続けています
何度も警察沙汰を起こしているしたたかな犯罪者は別にして、殺人容疑で逮捕された人間が取り調べを受けても平然としていられるはずはないのであり、もし平然としていられるなら何らかの精神障害が疑われます(その場合、辻褄の合わない奇妙、奇抜な言動が観察されます)
山形地検は加藤容疑者の鑑定留置を求め、精神鑑定の実施に踏み切りました
しかし、当初2カ月の予定だった留置期間が延長された、と報じられていますので、取り上げます


山形県東根市で眼科医、矢口智恵美さん=当時(50)=が自宅マンションで殺害された事件から3カ月以上が経過した。殺人と住居侵入容疑で山形大学人文社会科学部4年、加藤紘貴(ひろき)容疑者(24)が逮捕されたが、責任能力の有無などを調べるための鑑定留置中。留置期間は当初予定より1カ月延長され、事件の真相はいまだ明らかになっていない。
事件は5月19日夕、福島県内に住む矢口さんの弟が矢口さん方を訪ね、倒れている矢口さんを見つけ110番通報して発覚。部屋には大量の血痕が残っており、矢口さんの頭部は深く損傷していた。
矢口さん方からは血の付いたゴルフのパターが発見され、これが凶器とみられている。パターは矢口さんのものだった。
矢口さんは、山形県東根市の北村山公立病院に勤務後、平成19年8月に同県村山市に矢口眼科クリニックを開業(現在は閉院)。手術の腕がよく、丁寧な診療から患者からの信頼は厚かった。
防犯カメラで浮上
逮捕された加藤容疑者が捜査線上に浮かんだのは、周辺の複数の防犯カメラの映像。加藤容疑者とみられる不審者が18日夜から19日未明にかけて、現場から約500メートル離れた別のアパートのドアを開けようとする様子や、矢口さん方マンションの2階、3階の複数の部屋の前で立ち止まり、ドアを開けようとする様子が映っていた。
防犯カメラの映像などをもとに県警は山形市内の加藤容疑者の自宅などを捜索。自宅近くに捨てられた加藤容疑者の靴に付着していた血痕のDNA型が矢口さんのDNA型と合致したことなどから、6月12日に逮捕した。
東根市と山形市は約30キロも離れている。これまでの捜査で矢口さんと加藤容疑者の接点は浮かんでおらず、県警は加藤容疑者がドアを開けようと手当たり次第にドアノブを回すなか、無施錠だった矢口さん方に当たった可能性が高いとみている。捜査幹部は「侵入したのは偶然だったのかもしれない」と話す。
延長された鑑定留置
山形地検は6月21日、加藤容疑者の刑事責任能力の有無を調べるため、山形簡裁に鑑定留置を請求し、2カ月の留置が認められた。さらに地検は8月20日、さらに1カ月延長を請求し、9月26日までとなった。
延長した理由について地検の水上嘉寛次席検事は8月26日、延期は医師の鑑定計画のためと説明した上で「容疑者に問題があるわけではない」と述べた。
加藤容疑者は鑑定留置前の調べで、「覚えていない」との供述を繰り返していたという。鑑定留置中は原則取り調べが行われないため、詳しい動機などは分からないままだ。
(産経新聞の記事から引用)


殺人事件を起こしたにもかかわらず、その記憶がないと嘘をついているのか、本当に記憶がないのか?
医師が鑑定期間の延長を求めたのは解離性同一性障害の可能性を検討するためではないか、と推測されます
しかし、犯行時だけに症状が出たというのは考えにくいのであり、日常生活の中で何度か解離が起きており、周囲の人が「まるで人格が変わったようだった」と目撃する事例があって然るべきです
ただ、大学生でアパート暮らしの加藤容疑者ですから周囲の人との接点が少なく、異常に気がつく人がいなかったのかもしれません
もちろん、返り血を浴びた衣服や靴を処分するなど、証拠の隠滅を図っているのですから、責任能力がなかったという結論にはならないのであり、他の解離性同一性障害が精神鑑定で指摘された事件でも起訴に踏み切っています

(関連記事)
山形女医殺害事件を考える 山形大生逮捕
山形女医殺害事件を考える 「覚えていない」と否認
茂原強盗殺人事件を考える 少年3人を逮捕
茂原強盗殺人事件を考える 主犯少年に無期懲役求刑
千葉印西市放火殺人 男女4人逮捕
千葉女性監禁殺害事件を考える1 幼なじみ
千葉女性監禁殺害事件を考える2 金銭トラブル
千葉女性監禁殺害事件を考える3 中野被告は無期懲役
千葉女性監禁殺害事件を考える4 主犯格少女は殺意を否認
千葉女性監禁殺害事件を考える5 主犯格少女も無期懲役
闇サイト事件堀被告 別件強盗殺人で死刑判決
闇サイト殺人で無期懲役の堀被告 別の強盗殺人で死刑求刑
目黒夫婦殺傷事件を考える1 娘の医療費欲しさの犯行
目黒夫婦殺傷事件を考える4 無期懲役の求刑

