沢尻エリカ 合成麻薬で逮捕

女優の沢尻エリカが麻薬取締法違反の容疑で警視庁に逮捕されています。逮捕は偶然ではなく、内偵調査や行動確認など積み重ねた上で決行されたものでしょう。しかも、幾つものメディアがタイミングよく記事を流しているところを見れば、メディアにも事前に沢尻逮捕の情報が流されていたものと推測されます


女優の沢尻エリカ(33)の逮捕で芸能界に激震が走った。
合成麻薬MDMAを所持していたとして16日、麻薬取締法違反の容疑で逮捕された。警視庁の発表によると16日朝8時ごろ、東京・目黒区の自宅で捜査員による検査により、アクセサリーボックスの中から袋に入った白いカプセルを発見、カプセルの中からはMDMAの粉末が発見されたという。
調べに対し、「私の物に間違いありません」と認め、午後1時ごろ逮捕となった。
「沢尻容疑者は15日夜、渋谷のクラブに行き、今朝になって自宅に戻って来たところ、捜査員が待っていたようです。職務質問され、驚いた様子だった。捜索が始まると、観念した感じだった。沢尻容疑者が違法薬物を所持しているという情報は濃淡含めて多数があったので、内偵捜査を進めていた。マンションには母と一緒に住んでいた。捜索は午前8時過ぎ。母親も立ち会った。見つかったのはMDMA2錠。自分の部屋の棚に置いてあったアクセサリーケースの中に、チャックのついた小さなビニール袋に入ってあった。母親が絶句した感じで、沢尻容疑者は涙を浮かべていたそうです」(捜査関係者)
沢尻容疑者は、2005年の映画「パッチギ!」などで注目されたものの、07年の主演映画の舞台あいさつの時に記者への質問に仏頂面で「別に……」と返したことから激しいバッシングを受けた。
その後、12年に公開された映画復帰作「へルタースケルター」の熱演により、日本アカデミー賞優秀主演女優賞も受賞、近年もドラマやCMなどに数々出演、新たな魅力を振りまき順調な芸能生活を送っているように見えた。
芸能リポーターの石川敏男さんはこう語る。
「最近の雰囲気からは、そんなことをやっているようには感じられなかったのですが。『別に……』発言から多かった批判を払拭(ふっしょく)できてきたところ、払拭どころかもっと大きな話になってしまいました。魔が差したのかどうかわかりませんが、根底には心の病のようなものを持っていたのかもしれませんね」
沢尻容疑者は過去にも薬物疑惑がうわさされたことがある。前出の「へルタースケルター」公開をひかえた2012年5月、「週刊文春」に「沢尻エリカは大麻中毒 決定的証拠公開」という記事が掲載された。芸能評論家の三杉武さんは言う。
「かつてから、薬物に関するうわさはありました。今年に入ってから、薬物疑惑のある芸能人の交友関係の中に名前があったこともあります。しかし、仕事はとても順調なようでしたから、さすがにそれはないだろうという意見もあったのですが…」
沢尻容疑者は、来年1月にスタートするNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」に、織田信長の正妻で斎藤道三の娘の帰蝶(濃姫)役としてレギュラー出演する予定だった。作品でも重要な役どころで、6月にはクランクインしていただけに、逮捕の影響は大きいとみられる。
大河の出演会見で沢尻容疑者は、「自分が持っているものすべてをこの作品にささげたい。沢尻エリカの集大成をここで見せたい」と感極まった雰囲気で意気込みを語っていただけに、その衝撃も大きい。
「会見で涙ぐみながら語っていたのにね。出演は取りやめになるでしょうし、復帰には時間もかかるでしょう。もったいないですね」(石川さん)
現在放送中の「いだてん~東京オリムピック噺~」でも、レギュラー出演していたピエール瀧が麻薬取締法違反で逮捕され、途中回から役者を交代するという事態となった。7月にEテレで放送された「バリバラ」に出演した元タレントの田代まさしも、11月6日に覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕されるなど、NHKの受難は続く。
(週刊朝日オンラインの記事から引用)


