韓国の不買運動 「日本に9倍の被害を与えた」と書く韓国メディア

今年のノーベル化学賞を旭化成の吉野彰名誉フェローが受賞した話題で持ち切りです。当ブログとしては、お約束である韓国の反応をいずれ取り上げるつもりです
さて、今夜は韓国による日本不買運動が日本にダメージを与えている、とする中央日報の記事を取り上げます
日本製品不買や日本旅行ボイコットといった無駄な行事に夢中になっている韓国ですから、鬼の首を獲ったように「日本にダメージを与えているニダ」との報道が繰り返しなされています
これまでにも日本製ビールの売り上げが大きく落ち込んだ件を取り上げ、日本に対して韓国の威を示したと自画自賛する報道がありました
しかし、日本のビールメーカーによる韓国での売上は昨年で約80億円とされますので、市場としては無視できる程度でしょう。ラグビーワールドカップによる来日外国人客のビール消費量は80億円を超えるのでは?
さて、以下の記事をご覧ください


今夏、日本を訪れた韓国人観光客が大幅に減少して日本経済に約3500億ウォン(約313億円)ほどの生産誘発額が減ったことが分かった。「ノージャパン(No Japan)」の余波で韓国が受けた被害の9倍規模だ。
6日、韓国経済研究院(以下、韓経研)は日本の輸出規制直後である今年7~8月の韓日旅行客の支出データを活用して、産業関連効果を分析して発表した。この期間に日本を訪れた韓国人数は87万400人で、昨年同期に比べて27.6%減った。訪韓日本人数は60万4482万人で10.8%増えた。
韓経研によると、韓国人観光客の減少で日本の生産誘発効果額は昨年同期より3537億ウォン減少した。韓国も399億ウォンほど減った。夏の期間に韓日旅行需要の91%を消化していた航空会社が直撃弾を受けた。韓経研のユ・ファンイク革新成長室長は「日本人観光客も減少すれば韓国内への否定的影響も大きくなるだろう」と話した。
(中央日報の記事から引用)


韓国が受けた被害の9倍も日本はダメージを被っている、と書いていますが単なる推計(あるいは願望)です
経済団体「全国経済人連合会」のシンクタンク韓国経済研究所が推計したものであり、どこまで信憑性があるのか不明です。まあ、韓国人旅行者が減ることで関連消費も落ち込み、日本は深刻なダメージを受けた、と言いたいだけの記事です
日本側の統計によれば、韓国人旅行客の減少分を他国の旅行者増で補っており、旅行収支は過去最大の黒字幅になってと報じられています


財務省が8日発表した8月の国際収支統計(速報)によると、海外とのモノやサービスなどの取引を表す経常収支は前年同月比18.3%増の2兆1577億円の黒字だった。原油や天然ガスの輸入が減少し、2カ月ぶりに貿易黒字となった。旅行収支は韓国からの訪日客が大幅減となったが、他国からの堅調な需要も背景に8月として過去最大の黒字幅となった。
輸出額から輸入額を差し引く貿易収支は509億円の黒字(前年同月は2556億円の赤字)となった。財務省が9月に発表した貿易統計では赤字だったが、国際収支統計は計上方法が異なる。
米中貿易戦争の影響で日本から中国向けの輸出が減少した一方、エネルギー関連の輸入減による収支の押し上げ効果が上回った。日韓関係の悪化によって食品などの韓国向け輸出は減少したが「全体には大きな影響がなかった」(財務省)。
サービス収支は前年同月比6.9%増の233億円の黒字となった。うち、訪日外国人の消費額から出国した日本人の消費額を差し引いた旅行収支は同10.3%増の1518億円の黒字だった。
韓国からの訪日は同48%減の約31万人で、全体の訪日外国人も同2.2%減の252万人だった。欧米客を中心に日本での1人当たり消費額が上昇した。日本人の海外での消費単価は下落したことも旅行収支の黒字拡大に寄与した。
(日本経済新聞の記事から引用)


韓国人旅行客減という現象しか見ていない韓国メディアには、上記の日本経済新聞の記事が理解できないと思われます
自分たちの日本不買運動が、些細な効果しか挙げていない事実を受け入れたくないのでしょうから

