ヘンリー王子夫妻 「サセックス・ロイヤル」ブランド商売できず

犯罪やら不祥事ばかり取り上げ続けているのもどうか、とは思いますが、気が重くなるような話題ばかり目につきます
海の向こうのイギリス王室の話題は日本人に縁遠いのですが、幕間の口直しに取り上げます
王室メンバーからの離脱を表明し、経済的自立を目指す方針のヘンリー王子夫妻は、サセックス公爵として「サセックス・ロイヤル」ブランドの商売を展開すると予想されていました
メーガン妃は弁護士やら経営コンサルタントでチームを作り、「サセックス・ロイヤル」で十分な収入を期待できると踏んだ上で、王室メンバーからの離脱を仕掛けたのでしょう
ただ、そう上手くはいかないとイギリスの新聞デイリー・ミラーが記事にしていますので紹介します


批判にさらされつつも英王室から離脱し、カナダで新生活を送るヘンリー王子とメーガン妃。先月、「ロイヤル・ハイネス(殿下・妃殿下)」の称号を剥奪されたが、今度は王室そのものを意味する「ロイヤル」を肩書に戴くこともできなくなってしまうようだ。英Daily Mailによると、エリザベス女王と王室高官は、ヘンリーとメーガンが自身のブランドに「ロイヤル」と付けることを禁じる見通しだという。
二人は公務に就かないかわりに、王室助成金を受け取っていない。新たな収入源として、自身の爵位「サセックス」を使った「サセックス・ロイヤル」という名称を商標登録し、これをアパレルや文房具、本など様々なグッズに展開するビジネスを準備しているといわれている。「ロイヤル」の使用が禁じられると、このビジネスが頓挫するだけではなく、既に起ち上げた慈善団体「サセックス・ロイヤル:サセックス公爵&公爵夫人基金」、1,121万人(2020年2月19日現在)のフォロワーを持つInstagramアカウント「@sussexroyal」も名称の変更を余儀なくされる。ヘンリーとメーガンが依って立つブランディング戦略が屋台骨から崩壊することになるのだ。
「あらゆる意味で、王室を離脱したことを考えると今回の措置は避けられるものではありませんが、彼らは全てをサセックス・ロイヤルブランドに投資してきたため、相当な痛手となるでしょうね」と、関係者はDaily Mailにコメント。
二人は「王室から抜けたことを後悔していない」と話していたという。しかし、今回のような収入減を断たれるような措置を取られた後でも同じことが言えるだろうか。Twitterユーザーの多くは「良い判断だ」「素晴らしいニュース。王室ブランドはコマーシャルに使うものじゃない」と、女王の決断を支持している。
(女性自身の記事から引用)


エリザベス女王の意向なのか、王室メンバーを離脱した以上「ロイヤル」の名称は使わせない措置に出るようです
ただ、この措置はイギリス国内では有効ですが、カナダ国内ではどうなのでしょうか。イギリス連邦に所属するとはいえ、法律制度上カナダは独立国です。イギリス王室の決定だとしても、商標登録済の「サセックス・ロイヤル」を無効にできるのでしょうか?
さらにはアメリカ国内で商標登録済ならば、これを無効にするには確認訴訟が必要になると思われます
当然、メーガン妃の弁護士は「ヘンリー王子夫妻がサセックス公爵という立場にある以上、商標として使うのは有効である」と主張するでしょう。なので、カナダやアメリカで訴訟を繰り広げる展開になるのかもしれません
なにせメーガン妃にとっては命綱ですから、セレブとしての生活を維持するためにも「サセックス・ロイヤル」を手放すわけにはいかないのであり、必死に抵抗するのでは?

(関連記事)
ヘンリー王子夫妻 ロスに16億円豪邸を購入
https://05448081.at.webry.info/202008/article_15.html
ヘンリー王子とメーガン妃の暴露本
https://05448081.at.webry.info/202007/article_32.html
ヘンリー王子とメーガン妃 流浪のセレブ生活
ヘンリー王子夫妻は王室離脱で年収100億円?
ヘンリー王子夫妻、英王室と決別宣言で大騒動
英ヘンリー王子婚約 「黒人プリンセスは認めない」との記事も
英ヘンリー王子の新恋人に批判、いやがらせ殺到
英ヘンリー王子結婚間近報道
ウィリアム王子の挙式に招待されなかった元王族の憤慨
ウィリアム王子の「世紀の結婚式」続報
ウィリアム王子挙式 伝統と格式
英国 ウィリアム王子結婚へ
故ダイアナ妃の指輪でプロポーズ 英ウィリアム王子
英国 王子の婚姻祝福も費用は王室負担で
ウィリアム王子 結婚後はアメリカ移住?
ウィリアム王子の結婚相手は「理想のプリンセス」
英チャールズ皇太子夫妻 学生デモ隊に襲撃される
アカデミー賞候補作「英国王のスピーチ」
「キャサリン妃偽電話問題で看護師自殺」を考える
ダイアナ妃の事故死に再び陰謀説
英王室新王女誕生に沸く 名前は「アリス」?