堺あおり運転 二審も懲役16年の判決

毎日のようにあおり運転を報じるニュースが流されています。これまでは「質の悪い運転をする人間がいる」と認識されていたものの、あおり運転そのもので逮捕されたり、立件されるケースは少なかったという現実があります
ここ最近はドライブレコーダーを装備する車も増え、あおり運転の証拠となる動画が簡単に撮影できるようになったのも、検挙数の増加につながっているのでしょう
さて、あおり運転で世間を震撼させた事件の1つ、四輪車でバイクの大学生をあおって死亡させた中村精寛被告の控訴審判決がありましたので取り上げます


堺市で2018年7月に車であおり運転をした後に追突し、バイクの男子大学生を死亡させたとして、殺人罪に問われた中村精寛被告(41)の控訴審判決が11日、大阪高裁であった。樋口裕晃裁判長は殺人罪の成立を認め、懲役16年とした一審判決を支持し、弁護側の控訴を棄却した。あおり運転に厳しい姿勢を示した司法判断といえ、後を絶たない危険行為にも警鐘を鳴らす可能性がある。
あおり運転に対する厳罰化を求める社会の流れの中、一審に続き、あおり運転では異例となる殺人罪の成否が主な争点となった。
判決理由で樋口裁判長は、19年1月の一審・大阪地裁堺支部の裁判員裁判の判決を、ほぼ踏襲。中村被告の車のドライブレコーダー映像などを基に、ハイビームを照射し続け、立て続けに何度もクラクションを鳴らすなどした行為について「怒りによる威嚇だった」と指摘。「衝突の危険性が高まっているのを認識しており、衝突は想定内の出来事だった」とし、一審に続き、被告の殺意を認定した。
弁護側は一審判決を不服として控訴した。7月の大阪高裁で開かれた控訴審の初公判で、改めて殺意を否定。衝突はブレーキ操作を誤った過失による自動車運転処罰法違反(過失致死)罪にとどまるなどと主張した。
一審判決によると、中村被告は18年7月2日夜、堺市南区の府道でバイクに追い抜かれて立腹し、時速96~97キロで追突。大学4年の高田拓海さん(当時22)に頭蓋骨骨折などのけがを負わせて殺害した。
(日本経済新聞の記事から引用)


中村被告はドライブレコーダーに残っていた「はい、おしまい」という自身の発言を、「自分の人生が終わった」とつぶやいたもので、被害者を死に至らしめた現実を軽視したものではない、と公判で主張していました
もちろん、そんな釈明は通用しません
控訴審で中村被告は、一審判決後に自動車保険から被害者遺族に対し3000万円が支払われたことを踏まえ、減刑を求めてもいました
単なる交通事故だったので殺人罪を適用べきではなく、過失致死に該当するとの言い分です
一審判決を経てもなお不満たらたらで、自身の罪と向き合う気は皆無なのでしょう
平素から乱暴な運転を繰り返していた中村被告が、何を思って自分の車にドライブレコーダーを取り付けたのか不明ですが、結果として動かぬ証拠を残したのであり、彼自身を追い詰めたと言えます
今後はいわゆる交通刑務所ではなく一般に刑務所に服役する中村被告は、不満を抱えたまま刑期を過ごすのでしょう

(関連記事)
堺あおり運転裁判 殺人罪認め懲役16年判決
堺市あおり運転裁判 殺意を否認
東名あおり運転裁判 懲役18年判決
東名あおり運転裁判 懲役23年求刑
東名あおり運転裁判 危険運転を否認
小樽市3人死亡事故で最高裁判決 懲役22年確定
小樽の飲酒ひき逃げ 危険運転で懲役22年判決
歌川5人殺傷交通事故 懲役23年の実刑判決
飲酒運転で幼児3人死亡事故 懲役20年確定へ
小学校教頭 飲酒ひき逃げ死亡事故で逮捕
浜松暴走死事件 中国人被告に懲役8年判決
浜松中国人ひき逃げ事故 同乗の夫も書類送検
中国人女ひき逃げで逮捕 5人死傷
亀岡暴走事故 被告が判決を不服として控訴
亀岡暴走事故 懲役5年以上8年以下の実刑判決
亀岡暴走事故 小学校教頭が電話番号を漏らす
無免許運転で児童の列に突っ込む 懲役は7年前後
亀岡暴走事故 被害者の近況と少年法
京都の暴走事故 てんかん患者が運転
クレーン車事故で児童6人死亡 運転手は「てんかん」の持病
クレーン車事故を考える2 「てんかん」隠していたと母親が謝罪
クレーン車事故で運転手起訴 危険運転致死罪は見送り
前橋女子高生死亡事故 運転に固執した85歳
前橋女子高生死亡事故 公判で責任能力なしと主張