東進ハイスクール講師が愛人を脅迫 「こどもを下ろせ」

大手予備校東進ハイスクールの講師(現代国語、古文担当)板野博行が、元教え子である愛人に「妊娠したこどもを下ろせ」と強要し、逮捕されたと報道されています
愛人は30歳代とされますが、女子高校生か浪人生だったときに手を付け、今まで愛人として囲ってきたのでしょう
週刊誌が飛びつきそうな事件です


元教え子に中絶迫り脅迫、東進ハイスクール講師を逮捕…著作物多数
妊娠した交際女性に中絶を迫ったとして、警視庁が大手予備校「東進ハイスクール」講師の板野博行容疑者(56)(千葉県習志野市)を強要未遂容疑で逮捕していたことが捜査関係者への取材でわかった。
逮捕は8日で、容疑を認めているという。
捜査関係者によると、板野容疑者は先月20日午後2時頃、東京都武蔵野市の路上で、交際相手の30歳代の女性に対し、「どうしても子を産むなら、わいせつな動画をインターネット上に拡散する」などと言って脅し、中絶手術を受けさせようとした疑い。
女性は手術を受けず、警視庁に被害を相談した。
板野容疑者には妻がおり、女性はかつての教え子だった。
板野容疑者は現代文と古文の講師で、古文の単語などを語呂合わせで覚える参考書「ゴロゴ」シリーズなどの著作がある。
(読売新聞の記事から引用)


今日取り上げようとした話題が、「日本でネットいじめが深刻化している」というものでした
インターネットでのいじめは10年前から度々問題として報じられてきたのですが、これといった解決策はないのであり、今後も形態を変化させつつさまざまな場面で起こると思われます
さて、ネット上のいじめとを他国との比較した場合、欧米では人種差別や宗教差別、性差の差別がしばしば問題になるのに対し、日本ではこれらは軽視され、逆に不倫やマナー違反といった道徳的な問題が炎上する傾向にある、と指摘されています
ここ最近ではタレント木下優樹菜の「タピオカ騒動」でしょう。が、これはもうマナー云々ではなく、叩ける人間は叩くという傾向が如実に現れています
そして芸能人、有名人の不倫騒動への批判もねちっこく繰り返されます
上記のような事件も予備校講師とはいえ、教育者の端くれですから炎上は必須です。東進ハイスクールには板野博行を解雇しろ、とのメールやらSNSへの書き込みが殺到するはずです
板野博行容疑者の場合、わいせつ動画をインターネット上に拡散すると恫喝しているのですから、単純な不倫騒動ではなく犯罪に該当しますので叩く側には相応の言い分、理屈があります。自分も自身の気になる各種事件の1つとして取り上げているわけですが、同時に商品(教え子)に手を出すのは倫理に反するとの思いがあり、批判する意図があります
もちろん、部外者がこの事件(立件されるのか、慰謝料を払って和解し、被害届を取り下げるのかは分かりません)に介入できるはずはないのであり、余計なお節介です
余計なお節介、あるいはいじめとしても、黙って見ている気にはなれず口を挟みたくなるので、言及します。黙って見ているだけの人生など詰まらないのですから
さて、東進ハイスクールの評判を大いに貶めた板野容疑者ですから、解雇されるのでしょう。これまでの貢献と今回の騒動を勘案し、退職金が支払われるのかどうか?
愛人の女性にはしかるべく慰謝料を支払い、生まれてくるこどもを認知し養育費を支払うのが大人としての責任です
妻から責められるのも当然であり、長年愛人を囲ってきたのですから、相応の報いを受けるのは当然でしょう

(関連記事)
小泉進次郎の不倫相手は?
斉藤由貴、山尾志桜里の不倫に見る共通点
不倫騒動解決できない山尾志桜里議員
山尾志桜里議員 不倫相手を政策顧問起用
斉藤由貴と不倫医師 パンツを被る写真流出
上原多香子不倫騒動の波紋
橋本元市議に有罪判決 今井絵理子はどうする
今井絵理子 橋本元市議と堂々の交際宣言
中川俊直政務官 不倫でクビ
不倫しまくり宮崎謙介議員 あっさりと辞職
不倫男後藤田氏救った妻・水野真紀
江角マキコ芸能界引退 不倫疑惑も
「ゲスの極み乙女」謹慎へ 川谷絵音が未成年者と飲酒
「金スマ」でベッキー謝罪 川谷は反省ブログ?
ベッキー謝罪の手紙も復帰の道は険しい
ベッキー不倫 「絶対に別れない」
つちやかおり不倫・離婚騒動
松居一代 離婚騒動を巡る暴走
桂文枝不倫騒動の不可解
天才将棋少女 林葉直子の不倫、借金
元キャンディーズ田中好子 夫の不倫・隠し子問題
不倫は女の純文学?
美人弁護士へのセクハラ テレ朝プロデューサー
東出昌大と唐田えりかの不倫騒動