「日本は2年連続貿易赤字」とはしゃぐ韓国メディア

日本の財務省が昨年の貿易収支を発表したのですが、その結果に飛びついた韓国メディアは「日本は2年連続で貿易赤字になった。韓国への輸出が減少した結果だ」とはしゃいでいます。つまり、韓国による日本製品ボイコット運動が功を奏し、日本を貿易赤字に追い込んだと言いたいのでしょう


日本が過去一年間、合計1兆6千438億円、私たちのお金で17兆ウォンに達する貿易赤字を記録したと日本財務省が明らかにしました。
日本が年間基準として貿易赤字を出したのは2018年に続き2年目で赤字幅もやはり既存の1兆2千245億円から34.2%増えました。
このような赤字は韓国との交易で得た黒字が前年度に比べて19%減り、1兆8千153億円に留まったことが相当な影響を及ぼしたと分析されます。
(韓国OBSニュースの記事から引用)


相変わらず貿易の数字で勝ったの、負けたのと騒ぐ体質は変わらないようです。日本と韓国の貿易額は大きく減少したのは事実ですが、主たる要因は韓国による日本製品ボイコット運動ではありません。世界的な半導体不況によって韓国の設備投資が減少し、半導体製造装置や部品・部材の輸入が大きく落ち込んだのと、韓国の自動車生産が減少したため自動車部品の輸入が落ち込んだためです。確かにビールや完成自動車の韓国向け輸出はボイコット運動の影響を受けていますが、それがすべてではありません
日韓の数字を挙げると、日本から韓国への輸出は5兆441億円、日本の韓国からの輸入は3兆2287億円です。見てわかるように、日本は約1兆8千億円もの貿易黒字となっています。これで勝利宣言する韓国メディアのはしゃぎっぷりは異常でしょう
日本の韓国からの輸入額も減少しているのですから、そこから目を逸らし都合の良い数字だけで騒ぐのはどうかと
ちなみに中央日報は割と冷静に報道しています


日本の財務省が23日に発表した貿易統計(速報値、通関基準)によると、日本は昨年1年間に総額1兆6438億円の貿易赤字を出した。日本が年間基準で貿易赤字を出したのは2018年の1兆2245億円に続き2年連続で、2019年の赤字幅は2018年より34.2%拡大した。
昨年の日本の輸出は5.6%減の76兆9278億円、輸入は5.0%減の78兆5716億円だった。昨年日本が貿易赤字を記録したのは米中貿易対立で自動車部品や半導体関連装備など主力品目の対中輸出が減少したのが主要因と分析された。また、韓国との貿易で得ていた黒字が減った影響を受けた。
日本は昨年韓国との貿易で輸出が前年より12.9%減少した5兆441億円、輸入が9.1%減った3兆2287億円を記録した。韓国に対する日本の経済報復措置により乗用車、半導体製造に必要な化学物質、ビールなどが輸出に影響を受けた。
昨年12月の月間統計でも日本の韓国向け輸出額減少率は前年同月比16.2%、輸入額減少率は11.1%をそれぞれ記録するなど、韓国市場への輸出減少傾向が目立った。
(中央日報の記事から引用)


国の経済力を比較するのに貿易収支の黒字、赤字だけ見るのは大間違いです。日本は貿易依存国ではなく、貿易以外の手段で稼いでおり、貿易にどっぷり依存している韓国とは違います
貿易収支に資本収支等(企業が海外から受け取る配当金など)を加えた経常収支を見れば、日本は2019年に約19兆円の黒字です。つまり貿易は赤字でも、海外に進出した子会社から受け取る配当など膨大な稼ぎがあることを示しています
韓国の経常収支は2018年が8兆4千億円の黒字、2019年が約6兆6千億円(確定数値ではありません)の黒字です
日本の貿易赤字を見て大喜びするのではなく、自国の行く末を心配するべきではないでしょうか?

(関連記事)
コロナ対策 日本の入国制限に激怒する韓国
韓国政府 日本からインフルエンザ治療薬輸入を検討
対日経済戦に勝ったと誇示する韓国
日本製品ボイコット運動で勝利に酔う韓国
韓国の「日本不買運動」 効果ゼロ
韓国与党「韓日の貿易紛争は事実上日本の判定負け」
韓国政府高官「日本は韓国に8億ドル払い6800億ドル儲けた」と批判
韓国の不買運動 「日本に9倍の被害を与えた」と書く韓国メディア
「日韓関係悪化は日本の敗北で終わる」とする記事
文在寅「対話の用意がある」と宣言するも日本政府は懐疑的
ホワイト国除外で憤慨する韓国 対抗手段は?
韓国への経済制裁を批判する中日新聞社説
韓国メディア 「日本不買運動が安倍政権に打撃」と煽る
韓国政府高官「経済制裁は日本が韓国に追い抜かれるとの危機感から」
日本の経済制裁に茫然自失の文在寅大統領
経済制裁に猛反発する韓国
韓国へ経済制裁 半導体材料輸出規制開始
韓国 「フッ化水素国産化に成功」の嘘
東京新聞社説「元徴用工問題 改善の意欲を見逃すな」