俳優新井浩文 強姦事件公判で「合意があった」と主張

脇役俳優として活動していた新井浩文が強制性交罪で今年2月に逮捕されていましたが、ようやく裁判が始まりました
被害者が警察に告訴する前に、新井被告は金で解決しようと示談を持ち掛け2000万円の支払いを提示したものの、拒絶されたとの報道がありました
事件が公になれば俳優業を続けられなくなるので、焦りもあったと思われます。ただ、金さえ払えばよいと考えていた節もうかがえます
初公判で新井被告は被害者に謝罪をする一方、「合意があった」と主張し、強制性交罪にはあたらないと起訴内容を否認しとことん争う構えを示しています
謝罪しつつも容疑を否認するという、支離滅裂な反応です。弁護士と打ち合わせ済みのはずなのに、この態度は理解できません


派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして強制性交罪に問われた俳優の新井浩文=本名・朴慶培(パク・キョンベ)=被告(40)の初公判が2日、東京地裁(滝岡俊文裁判長)で開かれた。新井被告は「暴力は一切やっていません。同意があったと思っています」と述べ、起訴内容を否認した。
新井被告は黒いスーツ姿で入廷。裁判長に認否を問われると、「まず女性に謝罪したい。本当にすみませんでした」と数秒間、頭を下げた。
検察側は冒頭陳述で、新井被告が過去にも同店を利用し、性的サービスを禁止する書面に同意していたと指摘。事件当日は、友人と飲食後、自宅で施術を受けるうちに興奮し犯行に及んだと述べた。
弁護側は、女性から「そういう店ではありません」と言われたものの「女性の反応から拒否していないと考えた」と反論。女性の反抗を著しく困難にするような暴行などは用いておらず、強制性交罪は成立しないと主張した。
起訴状などによると、昨年7月1日、東京都内の自宅で30代女性に頭を押さえつけるなどの暴行を加え、乱暴したとしている。今年2月に逮捕、起訴された。
(産経新聞の記事から引用)


派遣のマッサージなので金さえ払えば性交ができる、合意の上だから事件にもならないと新井被告は思い込んでいたのでしょう
しかし、合意があったと立証できるのかどうか
犯行後、新井被告は憤る被害者に財布を押し付けており、被害者はその財布を持ったままマンションを出ています。なので、「金を受け取った」=「合意があった」と主張するのかもしれません
強制性交罪は法定刑が懲役3年から5年に引き上げられており、示談が成立していない以上、新井被告が実刑を下される可能性もあります

(関連記事)
俳優新井浩文の強姦事件 懲役5年の判決
俳優新井浩文第2回公判 「暴力行為、脅迫行為はしていない」
https://05448081.at.webry.info/201909/article_25.html
俳優新井浩文強姦、逮捕の影響
高畑裕太事件で「被害者女性の問題」を書く週刊誌
高畑裕太の芸能界復帰説が繰り返される訳
高畑裕太 不起訴も弁護士戦術は完敗
高畑裕太は子どもの頃、発達障害と診断されていた
高畑裕太不起訴 弁護士は「そもそも事件性なかった」発言
高畑裕太容疑者の発達障害説への批判
逮捕された高畑裕太容疑者を「おバカな2世タレント」と決めつける報道
俳優高畑裕太を強姦容疑で逮捕
TOKIO山口達也の淫行事件を考える アルコール依存
TOKIOの山口達也不起訴も損害は5億円
俳優小出恵介 未成年者と淫行の波紋
小出恵介示談成立もくすぶる噂
小出恵介問題 示談後も収拾つかず

京都アニメーション放火事件を考える 容疑者の小説公開は可能か?

京都アニメーションのスタジオに放火をし、多くの社員を殺害した青葉容疑者の主張は、「(公募した)小説をパクられた」というものです
実際に小説(1作品だけなのか、複数作品を応募したのか定かではありません)が京都アニメーションに送られ、1次審査ではねられた、と明かされています
その応募原稿が現存しているなら、警察は京都アニメーション側から提出を求め、解読を進めているのでしょう
通常、公募原稿は返却されず主催者側の手で廃棄処分になるため、その存在が気になります
ただし、著作権の問題が絡むため勝手に公開するわけにはいかない、という弁護士の見解をJ-CASTニュースが取り上げていますので紹介します


