民間人を「ファシスト、レイシスト」攻撃 立憲民主党石垣のり子議員

元財務相官僚で現在嘉悦大教授の高橋洋一はインターネットメディアにも度々投稿し、経済問題について論じている人物です
かつては政府の経済政策のブレーンを務め、「霞が関の埋蔵金を掘り起こせば、国の財源として補填できる」等の議論をリードしていました
最近では痛烈な韓国批判をメディアに寄せており、いわゆる左寄りの政治家からは好ましからざる人物と見なされています
その高橋教授に噛みつき、ツイッターで「ファシスト」だの「レイシスト」だの誹謗中傷を浴びせたのが立憲民主党の参議院議員石垣のり子です


立憲「元女子アナ議員」が元官僚をレイシスト、ファシスト呼ばわり 山本太郎は大人の対応で株アップ
(前略)
11月28日、れいわ新選組の山本太郎代表と野党統一会派に参加する馬淵澄夫元国交相が主催する「消費税減税研究会」の2回目の会合が国会内で開かれた。この研究会に参加予定だった立憲民主党の石垣のり子参院議員(45)は、嘉悦大の高橋洋一教授を講師として招いたことに反発。「レイシズムとファシズムに加担するような人物を講師に呼ぶ研究会には参加できません」とTwitterで発信したのだ。
 ***
宮城県仙台市出身の石垣議員は、宮城教育大学を卒業後、エフエム仙台に入社。21年間アナウンサーを務めた後、今年7月の参院選で宮城県選挙区から出馬した。TwitterやFacebookで支援者を募り、自民党の現職を約9000票差で破って初当選を果たした。彼女は消費税について、低所得者ほど負担が重くなり、社会保障の財源にするのは本末転倒であるとし、将来的に廃止すべきと主張している。消費税ゼロを訴える山本太郎氏に同調し、「消費税減税研究会」に参加するはずだったが……。
11月28日付のTwitterで、石垣議員はこう主張した。
〈馬淵澄夫さん山本太郎さん主催の消費税減税研究会。初回の講師は、高橋洋一氏とのこと。これから始まるという時に大変残念ですが、当初言明したように私は、レイシズムとファシズムには一切加担しません。よって、レイシズムとファシズムに加担するような人物を講師に呼ぶ研究会には参加できません。〉
(中略)
(高橋教授は)「私が、レイシズムとファシズムに加担しているなんて、今まで言われたことがありません。石垣議員とは会ったことも喋ったこともないのに、Twitterで何故あんな発信をしたのか全く理解できません。狐につままれたようなものです。これは立派な名誉棄損になりますよ」
高橋氏によれば、元々自身は理系だから、変なイデオロギーは持ち合わせていないという。
「大学では、理学部数学科も出ています。今もイデオロギーはなく、データと数字だけで喋ったり書いたりしています。28日の研究会では、私のデータと理論に基づき、消費増税の必要性はないと説きました。消費税増税がなくとも、日本の財政が5年以内に破綻するのはわずか1%の確率でしかありません。消費税は今も5%でも大丈夫です、と説明しました。レイシズムもファシズムも関係ありません。なんで石垣氏はこんなことを言うのか、彼女に聞いてみてくださいよ」
と、怒り心頭なのだ。
(以下、略)


要するに韓国をべったり擁護したい派の石垣議員は、韓国を批判する高橋教授と同席したくないのでしょう
そして韓国を批判する人間はレイシストでありファシストだと決めてかかっているわけです
日本は言論の自由と表現の自由を憲法で認めているのであり、韓国を批判すること自体が禁じられていたりはしません。それをレイシズムだと勘違いしているところが問題です
石垣議員はツイッターで、「公職者ですから憲法秩序と相入れない人物や組織に発言や正当化の機会を直接的に与えるわけにはいきませんよねぇ」と書き込んでおり、相手に発言の機会を与えることなく抹殺すべきだと受け取れる意見を表明しています
国民の多様な意見に耳を傾ける気はなく、特定の意見、考えのみ受け入れるとの表明です
憲法改正に反対し、憲法を守るべきと主張する立憲民主党の議員が、言論の自由を否定するのですから呆れるばかりです
なぜ、このような愚かな主張をし、意地を張るのか?
国会の1年生議員(当選、1期目)は党内の政策議論でも軽視されたり、委員会で質疑に立つ機会も与えられなかったりするのがしばしばで、それゆえストレスが溜まるのでしょう。だからこそ、ツイッターの場で過激な発言をし、思うところを存分に表明したくなるのかもしれません
ただし、国会内での質疑応答は議員の免責特権があって名誉棄損に問われないものの、国会外での発言は名誉棄損に問われます
民間人をさしたる根拠もなしにレイシストと呼べば名誉棄損で訴えられるでしょうし、裁判では負けるでしょう
石垣議員は発言を撤回する気も謝罪する気もないようです。立憲民主党が彼女を説得し、発言の撤回を促すとは思いますが、どうなのでしょうか?

(関連記事)
立民党石垣議員 安倍首相を揶揄し謝罪に追い込まれる
民主党外務政務官 海外出張でエステに買い物三昧
政治学者白井聡 松任谷由実に「早く死んだほうが」と暴言
SMバー批判の菊田議員へ非難轟々
仕分け第二弾前に蓮舫議員の醜い言いわけ
災害対策予算を仕分・削減した蓮舫大臣に批判殺到
蓮舫がなでしこ祝福も「スポーツ予算削減の張本人」と批判される
蓮舫発言「日本は若者への歴史教育が足りない」
偽メール事件の永田寿康元議員自殺
永田議員偽メール事件男を詐欺容疑で逮捕
週刊誌に「女子大生とエッチした」と書かれた佐田玄一郎議員
田中美絵子衆議院議員が官僚と不倫 官僚は更迭
水野真紀の夫・後藤田正純議員の不倫
不倫男後藤田氏救った妻・水野真紀
鴻池内閣官房副長官が女性問題で辞任
政界失楽園 中川郁子政務官路上キス事件
国会サボってデート 上西小百合衆院議員
民進党初鹿議員 女優をラブホテルに連れ込み
暴言・暴行で豊田真由子議員が自民を離党
暴言・暴行の豊田真由子議員 入院し雲隠れ
元野球選手石井浩郎参議院議員 賭け麻雀に養育費不払い