平塚猥褻保育士 乳児暴行死で懲役10年判決

過去に取り上げた事件はできる限り、その顛末をブログで言及したいと思っています。が、なかなか難しいのであり、放置したままになっている事件も少なくない状況です
平塚の認可外保育所でわいせつ行為を繰り返したほか、乳児を殴打して死亡させた元保育士角田悠輔被告の裁判もその1つです
角田被告は保育所で預かっていた女児にわいせつ行為を繰り返したとして、一審で懲役15年の判決を受けています。乳児を死亡させた事件は別に起訴されており、2018年2月に1審横浜地裁は懲役10年の判決を言い渡しています


神奈川県平塚市の認可外保育所「ちびっこBOY」で2015年12月、生後4カ月の男児が死亡した事件で、当時保育士として勤務していて傷害致死罪に問われた角田(つのだ)悠輔被告(36)の裁判員裁判の判決が14日、横浜地裁であった。深沢茂之裁判長は「保育士の職責に真っ向から反し、許されない」として、角田被告に懲役10年(求刑懲役13年)の判決を言い渡した。
判決によると、角田被告は15年12月6日午前0時10分ごろ~4時半ごろの間、同保育所内で男児の頭部に強い力で何らかの暴行を加え、脳挫滅などのけがを負わせ、死亡させた。
判決は、出廷した医師4人の証言をもとに、頭部のけがは第三者によって意図的に強い外力が加えられて負ったものだと推認。事件当時、男児がいたベッドに近づけたのは角田被告だけだったとして、被告以外の犯行の可能性はないと結論づけた。
弁護側は、男児が預けられる前からけがを負っていた可能性があるとして無罪だと主張していた。
角田被告は預かっていた計15人の女児に対する強制わいせつなどの罪で、昨年12月に懲役15年の実刑判決を受け、弁護側が控訴した。
(朝日新聞の記事から引用)


しかし、暴行を否認していた角田被告は判決を不服として、控訴していました
深夜時間帯の犯行であり、保育所で勤務していたのは角田被告だけです。防犯カメラの映像には角田被告以外の第三者は映っておらず、犯人は角田被告しかいない、とする検察の主張を覆す物証は提示できないのですから、控訴は棄却されています
反省など皆無の角田被告は不満たらたらでしょう


神奈川県平塚市の認可外保育施設「託児所ちびっこBOY」で平成27年12月、生後4カ月の男児に暴行して死亡させたとして、傷害致死罪に問われた元保育士、角田(つのだ)悠輔被告(36)の控訴審判決で、東京高裁(中里智美裁判長)は2日、懲役10年とした1審横浜地裁判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。
弁護側は「角田被告に暴行の故意があったとは認められない」などと主張。1審判決には明らかな事実誤認があるとして控訴していたが、中里裁判長は「男児の頭部に何らかの暴行を加えて傷害を負わせ、死亡させたものと推認できる」と指摘した。
(産経新聞の記事から引用)



深夜時間帯にこどもを預かる施設であるため、人手を確保するのが難しいとの事情があるにしても、角田被告の勤務態度をまったくチェックせず任せきりにしていたのは過失です。これではペットホテル以下であり、こどもを預かる=命を預かるとの自覚も自負も欠いています
深夜時間帯に保育士を確保できないのであれば、事業継続を断念するくらいの経営判断が必要でしょう
1人のこどが亡くなり、15人ものこどもがわいせつ行為の被害を受けているのですから、角田被告の罪だけでなく保育所経営者の責任も重大です

(関連記事)
平塚の猥褻保育士 乳児暴行死は否認
平塚の猥褻保育士 児童ポルノ法違反で懲役15年
ベビーシッター殺人控訴審 一審の懲役26年を支持
ベビーシッター殺人控訴審 物袋被告の歪んだ性欲
ベビーシッター殺人控訴審 小児性愛ではないと主張
ベビーシッター殺人 懲役26年の判決
ベビーシッター殺人 無期懲役求刑
ベビーシッタ-殺人 ペニスに執着したペドフェリア
男児ポルノ作成で元教諭橋本顕に懲役3年判決
小6男児にわいせつ 小学校教諭逮捕
小学校教師が4年間も盗撮続け、逮捕
児童ポルノで停職男を小学校講師に採用
男児の全裸写真撮影を繰り返した教師
小学校教諭が男児の裸撮影で逮捕
校舎内に盗撮カメラを設置 小学校教諭逮捕
立命館付属高校で教師が生徒にわいせつ行為
女性教諭が盗撮で逮捕

