福岡母子3人殺害事件を考える 死刑判決

12月に入り、幾つもの重要事件の判決が相次いでいます
福岡県小郡市の住宅で2017年6月、妻子3人が殺害された事件の裁判員裁判で、殺人罪に問われた元県警警察官中田充被告(41)に福岡地裁は求刑通り死刑判決を言い渡しています
中田被告と弁護人は冤罪を主張してきましたが、判決は中田被告側の主張をことごとく否定し厳しく断罪するものになっています


おととし、福岡県小郡市で妻と子ども合わせて3人を殺害した罪に問われ、死刑を求刑された元警察官の裁判で、福岡地方裁判所は、無罪の主張を退け、求刑どおり死刑を言い渡しました。
福岡県警察本部の通信指令課の巡査部長だった中田充被告(41)は、おととし6月、小郡市の自宅で妻の由紀子さん(38)と長男で小学4年生の涼介くん(9)長女で小学1年生の実優さん(6)を殺害したとして殺人の罪に問われました。
直接的な証拠がない中、裁判では、元巡査部長が3人を殺害したかどうかが争われました。
検察は、第三者が侵入した形跡がないことや妻の首や爪から出たDNAに元巡査部長のものが含まれているとしても矛盾しないという鑑定結果が出ていることなどを挙げ、死刑を求刑しました。
一方、弁護側は、第三者が侵入した可能性を否定できず、日常生活の中で元巡査部長のDNAが首などに付着することがあり、証明力には限界があるとして、無罪を主張していました。
判決の言い渡しは、午後2時半すぎから福岡地方裁判所で始まり、柴田寿宏裁判長は死刑を言い渡しました。
直接的な証拠はなし 裁判の争点は
今回の事件は、直接的な証拠がなく、被告が3人を殺害したかどうかが真っ向から争われました。
検察は、スマートフォンの記録などから被告は犯行の時間帯に自宅にいたと考えられ、防犯カメラなどの映像から第三者が侵入した形跡はないと主張しました。
また、被告の腕には妻に抵抗された際にできたと考えられる傷があることや、妻の首や爪から出たDNAに被告のものが含まれているとしても矛盾しないという鑑定結果が出ていることを挙げました。
検察はこうした間接的な証拠をもとに「これだけの事実が偶然に重なることはありえない」として、犯人だと主張しました。
一方、弁護側は、遺体の状況を確認した消防隊員の証言や医師の証言などをもとに、被告が自宅にいた午前6時半までに3人とも死亡していたという検察の主張には疑問が残ると主張しました。
また、第三者が侵入した可能性も否定できず、妻の首や爪から出たDNAについては、日常生活の中で被告のものが首などに付着することがあり、証明力には限界があるとして、無罪を主張しました。
被告本人も、「一切身に覚えがなく、事実無根です。間違いなくえん罪です」、「どうか家族のために、もう一度捜査を見直して、犯人を捕まえてほしい」と法廷で述べるなど、一貫して無罪を主張しました。
(NHKの記事から引用)


公判廷で中田被告はこどもの死を悲しむ素振りは示したものの、心境はどうだったのでしょうか?
パチスロにのめり込み、家族を省みなくなった挙句の犯行です。家族よりパチスロの方が大切だったのか、と訊いてみたいものです
いったい何のために冤罪を主張しているのか、理解できません。拘置所から出てパチスロをしたいがためかもしれません
さて、中田被告は判決に不服でしょうから控訴すると思われます。が、死刑判決をひっくり返すだけの新たな証拠、証言を控訴審で示せる可能性は皆無です。単に死刑判決の確定を先送りするため、と言わざるを得ません
刑を受け、あの世で妻子に詫びることこそ最優先なのではないでしょうか?

(関連記事)
福岡母子3人殺害事件を考える 冤罪を主張も言い分は?
福岡母子3人殺害事件を考える 初公判で無罪主張
福岡母子3人殺害事件を考える こども殺害容疑で再逮捕
福岡母子3人殺害事件を考える 中田容疑者黙秘
福岡母子3人殺害事件を考える 夫の警察官を逮捕
妻殺害の元警察官 懲役14年の実刑判決
19歳警察官が上司を射殺 書類の書き直しが不満
19歳警察官が上司を射殺 不適格者を採用するなと社説
19歳警察官が上司を射殺 パワハラか?
警察官が支援担当の少女にわいせつ 実刑判決
女児誘拐未遂の警察官起訴 「仕事のストレス」と弁解
わいせつ目的誘拐の警察官に執行猶予判決
愛知県警巡査部長を強姦未遂で逮捕 余罪も
大阪府警の少女準強姦事件 懲戒免職処分に
警察官が留置場内でセックスし有罪判決
福島県警パワハラで警察官2人が自殺
滋賀県警 セクハラ行為で大量処分
滋賀県警 懇親会で女性にプロレス技
広島県警 署内金庫から8千万円盗まれる失態
広島県警8500万盗難事件 返還請求訴訟で警察の責任なし
容疑者射殺の警察官に無罪判決 当然の判断
石灯籠で襲ってきた中国人を撃った警官に無罪判決
日立市母子6人殺害を考える 小松博文容疑者とは
日立市母子6人殺害を考える 犯行の背景は離婚話?
日立市母子6人殺害を考える 記憶喪失で無罪?
日立母子6人殺害を考える 初公判目前
日立母子6人殺害を考える 初公判で無罪主張
日立母子6人殺害を考える 無罪主張と処刑願望と

