東京五輪で旭日旗を振るな、と書く朝日新聞

朝日新聞が新年早々から飛ばしまくっています。どこでスイッチが入ったのかと思うくらい、韓国の主張を全面的に肯定する社説を連発しまくり、日本政府を批判し続けています
今回は旭日旗を使うな、と主張する社説を取り上げます
指摘するまでもなく、韓国が旭日旗を政治問題化したのはつい最近の話であり、これも日本を牽制し、頭を踏みつけようとする意図から生じたものであり、歴史的な経緯など後付けの理屈にすぎません


(前略)
人はいつから旗を使い始めたのか。諸説あるようだが、紀元前11世紀ごろの中国、周の時代が始まりとも言われる。最古とされる旗は白色で、やはり軍を動かす際に使われたらしい。
起源がどうあれ、旗は集団のシンボルとされてきた。
近年では、宗主国の権威の象徴として植民地支配に利用され、それに対抗する動きにも使われた。
モザンビークの国旗には自動小銃カラシニコフが描かれている。独立闘争をたたえ、「あらゆる手段で国を守る」との決意の表れだという。
集団の歴史が込められた旗は団結のパワーとなり、その掲揚が巨大な興奮を与えてきた。
一方で、見る人が代われば、それは激しい憎悪の対象にもなりうる。
例えば2001年の米同時多発テロの直後、自由の象徴として米国各地にあふれた星条旗。その同じ旗が、米軍の攻撃で多くの市民が死傷したアフガニスタンなどでは暴力と理不尽さのシンボルとされた。
特定の集団への憎しみが高まれば、旗は集団の代わりに辱められ、燃やされる。
米国では1980年代、星条旗を焼いた男性が逮捕されたが、最高裁で無罪になった。判決は、この男性の行動も、憲法が定める「言論の自由」にあたるとした。
「私は自由を大切に思う。旗を燃やす自由でさえ、その権利を誇りに思う」。いまは亡き米歌手のジョニー・キャッシュは、ヒット曲「みすぼらしい星条旗」を歌う際、そう観客に語りかけたそうだ。
「日の丸」に対しても、複雑な感情を抱く人々がいる。
戦後75年が過ぎても、そうした人々から見れば、日の丸を掲げる行為そのものが、侵略戦争の暗い記憶を呼び起こすものにほかならない。
東京五輪で旭日旗を振るのを禁止すべきだ――。最近、韓国の人々からは、そんな声も伝えられる。旭日旗は旧日本陸海軍の旗であり、いまも海上自衛隊の自衛艦旗である。
日本政府は「(旭日旗が)政治的主張だとか軍国主義の象徴だという指摘は全く当たらない」と反発している。そう簡単に言い切れるものだろうか。
昨年のラグビーW杯の観客席でも一部で旭日旗が振られた。わざわざ国際競技の場に持ち込む人の目的は何だろう。快く思わない人たちがいることがわかっている旗を意図的に振る行為に、「政治的主張」はないといえるのだろうか。
旗がまとう背景や、使う人の意図によって旗は色々な意味を映す。受け止める人次第で見え方が正反対になることもある。
ニューヨークの国連本部に行くと、ずらりと並んだ国旗の列に圧倒される。地球上には何と多くの国家があるのかということを旗の存在が教えてくれる。
国だけではない。多様な枠組みでの組織や集団、もっと言えば、様々な主張や考え方も旗は代表している。
例えばレインボーフラッグに込められた意味は、平和や愛、性的少数者の権利保護など。英諜報(ちょうほう)機関MI6は近年、この旗を本部に掲げた。あらゆる人材を歓迎するとのメッセージと受け止められたそうだ。
五輪で旗を掲揚するのも、分断や対立をあおる目的ではないはずだ。東京五輪での行動計画には「共生社会の実現をめざす」とある。国別対抗が注目されがちな五輪だが、他者を認める機会としても意識したい。
なぜ、旗を掲げるのか。五輪を前に一人ひとりが立ち止まり、自由に考えてみるのはどうだろう。歴史を学ぶ、他者を尊重する、平和の尊さを発信する。旗の数だけ、それぞれの思いがあっていい。


