7人の女児にわいせつ 元教師八木航に懲役14年判決

千葉市立誉田小学校の元教諭八木航に対する判決公判があり、千葉地方裁判所は懲役14年(求刑は懲役15年)の実刑を言い渡しています
高校生の時から下着泥、風呂の覗き、盗撮を繰り返してきた八木航を教員に採用したのも間違いですが、自身の異常な性癖を認識しつつも改めようとはしてこなかったにも大いに問題です
立件されたのは7人の女児に対する強姦とその様子をビデオに撮影していた児童ポルノ法違反ですが、立件されなかった犯行もあるのでしょう
本来安全であるべき小学校の教室内で淫行を繰り返すという常軌を逸した犯行は、被害児童に深い傷を残すものであり、懲役14年では軽すぎでしょう


小学生の教え子にわいせつな行為をしたとして、強制性交罪や児童買春・ポルノ禁止法違反罪などに問われた元千葉市立小の教員の男(36)=懲戒免職=の公判が23日、千葉地裁で開かれ、前田巌裁判長は懲役14年(求刑懲役15年)の判決を言い渡した。
前田裁判長は判決理由で「被害者に対し、畏怖や信頼を利用し、自己の性欲のおもむくままに、極めて強度のわいせつな行為をした」と指摘し、「犯行は卑劣かつ醜悪極まりない」と非難した。
判決によると、男は小学校の教員だった平成25年1月~30年7月、6~12歳の女子児童7人に対し、学校内でわいせつな行為を計15回行い、うち5人に対し動画を撮影して保存していた。
(産経新聞の記事から引用)


教育委員会は既に八木被告を懲戒免職処分にしています。懲役刑が求刑に対して1年割り引かれているのは、社会的制裁を受けていると加味したからなのでしょうか?
弁護人は八木被告が小児性愛の障害を抱えており、治療を優先させるべきだと寛大な刑を求めていました。が、裁判官はその必要を認めなかったのは当然です。小児性愛だとの自覚があるなら、なぜ事件を起こす前に治療を受けなかったのか、と言いたいところです
職業倫理の欠片でも持ち合わせていれば、このまま教師として職に留まるのは不適格と自ら判断し、職を辞して治療を受ける選択肢もあったでしょう
小児性愛の治療には幾つものアプローチがあり、どれが最適かは患者との相性もあるのでしょう。詳細は触れませんが、インターネットで検索すればさまざまな治療例や治療プログラムが見つかります
八木被告が控訴するかどうかは分かりませんが、刑罰は刑罰として務め、刑務所を出た後はしっかりと治療を受けるようにしてもらいたいものです。性犯罪は再犯に至る危険も高いのですから

(関連記事)
7人の女児にわいせつ 元教師八木航に懲役15年求刑
わいせつ教師八木航 異常な性癖
小学3年生徒にわいせつ 千葉の教師八木航
ゲームで少女を誘い強姦 教師に実刑判決
わいせつ教師 「くすぐっただけ」と主張も懲役4年
女子児童5人を強姦し懲役20年 鬼畜教師
高校教師懲戒免職に不服 「教え子と淫らな交際」
女性教諭が男子生徒にセクハラ 懲戒免職
小学校教頭が女子中学生を誘拐未遂・逮捕
中学講師が小学生を強姦未遂・逮捕
小学校教師が4年間も盗撮続け、逮捕
性犯罪辞職の教師を雇用 札幌児相で再びわいせつ事件
民間人校長候補に盗撮歴発覚
自殺のセクハラ教師に退職金不支給決定
生徒にわいせつメールで停職も処分取消し判決
小6男児にわいせつ 小学校教諭逮捕
児童ポルノで停職男を小学校講師に採用
わいせつ教師3度目の逮捕 知立市の小学校
女性教諭が男子生徒にセクハラ 懲戒免職
男子高校生を買春で校長が懲戒免職
中学校教師が部活でわいせつ行為 失踪で懲戒免職
金庫から金を盗んだ教師 懲役3年、執行猶予5年の判決
金庫から金盗んだ教師 盗撮容疑で再逮捕
猥褻を繰り返すも言い訳が見苦しい高校教師
女生徒に首輪つけた変態塾経営者 有罪判決