(関連記事)
韓国 「フッ化水素国産化に成功」の嘘
https://05448081.at.webry.info/201911/article_10.html
韓国与党「韓日の貿易紛争は事実上日本の判定負け」
https://05448081.at.webry.info/201910/article_31.html
韓国政府高官「日本は韓国に8億ドル払い6800億ドル儲けた」と批判
https://05448081.at.webry.info/201910/article_16.html
日韓軍事情報包括保護協定破棄は日米のせいニダと吠える韓国メディア
「日韓関係悪化は日本の敗北で終わる」とする記事
文在寅「対話の用意がある」と宣言するも日本政府は懐疑的
ホワイト国除外で憤慨する韓国 対抗手段は?
韓国への経済制裁を批判する中日新聞社説
韓国メディア 「日本不買運動が安倍政権に打撃」と煽る
韓国政府高官「経済制裁は日本が韓国に追い抜かれるとの危機感から」
日本の経済制裁に茫然自失の文在寅大統領
経済制裁に猛反発する韓国
韓国へ経済制裁 半導体材料輸出規制開始
徴用工判決への報復措置 麻生財務相発言
韓国議員団訪日 関係改善ならず
徴用工問題 請求権協定を無視する韓国政府
徴用工問題 対話で解決と書く信濃毎日新聞
日韓徴用工訴訟 文大統領は日本の譲歩求める
日韓徴用工問題 対抗措置を求める自民党
韓国徴用工訴訟 「和解せよ」と主張する東京新聞
東浩紀「韓国との多文化共生を諦めてはならない」

教師によるいじめ 東須磨小学校の校長会見

30歳代、40歳代の教師4人が若い教師にいじめ(暴行と表現した方が適切でしょう)を繰り返して問題で、校長が会見しています
加害教師の方は、「悪ふざけがすぎた」などと釈明していると明かされています
彼ら、彼女ら自身が自らの行為を単なる悪ふざけで済ませようとする感覚こそ異常であり、教師としての立場を自覚していない現れでしょう


神戸市立東須磨小学校(同市須磨区)の教員間暴行・暴言問題で、同市教育委員会は9日午後5時、市役所で会見を始めた。
市教委幹部2人と同小校長の計3人が出席し、冒頭で「このたびのハラスメント事案で児童、保護者をはじめ、関係者に多大なる心配をおかけし、心よりおわび申し上げます」とあらためて陳謝した。
同小の校長は具体的なハラスメントの内容について、体をたたく、足を踏むなどの暴力▽性的な内容を含む人格を否定するような言動▽所有物の器物損壊などの嫌がらせ-などを挙げ、「学校内やプライベートの場で長期にわたっていた」と説明した。
その上で「教員として、人として許されるべきではなく、東須磨小の子どもの前では今後、指導させない」と話した。
校長は、ハラスメント事案を知った時期について「(今年)7月初旬」とし、それから聞き取り調査を始めたと話した。
校長は「加害教諭と被害教諭は2018年度までは良好な関係にあったが、加害教諭が被害教諭のプライベートなことを他の教員に話したことがきっかけに疎遠になった」と説明した。
校長は、6月20日に市教委の訪問を受けた際、校内の人間関係について「心配がある」と伝えたところ、市教委側から「力になる」と言われたことを説明。市教委はこれまで、校長から「指導で解決した」との報告があったと説明していたが、校長は「指導したことは報告したが『解決した』とは言っていない」と否定した。
一方で、「私のハラスメント行為に対する認識が甘かった」とも認め、「被害教員に申し訳ない」「被害教諭が私たちに訴えたのは、こういう行為をなくして職員室が過ごしやすい場所になってほしいという思いがあったと思う」と述べた。
校長は2018年度に東須磨小に教頭として赴任しており、この当初から教員間の人間関係について違和感があったと説明。例として、職員を呼び捨てにすることがあったことを挙げ「中には職員の言葉で傷つく職員もいたし、心を痛める職員もいた。その職員の話を聞きながらともに職員室で過ごしていて、職員間の関係が気になっていたので、(ハラスメント行為に気付くことが)全くなかったことはないと思う」と話した。
また、前任の校長の態度を問われ「校長ですので厳しい指導もあった。その厳しさが適切かどうかといえば、適切でない部分もあったかもしれない。すべて適切かというと自信を持って言えない」と話した。
報道陣から隠ぺいする意図の有無を問われ「6月20日の市教委の訪問時は気になっているという話もしたし、教員の名前も挙げて伝えていた。これから指導するということも伝えていたので、隠すつもりは一切なかった」とした。一方で「中身をしっかり伝えなかったことが、被害教員が学校に来られなくなったことが原因になったと思っている」と自身の責任も認めた。
校長によると、加害教員の一人は動機について「自分がおもしろければよかった。被害者がそんなに嫌がっているようには思えなかった。悪ふざけがすぎていた」と説明したという。
校長は加害教員4人のうち二人は、2018年度と19年度のいじめ対策の担当であることを明らかにした。
加害教諭の処分については、市教委の担当者が「このような教員が教壇に立つことが許されるのかという厳しい意見が多数寄せられている。ご指摘を踏まえて今後対応を検討したい」と話した。
校長は児童たちに、加害教員4人について「やってはいけないことをやった。なので東須磨小で教えることはできないと判断しました、と説明した」と述べた。
(産経新聞の記事から引用)


