日本案を振った豪潜水艦調達計画 大失敗へ

オーストラリア海軍は潜水艦調達計画で、フランスの提案した案の採用を決めたのが2016年4月でした
オーストラリアの造船所の雇用を維持するため、国内での建造という条件付きです
しかし、この計画が早くも座礁しかけていると報じられており、先行きが怪しくなってなってきました
往々にして新兵器の調達計画は目論見通りにはならず、さまざまなコストが嵩み、当初予算を大幅に上回るのが珍しくありません


世界一馬鹿げた潜水艦調達プログラム「アタック級潜水艦」
オーストラリアがコリンズ級潜水艦の更新用として調達予定の「アタック級潜水艦」の価格が高騰し、この計画自体の存在が危ぶまれている。
当初、オーストラリアは12隻調達するアタック級潜水艦の費用を「500億豪ドル(約4兆3,000億円)」程度、1隻あたり約3,600億円と見積もっていたが、この費用はもう800億豪ドル(約6兆円)、1隻あたり約5,000億円まで上昇している。
これは複雑な調達方式に起因する調整に時間が掛かっているためで、2022年からの建造予定が大幅に遅れ、この遅延がプログラム全体の費用を押し上げる要因になっている。
まずオーストラリアが選択したアタック級潜水艦は、フランスが調達中のシュフラン級原子力潜水艦の推進システムを通常動力(AIP方式)に変更したバージョンだが、フランスは通常動力の潜水艦を建造していないため、必然的にこの部分の設計変更と検証には時間が必要になる。
しかも契約上、船体の設計を担当するDCNSが直接フランスで建造するのではなく、オーストラリアで建造する必要があり、現地の造船施設を整え建造に必要な技術の移転も行わなければならず、建造に取り掛かる前にクリアしておくべき問題が多い。
果たして、フランスに米国製戦闘システムのデータを開示できるか?
この問題をさらに悪化させているのが、米国製の戦闘システムや搭載兵器の採用だ。
要するにアタック級潜水艦に米国製のシステムや兵器を統合するということは、米国は兵器のデータをフランス企業のDCNSに開示しなければならず、米国とフランスの関係を考えれば、これが簡単なプロセスではないことぐらい容易に想像がつくだろう。
実際、米国はアタック級潜水艦に統合する米国製システムや兵器のデータがフランスからロシアや中国へ漏れることを懸念しており、米国製システムや兵器をフランスが統合するのではなく、直接、オーストラリアへ提供し、オーストラリア人の手で統合することを提案しているとオーストラリアメディアが報じている。
最もシンプルなのは、アタック級潜水艦にフランス製のシステムや兵器を採用することだが、オーストラリアはコリンズ級潜水艦に米国製の戦闘システムや搭載兵器を採用しているので、これをフランス製に変更すればオーストラリア海軍が築き上げた潜水艦の戦闘ノウハウや消耗兵器のインフラ、米軍との共同運用を再構築しなければならず譲れない部分だ。
上記の問題をクリアし、アタック級潜水艦1番艦が就役するのは早くても2034年頃と言及されているので、既に5年から6年程度のスケジュール遅延が発生している計算となり、これが500億豪ドルから800億豪ドルへと調達コストが上昇した理由だろう。
因み、アタック級潜水艦の調達費用とは別に、2080年までの運用コスト(サポートやメンテナンス、アップグレードコストを含む)は1,450億豪ドルが必要だと報告されており、アタック級潜水艦プログラムの総費用は2,250億豪ドル(約16兆7,000億円)に達する見込みだ。
結局、アタック級潜水艦は1隻あたり、ライフサイクルコスト込みで約1兆3,000億円もの費用が投じられることになると言う意味だ。


