さいたま小4男児殺害事件を考える 義父を逮捕

さいたま市の小学4年生が塾に行ったまま帰宅しないと警察に通報があり、捜索の結果、教職員住宅(集合住宅)の中にある自宅前のメーターボックスで遺体となって発見される事件がありました
被害者である進藤遼佑君は教師である母親と義理の父親との3人暮らしであり、義父は「学校から帰った後、塾へ行った」と警察に説明していました。しかし、新藤君の遺体は靴を履いていない状態で発見されており、誰がどう見ても自宅で殺害されたものと気がつくはずです
報道は最初から義父を犯人と推測できるニュアンスを漂わせており(捜査関係者が仄めかしたのでしょう)、警察も義父を問い詰め犯行を自供させた模様です
それにしては自宅の目の前にあるメーターボックス内に遺体を隠すという稚拙な手口からすると、計画性のない突発的な犯行だったと推測されます。新藤君の母親は42歳で教員をしており、義父は進藤悠介で32歳、無職と報じられています
まずは行方不明として捜索願が出された時点での記事を引用します


さいたま市見沼区大谷(おおや)で18日、遺体で見つかった小学4年、進藤遼佑(りょうすけ)君(9)は、すれ違った同級生の保護者らに挨拶を欠かさない明るい少年だった。普段着姿のまま、住んでいた集合住宅の居室そばのスペースで見つかるという最悪の結末に、前夜から無事を祈った保護者や周辺住民からは「元気だったころの姿しか浮かばない」「なぜ自宅の前で…」と悲しみの声が漏れた。
進藤君が通っていた市立大谷小学校によると、進藤君は過去、放課後児童クラブ(学童保育)に入っていた。しかし、習い事が多かったことを理由に途中で辞めており、17日は6時限目の授業を終え、午後3時15分には小学校を後にしたとみられている。その後、自宅そばのバス停からバスに乗り、約4・5キロ離れたJR大宮駅(さいたま市大宮区)近くの英会話塾に向かう予定だった。
普段は午後7時半ごろに塾を終え、バスで帰宅していたが、勤務先から自宅に戻った母親(42)が塾を欠席していたことを知り、午後8時20分ごろに110番通報。学校側からは4年生の保護者らに「進藤君の行方が分からない。捜してほしい」とのメールも送られ、ツイッターなどでも「困ってそうな男の子の情報があれば教えてほしい」と情報提供を求める動きが広まった。
(産経新聞の記事から引用)


17日の夜の時点では家出や誘拐、事故に巻き込まれた可能性などを念頭に置いて情報提供を求めたのでしょう
しかし、義父から事情を聴いていた警察官は、その説明に違和感を覚えたに違いありません
人を殺害した後で、平然と事情聴取に応じられる者は滅多にいません。言葉遣いや挙動、目つきなど、警察官は注意深く観察しているはずです
学校から帰った新藤君と無職で家にいた義父との間で口論なり喧嘩があり、悠介容疑者が紐で頸部を絞め殺害し、自宅から遺体を運び出してメーターボックス内に遺棄した…という流れでしょうか
車がなく、遺体を遠くに持ち去るのが困難だった、とも考えられます
詳細は今後の捜査で明らかになるはずですから、続報を待って取り上げるつもりです

(関連記事)
さいたま小4男児殺害事件を考える 殺人容疑で再逮捕
さいたま小4男児殺害事件を考える  単純な動機
https://05448081.at.webry.info/201909/article_16.html
さいたま小4男児殺害事件を考える 連れ子殺しの理由
https://05448081.at.webry.info/201909/article_15.html
和歌山小5刺殺事件を考える1 引きこもりの容疑者
和歌山小5刺殺事件を考える3 犯行を自供
和歌山小5刺殺事件を考える4 犯行のきっかけ
和歌山小5刺殺事件を考える7 公判で犯行を否認
和歌山小5刺殺事件を考える9 控訴審を前に
和歌山小5刺殺事件を考える10 控訴審で精神鑑定
和歌山小5刺殺事件を考える11 中村被告の「妄想」
和歌山小5刺殺事件を考える12 控訴審でも懲役16年判決
西淀川虐待死事件 内夫に懲役12年の判決
西淀川虐待死事件 母親に懲役8年6月の判決
こどもの虐待死 刑罰が軽すぎる
16歳の娘を裸で縛り死亡させた母親
16歳長女監禁死事件を考える2 しつけという弁明
相模原中学生自殺 児童相談所が保護せず見殺し
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 虐待する父親
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 性的虐待を把握
目黒女児虐待死事件を考える 初公判で起訴事実を認める
目黒女児虐待死事件を考える 「こどもに問題があった」と主張
目黒女児虐待死事件を考える 「父親になろうとした」と繰り返す被告