元農水事務次官 ひきこもりの息子殺害裁判

東京都練馬区の自宅で長男を刺殺したとして、殺人罪に問われた元農林水産事務次官の熊沢英昭被告(76)の裁判員裁判が始まっています。犯行内容については争点がなく、情状を問う裁判になるのでしょう


自宅で長男=当時(44)=を殺害したとして、殺人罪に問われた元農林水産事務次官の熊沢英昭被告(76)の裁判員裁判の被告人質問が12日、東京地裁(中山大行裁判長)であった。熊沢被告は「息子に殺されるという恐怖心に支配され、刺し続けた」と述べた。
熊沢被告は黒スーツに紺のネクタイ姿。証言台に背中を丸めて座り、とつとつと質問に答えた。
被告によると、長男は発達障害と診断され、大学卒業後も就職が決まらなかった。1人暮らしの家でゲーム中心の生活を送っていたという。
5月25日、長男は自宅が「ごみ屋敷」となり、実家に戻ってきた。翌26日、被告が「ごみ片付けなきゃな」とつぶやくと、長男は「お前らエリートは俺をばかにしてる」と逆上し、被告の頭を壁にたたき付けるなどしたという。
長男の主治医や警察に相談はしなかったといい、「ショックで余裕がなかった。息子を元の家の生活に戻すのが最優先と考えた」と述べた。
事件当日の6月1日、長男から「殺すぞ」と言われた。「26日(の暴行)を思い出させる形相だった。反射的に包丁を取りに行き、胸を刺した」と説明した。
弁護人に「事件前に息子を殺そうと思ったことは」と問われると、「絶対思いませんでした」と語気を荒らげた。「先天的な病気を持った息子に寄り添って生きてきたつもりだったが、つらい人生を送らせてしまった。取り返しのつかない状態になり、冥福を祈るしかない」と涙で声を詰まらせた。 
(時事通信の記事から引用)


熊澤被告とその妻は長男から度々暴行を受けていた、とされます。その時点で警察に被害届を出し、息子を逮捕させ家から切り離する選択肢もあったわけですが、熊澤被告にその気はなかったのでしょう
保健所に相談するとか、民間のひきこもり対応サービス(強制的に家から連れ出し、施設に監禁状態にして更生を図る)を利用する気もなかったようで、追い詰められた状態のまま足掻いていたわけです
自首した際、警察官が熊澤被告の体が痣だらけであるのを見て、絶句した(息子の暴力の凄まじさに)とも伝えられています
熊澤被告の娘(被害者の妹)は縁談が破断となり、自殺しているとも明かされています
頭のおかしい兄のいる女性と婚姻したいと思う男性はいませんし、将来的にその厄介者の面倒を見る羽目になるのですから縁談を断るのは当然でしょう
裁判員も熊澤被告の犯行に同情するとしても、検察は殺人罪で懲役20年くらいの求刑はすると思われます。検察の立場からすれば情状の余地はあるといえ、甘い求刑はできません
あとは裁判官が過去の判例とどう折り合いをつけるか、です
ただ、一部には熊澤被告に辛辣な意見をぶつける人もいます。池袋で2人を死亡する事故を起こしながら逮捕もされない上級国民、飯塚幸三容疑者への憎悪が波及しているのでしょう
いくつか、引用します

「引き籠りの息子を『40か所以上も滅多刺し』で殺した上級国民『熊沢英昭』の擁護報道だらけで不快。『滅多刺し』を隠蔽し、さも仕方がなかったかのような法廷の雰囲気。安倍晋三の圧力で執行猶予をつけようとしている。重罪でなかったら世の引き籠りの子供は親に殺されまくる」

「農水事務次官としてBSE問題で日本の食の安全を脅かした挙句、天下り三昧で私腹を肥やしてきた元悪徳官僚と、その傲慢な息子の事件か。自己の凶行を正当化しているけど、金と権力に溺れ、息子・英一郎をモンスターに育てたのは父親・熊沢英昭(76)お前自身やん」

(関連記事)
元農水事務次官 子殺しは執行猶予という判例
元農水事務次官 控訴審でも懲役6年判決
https://05448081.at.webry.info/202102/article_3.html
元農水事務次官 息子殺害で懲役6年の実刑判決
元農水事務次官 息子殺害で懲役8年求刑
元農水事務次官 息子のいじめと家庭内暴力
元農水事務次官 ひきこもりの息子殺害で逮捕
ひきこもり殺人 親子の修羅場
https://05448081.at.webry.info/202105/article_38.html
埼玉両親殺害事件 36歳息子を逮捕
https://05448081.at.webry.info/202005/article_25.html
豊川引き篭もり殺人を考える1 対処法の問題
豊川引き篭もり殺人を考える2 なぜ15年間放置されたか
豊川引き篭もり殺人を考える3 殺人事件はまれなケース
豊川引き篭もり殺人を考える4 殺人未遂のケースは多発?
豊川引き篭もり殺人を考える5 インターネット依存という誤解
豊川引き篭もり殺人を考える6 引き篭もりは精神病?
豊川引き篭もり殺人を考える7 責任能力で論争
豊川引き篭もり殺人を考える8 懲役30年の判決
神戸5人殺傷事件を考える 逮捕後は黙秘
神戸5人殺傷事件を考える 2度連続の精神鑑定
鹿児島5人殺害事件を考える 岩倉知広容疑者とは
今も存在する戸塚ヨットスクール
突撃おばさん
突撃おばさん その2
「ひきこもりを問題視するマスコミの異常」の異常
ひきこもり自立支援業者の拉致監禁 賠償命令
ひきこもり自立支援施設の闇
福井介護殺人 3人殺害で懲役20年か
福井介護殺人 懲役18年の判決