日本は「そうりゅう」型潜水艦の建造を提案し、1番艦のみ日本国内で建造し、2番艦以降はオーストラリアで建造する計画を示したものの、採用には至りませんでした
この潜水艦建造計画は技術論というより、政治にかき回された感があります。当時のオーストラリア政府は中国の影響が大きく、オーストラリア首相の息子が中国共産党幹部の娘と結婚しており、中国とズブズブの関係になっていました(後日、中国のスパイがオーストラリア政府に対する政治工作を暴露し、大問題になりました)
オーストラリア海軍と共同歩調をとる米海軍は「そうりゅう」型潜水艦を導入するよう働きかけたものの、オーストラリア政府の決定は上記のとおりです
その結果、戦闘システム導入や魚雷等の搭載兵器で計画が難航しています
もし「そうりゅう」型潜水艦の導入を決めていたら、すでに1番艦が建造が進み、来年には完成しオーストラリア海軍の手に渡っていたかもしれません。海上自衛隊が運用する「そうりゅう」型は当然、アメリカ海軍の戦闘システムと搭載兵器と互換性がありますので、運用面で問題は生じなかったわけで
アタック級潜水艦が完成した後にもさまざまな不具合、トラブルに見舞われる可能性を考えると、当時の政府の判断がいかに愚かなものであったかオーストラリア国民は思い知るでしょう

(関連記事)
豪潜水艦調達計画でフランス勝利だが
豪次期潜水艦 日本は脱落と報道される
中国潜水艦 ミサイル発射実験に失敗し大破
中国海軍の動向に右往左往する民主党
韓国 海軍の救難艦に魚群探知機を取り付ける
韓国フェリー事故 海軍自慢の救難艦が使い物にならず
「韓国軍が日本を制圧するニダ」という軍オタの妄想
空母導入を目指す韓国の思惑
中国の空母は金食い虫
中国海軍イージス艦 リムパックに参加
「日本の武器開発は憲法違反」と書く毎日新聞

日本製品ボイコット運動で勝利に酔う韓国

日韓対立が先鋭化した1年でした。いちいち経緯を振り返るのは止めておきます
そしていまだに韓国政府や韓国のメディアは、「日本製品ボイコット運動で日本に勝利した」と繰り返し表明し続けています
身の回りを振り返って、韓国からの輸入品が減少して困ったという経験は1度もありません
しかし、韓国のビール市場で日本製ビールの売り上げが9割減少した事実と、訪日韓国人観光客が減少した事実をもってして、韓国の完全勝利だ、というのが彼ら彼女らの言い分です
元々、韓国への日本製ビールの輸出は年額80億円程度であり、話にならない規模です。ラグビーのワールドカップによる国内ビール市場の拡大を考慮すれば、韓国のボイコット運動など痛くもかゆくありません
そして訪日外国人旅行客全体の増加という結果を見れば、韓国からの旅行客現象も無視できる数字でしょう


今年の韓国は、これまで言われていた「(韓国の)日本の不買運動が一度も成功したことがない」という言葉が、完全に間違っていたことを証明した。
日本旅行への足がばったりと途絶えた。ユニクロなどの代表的な日本企業は、売り上げに直撃弾を受けた。数年間、我が国の輸入ビール市場で浮動の1位だった日本産のビールは、去る10月に韓国輸出実績が『ジェロ(0)』を記録した。先月は696万円(約7380万ウォン)集計され、前月よりも小幅な増加はあったが、やはり前年同月と比べて90%以上の減少率を記録するなど、依然として力を発揮できずにいる。
記者は自分の意志が半分、他人の意志でが半分で日本製品をしばらく使わなかった。あふれ出る愛国心に従ったというよりも、周囲の視線に気を使わざるを得なかった。ユニクロの店舗に立ち入ること自体が負担だった。記者も店の中で入っては、人々を注意深く見ていた。 『日本不買運動が成功している』というデータが出る度に、『してやったり』という痛快な気分を味わったことも、意識的に日本製品を避けることに影響を及ぼした。
予想以上に長くなった日本不買運動によって喜んでいた頃、心苦しくなる出会いがあった。日本産の製品を販売する会社に勤める友人に会った時だった。会社の事情が非常に悪く、大変だいうその友人の顔が特に暗く見えた。
日本不買運動で被害を受けるのが単純に日本人、日本企業だけに限らないという当然の事実を知らなかったわけではない。しかし、自分に近い人がその対象だった時に感じる感情は、予想以上に複雑だった。
記者も実は、心の中では日本に報復するための『大義』のためなら全身全霊を尽くし、少しの損害は受けるべきという思いがあったのも事実である。ところが『その対象が自分だった場合、果たしてこの思いは同じだっただろうか』という質問には、快く『YES』と答えることは躊躇われる。
日本不買運動が間違っていると言いたいのではない。実はむしろ痛快な気持ちの方が大きい。ただ年を越すこの時点で、我々の『痛快』の中で静かに苦痛に耐えている人々を記憶して、慰めてあげたいだけだ。そして来年には是非『貿易戦争』の渦から脱し、我々も敢えて身を削らないようにという願いを慎重に伝えてみる。
(韓国イートゥデーの記事から引用)


