少年愛と性犯罪の境界(再掲)

2011年9月にアップした「少年愛と性犯罪者の境界」と題した記事が削除されていましたので、再度アップします。自分で削除した記憶はないのですが、編集作業中に誤って消したのかもしれません。この記事に関しては削除しろ、との抗議は受けていなかったはずなので

「ショタコン」という名称だけがひとり歩きしている感じもありますが、世相や風俗の1つとして受け流すだけでは済まない問題がそこにあります
産経新聞の「衝撃事件の深層」特集が、少年にわいせつ行為を繰り返して逮捕された男性の事件について掘り下げています

知られざる“少年愛”の世界 ショタコンになった32歳男の真相

記事ではインターネットの画像サイトが犯罪の温床ないしは、少年愛という異常な性癖の持ち主の交流の場であるかのような扱いをしています
確かにそうした側面もあるのでしょうが、一方で「ショタコン」を扱った漫画雑誌(男性の同性愛を扱った女性向け漫画雑誌)の存在には触れていません
もちろんそうした801本にまで話を拡散させてしまうと、事件の本質が見えなくなる危険もあるので、報道する側としては対象を絞り込もうとしたのでしょう
あくまでも「少年を性行為の対象とし、強制わいせつや児童ポルノ製造に手を染める男性性犯罪者の問題」という扱いです
逮捕されたW容疑者は自分の行為が犯罪に該当するのを十分に自覚していたはずです
自覚しながらも自らの性衝動を抑えられず、少年相手の強制わいせつをくりかえしていたのでしょう
言うまでもありませんが、心の中に少年愛の幻想を抱き、さまざまな場面を思い描いているだけでは犯罪になりません
現実世界で、実在する少年を対象にわいせつ行為をすれば、たとえそれが同意の上であったとしても性犯罪になるます
若林容疑者が自分の性癖を問題視し、現実世界で少年相手に性行為をするのをやめようと思い立ち、努力し、そのために治療を受けようとしたなら、別の展開になったのかもしれません。性の問題を扱うクリニックへ足を運んだり、カウンセリングを受ける機会もあるのです
しかし、若林容疑者は特定の少年を相手に性行為を何度も繰り返すことができ、それゆえ自らの犯罪を危惧することがなかったのでしょう
逮捕されない限り、同じ行為を繰り返したはずですし、他の少年にも手を出し被害者を増やしたに違いありません
少年野球やサッカーの指導者の中にも、「少年好き」の大人はかなりいると思われます
が、皆が皆、少年相手に性行為をしたりはせず、彼らがスポーツに打ち込む姿を見て満足しているのでしょう(これを少年愛だと決め付けると、反発や批判を招くわけですが)
しかし、中にはW容疑者のように、少年と性行為をするためにスポーツ指導者になる者もいるわけです。あるいは少年、少女を性愛の対象とする人間が小学校の教諭になったりする場合もあります
こうした異常な性癖の持ち主を外見だけでチェックはできません
教師だからスポーツ指導者だからと油断せず、周囲の大人・保護者が彼らの行動に注意を払い、こどもたちの評判や意見にも耳を傾ける必要があります
こどもと2人きりになろうとするとか、体を触ってくる、などという情報があったときは速やかに対処し、警告を発するべきでしょう
場合によってはその指導者、教諭を排除する必要もあります(性犯罪の事実を立証するのは難しいのですが、性犯罪が行なわれている可能性があればこれを見逃さず、問題のある人物を排除するのが最善の防止策です)
記事の文末で、「捜査関係者は『新たな被害者だけでなく、加害者を生まない取り組みもしないといけない』と気を引き締める」と結んでいます。警察の使命感は理解できますが、実際に手がけるのは、「インターネットの画像サイトが性犯罪の温床になっている。取り締まりを強化する」というものでしょう
単に取り締まりがやりやすいから手をつける、という感じがします
本当に被害者、加害者を減らしたいのであれば携帯電話の出会い系サイトを取り締まった方がよいと思うのですが

(関連記事)
修学旅行で男児生徒にわいせつ行為 高知の教師
高校教諭 AV見せて男子生徒の股間を触り懲戒処分
タイで少年買春 49歳日本人逮捕
武藤衆議院議員 少年買春疑惑に揺れる
昏酔強盗は女装っ子? 公開手配でも捕まらず
同性愛排除で揺れる米ボーイスカウト連盟
英BBCの人気司会者 200人以上の子供をレイプ
NHKディレクターが男子高校生を盗撮 逮捕
吹奏楽部顧問 女子中学生に「パンツ履き替えろ」
小学校教頭が女子中学生を誘拐未遂・逮捕
小学生女児の裸を撮るため誘拐した学校教諭
校舎内に盗撮カメラを設置 小学校教諭逮捕
女装して女湯に入り逮捕される事件を考える
同性愛者ストーカー殺人を考える
消防士がAV出演で停職6ヶ月の処分
修学旅行で盗撮 高校教諭逮捕
娘を性的暴行した父親に懲役に懲役4年の判決
「声優のアイコ」 強盗で懲役10年の判決
杉田水脈論文事件を考える 性をどう語るか