大津園児死傷裁判 新立被告の言い分

大津市の交差点で昨年5月、保育園児ら16人が死傷した事故を起こしたとして自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)罪などに問われた新立文子被告(53)への判決言い渡しが昨日あり、大津地裁は禁錮4年6月(求刑禁錮5年6月)を言い渡しています
昨日も言及したように、新立被告は先月の公判で唐突に事実関係で争う姿勢に転じており、昨日の公判の中で自らの言い分を口にしていますのでそこに注目します


「被害者を逆なでするようなことをして心から申し訳なく思っています」。被害者参加制度に基づき検察側に座った遺族らが厳しい視線を向ける中、声を詰まらせながら謝罪の言葉を口にした新立被告は実刑判決が言い渡された瞬間、身動き一つせず、判決理由にじっと聞き入った。
新立被告は結審後の昨年12月、民放番組の取材に応じ、「不運が不運を呼んだ事故」などと述べ、直進車にも過失があるかのような主張を展開。判決言い渡しが予定されていた1月に突然、起訴内容の一部を否認する姿勢に転じたため、大西直樹裁判長は判決を延期し、審理の続行を決定した。
新立被告は17日に改めて行われた被告人質問で、声を詰まらせ涙を流す姿を見せた一方、弁護側から「不運が不運を生んだ事故とはどういう意味か」と聞かれると、「直進車が減速していたら。防護柵があれば。保育園児が電柱の奥にいたら」と前を見据え、はっきりとした口調で自身の主張を訴えた。
事故で負傷した園児の父親は意見陳述で、「被告の言葉に怒りと悲しみしか感じない。テレビ出演も挑発だと思った。被害者を振り回すのもいいかげんにしてほしい」とやるせない思いを訴えた。
判決言い渡し前、大西裁判長から「最後に言いたいことは」と問われた新立被告は「心から申し訳ない」と謝罪し、遺族らに向かって頭を下げた。
閉廷後、被害者家族が弁護人を通じてコメントを発表。癒えぬ悲しみや新立被告に対する怒りを訴える声などが相次いだ。ある被害者家族は「まるで子供たちがそこにいたから悪いように聞こえる。一体どこが反省しているのか理解できない」と不満を吐露。別の家族も「刑期が終わろうとも被告のことを忘れることはない」と怒りをにじませた。
(産経新聞の記事から引用)


交差点で接触した直進車について、新立被告は「速度が遅かった(もっと早く直進していれば、接触事故は起きなかった)。あるいは直進車が減速して右折しようとしていた自分に進路を譲っていたら、接触事故は起きなかった」と主張したかったようです。加えて記事にあるように、現場に歩行者のための防護柵があったら、保育園児が電柱の奥にいたら死傷しなかったはずだ」とも言いたかったのでしょう
ただ、そんな「もし」を口にしたところで亡くなったこどもが生き返ったりしないのであり、虚しいだけです
新立被告も理解はしているのでしょうが、それでも公判の場で主張せずにはいられない性分だったと推測されます
弁護士なら法廷で主張すべきではない内容であり、かえって心証を悪くするだけだと判断したはずですが、敢えて被告の意向どおりにしたのでしょう
新立被告は自分ばかりが悪者にされているとの被害者意識が強いようで、少しでも同情なり共感してもらいたかったのかもしれません
ストーカー事件についてどのような主張をしたのか、記事では触れていません。おそらく、新立被告はストーカー被害に遭ったのは自分の方だと口にし、裁判官や傍聴人を呆れさせたのでは?
つまり彼女はそういう女性なのでしょう。「私は悪くない。直進車が進路を譲らなかったからだ。交差点に防護柵がなかったからだ。引率の保育士が園児を電柱の後ろで信号待ちをさせるべきだった。あの男が自分につきまとったからだ」
判決を言い渡されても納得できず、ブツブツと不満を繰り返していると思われます。誰かのせいにするばかりで、結局は自身の責任と向き合うつもりはないのです
価値観や人生観に偏りがあり、自分が可哀想でならないという自己愛の強さが目立つ人です。53歳という年齢を考えると裁判官に説教された程度で、その人格が激変する可能性は皆無です

(関連記事)
大津園児死傷裁判 新立被告に禁固4年6月判決
大津園児死傷裁判 被告が主張変更で判決延期
池袋暴走事故 88歳飯塚幸三はまだ起訴されず
池袋暴走事故 ようやく飯塚幸三を書類送検
前橋女子高生死亡事故 公判で責任能力なしと主張
前橋女子高生死亡事故 運転に固執した85歳
立川病院暴走死亡事故 運転の85歳に禁固2年の実刑判決
高齢者の交通事故相次ぐ
東名あおり運転裁判 危険運転を否認
東名あおり運転裁判 懲役23年求刑
東名あおり運転裁判 懲役18年判決
亀岡暴走事故 懲役5年以上8年以下の実刑判決
無免許運転で児童の列に突っ込む 懲役は7年前後
亀岡暴走事故 被害者の近況と少年法
堺あおり運転 二審も懲役16年の判決
小学校教頭 飲酒ひき逃げ死亡事故で逮捕
つがる4人死亡事故 危険運転で起訴も無罪主張