旭日旗どころか、日の丸ですら問題だ、と書いています。さすが意識高い系の朝日新聞です(皮肉ですよ)
末文で「旗の数だけ、それぞれの思いがあっていい」と書いているのですから、スポーツ競技の場で旭日旗を掲げて応援する日本人がいてもよいのではないか、と言いたくなります。なぜ、それを許容する寛容な気持ちを朝日新聞の論説委員は持てないのでしょうか?
現在の旭日旗自体に、かつての軍国主義の思想を見出せるのか、と問いたいところです
旭日旗が軍国主義の象徴だと断じるのであれば、日の丸弁当も回覧板も軍国主義なのでしょう。さらには「勤労」とか、「愛国」とかの日本語も軍国主義を象徴するものだとして、使用を禁じるべきなのでしょうか?
なぜそうまでして韓国のヒステリーに付き合い、迎合する必要があるのか自分には理解できません
日本人の一般的な認識、感覚から外れた韓国の異常な主張に、朝日新聞のように耳を傾ける必要は感じないのです
韓国が旭日旗に対して荒唐無稽な主張を繰り返しているとしても、彼らの言い分に従う必要があるのか?と思ってしまいます
スポーツの場で旭日旗を振るうのはありでしょうし、韓国の顔色をうかがう理由も必要もありません。オリンピックの場であろうと、それ以外の場であろうと
上記の社説の省略した書き出し部分には、「あなたはこれまで旗を振ったことがあるだろうか」とあります
旗を振る人々に朝日新聞の論説委員が取材して回ったりはせず、脳内だけで構成しているのは明らかでしょう
なので、旗を振る人たちの動画を貼っておきます

もう1つのイギリス国歌 - エルサレム



動画ではイングランド、スコットランド、ウェールズなど連合王国を構成する国の旗が見えます。朝日新聞の論説委員はフカフカの絨毯が敷かれた論説委員室を出て、旗を振る人たちにインタビューしたらどうでしょうか?
エルサレムとは「神の家、住処」という意味で、クリケットやラグビーの試合では国歌「神よ女王陛下を守り給え(God Save the Queen)」に替わって歌われるのだそうです

(関連記事)
「旭日旗使用は問題なし」日本政府が韓国に反論
韓国済州島観艦式 海上自衛隊の旭日旗を問題視するメディア
RADWINPSの「HINOMARU(日の丸)」を注視 韓国メディア
アニメ「GATE 自衛隊彼の地~」を批判する韓国メディア
椎名林檎W杯応援歌を右翼的と批判する中韓
「米社会で毒キノコのように広まる旭日旗」と書く朝鮮日報
プレミアリーグでの旭日旗応援を敵視する韓国メディア
サッカー・アジア杯 韓国選手猿真似パフォーマンスで処分か?
韓国選手「猿真似」問題2 韓国メディアのおかしな釈明
韓国選手「猿真似」問題3 スコットランドメディア激怒
韓国選手「猿真似」問題4 韓国メディアと日本メディアの違い
韓国選手「猿真似」問題5 犬食い野郎と野次られたキ・ソヨン
「精神力では我々が上」と主張する韓国サッカーの敗北
アニメの「日の丸弁当」を目の敵にする韓国
韓国メディア 日本のアニメを使って「従軍慰安婦」の証拠を捏造
「反日なら何でもあり」の韓国
作家辺見庸「旭日旗の恐怖はアジアに焼き付いている」

