ベストセラー作家湊かなえ 直木賞逃す(4度目)

ここ最近、直木賞への関心が薄れたので言及してきませんでした。今回の直木賞は「告白」などのベストセラー作品で知られる湊かなえが4度目のノミネートとなり、さすがに受賞するだろうと思い込んでいました
が、またしても選に漏れたのであり、意外な感があります。そこでスポーツ報知の記事を引用し、考えてみることにします


4度目の“落選”湊かなえさんはなぜ直木賞を取れないのか…人気イコール受賞とならない理由
15日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれた第162回芥川賞・直木賞の選考会。直木賞には2018年の「天地に燦(さん)たり」で作家デビューしたばかり、今回の候補作「熱源」(文藝春秋)がわずか2作目の川越宗一さん(41)が輝いた。
しかし、受賞者発表の15分後に約100人の文芸担当記者が詰めかけた選考委員による会見のハイライトは川越さんではなく、残念ながら“落選”となったベストセラー作家への選評だった。
今回、「落日」(角川春樹事務所)で4度目のノミネートとなった湊かなえさん(46)。07年、「聖職者」で作家デビュー。翌年、同作を収録し、松たかこ子主演で映画化もされた「告白」がベストセラーに。累計売り上げ300万部を超えた同作で本屋大賞を受賞して以来、16年の「ユートピア」で山本周五郎賞、10年の「贖罪」では世界ミステリー界の最高峰と言われる英エドガー賞の候補になるなど、人気、実力とも現在の出版界トップクラスの女性作家であることは、みなさん、ご存じのとおりだ。
今回も他の候補者4人が初ノミネートなのに対し、湊さんだけが4度目のノミネート。“4度目の正直”での受賞濃厚とささやかれるほどの大本命だった。
しかし、待ち構えた記者の前に名前が張り出されたのは川越さん。会見に9人の選考委員を代表して登場した浅田次郎さん(68)は「今回は初ノミネートという方が多くて混戦が予想されましたが、第1回の投票で川越さんが一歩抜きん出ていた」と最初から川越作品の評価がダントツだったことを明かした。
(中略)
そして、今回も人気面、売り上げ、知名度では、ダントツの湊さんが落選の憂き目に遭った。本が売れず、町の書店が次々と閉店に追い込まれる出版不況の中、湊さんのような人気作家の受賞こそが出版界活性化のカギのような気もするが、一方であくまで著名作家の慧眼(けいがん)に任せ、作品の質で選ぶ直木賞の姿勢は「文芸」という世界を守るためには貴重なものなのだろうとも思う。
選考委員を代表して湊作品への厳しい選評を明かした浅田さんはメガネの奥の優しい目を輝かせると、こう続けた。「私自身も大きな作品で落ちて、次の短編集で取った。それは、その後の私にとって大きなプラスでした」―。現在の文壇トップに位置する大物作家にも96年上期に本命視された大長編「蒼穹の昴」で落選、1年後の97年上期に短編集「鉄道員(ぽっぽや)」でリベンジを果たした経験があった。
そう、07年のデビュー以来、「落日」まで23冊の小説を生み出し、私たちを楽しませ続けてくれている湊さん及びその作品への評価、人気は落選したからと言って、いささかも揺るがない。
私自身も真梨幸子さん(56)と並ぶ「イヤミス(後味の悪いミステリー)」の先駆けと言える「告白」を読み終えた時の衝撃は忘れられないし、「贖罪」「白ゆき姫殺人事件」など好みの湊作品も数多い。だからこそ、湊さんがとっとと受賞して、直木賞という“くびき”なんて卒業して欲しい気もしている。


落選の理由はよく分かりません。近く発売される「オール読物」に直木賞の選評が掲載されるはずなので、そちらの確認が必要です
ただ、ぶっちゃけると今回の直木賞の受賞作「熱源」が文藝春秋社刊ですから、直木賞を主宰する文藝春秋社の意向が強く反映したと思われます。過去の受賞作品を見れば、文藝春秋社から刊行されている作品の受賞率が極めて高いわけで
芥川賞も直木賞も商売の手段であり、主催者の損得が絡むのは当然です。次、湊かなえが文藝春秋社から本を出せば、受賞は確実と思われます
湊かなえは単に売れておるというだけでなく、読後感の悪いミステリーとされるイヤミスをジャンルとして確立させた功労者として、もっと評価されてよい作家なのかもしれません
読後感が悪いだけに、直木賞の選考でも評価が極端に割れるデメリットがあるとは思います。一般読者には読後感の良い、爽やかなミステリーの方がウケが良いとしても、湊かなえのヘビーな作品が読まれている事実は注目に値します

(関連記事)
盗作騒動「美しい顔」 小説家北条裕子のその後
「美しい顔」芥川賞ならず 盗作議論は続く
芥川賞候補盗作問題 北条裕子謝罪も沈静化せず
芥川賞候補「美しい顔」 講談社は盗作否定の強気
芥川賞候補作で盗作問題 北条裕子「美しい顔」
盗作を繰り返した小説家 田口ランディ
古市憲寿の芥川賞落選とは
芥川賞決定 又吉直樹と担当編集者
第153回芥川賞候補にピース又吉「火花」が
芥川賞・直木賞候補決定
芥川賞・直木賞決定
第142回芥川賞、直木賞候補作決定
芥川賞該当なし 直木賞は佐々木、白石
五木寛之 直木賞選考委員辞任
第144回芥川賞決定 朝吹真理子と西村賢太
村上春樹はなぜ芥川賞が取れなかったのか?
詩の盗作を繰り返した女子中学生
電撃文庫の新刊 盗作がバレて回収騒ぎに
文藝賞取り消し インターネットからパクる
韓国人作家が三島由紀夫の「憂国」を丸パクリ
韓国作家 三島由紀夫「憂国」の盗作認める
三島由紀夫を盗作した韓国の開き直りが酷い
三島由紀夫をパクった韓国作家 再び盗作騒動