SEALDs(シールズ)の現在 敗北を認めたら負け

「政治の季節は遠くなりにけり」でもないのでしょうが、安全保障関連法案反対を叫んで国会前にあつまっていたSEALDs(シールズ)とその支持者たちは現在、何をしているのでしょうか?
さまざまなメディアがSEALDs(シールズ)に群がった若者たちのその後を記事にしています
もちろん、彼ら彼女たちが再び結集し、安倍政権批判を叫んで大きな波を起こし、国民を巻き込んで政権交代を実現させる…との幻想にすがりたいからでしょう
毎日新聞はSEALDsの中心だった奥田愛基を、いまでも「若者のカリスマ」だと信じ彼の再起に期待しているようです
以下、毎日新聞謹製の動画です


SEALDsが遺したもの 奥田愛基23歳の肖像



再生回数が今日現在2万2408回であり、ふざけた動画をアップしているユーチューバー以下の再生回数です
残念ながら動画の中の奥田愛基は、毎日新聞の期待とは真逆で疲労感たっぷりで、「誰かが運動を起こし、引っ張っていけばよい」と発言しています。もう自分に何もかも押し付けないでくれ、と
意識高い系の集まりだったSEALDsの中にはマスコミ就職希望者も少なくなかったようですが、そのほとんどはマスコミに就職できず、別の仕事についたり、あるいは何かの活動に関わっている状態のようです(マスコミ業界は活動家を社員に迎えようという考えはなく、あくまで彼ら彼女らが活動家であり続けることを望んだわけです)

【平成に生まれて】(5)シールズのその後(上)
【平成に生まれて】(6)シールズのその後(下)

動画にもあるように、SEALDsは野党の共同行動を訴え、2016年7月の参議院議員選挙に挑みました。結果は惨敗
その当時の反応が産経新聞の「iRONNA」のサイトに残されています。「敗北を認めたら負け」だとの気持ちが伝わってきます

「昨日から夥しい数のクソリプが飛んできている。軽く300件は超えていると思う。選挙でシールズが失敗したと思ったからだろう。いわゆるメシウマってやつだ。自分の惨めな生活の中に、他人の不幸くらいしか刺激的な楽しみがない卑しいゴミども。俺たちは負けてないし、お前らよりもずっと幸福だよ。」
参院選の大勢が判明した7月11日未明、ツイッターでSEALDs(シールズ)のメンバーが怒りをあらわにした。
このメンバーが言う「夥しいクソリプ」とは、野党共闘を支援してきたシールズが参院選の自民党圧勝で事実上敗北したことに対する反シールズ派の中傷のことだ。実際、ツイッターには以下のような書き込みであふれていた。
「あそこまで露骨な野党共闘を実現させてあの惨敗だろ? あれで負けてないとかガキの強がりかよ 結局、シールズは声がデカいだけで選挙は全敗。何も変えられなかったじゃないか。デモに使った時間、すべてムダだったね」
「いや~、パヨクども完全敗北で実にメシがうまい!最高の気分だ!ねぇ、安倍自民にボコられて今どんな気持ち?現実を見ろ。これが民意だ。シールズは失敗でしかない。おまえは一生負け惜しみ垂れ流してろ」
「面白いですね。ご自分が正しいという前提で物事を仰るとは、安倍政権を倒す云々以前の問題では? まさか、日本国民はバカがベースで自分達はエリートなどと思って今まで行動していらっしゃったのですか?」
「負け犬は何を言っても無駄。だいたい幸福の価値観なんて人それぞれだし、大半のまともな人はシールズが負けて幸せだと思ってるさ。」
シールズのメンバーも反対派もツイート数の差こそあれ、「卑しいゴミども」「負け犬」など、互いに口汚く批判し合い、その程度は変わりない。ただ、シールズ創設メンバーである奥田愛基氏はテレビ番組で8月にシールズを解散する意向を示している。シールズはこうした中傷を受けたまま打倒安倍政権の旗を降ろし、消滅してしまうのか。衆参両院で「改憲勢力」3分の2超を確保するなど、安倍政権の影響力が今まで以上に高まる中、解散後のメンバーの動向が注目されている。
(iRONNAの記事から引用)


「解散後のメンバーの動向が注目されている」との記述が虚しさを感じさせます
若者を手懐け利用しようとした既成政党の幹部たちと、SEALDsの幹部たちとの間に根深い対立があり、運動は空中分解してしまったのでしょう。具体的にどのような対立、葛藤があったか自分の知るところではありませんが
渋谷をデモ行進していた高校生たちは、あの夏の後、大学受験のため塾に通い、今は大学に通っているものと思います
直近の国政選挙の分析によれば、若い有権者ほど保守政党支持の傾向が見られるのだとか
SEALDsの活動が若者たちに社会主義革命などという夢想を与えるのではなく、現実を直視しようとの傾向を与えたのであれば感慨深いものがあります
毎日新聞や朝日新聞にすれば、SEALDsの活動は無駄ではなく、多くの若者たちに「社会を変えるのだ」とか、「政治を変えるのだ」との意識をもたらしたと結論付けたいのでしょうが

(関連記事)
SEALDs残党が喘ぐ衆議院選挙 朝日新聞
SEALs解散 活動を自画自賛
SEALDsの奥田愛基 国会で安保法案に反対の意見陳述
SEALs奥田愛基をカリスマ視する週刊朝日
SEALDsを賛美した佐野元春のポエム
共産党が小学生から署名を集め「安保法反対」を演出
SEALDsと野党共闘を大絶賛する「週刊金曜日」
民主党岡田代表 シールズや共産党と組む?
「日本の武器開発は憲法違反」と書く毎日新聞
「安保法反対の憲法学者208人の声明」の愚かさ 
安保法デモ参加の石田純一 CM降板干される
安全保障法案 知性対反知性の構図に安倍首相反論
安全保障法案成立 無理解と反対を乗り越え
SEALDsの高校生 安全保障関連法反対の理由
8月30日国会前デモに多くの著名人参加、と浮かれる報道
安保法案反対デモ 「フランス革命前夜」と自画自賛
安保法反対で学生ハンスト 夏休みの思い出づくり?
国会前デモ学生を批判した自民党議員が批判を浴びる
「永続敗戦論」でデモを煽る白井聡
安保関連法案成立と「ぼくたちの失敗」
「徴兵制あるかも?」と煽るパンフレット 民主党が作成するも廃棄
「安部首相の狙いは徴兵制復活」と書く金子勝
中高生にデマ「集団的自衛権で徴兵される!」
徴兵制復活を狙っていると書きたがる日本のメディア
黒川東京地検検事長 賭け麻雀で失脚?
検察庁法改正反対運動を批判する堀江貴文