沢尻エリカ 懲役1年6月執行猶予3年の判決

東京地裁前に芸能メディアが群がり大騒ぎとなった沢尻エリカの判決公判は、予想されたとおり執行猶予付き判決であり、そこに何かドラマを見出そうと期待していたならがっかりの展開でしょう
判決後、メディアの前に沢尻エリカが登場し、深々を頭を下げて謝罪の言葉を述べるシーンを撮影するつもりだったとすれば
そうしないであろうことは分かっていても、万が一にも撮りそびれたならデスクに大目玉を食らうので、待機せざるを得ない事情があります
判決言い渡しの公判の様子を記事を以下のように伝えています


《自宅マンションで合成麻薬MDMAなどを所持したとして麻薬取締法違反の罪に問われた女優、沢尻エリカ被告(33)の東京地裁での判決公判。懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)を言い渡した滝岡俊文裁判官による量刑理由の読み上げが続いている。沢尻被告は時折、小刻みにうなずきながら、裁判官の言葉に耳を傾けていた》
裁判官「被告人の刑事責任を軽く見ることはできない。もっとも、被告人は罪を認めて反省の態度を示し、保釈中に入院治療を受けたほか、今後も通院を続けるなどして更生する姿勢を明らかにした。前科もない。証人として出廷した主治医、兄も更生への支援を申し出ている」
《そして、滝岡裁判官はこう述べた》
裁判官「そこで、同種事案の量刑傾向も踏まえ、被告人に対しては、今回に限り、社会内で自力更生の機会を認めるのが相当であると判断し、主文の通り、刑の量定をしました」
《量刑理由の読み上げが終わった》
裁判官「執行猶予について、さらに説明を加えておきます。ただちに刑務所に入るということではありません。社会の中で様子を見守っていくことになります。3年間で何か事件を起こし、禁錮以上の刑を受けてしまうと今回の(懲役)1年6月も合わせて服役することになります」
《さらに裁判官は、執行猶予期間の3年間が経過した後も、また同様の薬物事件を起こせば、次は実刑判決になる可能性が高くなるとの説明をした上で、こう諭した》
裁判官「今後は一人の社会人として、信頼されるよう努めてほしいと思います。さまざまな方面から信頼を失ったのではないかと思います。もっとも、事件の背景には、女優として真剣に取り組む前提として、他人を思いやるという、社会人として備えるべき心構えが十分でなかったように思います」
《判決後の説諭は、沢尻被告に「社会人としての心構えが不十分だ」と指摘する厳しい内容から始まった。沢尻被告はうなずきながら、裁判官の言葉をかみしめるように聞いている》
裁判官「失われた信頼を取り戻すのは難しいと思いますが、心構えを意識して身につけ、一人の社会人として、年齢相応の信頼をされるよう努力してほしいです」
裁判官「もう一つは再犯のリスクが高いということです。執行猶予の判決を受けたのに、また同じような犯罪で再犯するのは珍しくありません。沢尻被告の反省や更生への意欲に嘘はないと信じていますが、再犯に陥ることのないように、医療機関や周囲のサポートを受けて慎重に更生に取り組んでもらいたいと思います」
(産経新聞の記事から引用)


長年、さまざまな薬物を使用してきた沢尻エリカですから、ここですぱっと更生するとは思えません。彼女の周囲には薬物好きの連中が群がっているのでしょうから、次々と違法ドラッグや脱法ドラッグを勧めるのでは?
女優の仕事は当面無理だとして、仕事のキャンセル料、ドラマの撮り直し費用など、どうやって負担するのやら
芸能メディアの中には、沢尻エリカが他に代え難い女優であるかのように持ち上げる向きもあります。しかし、他に女優は大勢いるのであり、沢尻エリカが特別という気はしません
資産家の愛人として気ままに暮らすという選択肢もあるのでしょう
執行猶予期間内に再犯で逮捕されるかどうかまでは予想しませんが、薬物とは手を切れない人生を送るのは確実と思います

(関連記事)
沢尻エリカ 合成麻薬で逮捕
沢尻エリカ逮捕 大河ドラマの代役は誰に
「オヤジ殺し」と書かれた沢尻エリカ
沢尻エリカの夫 「エリカの解雇は営業妨害」とクレーム
衝撃告白も話題にならない沢尻エリカ
沢尻エリカ離婚 その原因は謎
沢尻エリカ離婚騒動の行方
沢尻エリカ 「謝罪などしたくなかった」発言
沢尻エリカはスペインで高城剛と同居中
沢尻エリカ 結局離婚するらしい
「KAT-TUN」田口淳之介と女優の小嶺麗奈 大麻で逮捕
タレント清水良太郎 覚醒剤使用で逮捕
俳優成宮寛貴 コカイン疑惑で引退表明
俳優成宮寛貴引退表明で「フライデー死ね」と炎上
2世俳優橋爪遼覚醒剤で逮捕
映画「たたら侍」 橋爪遼逮捕で打ち切り、大コケ
俳優小出恵介 未成年者と淫行の波紋
三田佳子次男 覚醒剤で公判
三田佳子次男 覚醒剤で4度目逮捕
田代まさしコカイン所持で逮捕
田代まさし 覗き行為と薬物使用の果て
田代まさしに麻薬を渡した女性
「覚醒剤使用は眠気覚まし」と言い張ったASKA被告