老人ホーム睡眠薬殺人 控訴審で差し戻し判決

一審判決を控訴審(高等裁判所)で差し戻すというケースを何度も目にします
高等裁判所の裁判官にすれば、地方裁判所の裁判官の欠陥だらけの判決を添削し、指導している気分なのでしょうか?
差し戻しの理由はさまざまです。争点に関して審議が不十分であるとか、量刑判断に誤りがあるとか、被告の責任能力について検討が尽くされていないとか
他方で、一審となる地方裁判所に裁判員制度を導入しても、二審でひっくり返されるようでは裁判員制度が空疎化しているとの批判もあります
しかし、高等裁判所の裁判官たちにすれば、素人が判決に口出しをする裁判員制度を尊重する気はさらさらないのでしょう
さて、千葉県印西市の老人ホームに務めていた准看護師の波多野愛子被告の控訴審で、東京高等裁判所は一審判決を破棄し、差し戻す決定を下しています
一審では波多野被告によって睡眠導入剤入りのお茶を飲まされた老人ホーム職員が交通事故を起こし、事故に巻き込まれた被害者に対しても未必の殺意があったと認定し、懲役24年を言い渡していました
東京高裁は、偶然事故に巻き込まれた被害者に対して殺意は認められず、殺人未遂罪は成立しないと言いたいようです


千葉県印西市の老人ホームで同僚らに睡眠薬を飲ませ、交通事故などで6人を死傷させたとして、殺人・同未遂などの罪に問われた元職員・波田野愛子被告(73)の控訴審判決が17日、東京高裁(朝山芳史裁判長)であった。高裁は事故に巻き込まれた被害者への殺意まで認めて懲役24年(求刑懲役30年)とした一審の裁判員裁判の判決を破棄し、審理を千葉地裁に差し戻した。
この判決が確定すれば裁判員裁判がやり直され、巻き込まれた被害者について被告に対しては殺人未遂罪ではなく傷害罪が適用される可能性がある。
高裁は、被告が同僚らに睡眠薬を飲ませて運転を促したことについて、「死んでもかまわない」という「未必の殺意」を事故に巻き込まれた被害者にまで認めた一審の判断は不当だと指摘。酒を飲ませて運転させただけでも不特定多数に対する殺人罪に問われかねないと批判し、薬を飲ませた後の意識障害の程度など、運転すれば死亡事故に至ると予想できたかを具体的に検討すべきだとした。
その上で、薬を飲まされて事故を起こした3人については殺意を認定できるとしても、事故に巻き込まれた2人に対する殺意までは認められず、傷害罪の成否について審理をし直すべきだと結論づけた。
一審は、波田野被告が2017年2~6月、准看護師として働いていた老人ホームで、同僚ら4人に睡眠薬を混ぜたコーヒーや茶を飲ませて1人の意識を失わせ、3人に交通事故を起こさせて1人を殺害、巻き込まれた2人を含め計4人を殺そうとしたと認定した。
控訴した弁護側は嫌がらせの目的で薬を飲ませたことは認めつつ、交通事故は偶然に左右されるもので、車の運転をするよう仕向けたことをもって殺意まで認定するのは「論理の飛躍だ」と反論。殺人罪の成立を否定し、薬を飲ませて意識を一時失わせた傷害罪にとどまると主張していた。
(朝日新聞の記事から引用)