長々と引用しました。東須磨小学校での教員間のいじめはここ最近始まったものではなく、前任の校長がパワーハラスメントを繰り返していたと明らかになっています。その前任の校長のお気に入りだったのが、今回の加害教師4人です
自分たちこそ、この学校の主流だと自惚れていたのでしょうか?
若い教師に対し、いわゆるマウントを取る行為を繰り返していたものと考えられます。自分の方が優位であると事あるごとにアピールし、暴力をふるい、相手を服従させようとするもので、いじめの本質そのものです
結局のところ、校長は教員同士の関係に問題があると認識しつつも口先だけの介入だけして、根本的な問題の解決には手を付けず放置していたのでしょう。様子を見ていた、などと逃げ口上で誤魔化していた、と言い換えてもよいわけで
市教育委員会ができるのは、過去の処分例に準じて懲戒に付すかどうか検討し、あとは他の学校へ異動させる程度です
教員間のトラブルと見るならば停職など厳しい処分は無理であり、訓戒などでお茶を濁すだけでしょう
前回も言及したように、被害者である教師4人が加害教師4人を傷害罪で刑事告発するのがもっとも適切でしょう。起訴に至らず、罰金納付で決着したとしても、刑事処分を受けた事実をもって教育委員会は加害教師4人に相応の処分を下せます
できるならこの4人の教師を懲戒免職にしたいのですが、人事制度上、そこまでの処分は無理でしょう(児童に体罰を加え、怪我を負わせたとしてもその事案1発で懲戒免職にできないのが処分の相場です)

(関連記事)
教師によるいじめ 懲戒処分への怖れ、不満
https://05448081.at.webry.info/201911/article_4.html
教師によるいじめ 40代独身女教師の嫉妬がいじめに
https://05448081.at.webry.info/201910/article_36.html
教師によるいじめ 加害教師の退職を認めず
https://05448081.at.webry.info/201910/article_26.html
教師によるいじめ カレー給食止める発言の虚しさ
https://05448081.at.webry.info/201910/article_22.html
教師によるいじめ 性行為を被害者教師に強要
https://05448081.at.webry.info/201910/article_20.html
教師によるいじめ 被害届提出
https://05448081.at.webry.info/201910/article_15.html
教師によるいじめ 東須磨小学校の4人の教師
https://05448081.at.webry.info/201910/article_12.html
教師が教師をいじめる 東須磨小学校
福井中学生自殺 校長のトンチンカンな釈明
https://05448081.at.webry.info/201711/article_4.html
福井中学生自殺 生徒を死に追いやった教師
http://05448081.at.webry.info/201710/article_16.html
女子児童5人を強姦し懲役20年 鬼畜教師
わいせつ教師に懲役30年の判決
小学校教頭が女子中学生を誘拐未遂・逮捕
女子中学生を誘拐したスケベ教頭 不起訴処分に
中学教師の盗撮、校長と教頭が隠蔽し懲戒処分
小6男児にわいせつ 小学校教諭逮捕
小学校教師が4年間も盗撮続け、逮捕
児童ポルノで停職男を小学校講師に採用
男児の全裸写真撮影を繰り返した教師
小学校教諭が男児の裸撮影で逮捕
校舎内に盗撮カメラを設置 小学校教諭逮捕
立命館付属高校で教師が生徒にわいせつ行為
女性教諭が盗撮で逮捕
盗撮バレて暴行 小学校教頭の乱行
盗撮して暴行の小学校教頭 懲戒免職処分に
修学旅行で盗撮の教諭 懲戒免職に
1万2千人を買春 元校長逮捕
金庫から金盗んだ教師 盗撮容疑で再逮捕

さいたま小4男児殺害事件を考える 殺人容疑で再逮捕

死体遺棄容疑で逮捕された進藤悠介容疑者について、埼玉県警は近く殺人容疑で再逮捕する方針だ、と報じられています
逮捕後、殺人と死体遺棄容疑を一旦は認める供述をした進藤容疑者ですが、その後、否認に転じたとの報道がありました。現在はどうなのでしょうか?
連日のようにワイドショーがこの事件を取り上げ、新藤容疑者を巡る人間関係も明らかにされています
ただ、以下の記事にもあるように、「本当の親ではないのに」と反発されたので腹が立ち手にかけた、という単純な構図で割り切ってしまうのは事件の意味を読み違えてしまう危険があります


