これが中国の抗日アニメ「鶏毛信」

中国のアニメーションをたびたび話題にしています
国策としてアニメーションの制作を促し、中国各地にアニメーション基地を設けてスタジオを誘致、中国の主だった大学には漫画やアニメーション関係の学部を開設して人材育成に取り組んでいる等々、これまでにも紹介してきました
そして中国政府が特に力を注いでいるのが抗日プロパガンダのための作品作りです
過去には抗日戦争を主題とした舞台演劇、映画が数多く作られ、今日ではテレビドラマやアニメーションによって啓蒙を続けています(洗脳と言い換えてもよいのですが)
当ブログでも中国の抗日アニメを紹介していますが、数は多くありません
中国の主要な動画配信サイトは日本からのアクセスを遮断しており、作品そのものをお見せできないのが残念です
プロキシサーバ経由で、日本からのアクセスではないよう偽装すれば可能なのかもしれませんが、面倒なのでやっていません
そんな事情もあってYouTubeで視聴可能な中国アニメを捜し出し、取り上げているのが実情です
さて、本日は「中国人民が抗日戦争に勝利して70年になる記念作品」の「鶏毛信」を紹介します
記念すべき抗日戦争勝利70周年を称える作品ですから、スーパーでスペシャルな作品です(皮肉です)
これは中国でも有名な戦争勝利譚であり、上記のように何度も舞台劇や映画になっている題材で、中国のアニメファンからは「またかよ」との声が挙がっています
「どうせならガンダムとか、エヴァを作ればいいのに」とも
中国のアニメファンの本音なのでしょうが、思想統制を推し進める習近平が聞いたら、即刻政治犯収容所送りで拷問にかけられるでしょう

70周年献礼动画片《鸡毛信》第二集



70周年献礼动画片《鸡毛信》第十集



古臭い紙芝居を見せられている感もありますが、2015年の抗日戦勝利70周年を記念して作られたアニメですから紛れもなく、今現在の中国アニメの到達点を示すものです。第1期で12話、第2期も12話で合計24話あります
こどもたちには夏休みの間に全24話を視聴し、感想文を提出しろとか、宿題が課されたのかもしれません
上記以外にも記念の抗日アニメ作品があるので(いったい、全部で何本作ったのやら)紹介しておきましょう。こちらはSF風の味付けを加えた、それでも中華テイストたっぷりの作品で、タイトルからして「愛すべき中国」になっています。これを見て中国の少年少女は日本鬼子に対する断固たる闘争を誓い、中国共産党の旗の下に団結し、輝かしい科学的社会主義建設に邁進するのでしょう


70周年献礼动画片《可爱的中国》第1集



(関連記事)
中国の抗日戦勝アニメ 少年義勇兵大活躍
中国 「夏はやっぱり抗日アニメ」
中国のバイオレンスアニメ「守護者と謎の豆人間」
https://05448081.at.webry.info/202107/article_50.html
国家の保護と規制に揺れる中国アニメ業界
香港アニメ「Chinese Ghost Story」 作画は日本人スタッフ
日中友好40周年記念映画 誰のために作るのか?
中国版「けいおん!」? バンドに打ち込む青春アニメ
文化強国目指す中国 実態はコンテンツの墓場
「悪者が味方になる日本アニメ」を評価する中国メディア
中国紙「中国アニメは日本のアニメに立ち向かえるのか?」
中国の大ヒットアニメ 米公開で「古臭い」と指摘される
「聖闘士星矢」劇場版が中国で大人気
北京の抗日勝利軍事パレード 損失は3800億円
来年注目の中国アニメは「我的師父姜子牙」
中国メディア 「中国アニメ界になぜ宮崎駿は生まれないのか」
中国の怖くないゾンビアニメ「屍兄」
「日本は国産アニメ保護のため外国作品を排除」と書く中国メディア
中国アニメ産業、生産額1兆円の時代を迎える
中国アニメ 美少女も結局日本風に
中国政府がアニメ・漫画高級人材を育成へ
中国のネット規制 BL小説同人小説も摘発
「中国が文化大国になれない理由」を読めない中国メディア
中国紙 「黒子のバスケ」こそ日本の国家イメージと語る
「名探偵コナン」の人気を読み誤る中国メディア
日中韓共同制作アニメ「金玉鳳凰」は空中分解
中国アニメ産業、生産額1兆円の時代を迎える