睡眠導入剤入りのお茶を飲ませた時点で交通事故につながると予見できたはずであり、数人から数十人を巻き込む被害が起こり得る可能性があったと考えるのが当然でしょう。波多野被告は素人ではなく准看護師ですから、睡眠導入剤服用で正常な運転ができなると確信して犯行に至っているのです。「事故は起こすだろうが、死者は出ないはず」だと波多野被告は認識していたのでしょうか?
そう認識していたとするなら、根拠は何でしょうか?
現に老人ホームの職員だった女性が睡眠導入剤の影響で追突事故を起こし、死亡しているのです。負傷者も3人。その事故を意図せざる偶然の産物だとでも言うのでしょうか?
事故に巻き込まれた被害者にすれば、波多野被告と弁護人の主張に怒り心頭のはずです。縁もゆかりもないオバちゃんの悪だくみに巻き込まれ、怪我をさせられたのではたまったものではありません
重要なのは波多野被告が何をどう考え、犯行に踏み切ったかではなく、結果に対して責任を負わせることです。波多野被告が睡眠導入剤入りのお茶を飲ませなければ事故は起きなかったのであり、巻き込まれて怪我をする人も出なかったのですから
睡眠導入剤入りのお茶を飲ませた以上、どのような結果を生じてもすべての責任は波多野被告が負うべきです
殺意の有無とか、計画性とか、形式的な議論に終始して、事件の本質を見失っている東京高等裁判所の判断には呆れます
時間の無駄であり、裁判費用の無駄です

(関連記事)
老人ホーム睡眠薬殺人 最高裁判決懲役24年
https://05448081.at.webry.info/202101/article_45.html
老人ホーム睡眠薬殺人 最高裁の判斷は?
https://05448081.at.webry.info/202012/article_20.html
老人ホーム睡眠薬殺人 准看護師に懲役24年判決
点滴に水道水を混ぜて娘を殺害した母親 代理ミュンヒハウゼン症候群
代理ミュンヒハウゼン症候群の補足
秋田児童殺害事件 畠山鈴香被告について考える
鈴香被告、上告取り下げ 無期懲役が確定
横浜病院点滴殺人 内部犯行の可能性
老人ホーム3人転落死 殺人容疑否認で来春公判へ
筋弛緩剤事件 仙台高裁が再審請求棄却
大口病院不審死 3人殺害で久保木容疑者起訴へ
大口病院不審死 元看護師が48人殺害か
患者85人を殺害 元看護師に終身刑(ドイツ)

伊藤詩織さん強姦事件 山口記者擁護者の右往左往

安倍政権批判で一貫し、与太記事も平気で掲載する日刊ゲンダイでは、伊藤詩織さん強姦事件の民事訴訟判決後、山口敬之を擁護してきたジャーナリストや国会議員が沈黙したり、逃げ出したりしていると記事にしています
山口敬之元記者は安倍晋三首相を取り巻くお友達の1人であり、国会議員の人脈も使って伊藤詩織さん批判を展開してきた経緯があります
自分は政治に関して保守派ですが、山口敬之とその擁護者たちを支持する気持ちは皆無です


セカンドレイプ賠償請求にビビる?“アベ応援団”突然の沈黙
法的措置に戦々恐々なのか。ジャーナリストの伊藤詩織さん(30)が元TBS記者山口敬之氏(53)からのレイプ被害を東京地裁に訴えた損害賠償訴訟は詩織さん側の全面勝利。すると、山口氏を全面擁護し、詩織さん叩きに躍起になっていた連中が突然ダンマリを決め込み始めた。おやおや――。
詩織さんは勝訴した翌日、外国特派員協会で会見。これまで受けてきた誹謗中傷やセカンドレイプに対して、「法的措置を考えている」と明言した。途端におとなしくなったのが、山口氏の主張を正当化してきた安倍首相のオトモダチの面々だ。メディアやネット上で山口氏を擁護してきたのに鳴りを潜め、判決以降は沈黙している。
詩織さんを口撃してきた政治家の筆頭が、自民党の杉田水脈衆院議員(52)だ。「LGBTは生産性がない」との主張の論文を「新潮45」に寄稿して事実上の廃刊に追い込んだあの議員。落選中に政界出戻りのきっかけをつくったのは安倍首相で、杉田氏は安倍首相の子飼いのひとりでもある。
杉田氏は、詩織さんと山口氏が民事訴訟で争っていた昨年6月、自身のツイッターに事件について〈被害者に全く落ち度がない強姦事件と同列に並べられていることに女性として怒りを感じます〉と投稿。この投稿はすでに削除されているが、判決後に再びネット上に拡散され、大炎上中だ。英BBCが制作した詩織さん事件に関するドキュメンタリーの中で「彼女の場合は明らかに、女としても落ち度がありますよね」とも発言。保守系のネット番組でも、同僚の長尾敬衆院議員(57)と共演し、「ああいう人(詩織さん)がいるおかげで、本当にひどいレイプ被害に遭っている人たちのことが、おろそかになってしまうんじゃないか」と言い放っていた。
「係争中の案件にコメントしない」と居直り
詩織さんをおとしめていたにもかかわらず、判決については沈黙したまま。これまでの発言や判決への見解を事務所に問い合わせると、「民事で係争中の案件なので、第三者である杉田氏がコメントする予定はありません」と木で鼻をくくったような回答。詩織さんを一方的に批判しながら、都合が悪くなると頬かむりだ。
(以下、略)