長々と引用しましたが、これは全部ではありません。省略した部分を含めると驚くほどの長文です。逮捕されてから関係者のコメントを集めていたのでは間に合うはずもなく、事前に予定稿として上がっていたと思われます
先日、東京地裁は大麻取締法違反(所持)の罪に問われた田口淳之介被告と交際相手の小嶺麗奈被告に懲役6月・執行猶予2年の判決を言い渡しています。しかし、判決言い渡し公判は1度延期されており、その理由が厚生省関東信越厚生局麻薬取締部によって、逮捕時の動画の一部がメディアに渡っていたことを問題視されたため、と報じられています

マトリの活躍をアピールしたいがため動画をメディアへ流したのか、金銭の授受があったのかは不明ながら、東京地検とマトリの間で悶着があったと伝えられています
今回のタイミングが良すぎる報道は、巻き返しを図った警視庁が事前にメディアへ逮捕情報を流し、マトリにしっぺ返しを図ったのか?
メディアにすれば警視庁でもマトリでも、芸能人逮捕の情報を流してくれるならばどいちらでもよいのでしょう
芸能ニュースではここ最近、女優のAが間もなく逮捕されるとか、女優Bが捜査対象になっている等の噂を繰り返し流していました。これらは「マトリによれば」との但し書き付きです(家宅捜索に入ったが逮捕には至らなかった、とのオチまで書いているメディアもあります)
なので警察と麻薬取締部の間で、壮絶な競争が繰り広げられているのが分かります
妙な縄張り争いは止めて、互いに協力すればよいものを

(関連記事)
沢尻エリカ逮捕 大河ドラマの代役は誰に
https://05448081.at.webry.info/201911/article_26.html
「オヤジ殺し」と書かれた沢尻エリカ
沢尻エリカの夫 「エリカの解雇は営業妨害」とクレーム
衝撃告白も話題にならない沢尻エリカ
沢尻エリカ離婚 その原因は謎
沢尻エリカ離婚騒動の行方
沢尻エリカ 「謝罪などしたくなかった」発言
沢尻エリカはスペインで高城剛と同居中
沢尻エリカ 結局離婚するらしい
「KAT-TUN」田口淳之介と女優の小嶺麗奈 大麻で逮捕
タレント清水良太郎 覚醒剤使用で逮捕
俳優成宮寛貴 コカイン疑惑で引退表明
俳優成宮寛貴引退表明で「フライデー死ね」と炎上
2世俳優橋爪遼覚醒剤で逮捕
映画「たたら侍」 橋爪遼逮捕で打ち切り、大コケ
俳優小出恵介 未成年者と淫行の波紋
三田佳子次男 覚醒剤で公判
三田佳子次男 覚醒剤で4度目逮捕
田代まさしコカイン所持で逮捕
田代まさし 覗き行為と薬物使用の果て
田代まさしに麻薬を渡した女性
「覚醒剤使用は眠気覚まし」と言い張ったASKA被告

新潟女児殺害事件11 解離性障害だと主張

小林被告の公判が続いています。14日の公判では小林被告の両親が出廷し、衝立の向こう側にいる被害児の父親に謝罪した、とも報じられています。「これから息子とともに苦しみながら生きて、生涯謝罪していくことしかできない。ばかな息子が取り返しのつかないことをしていまい、大変申し訳ありませんでした」と述べているところから、小林被告の両親は事件を重く受け止めているのが伝わってきます
さて、弁護側の証人として出廷した精神科医が以下のように証言しています