「著作権法上、公表権の問題もあり開示できない」
「小説を盗まれたから放火した」。青葉容疑者は、事件直後に警察からの問いかけにこう話したと各種報道で伝えられている。
京アニでは、10年前から「京都アニメーション大賞」として一般から小説を公募している。受賞作はアニメ化などされることになっており、青葉容疑者は、この賞に応募していた可能性が指摘された。
同社の八田英明社長は2019年7月20日、報道陣の取材に「青葉容疑者が小説を応募してきたことはない」と説明していたが、代理人の桶田大介弁護士は30日、青葉容疑者と同姓同名で、報道された一部住所と一致する作品の応募があったと発表した。一次審査を形式面で通過していなかったため、八田社長を含めて社内で情報共有されていなかったという。
青葉容疑者は、パクられたと言っていたというが、「応募の内容について、これまで制作された弊社作品との間に、同一又は類似の点はないと確信しております」と説明した。
この応募作品の内容が犯行動機解明のカギになるとも指摘されているが、内容については、「著作権法上、公表権の問題もあるため、開示することはできません」としている。
京アニ代理人の桶田大介弁護士は31日、取材にこう答えた。
「著作物には、法的な手続きを経ずに発生する権利として、公表権があります。公表されていないものを公表することは、公表権の侵害になります」
「同意があったときや、著作権者死亡なら公開できる」
一方、ニュースのコメント欄やツイッター上では、「あらぬ誤解を避ける為にも、内容の公開もした方がいい」「パクリなのかどうなのか皆で検証すべき」など公開を求める声は多い。
応募作品の公開について、著作権に詳しい深澤諭史弁護士は、J-CASTニュースの取材にこう話した。
「どんな人であっても、すべての権利は残ります。作品は、著作物という財産ですので、勝手に扱うことはできません。応募しただけでは、著作権が移らないのも普通です。社会的に重大な事件でも、著作権を放棄した先例はないはずです。ですから、京都アニメーションも応募作品を勝手に公開できないと思います」
ただ、青葉容疑者が公開に同意した場合は、問題なく公開できるとした。
また、著作権者が死亡した場合も、遺族が賠償義務の生じる遺産相続を放棄すると考えられるため、著作権がフリーになって作品公開は可能だとしている。


原稿が存在しているならば、青葉容疑者が今後裁判で「小説をパクられた」と主張し、争点にする上でも裁判官や裁判員に証拠として開示される可能性があります
ただし、あくまでも法廷の場に限られるのであり、一般に公開されるのではありません
もちろん法廷戦術として青葉容疑者が世間の同情を得るため、弁護人を介して一般に公開する手もあります
家宅捜査で青葉容疑者のアパートからは大量の原稿用紙が押収された、との報道がありますので手書きの原稿なのでしょう。どこかの出版社が弁護人を経由して入手し、スクープとして一部を週刊誌で取り上げる…という流れでしょうか
青葉容疑者なら「一部だけ、切り取られて公開されるのは迷惑だ」と言うのかもしれません
自己顕示欲が強そうなので、「省略することなく全文を公開しろ」と要求しそうです
可能性としては低いものの、どこかのメディアが「公表権」を無視して勝手に公開というのはどうなのでしょうか?
「公表権」を侵害されたとして青葉容疑者が損害賠償を申し立てるとして、裁判所はどれほどの損害賠償を認めるのだろうか、と考えてしまいます。著名な小説家の原稿ならともかく、素人の原稿ですから数万円程度の金額でしょう
それならば、スクープを売りにする週刊誌がやりそうな気もします

(関連記事)
京都アニメーション放火事件を考える 青葉容疑者の動機は?
京都アニメーション放火事件を考える 青葉容疑者の小説が実在
京都アニメーション放火事件を考える 青葉容疑者の小説とは
京都アニメーション放火事件を考える 33名が死亡
京都アニメーション放火事件を考える 犯人は41歳の男
京アニを「麻薬の売人以下」と中傷し炎上 大阪芸大教授純丘曜彰 その1
京アニを「麻薬の売人以下」と中傷し炎上 大阪芸大教授純丘曜彰 その2
京アニを「麻薬の売人以下」と書いた純丘曜彰教授の見苦しい弁解
パチンコ店放火殺人で死刑判決
大阪パチンコ店放火殺人 高見被告の死刑判決確定
16人殺害の個室ビデオ放火事件 二審も死刑判決
死者44人 歌舞伎町雑居ビル火災
武富士強盗放火殺人の小林死刑囚 死刑執行
「けいおん!」山田尚子監督 アニメーションを語る
劇場版「涼宮ハルヒの消失」を見て
【公式】 涼宮ハルヒの消失 予告
「涼宮ハルヒの消失」映画化
涼宮ハルヒの憂鬱 新作放送
「涼宮ハルヒの憂鬱」の憂鬱
「黒子のバスケ」脅迫犯 犯行の背景
「黒子のバスケ」脅迫事件 被告の手記がうざい
AKB襲撃犯のプロフィールを考える 発達障害