大津園児死傷裁判 被告が主張変更で判決延期

2019年5月、大津市内の交差点で車同士が衝突し、歩道に飛び出したため保育園児や引率の保育士が巻き込まれ16人が死傷(うち、園児2人が死亡)した事故の判決公判がありました。が、被告側のあいまいな主張に振り回され、結局判決の言い渡しを延期するという異例の事態になりました


大津市の交差点で昨年5月、保育園児らの列に車が突っ込んで16人が死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)などの罪に問われた新立(しんたて)文子被告(53)が、判決が言い渡される予定だった16日に突然、起訴内容の一部について争う姿勢に転じた。被害に遭った園児の家族らからは「判決当日になってやり直したいと言い出す被告に振り回され、本当に疲れている」「許せない」などと怒りの声があがった。
新立被告はこの日の被告人質問で、昨年12月に民放のインタビューで「事故の時に(直進車が)減速、ブレーキをしていれば」などと公判と異なる主張をしたことについて「百パーセント、自分が悪いということに納得がいかない部分があった。本当の気持ちを伝えたかった」と述べた。
これに対し、事故の犠牲になった園児の父親らは意見陳述で、「心から反省しているなら、他の原因を探ることはできないはず。全く反省していない」などと新立被告を強く非難した。
さらに、新立被告が、これまで認めていた併合審理されたストーカー規制法違反罪などの起訴内容について争う姿勢を示すなど、あいまいな主張に終始したため、何度も休廷。異例の判決言い渡し延期を決めた大西直樹裁判長は新立被告に対し、「今までも時間があり、十分に弁護士と話し合うことができたはずで残念だ」と注意した。
この日の公判には、園児の両親や保育士ら15人が被害者参加制度を利用して参加し、閉廷後に代理人を通じてコメントを発表。「何かしら言い訳をして刑を軽くしようとしている」「口では被害者や遺族に対して悪いと言っているが、自分も被害者で運が悪かったと思っている」と新立被告への怒りをあらわにした。
代理人も「主張を覆すということはこれまで『反省している』と言っていたことが真意ではなく、訴訟戦略に過ぎなかったということだ」と厳しく批判した。
起訴状によると、新立被告は昨年5月8日午前、大津市内の交差点で注意を怠ったまま右折し、対向車線を直進してきた軽乗用車に衝突。弾みで軽乗用車が歩道で信号待ちをしていた園児らの列に突っ込み、園児2人を死亡させたほか、14人に重軽傷を負わせたとしている。また、同8月末から9月上旬にかけて、出会い系サイトで知り合った男性に連絡を取るよう、しつこく迫るなどのストーカー行為をしたとしている。
直進した軽乗用車の女性も自動車運転処罰法違反で書類送検されたが、法定速度以下で青信号を進み、前方不注視もなかったとして不起訴処分とされた。
(産経新聞の記事から引用)


新立被告と弁護人の打ち合わせが不十分だったのか、思いつきなのか、真意は不明です
現在の裁判では公判を速やかに進行させるため、公判を開始する前に裁判官と検事、弁護人で争点整理が行われます。そこで何について争うのか、事件事実を認めるのかどうかを決めます
新立被告と弁護人は争点整理の内容に従い、公判に参加してきたのに、判決言い渡しの当日になって従前からの主張を変更し、なおかつストーカー規制法違反の起訴内容についても争う姿勢を示したわけであり、卓袱台返しにもほどがあります
別の報道によれば、新立被告側の言い分は以下のように伝えられています

弁護側がこの日になって「直進車の過失について新たな主張をしたいが(新立被告の)体調が厳しいので、別の日にしてほしい」と要望。新立被告は事故後に出会い系サイトで知り合った県内の男性公務員(49)を無料通信アプリ「LINE(ライン)」で脅迫したなどとして、ストーカー規制法違反などの罪でも起訴され、公判で起訴内容を認めていたが、これについても「認否について争いたい」と主張した。
突然の弁護側の方針変更に、公判は3回の休憩を挟むなど空転。大西裁判長は、事故とストーカー事件の審理を切り離し、事故のみについて同日中に判決を言い渡すことも提案したが、検察側が「事故のみでの求刑は難しい」と難色を示し、判決の延期を決めた。

単に判決の言い渡し延期では済まないと思われます。直進車の過失を指摘すると言うのですから、審議のやり直しになるのか?
また、ストーカー事件についても、加害行為の事実を争うのであれば審議のやり直しになるでしょう
これまでの公判を無にするような横暴です。もちろん、裁判官が被告側の主張を却下して強引に判決を言い渡したなら、それを理由に控訴するのは確実ですから、裁判官も新立被告側の態度に怒り心頭ながら無視はできません
裁判官の心証は最悪でしょうから、実刑は確実です。裁判官は判決文(検察側の求刑は禁錮5年6月)を書き直し、量刑を増やしているのでは?

(関連事故)
大津園児死傷裁判 新立被告の言い分
大津園児死傷裁判 新立被告に禁固4年6月判決
池袋暴走事故 88歳飯塚幸三はまだ起訴されず
池袋暴走事故 ようやく飯塚幸三を書類送検
前橋女子高生死亡事故 公判で責任能力なしと主張
前橋女子高生死亡事故 運転に固執した85歳
立川病院暴走死亡事故 運転の85歳に禁固2年の実刑判決
高齢者の交通事故相次ぐ
東名あおり運転裁判 危険運転を否認
東名あおり運転裁判 懲役23年求刑
東名あおり運転裁判 懲役18年判決
亀岡暴走事故 懲役5年以上8年以下の実刑判決
無免許運転で児童の列に突っ込む 懲役は7年前後
亀岡暴走事故 被害者の近況と少年法
堺あおり運転 二審も懲役16年の判決
小学校教頭 飲酒ひき逃げ死亡事故で逮捕