新潟市西区で昨年5月、下校中の小学2年の女児=当時(7)=が連れ去られて殺害された事件で、殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われた小林遼被告(25)の裁判員裁判公判が14日、新潟地裁(山崎威裁判長)で開かれた。弁護側証人として出廷した精神科医が「小林被告が『反省心はない。死刑でも構わない』と話していた」と証言した。
弁護側はこれまでの公判で、小林被告が解離性障害、抑鬱(よくうつ)障害などの問題を抱えていると主張。「治療を希望している」として、情状酌量などを求めている。
精神科医は弁護側の依頼を受けて今年4~7月、小林被告との面談などを実施。その際、事件について「反省心はない。裁判はどうでもいい。死刑でも構わない」と話したという。
こうしたことについて精神科医は、小林被告が抑鬱障害のために自暴自棄になり、他人を殺害することに対する認識が希薄になっていた可能性があると指摘。動機などを解明するために正式な鑑定の必要性があるとした。
また、解離性障害をめぐっては、小林被告が「5人くらいの男性の声が聞こえてくる」「(事件当時に)『やめようよ』という声と『やっちゃえ』という声の両方が聞こえた」などと話していたと証言。障害の影響で犯行時の記憶が一部欠けていることなどから、犯行の計画性に疑義を呈した。
一方検察側は、被告の精神科医に対する発言が捜査段階の供述内容と食い違うことを指摘。被告が自分に責任能力がないように見せかけるために嘘をついた可能性を指摘した。
(産経新聞の記事から引用)


弁護人の意図が分かりにくいのですが、小林被告の責任能力の有無は争点にしていなかったはずです。なので、解離性障害とか抑鬱障害があるとの申し立ては、責任能力が減退していたので罪一等を減じるべきとの主張ではなく、あくまで情状酌量を求める狙いなのでしょうか?
記事にあるところの、「反省はない。死刑になっても構わない」という鑑定医への投げやりな態度は、逮捕された後の気分の落ち込みによるもので一過性の症状です。それが情状酌量の理由になるとも思えません
解離性障害とは解離性同一性障害のことを指していると思われますが、現実逃避のため小林被告が思いついた話のように映ります。現時点で複数の人格が次々と現れたかのような混乱状態にあって、理性が吹き飛んでしまい公判に耐えられないほど深刻な状態ではないでしょう
小林被告は犯行時に「複数の声が聞こえた」と発言しています。ならば責任能力が減衰していた、心神耗弱であったとして責任能力を争点に据えるべきでしょうが、なぜここで言い出したのか判然としません
通常の裁判なら検察の起訴状朗読の後で、弁護人が責任能力に問題があるとし、再度の精神鑑定を要求するところです
上記の記事を読む限り、弁護人は精神鑑定を要求しておらず、精神科医が私見として鑑定の必要性を主張しただけです(あるいは記事の書き方が悪いのか)
どうなっているのでしょうか?

(関連記事)
新潟女児殺害事件14 無期懲役判決
新潟女児殺害事件13 死刑を求刑
https://05448081.at.webry.info/201911/article_30.html
新潟女児殺害事件12 凶悪事件に共通点はあるのか?
https://05448081.at.webry.info/201911/article_23.html
新潟女児殺害事件10 死姦への異常な執着
新潟女児殺害事件9 初公判で殺意を否認
新潟女児殺害事件8 公判前に事件報道を考える
新潟女児殺害事件7 わいせつ致死で起訴か
新潟女児殺害事件6 ロリコンと決めつける報道
新潟女児殺害事件5 車をわざとぶつけて
新潟女児殺害事件4 女子中学生連れ回しも
新潟女児殺害事件3 20代男性が重要参考人
新潟女児殺害事件2 黒い服の男に追われた
新潟女児殺害事件1 轢死に見せるため線路に放置
神戸小1女児不明事件 控訴審で死刑判決破棄
神戸小1女児不明事件 死刑判決
神戸小1女児不明事件 初公判でわいせつ目的否定
神戸小1女児不明事件 わいせつ目的で起訴
神戸小1女児不明事件 犯人の沈黙
神戸小1女児不明事件 容疑者逮捕
今市女児殺害事件 犯行の状況
今市女児殺害事件 逮捕まで8年半
千葉ベトナム女児殺害事件を考える 全裸で遺棄
千葉ベトナム女児殺害を考える PTA会長を逮捕
千葉ベトナム女児殺害を考える 渋谷容疑者に前科あり
千葉ベトナム女児殺害を考える 車からDNA検出
未解決の誘拐殺人 城丸君事件(1984年)