さいたま市見沼区大谷(おおや)の集合住宅敷地内で住人の市立大谷小4年、進藤遼佑(りょうすけ)君(9)が殺害されているのが見つかった事件で、埼玉県警は殺人容疑で遼佑君の義父、進藤悠介容疑者(32)を9日に再逮捕する方針を固めた。8日、捜査関係者への取材で分かった。悠介容疑者は9月、死体遺棄容疑で逮捕されている。
捜査関係者によると、悠介容疑者は9月17日夕、遼佑君の首をひも状のもので圧迫し、殺害した疑いが持たれている。捜査関係者によると、凶器は自宅から押収した電気コードとみられる。
悠介容疑者は死体遺棄容疑での逮捕時、当初の調べに「見つからないようにするため(遺棄した)」と容疑を認め、動機についても遼佑君が学校で使う赤白帽子をなくしたことを「注意したら『本当の親じゃないのに』と反発されて腹が立った」という趣旨の供述をしていた。しかし、送検後は「知らない」などと一転して否認している。
県警によると、悠介容疑者は母親(42)の再婚相手で遼佑君と血縁関係はない。遼佑君は9月17日午後3時15分ごろに下校して帰宅。悠介容疑者は在宅していた。
悠介容疑者は夜に仕事から戻った母親に対し、遼佑君が英会話塾に向かったなどと説明したが、帰宅しないため、母親が塾に確認したところ、実際には塾に来ていないと分かり110番通報した。捜索した大宮東署員が遼佑君の遺体を自宅向かいの空き部屋前のメーターボックス内で発見。塾で使っていたかばんも見つかった。
(産経新聞の記事から引用)


過去の報道では、「家庭内のトラブルはなかった」と表現されたりしています。が、これは家庭内のトラブルが存在しなかったと断定できるがゆえの表現ではなく、家庭内のトラブルが近隣の住人からは見えなかった…と解釈しなければなりません
母親の再婚相手を遼佑君は認めていなかったのでしょうし、受け入れてもいなかったと推測されます。周囲の人が気づかなかっただけで
実の父親は高校教師で剣道の高段者、剣道部の顧問をいるとの情報があります。部活動の指導にも熱心だったとされますので、無職でひきこもりの悠介容疑者とは真逆のタイプなのでしょう
遼佑君からすれば理想の父親は実父の方であり、無職のチャラ男に親近感を抱いたりはできなかったと推測されます
別の情報では、実母は離婚後、悠介容疑者とは別の若い男と一時期同棲していたとされます。出会い系アプリで若い男を物色していたのでしょうか?
実母の方は家庭を顧みず剣道部の指導にかかりっきりの元夫より、無職でも毎日のうように体を求めてくる年下の若い男の方が好みだったと思われます
また、遼佑君が夜ふらふらと出歩いていた、との情報もあります。仕事を終えて帰宅した実母が悠介容疑者といちゃつくのを見て、「ともだちの家へ行く」などと口実を設け、出歩いていたのかもしれません
ですから、「家庭内のトラブルはなかった」などという、事件直後の報道は信用できないのです

(関連記事)
さいたま小4男児殺害事件を考える 義父を逮捕
さいたま小4男児殺害事件を考える 連れ子殺しの理由
さいたま小4男児殺害事件を考える  単純な動機
和歌山小5刺殺事件を考える1 引きこもりの容疑者
和歌山小5刺殺事件を考える3 犯行を自供
和歌山小5刺殺事件を考える4 犯行のきっかけ
和歌山小5刺殺事件を考える7 公判で犯行を否認
和歌山小5刺殺事件を考える9 控訴審を前に
和歌山小5刺殺事件を考える10 控訴審で精神鑑定
和歌山小5刺殺事件を考える11 中村被告の「妄想」
和歌山小5刺殺事件を考える12 控訴審でも懲役16年判決
西淀川虐待死事件 内夫に懲役12年の判決
西淀川虐待死事件 母親に懲役8年6月の判決
こどもの虐待死 刑罰が軽すぎる
16歳の娘を裸で縛り死亡させた母親
16歳長女監禁死事件を考える2 しつけという弁明
相模原中学生自殺 児童相談所が保護せず見殺し
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 虐待する父親
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 性的虐待を把握
目黒女児虐待死事件を考える 初公判で起訴事実を認める
目黒女児虐待死事件を考える 「こどもに問題があった」と主張
目黒女児虐待死事件を考える 「父親になろうとした」と繰り返す被告