記事を書いているのは経済部に所属する女性記者です。しかし、どうしてこんなに狭い視野でジャーナリストをやっている気分になれるのか、不思議でなりません。日本に足を運び、韓国の日本製品ボイコットがどれだけ日本経済に影響を及ぼしているか、取材する気もないのでしょう
そして記事では、大義を奉じて日本と闘い勝利した痛快感に酔っているのが伝わってきます
日本製品販売の会社に勤務する知人の苦境に触れてはいますが、それでも記者の「正しい闘いで勝利を納めた」快感は変わらないわけで
この記事が韓国国民の心情を如実に表しているとまでは断言しませんが、多くの国民が勝利に酔いしれていると推測されます
12月も終わりなので、2019年の貿易統計が近く公表されます。輸出にどっぷりと依存する韓国経済が、どれだけ深刻な打撃を被ったか明らかになります
それでも彼ら、彼女らの「日本に勝った」との思いが勝り、現実を理解しないのでしょう
もちろん、年が改まったとしても何も変わらないのであり、韓国経済は輸出不振の影響から抜け出せたりはしません。経済活動は委縮し、投資は停滞し、雇用は伸び悩み、税収は落ち込み、財政はますます悪化します。「それでも日本に勝った」と喜んでいられるのかどうか?
以下、韓国の11月までの貿易収支の実情です


韓国政府が1日発表した11月の輸出は前年同月比14.3%減と、市場予想以上の落ち込みを記録、12カ月連続のマイナスとなった。半導体の国際価格下落や、最大の輸出相手国である中国向けが引き続き減少した。およそ4年間で2番目の大幅な落ち込みとなった。
ロイターがまとめた市場予想の中央値は10.2%減だった。輸出のマイナス幅は最も悲観的な予想の11.1%減よりも大きかった。
1─11月の輸出は前年同期比10.7%減少。通年では、世界的な金融危機の最中だった2009年(13.9%減)以来最悪のパフォーマンスとなる見通しだ。
(ロイターの記事から引用)

(関連記事)
「韓国は経済力で日本を追い越した!」と書きたがるメディア
https://05448081.at.webry.info/202108/article_48.html
「韓流で文化覇権を目指す」と書く韓国メディア
徴用工問題で韓国「日本が賠償したら穴埋めする」と提言
https://05448081.at.webry.info/202011/article_9.html
韓国政府 日本からインフルエンザ治療薬輸入を検討
「日本は2年連続貿易赤字」とはしゃぐ韓国メディア
対日経済戦に勝ったと誇示する韓国
https://05448081.at.webry.info/202001/article_11.html
韓国の「日本不買運動」 効果ゼロ
韓国与党「韓日の貿易紛争は事実上日本の判定負け」
韓国政府高官「日本は韓国に8億ドル払い6800億ドル儲けた」と批判
韓国の不買運動 「日本に9倍の被害を与えた」と書く韓国メディア
「日韓関係悪化は日本の敗北で終わる」とする記事
文在寅「対話の用意がある」と宣言するも日本政府は懐疑的
ホワイト国除外で憤慨する韓国 対抗手段は?
韓国への経済制裁を批判する中日新聞社説
韓国メディア 「日本不買運動が安倍政権に打撃」と煽る
韓国政府高官「経済制裁は日本が韓国に追い抜かれるとの危機感から」
日本の経済制裁に茫然自失の文在寅大統領
経済制裁に猛反発する韓国
韓国へ経済制裁 半導体材料輸出規制開始
韓国 「フッ化水素国産化に成功」の嘘
安倍土下座像を巡る日韓の衝突