実の娘と強制性交でも無罪 控訴審始まる

今年の3月、実の父親から継続的に性的暴行を受けていた(中学2年生の時から)女性が被害を訴え、名古屋地検岡崎支部は準強制性交罪に当たると起訴した事件では、裁判官が性的暴行の事実は認めたものの、抵抗不能な状態にはなかったとして無罪を言い渡しました
検察側は判決を不服として控訴し、名古屋高等裁判所で審理が始まっています
性的暴行の事実を認めているのであれば、有罪判決が下されてもおかしくないと思うのですが、法律の専門家の捏ね繰り回す理屈に従うとそう単純には決めつけられないようです


2年前、愛知県で当時19歳の実の娘に性的暴行を加えた罪に問われ、一審で無罪を言い渡された父親の控訴審が28日から始まりました。
検察側は「被害者の精神状態などを把握せずに誤った判断がされた」と一審の無罪判決を厳しく批判しました。
被告の父親は2017年、愛知県内の勤務先の会社やホテルで、抵抗できない状態の実の娘(当時19)に性的暴行を加えた準強制性交の罪に問われています。
一審の名古屋地裁岡崎支部は、過去に娘が父親に抵抗して拒んだ経験があることなどから「強い支配があったとは認めがたく、被害者が『抗拒不能』な状態にあったとは認定できない」として、父親に無罪判決を言い渡していました。
今の法律では「同意のない」性行為だけでは罪に問えず、心神喪失か抵抗できない状態である「抗拒不能」のどちらかが認められなければ罪は成立しません。
一審は「性的虐待はあった」と認めたものの、心神喪失に加え過去に抵抗して拒んだ経験があることなどから「抗拒不能」も認めず検察側が控訴していました。
28日名古屋高裁で開かれた控訴審の初公判で、検察側は「被害者の精神状態や心理状態を把握せずに誤った判断がされた」と一審の無罪判決を厳しく批判しました。
一方、被告の父親は出廷せず、弁護側は控訴棄却を求め、改めて無罪を訴えました。
28日の裁判は15分程度で終わり、次回の審理は12月13日に開かれます。
【解説】
被告の父親が問われている準強制性交罪は「同意のない」性行為だけでは罪は成立しません。あわせて心神喪失そして抵抗できない状態である「抗拒不能」のどちらかが認められなければなりません。
一審では「同意がなかった」ことは認められましたが、心神喪失はなく、娘が父親に抵抗して拒んだ経験があることなどから、抵抗できない状態「抗拒不能」とは認められませんでした。
控訴審では娘が当時抵抗できる状態だったかどうかという「抗拒不能」が認められるかが争点となっています。
(東海テレビの記事から引用)


前回、当ブログでも言及したように、より刑罰の軽い強制わいせつ罪で起訴していたなら十分有罪判決を得られた事件です
しかし、準強制性交罪となれば被害者が「抗拒不能」であることが犯罪の構成要件になります。この要件を欠いては準強制性交罪には問えないと上記の【解説】で指摘しています
本件では被害者が「父親に専門学校の学費を負担してもらった」という負い目があり、心理的に縛りのかかった状態にあったと推測できます
それこそ父親を強く拒むことのできない「抗拒不能」な状態にあったと思うのですが
犯罪事実(近親相姦、強姦)を認めながらも、犯罪の構成要件を欠くので準強制性交罪には問えないと言われて、被害者が納得できるはずはありませんし、被害者の救済にも結び付きません
被害者を脇に押しのけて、抽象的な法律論議に終始するような裁判は止めてもらいたいものです

(関連記事)
実の娘と強制性交 控訴審判決の骨子
実の娘と強制性交 控訴審で逆転有罪判決懲役10年
実の娘と強制性交して無罪 近親相姦罪がない日本
実の娘と強制性交も無罪の判決
娘への性的暴行で懲役6年判決 福島
https://05448081.at.webry.info/202101/article_24.html
娘を性的暴行した父親に懲役に懲役4年の判決
14歳養女強姦事件を考える1 被害者証言は曖昧無罪判決
14歳養女強姦事件を考える2 無罪判決を破棄し差戻し
強制わいせつ被害 10歳の訴えを「告訴能力なし」と否定
12歳娘を強姦 控訴審で逆転有罪判決
https://05448081.at.webry.info/202012/article_30.html
再婚相手の娘に性暴行 懲役18年の厳罰
https://05448081.at.webry.info/202012/article_37.html
女子中学生にわいせつ行為で里親起訴 高知
https://05448081.at.webry.info/202101/article_27.html
高畑裕太不起訴 弁護士は「そもそも事件性なかった」発言
高畑裕太事件で「被害者女性の問題」を書く週刊誌
俳優小出恵介 未成年者と淫行の波紋
俳優新井浩文強姦、逮捕の影響
女子児童5人を強姦し懲役20年 鬼畜教師
小学生に覚醒剤を打ち淫行、懲役23年の判決
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 行政の稚拙な対応
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 虐待する父親
家出を繰り返す少女
伊藤詩織さん強姦事件 山口敬之記者は民事で敗訴
伊藤詩織さん強姦事件 山口記者擁護者の右往左往