東名あおり運転裁判 高裁は差し戻し判決

2017年に萩山嘉久さんと妻が死亡した東名高速道路のあおり運転事故の控訴審の判決があり、東京高等裁判所は1審の横浜地裁判決を破棄し、差し戻す決定を言い渡しています
1審の裁判員裁判の判決が高等裁判所でひっくり返されるケースが相次いでいるため、またか、という気になります
ただ、差し戻しの理由は訴訟手続きに瑕疵があったというものであり、危険運転致死傷罪は成立するとの判断を示す内容です


神奈川県大井町の東名高速道路で平成29年6月、あおり運転により停車させられた夫婦が後続の大型トラックに追突され死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた無職、石橋和歩(かずほ)被告(27)の控訴審判決公判が6日、東京高裁で開かれた。朝山芳史裁判長は、懲役18年とした1審横浜地裁の裁判員裁判判決を破棄し、審理を地裁に差し戻した。危険運転致死傷罪の成立を認めた1審の判断に誤りはないとしたが、訴訟手続きに違法があったとした。
朝山裁判長は公判前整理手続きで裁判官が「同罪の成立は認めない」と検察官や弁護人に表明しながら、成立を認めて有罪判決を出したと指摘。弁護側に対する「不意打ち」に当たり、同罪が成立する見通しで反論していれば「因果関係や量刑に影響した可能性がある」として、改めて裁判員裁判で審理を尽くすことが相当だとした。
弁護側は控訴審で、妨害運転と死亡事故の因果関係はないとして改めて無罪を主張。訴訟手続きについても「公正な審理を受ける権利を侵害された」として違法性を訴えていた。検察側は控訴棄却を求めていた。
判決によると、石橋被告は29年6月5日夜、走行中だった静岡市の萩山嘉久さん=当時(45)=一家のワゴン車にあおり運転を繰り返し、追い越し車線上で停車させ、大型トラックによる追突で、萩山さんと妻の友香さん=同(39)=を死亡させ、同乗の娘2人にけがをさせた。
(産経新聞の記事から引用)


横浜地裁での争点整理手続きにおいて、裁判長は危険運転致死傷罪は成立しないと事前に表明していたにも関わらず、判決でそれを認めたのは裁判員の意見や世論を考慮せざるを得なかったためでしょう
さて、高裁は石橋被告の妨害運転が萩山夫妻の車を停車させ、事故を誘発したとして因果関係を認め、危険運転致死傷罪が成立するとの判断を示し、横浜地裁の判断を肯定しています
なので、差し戻し審でもこの判断は重きをなすのであり、石橋被告の有罪を否定する結果にはならないものと推測します
他方で、法律の専門家の中は高裁の判断に疑問を呈し声もあります
別の報道では、「甲南大法科大学院の園田寿教授(刑法)は高速道路上で被害者家族の車の前に割り込んで停車させた被告の危険な行為について『危険運転致死傷罪の想定外だった』と指摘。その上で同罪の成立を認めた1、2審判決は『犯罪行為と刑罰の対象をあらかじめ定める罪刑法定主義に照らせば法の拡大解釈と言わざるを得ない』と疑問視」しています
ただ、法律は条文に定めた内容がすべてではなく、判例の積み重ねによって罰条適用の匙加減が決まったり、どこまでを有罪とするか判断基準が定まるものです。なので、条文に足りない部分を裁判官が判断し、埋めることが必ずしも間違いではありません
ましてや危険運転致死傷罪は後から設けられた刑罰であり、検察も裁判所もその適用に極めて消極的だった事実があります。悲惨な事故が起こるたび、なぜ危険運転致死傷罪を適用しないのか、と批判する声が挙がりました
本件の石橋被告のように自動車運転を暴力手段に用いるような輩にこそ、危険運転致死傷罪が適用されるべきと世間一般は考え、期待しているのです。その期待を受け止めた1審の裁判員裁判の判断、東京高裁の判断は極めて妥当だと自分は思います

(関連記事)
東名あおり運転裁判 懲役18年判決
東名あおり運転裁判 懲役23年求刑
東名あおり運転裁判 危険運転を否認
堺あおり運転裁判 殺人罪認め懲役16年判決
堺あおり運転 二審も懲役16年の判決
小樽市3人死亡事故で最高裁判決 懲役22年確定
小樽の飲酒ひき逃げ 危険運転で懲役22年判決
歌川5人殺傷交通事故 懲役23年の実刑判決
飲酒運転で幼児3人死亡事故 懲役20年確定へ
小学校教頭 飲酒ひき逃げ死亡事故で逮捕
死亡ひき逃げ事故 小学校教頭に実刑判決
浜松暴走死事件 中国人被告に懲役8年判決
浜松中国人ひき逃げ事故 同乗の夫も書類送検
中国人女ひき逃げで逮捕 5人死傷
亀岡暴走事故 被告が判決を不服として控訴
亀岡暴走事故 懲役5年以上8年以下の実刑判決
亀岡暴走事故 小学校教頭が電話番号を漏らす
無免許運転で児童の列に突っ込む 懲役は7年前後
亀岡暴走事故 被害者の近況と少年法
京都の暴走事故 てんかん患者が運転
クレーン車事故で児童6人死亡 運転手は「てんかん」の持病
クレーン車事故を考える2 「てんかん」隠していたと母親が謝罪
クレーン車事故で運転手起訴 危険運転致死罪は見送り
名古屋駅前暴走事件を考える3 懲役12年の先は
前橋女子高生死亡事故 運転に固執した85歳
前橋女子高生死亡事故 公判で責任能力なしと主張
つがる4人死亡事故 危険運転で起訴も無罪主張
常磐道あおり運転 宮崎被告に執行猶予付き有罪判決