教師によるいじめ 神戸市教育委員会の係長が投身自殺

昨年、大いに注目を集めた事件の1つが、神戸市立東須磨小学校の教師による同僚へのいじめ事件でした。神戸市による第三者委員会がこの件を調査し、年内に結論を出すと宣言されたものの、結局は年を越してしまい2月の現在になっても、第三者委員会の調査結果がいつになるか不明のままです。兵庫県警による捜査も並行して行われていますが、そちらもいつになったら送検に至るのかわかりません
今日になって、神戸市教育委員会事務局の係長が投身自殺をしたと報道されています


9日午前6時15分ごろ、兵庫県芦屋市陽光町の「東灘芦屋大橋」から男性が飛び降り、搬送先の病院で死亡が確認された。芦屋署などによると、神戸市教育委員会総務課の男性係長(39)。同署は自殺とみて調べている。
関係者によると、男性係長は教育委員が集まる会議の調整を担当。2019年10月に発覚した神戸市立東須磨小の教諭間暴行・暴言問題が会議で取り上げられることもあったという。
同署によると、同日午前4時10分ごろ、男性係長の家族から「家に置き手紙をして、いなくなっている」と110番があった。
その後、捜索中の同署員2人が橋の上を歩く男性係長を発見。署員がパトカーから名前を呼んでも反応がなかったため、下車しようとすると、男性係長は突然走りだし、橋の側壁(高さ1・1メートル)を乗り越えて飛び降りたという。同署は「現場での対応に問題はなかった」としている。
自宅に置かれていた手紙には自殺をほのめかす内容があったという。
(神戸新聞の記事から引用)


この男性係長は東須磨小学校の事件の直接の担当者ではありません。業務上、重い負担がかかっていたのか、どうか?
遺書の内容を含め、詳細が報道されることはないのでしょう
兵庫県内の教員が不祥事で懲戒処分を受けたり、警察に逮捕される件が随分とあったので、県の教育委員会にしろ、神戸市教育委員会にしろ事務方も大変であろうと推察します
特に神戸市の場合、「神戸方式」と呼ばれる人事制度が今回の東須磨小学校の事件の背景と見なされ、批判を浴びました。校長の権限で好みの教員を自身の勤務校に集める制度です。それはつまり気に入らない教員を排除する仕組みと表裏一体です
この「神戸方式」がいつ始まったのかは知りませんが、歴代の校長たちに支持されてきた仕組みなのでしょう。さすれば、「神戸方式」を取りやめようとする動きに反対する声も、歴代校長の中から挙がるわけで、教育委員会が板挟みになっているものと考えられます
外からは見えないさまざまな力のぶつかり合いが、事務方に負担をかけている可能性があります

(関連記事)
教師によるいじめ 4人の教師は起訴猶予
教師によるいじめ 長谷川雅代黒幕説を教育長は否定
https://05448081.at.webry.info/202003/article_3.html
教師によるいじめ 2人を懲戒免職処分
教師によるいじめ 調査結果をもとに懲戒処分へ
https://05448081.at.webry.info/202002/article_25.html
教師によるいじめ 年を越しても解決はまだ先
教師によるいじめ 「示談したら助かるか?」
教師によるいじめ 懲戒処分への怖れ、不満
教師によるいじめ 40代独身女教師の嫉妬がいじめに
教師によるいじめ 加害教師の退職を認めず
教師によるいじめ カレー給食止める発言の虚しさ
教師によるいじめ 性行為を被害者教師に強要
教師によるいじめ 被害届提出
教師によるいじめ 東須磨小学校の4人の教師
教師によるいじめ 東須磨小学校の校長会見
教師が教師をいじめる 東須磨小学校
福井中学生自殺 担任不起訴は「不当」と検察審査会
福井中学生自殺 校長のトンチンカンな釈明
福井中学生自殺 生徒を死に追いやった教師
女子児童5人を強姦し懲役20年 鬼畜教師
わいせつ教師に懲役30年の判決
小学校教頭が女子中学生を誘拐未遂・逮捕
女子中学生を誘拐したスケベ教頭 不起訴処分に
中学教師の盗撮、校長と教頭が隠蔽し懲戒処分
小6男児にわいせつ 小学校教諭逮捕
小学校教師が4年間も盗撮続け、逮捕