ヘンリー王子夫妻、英王室と決別宣言で大騒動

昨年、イギリスはEUからの離脱を巡って大騒ぎになっていました。しかし、年が明けてからのヘンリー王子とメーガン妃の「英王室のシニアメンバーとしての地位から退き、財政的に独立する」宣言はそれ以上の大騒ぎになりそうです
具体的には王室の1員としての活動を離れ、北米で生活するとの内容であり、王位継承権も返上するつもりなのかもしれません
背景にはメーガン妃がイギリスのメディアから執拗にバッシングされ続け、精神的にも追い込まれてしまった事情と、追い込まれてしまった現状を受け入れたくない彼女の反骨精神があると思われます
メーガン妃は黒人の血を引いていますので、結婚前からヘンリー王子の妻に相応しくないと反対する声が国民の間にありました。さらにメーガン妃は父親と疎遠だったのですが、メディアが父親の許へ取材に押しかけ、メーガン妃のプライベートを聞き出し、それで父親が金銭報酬を得ている事態に激怒。加えて父親らしいことを何もしてこなかった男が、娘を思いやり娘の教育に手を尽くしたかのように語っていることにも立腹しています。メーガン妃にすれば大学へ通ったのも、女優としてのキャリアを築いたのも自身の努力によるもので、今更父親面されたくなかったのでしょう
加えてメーガン妃を追い詰めたのが、何かにつけキャサリン妃と比較して報道し、彼女を悪者扱いするイギリスのメディアです
以上のような伏線があって、王室から離れて夫とともに自立する計画を進めていたと推測されます
文春オンラインが今回の事態について掲載していますので、ご覧ください。長文の記事なので引用は避けます

「特権を手放すつもりはない」ヘンリー王子とメーガン妃の“王室離脱” 女王への「とんでもない裏切り」とは

イギリスで一番売れている新聞は、ゴシップ記事満載の「サン」です。日本で例えるなら「東スポ」のような立場です
しかし、ヘンリー王子と結婚するからには、メディアにつきまとわれるのは十分予想できたはずです
こうした大衆紙にあること、ないこと書かれて嫌気がさしたとも言えるのでしょう。が、逆にイギリスのメディアを逆手に取って収入源にしようとするしたたかな意図も、メーガン妃にはあるのかもしれません
自分と夫を「サセックスロイヤル」とブランド化し、サセックス公爵と公爵夫人のライフスタイルやファッションで商売しようという狙いです
メーガン妃は自ら取材先を選び、「ヴォーグ」誌など限定でインタビューに応じ、「サセックスロイヤル」を高級ブランドとして宣伝するなどなど
それで十分、セレブとして生活していけると計算しているのかもしれません
ただ、すべてがメーガン妃の計算通りになるかは不明確です。万が一にもサセックス公爵の爵位を取り上げられてしまったなら、たちまち生活の基盤を失う懸念もあります
ヘンリー王子がウーバーイーツの配達員をし、メーガン妃がカナダのウォルマートでレジ係をして稼ぐ、という姿は想像できないのであり…
そのときは芸能界復帰を狙うのでしょうか。夫婦でテレビショッピングに出演する、なんて想像するのも面白いのですが。「ヘンリーとメークルの愉快なテレビショッピング」で、研がずに切れる万能包丁とか、布団圧縮袋を宣伝する姿も見たい気がします

(関連記事)
ヘンリー王子とメーガン妃 流浪のセレブ生活
ヘンリー王子夫妻 「サセックス・ロイヤル」ブランド商売できず
ヘンリー王子夫妻は王室離脱で年収100億円?
英ヘンリー王子婚約 「黒人プリンセスは認めない」との記事も
英ヘンリー王子の新恋人に批判、いやがらせ殺到
英ヘンリー王子結婚間近報道
ウィリアム王子の挙式に招待されなかった元王族の憤慨
ウィリアム王子の「世紀の結婚式」続報
ウィリアム王子挙式 伝統と格式
英国 ウィリアム王子結婚へ
故ダイアナ妃の指輪でプロポーズ 英ウィリアム王子
英国 王子の婚姻祝福も費用は王室負担で
ウィリアム王子 結婚後はアメリカ移住?
ウィリアム王子の結婚相手は「理想のプリンセス」
英チャールズ皇太子夫妻 学生デモ隊に襲撃される
アカデミー賞候補作「英国王のスピーチ」
「キャサリン妃偽電話問題で看護師自殺」を考える
ダイアナ妃の事故死に再び陰謀説
英王室新王女誕生に沸く 名前は「アリス」?