川崎トンネル殺人事件 懲役28年の判決

2006年9月、川崎市で起きた通り魔殺人事件で起訴されていた鈴木洋一被告の判決公判があり、横浜地裁は懲役28年(求刑は無期懲役)の判決を言い渡しています
鈴木被告はこの事件の後、別の女性を刃物で刺し、懲役10年の判決を受け、服役していました
本来なら黒沼さん殺害と上記の殺人未遂で裁かれ、無期懲役になるのが相当です。別々に立件されたため、別個に刑罰が科せられる結果になりました


13年前、川崎市のトンネルで27歳の女性が刃物で刺されて殺害された通り魔事件の裁判で、殺人の罪に問われた39歳の被告に対し、横浜地方裁判所は「人を人とも思わない人命を軽視した残虐な犯行だ」などとして懲役28年の判決を言い渡しました。
横浜市の無職鈴木洋一被告(39)は、13年前の平成18年9月、川崎市宮前区のJRの高架下にあるトンネル内の歩道で、面識がなかった黒沼由理さん(当時27歳)を刃物で刺して殺害したとして殺人の罪に問われました。
これまでの裁判員裁判で検察は「自分の快楽を優先した計画的で身勝手極まりない犯行だ」として無期懲役を求刑したのに対し、被告の弁護士は「計画性はなく反省している」などと主張していました。
13日の判決で横浜地方裁判所の景山太郎裁判長は「無関係の女性をストレスのはけ口にしたもので理不尽で身勝手だ。人を人とも思わない人命を軽視した残虐な犯行だ」などと指摘しました。
一方、被告が別の殺人未遂事件で実刑判決が確定して服役中に、今回の事件への関与について警察に打ち明けたことに触れ「告白は更生の一歩と評価できる」として懲役28年の判決を言い渡しました。
裁判長は判決の言い渡しのあと、被告に向けて「犯した罪の重大さに真摯(しんし)に向き合い、命が大切だと心から理解できる人になってほしい」などと10分近く語りかけ、被告はじっと正面を向いて聞いていました。
判決を受けて死亡した黒沼由理さん(当時27歳)の父親の俊昭さんと母親の信子さんがコメントを出しました。
この中で「判決は望むものではありませんでしたが、判決を由理に報告できることは一歩前進だと受け止めています」としています。
また「どんな判決が下されようと由理の命が戻ってくることはありません。裁判での被告の発言は、由理の命をあまりにも軽視した真の反省とは程遠いもので、私たち遺族を苦しめるものでした」としています。
(NHKの記事から引用)


さて、鈴木被告のように別々の事件として起訴され、判決がそれぞれ下されて刑罰が併科されるケースでは、先に確定した懲役刑が執行されます。鈴木被告は殺人未遂での懲役10年が先に執行され、刑期の満了をもって次の刑(本判決の懲役28年)が執行されます
逮捕・起訴されて判決が確定するまで未決囚として拘禁されている期間を、服役したものとして換算する制度(未決算入)があるのですが、どれだけの日数を既に服役したものと見なすかは裁判官の裁量によります

(関連記事)
川崎トンネル殺人事件 犯行を認め謝罪
川崎トンネル殺人 鈴木被告起訴も初公判はまだ
川崎トンネル殺人事件 「切り裂きジャックに憧れた」
川崎トンネル殺人事件 11年経て服役囚が犯行自白
レッサーパンダ帽男殺人を考える1 発達障害
レッサーパンダ帽男殺人を考える2 不幸な誤解
西尾ストーカー殺人の少年 出所後再犯で懲役1年8月
大阪心斎橋殺人を考える1 身勝手な動機
大阪心斎橋殺人事件を考える2 磯飛容疑者
大阪心斎橋殺人を考える5 礒飛被告に死刑判決
大阪心斎橋殺人を考える6 高裁で無期懲役に減刑
釧路イオンモールで無差別殺人 犯人を取り押さえる
釧路イオンモール無差別殺人 松橋伸幸容疑者の素顔
練馬で小学生を切りつける通り魔事件
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える1 犯行の目的
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える6 刑事事件として起訴
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える7 保護処分を求め家裁に送致
日進強盗殺人事件を考える1 強盗目的を否認
日進強盗殺人事件を考える5 懲役8年以上13年以下
「切り裂きジャック」事件 125年目の真相
「切り裂きジャック」研究者が売春婦殺害で逮捕
「切り裂きジャック」殺人 売春婦を殺害する理由
「切り裂きジャック」殺人 似ているようでまったく違う犯行
英国切り裂きジャック殺人 グリフィス被告のその後
現代の切り裂きジャック事件に終身刑の判決 英国
ヤマト運輸男女殺傷事件 筧真一容疑者逮捕