大阪女児誘拐事件を考える 「誘拐するつもりはなかった」

大阪に住む小学6年生の女児が家を立たまま帰ってこない、と捜索願いが出ていた件で、女児が栃木県の交番に駆け込み保護されたと報じられています
大方の予想通り、SNSで知り合った男に誘われついて行ったのですが、栃木県小山市の民家に監禁されていたというのが意外でした
もう少し女児の自宅に近い場所にいるのではないか、と思っていました
逮捕された伊藤仁士容疑者は、SNSでひっかけた女の子が大阪在住だろうと九州在住だろうと迎えに行って監禁する気満々だったのでしょう
女児の側にすれば、「素敵な出会いが待っている」との期待ありありで警戒する気もなく、ホイホイと誘われるまま伊藤容疑者との待ち合わせ場所へ出かけてしまったと推測されます


大阪市住吉区の小学6年の女児(12)を誘拐したとして、大阪府警に未成年者誘拐の容疑で23日夜に緊急逮捕された栃木県小山市犬塚1丁目の職業不詳、伊藤仁士容疑者(35)。
当初は家出の可能性が高く事件性は低いと見られていた今回の逮捕劇。
一転したのは、23日午後1時半ころ、栃木県小山市の交番に女児が「男の家から逃げてきた」と交番にかけ込んだことで発覚した。
「小雨が降る中、女児は靴を履かずに、靴下だけで逃げてきた。白いパーカー姿だった。はっきり自分の名前を言っていた。栃木県警が撮影した女児の写真を送り、家族に確認してもらい、本人だとわかった」(捜査関係者)
しかし、すぐに解決とはならなかった。女児は「男に監禁されていた。もう一人、監禁されている女の子がいます」と交番で話したからだ。
栃木県警は女児の記憶を頼りに伊藤容疑者の自宅を突き止めた。
「男の一戸建ての家が割れ、そこに行った時、伊藤容疑者と女の子が出てきた。任意同行を求めた」(前出の捜査関係者)
女児が行方不明になったのは11月17日。たった数時間のうちに連絡がとれなくなった。大阪と栃木と距離が離れているのに、伊藤容疑者はどうやって誘い出したのか。
「2人が知り合ったのは11月10日ころ、SNSのやりとりを通じてだった。17日に女児が行方不明になる2、3日前に会う約束をして、17日午前中に女児の自宅近くの公園に伊藤容疑者が現れて落ちあった。電車で栃木県まで移動したようだ」(同前)
35歳の伊藤容疑者と小学6年生の女児は、2回り以上の年齢差があるが、接点はスマートフォンのオンラインゲームだったとの情報がある。
(中略)
「伊藤容疑者がゲームをきっかけに、女児に家出を持ちかけて、誘拐したようだ。もう一人の女の子も同じような手口とみられる。初対面だが、オンラインゲームではすでに接点をもっているので、気を許してついていったところ、誘拐されてしまったようだ。しかし、暴行など受けた様子はない。伊藤容疑者は『誘拐などしていない。一緒にいただけ』と否認している。だが、女児は会ってすぐにスマホを取り上げられ、電源を切られたと言っている。計画的な犯行ではないか」(同前)
女児は伊藤容疑者からの呼び出しに応じた理由を「もう一人、女の子がいるので、オンラインゲームや話し相手になってくれないかと言われた」と話しているという。伊藤容疑者と一緒のところを、保護された女の子のことを指しているとみられる。
「もう一人の女の子は15歳の中学生で、今年6月に茨城県の自宅からいなくなり、捜索願が出ていた。それ以降、数カ月ほど伊藤容疑者の家にいたようだ」(同前)
オンラインゲームの闇も解明する必要がありそうだ。
(週刊朝日オンラインの記事から引用)


週刊朝日の記者は「オンラインゲームの闇も解明する必要があるそうだ」と指摘していますが、何をどうしろと言うのでしょうか?
オンラインゲームの闇なるものを解明するには莫大な時間とコストがかかり、とても日本の警察の手に負えないでしょう。国内の企業だけがオンラインゲームを提供しているわけではなく、海外の企業が提供するゲームもあるのですから
ましてやオンラインゲームを一律規制する法的な根拠もありません。法律の枠組みから作る必要があります
ゲームに付随するプレイヤー同士の会話(チャット)内容を検閲しろ、と注文をつけるのも無茶でしょう
それこそ、中国のように100万人規模でインターネットを監視する組織を立ち上げなければなりません
インターネットを監視し、国民を監視して統制することこそ、中国共産党独裁体制の維持には不可欠ですから、どれだけコストがかかっても実行せずにはいられません
しかし、日本ではどうでしょうか?
犯罪を未然に防ぐ意味でも出会い系サイトの規制、監視は必要と考えます。現に京都府警などサイバーパトロール活動をし、児童買春事件を検挙するなど成果を挙げています。が、大人の自由恋愛や不倫防止のため、警察が10万人体制でインターネットを監視し、個人の通信内容を無断で検閲する組織を設けるべきなのか?
話が逸れました
伊藤容疑者は逮捕容疑を否認していると報じられています。が、それならなぜ小学6年生の女児を、保護者の承諾なしに連れ去り、監禁したのか説明する必要があります(もちろん、未成年者を親権者の同意なしに連れ去るのは犯罪であり、弁解の余地などありませんが)

(関連記事)
大阪女児誘拐事件を考える 「家に帰りたくない」
大阪女児誘拐事件を考える 通行人に助けを求めなかった?
大阪女児誘拐事件を考える 中学時代は優秀とか
新潟少女監禁事件を考える1 犯人の異常行動
新潟少女監禁事件を考える2 警察の失態
新潟少女監禁事件を考える3 佐藤宣行の精神鑑定
新潟少女監禁事件を考える4 刑務所を出所
https://05448081.at.webry.info/202001/article_7.html
カリフォルニア少女監禁事件 禁固431年の刑
性犯罪被害者へ18億円の保証金支払い
若い女性を監禁した「監禁王子」事件を考える1 懲役14年
「監禁王子」事件を考える2 戻るべき場所
倉敷女児行方不明事件 懲役6年6月の判決
倉敷女児行方不明事件 「自分好みに育てたかった」
倉敷女児行方不明事件 犯人を岡山で確保
倉敷女児行方不明事件 公開捜査も手がかりなし
埼玉失踪少女事件を考える1 2年間も監禁状態
埼玉失踪少女事件を考える2 犯行計画
埼玉失踪少女事件を考える3 寺内容疑者の父が謝罪
埼玉失踪少女事件を考える4 「なぜ逃げ出さなかったのか」という疑問
埼玉少女失踪事件を考える5 量刑は懲役3年?
埼玉失踪少女事件を考える6 寺内被告初公判
埼玉少女失踪事件を考える7 誘拐の目的
埼玉少女失踪事件を考える8 単なる同棲だとする説
埼玉少女失踪事件を考える9 「何が悪かったのか?」
埼玉少女失踪事件を考える10 懲役15年求刑
埼玉少女失踪事件を考える13 控訴審は懲役12年の判決