イランがウクライナ機撃墜認める 176人死亡

年明け早々、アメリカとイランの軍事衝突が懸念される事態になりました。そんな折に、イマーム・ホメイニ空港を離陸したウクライナ国際航空の旅客機が墜落し、乗員乗客併せて176人全員が死亡する事故がおきたため、イランが米軍機と間違えて対空ミサイルで撃墜したのではないか、と憶測が飛び交いました
イランは早々に撃墜説を否定していたのですが、ここにきて態度を急変させ、ウクライナ機を撃墜したと認める声明を発表しています
背景は複雑で、まだ明らかにされていない部分が多いと思われます
以下、読売新聞の記事を引用します


イランは11日、首都テヘラン近郊で8日に墜落したウクライナ国際航空の旅客機について、イランが誤って撃墜したことを認める声明を発表した。誤射は人為的だが意図的でなかったとし、謝罪の意も示した。イランはこれまで「墜落は技術的なトラブルが原因」と主張していたが、米欧がイランによる撃墜との見方で追及を強める中、前言を撤回した。
声明を発表したのは、イラン革命防衛隊と正規軍、警察を統括するイラン指導部の組織。イランは8日未明、米軍や有志連合が駐留するイラクの基地へのミサイル攻撃を行った。米軍からの反撃を警戒し、防空警戒レベルを引き上げていた中、ウクライナ機がイラン革命防衛隊の軍事施設に接近したため、ウクライナ機を外部からの軍の飛行体と勘違いし、撃墜したと説明した。
また、イランのザリフ外相はツイッターへの書き込みで誤射を認め、「悲しい日だ。国民と犠牲者の家族、関係国に深い遺憾、謝罪、追悼の意を示す」と表明した。
墜落した旅客機(ボーイング737—800型機)は8日午前6時12分頃、ウクライナの首都キエフに向けテヘラン近郊のイマーム・ホメイニ国際空港を離陸し、約6分後に墜落した。乗客乗員計176人は全員死亡した。
米国のポンペオ国務長官も10日、ホワイトハウスでの記者会見で、「飛行機はイランのミサイルによって撃墜されたとみられる」と述べていた。最終的な結論ではないとの見解も示し、「調査の結果を得た時点で、我々と世界各国は適切な対応を取るだろう」と話していた。
(読売新聞の記事から引用)


犠牲者の中にはカナダ国籍の旅客が多く含まれているのですが、そのほとんどはカナダ国籍のイラン人だと推測されます。カナダとイランの間には直行便がないため、カナダ国籍のイラン人はウクライナなど第三国経由の航空便を利用し、イランとの間を往来しているのだとか
上記の記事に登場するイランの革命防衛隊というのは、イランの正規軍とは別の民兵組織です。民兵とされているものの、イラン政府からも予算を得て本格的な軍備を持ち、イラン国外での軍事行動も行っており、なおかつイラン政府でも制御不能な過激派組織です
航空管制を行う部門と軍との間で、さらに革命防衛隊の間で情報は共有されておらず、米軍の攻撃に怯える革命防衛隊が対空ミサイルを勝手に発射した…というのが真相でしょうか?
そもそもイラン政府の統制が及ばない革命防衛隊に対空ミサイルなど、兵器を与えているのが大間違いでしょう
昨年、日本のタンカーがペルシャ湾でミサイル攻撃を受ける事件がありました。犯人は高速艇に乗ったイランの革命防衛隊とされますが、イラン政府はこれを否定しています
革命防衛隊を野放しにすれば、ペルシャ湾を航行するタンカーに対し無差別攻撃を行う等、暴発を招きかねません
イラン政府がこの件で革命防衛隊の幹部を逮捕し、組織を解散させるなど強硬な締め付けをする必要があります。そうしないのであれば、同じような事件が繰り返されるのは確実でしょう

(関連記事)
墜落マレーシア機の残骸 アフリカの島で発見
マレーシア航空機失踪 なぜ発見できないか?
「ウクライナ侵攻」 経済制裁に揺れるロシア
マレーシア機撃墜 親露派は遺体を取引材料に
マレーシア航空機を撃墜 親ロシア派の犯行
アシアナ機事故 韓国はパイロット過失説を必死に否定
航空機事故「死者が中国人で幸い」と報道した韓国メディア
「3・11は9・11と似ている」とする主張の危うさ
九・一一以降、世界は変わってしまった?
ビンラディン殺害と世界貿易センタービルを設計した日系人
韓国仁川国際空港の没落 利用客離れ
エジプトでロシア旅客機墜落 224人死亡