上記の記事にある杉田水脈議員の発言「彼女の場合は明らかに、女としても落ち度がありますよね。ああいう人(詩織さん)がいるおかげで、本当にひどいレイプ被害に遭っている人たちのことが、おろそかになってしまうんじゃないか」が判決後に猛批判を浴びました
ついに杉田議員は「私の表現の拙さゆえに、結果的にそう受け止められる発言をしたことは事実ですので、真摯に受け止めています。ただ、3時間近くのインタビューのなかで、文脈や時系列が入り交じり、問いに対する回答のみがあのような形で短く編集されてしまい、真意が伝わらなかったということは知って欲しいと思います」との口上を発表しています
「発言が切り取られた、真意が伝わらなかった」という、政治家の慣用句です
旗色が悪いと見たのか、山口敬之の仲間たちが次々と尻尾を撒いて離れていく様は醜悪です
しきりに「犯罪ではない。合意があった」と主張する山口元記者ですが、正当性を叫ぶほどに評判を落とすのであり、なんとも惨めな限りです
避妊具もつけずに性交し、事後に「僕の精液は薄いので(妊娠)の心配はないよ」などとメールを送り付ける下衆が、ジャーナリストを気取っているもの滑稽です

(関連記事)
伊藤詩織さん強姦事件 山口元記者の懐事情
https://05448081.at.webry.info/201912/article_37.html
伊藤詩織さん強姦事件 山口敬之記者は民事で敗訴
「新潮45」休刊へ 杉田水脈擁護で批判浴び
杉田水脈論文事件を考える 性をどう語るか
実の娘と強制性交 控訴審判決の骨子
実の娘と強制性交 控訴審で逆転有罪判決懲役10年
実の娘と強制性交でも無罪 控訴審始まる
実の娘と強制性交も無罪の判決
14歳養女強姦事件を考える1 被害者証言は曖昧無罪判決
https://05448081.at.webry.info/202003/article_14.html
14歳養女強姦事件を考える2 無罪判決を破棄し差戻し
https://05448081.at.webry.info/202003/article_15.html
娘を性的暴行した父親に懲役に懲役4年の判決
義理の娘に性暴力で懲役11年 千葉
https://05448081.at.webry.info/202106/article_1.html
高畑裕太不起訴 弁護士は「そもそも事件性なかった」発言
高畑裕太事件で「被害者女性の問題」を書く週刊誌
俳優小出恵介 未成年者と淫行の波紋
俳優新井浩文の強姦事件 懲役5年の判決
俳優新井浩文強姦、逮捕の影響
女子児童5人を強姦し懲役20年 鬼畜教師
TOKIOの山口達也不起訴も損害は5億円
強姦の元NHK記者 懲役21年の刑確定
元Jリーガー神村奨連続強姦事件で懲役30年
松戸女子大生殺人事件を考える 「女は強姦されたがっている」
強制わいせつで逮捕の66歳は女子中学生2人殺害の凶悪犯
強制わいせつ被害 10歳の訴えを「告訴能力なし」と否定
酔った女性を強姦 最高裁も逆転有罪判決支持