7人の女児にわいせつ 元教師八木航に懲役15年求刑

昨年夏、教え子に対する強制わいせつ、強制性交などの容疑で逮捕された千葉市立誉田小学校の元教諭八木航の論告求刑公判が千葉地方裁判所であり、検察側は懲役15年の求刑をしています
八木被告の裁判が長引いたのは、途中で余罪が発覚し再逮捕されたためです。詳細は不明ながら被害児童が7人となっていますので、追起訴された分を含むものと解釈されます
八木被告は事件当時、誉田小学校の3年1組の担任であり、学年主任でもありました。事件は体を触ったという単純な強制わいせつの事案ではなく、強制性交罪を含みます。ゆえに懲役15年という求刑でも軽すぎるのではないかと思ってしまいます


教え子の女子児童7人にわいせつ行為 元小学校教員に懲役15年求刑 千葉地裁
小学生の教え子にわいせつな行為をしたとして、強制性交罪や児童買春・ポルノ禁止法違反罪などに問われた元千葉市立小の教員の男(35)=懲戒免職=の公判が31日、千葉地裁(前田巌裁判長)で開かれ、検察側は懲役15年を求刑した。
検察側は論告で「教員の立場を悪用した。鬼畜の所業というしかない」と厳しく非難。弁護側は弁論で「犯行には児童性愛障害が影響しており、治療を望んでいる」として、寛大な判決を求めた。
公判には被害を受けた少女も出廷し、「被害を家族にも言えなかった。一生刑務所にいてください」と訴えた。
起訴状などによると、男は小学校の教員だった平成25年1月~30年7月、6~12歳の女子児童7人に対し、学校内でわいせつな行為を行い、動画を撮影して保存していたとされる。
(産経新聞の記事から引用)


13歳未満の児童については合意の有無を問わず脅迫行為などなくても、強制性交罪が成立します
そもそも小児性愛の傾向があると自覚しているのなら、事件を起こす前に教職を退き治療に専念するべきでしょう
逮捕され、起訴されてから刑罰を少しでも軽くするため、「治療を受けたい」と言い出したと判断されても仕方ありません
立件された被害者は7人ですが、立件されなかった被害者も数名いるのでは?
裁判官の判断がどうなるかはともかく、「既に社会的な制裁(懲戒免職処分)を受けているから」との理由で大幅な割引などしてもらいたくはありません
ちなみに刑務官の経験談からすると、刑務所内で扱いにくい受刑者はヤクザ者ではなく、元教師なのだとか
刑務官があれこれ指示しても、「どうしてそんなことをしなければならないのか?」といちいち屁理屈を並べてくるとか、教師だったというプライドを捨てられないため他の受刑者と折り合いが悪いなど、扱いにくい存在だそうです

(関連記事)
わいせつ教師八木航 異常な性癖
https://05448081.at.webry.info/201912/article_2.html
小学3年生徒にわいせつ 千葉の教師八木航
ゲームで少女を誘い強姦 教師に実刑判決
わいせつ教師 「くすぐっただけ」と主張も懲役4年
女子児童5人を強姦し懲役20年 鬼畜教師
高校教師懲戒免職に不服 「教え子と淫らな交際」
女性教諭が男子生徒にセクハラ 懲戒免職
小学校教頭が女子中学生を誘拐未遂・逮捕
中学講師が小学生を強姦未遂・逮捕
小学校教師が4年間も盗撮続け、逮捕
性犯罪辞職の教師を雇用 札幌児相で再びわいせつ事件
民間人校長候補に盗撮歴発覚
自殺のセクハラ教師に退職金不支給決定
生徒にわいせつメールで停職も処分取消し判決
小6男児にわいせつ 小学校教諭逮捕
児童ポルノで停職男を小学校講師に採用
わいせつ教師3度目の逮捕 知立市の小学校
女性教諭が男子生徒にセクハラ 懲戒免職
男子高校生を買春で校長が懲戒免職