立憲民主党高井崇志議員 セクシーキャバクラ通い

コロナ禍対応で存在感を発揮できない立憲民主党は政党支持率も低下し、泡沫政党扱いされています
追い打ちをかけるように高井崇志衆議院議員(中国地区比例)が歌舞伎町のセクシーキャバクラに出入りしていると週刊誌に書かれ、離党届を出す始末になっています。立憲民主党は離党届を認めず、除籍処分にしたところですが、ますます党の支持率は低下するでしょう
政府を批判してさえいればよい、との安逸な考えが蔓延し、緊張感の欠片も失っているのでは?


安倍晋三首相が緊急事態宣言をした2日後の4月9日に立憲民主党・高井崇志代議士(50)が新宿歌舞伎町の「セクシーキャバクラ」と呼ばれる風俗店へ行ったことを報じる記事をデイリー新潮が紹介。高井氏はキャバクラに行ったことを認めた上で、15日に離党届を提出した。
セクシーキャバクラで遊興
デイリー新潮によると、スーツ姿で書類がたくさん詰まったカバンを持った高井氏が向かったのは、新宿歌舞伎町のある店。そこは店の女性が濃厚接触なサービスを行う、いわゆる「セクシーキャバクラ」だった。隣で女の子が接客するのは一瞬で、客の上に乗ったり、超がつくさまざまな濃厚接触が行われる。
高井氏が入店したのは夜の7時30分くらいで、滞在していた時間は120分ほどだという。デイリー新潮では後日、高井氏に直撃している。やり取りをまとめると次の通り。
「新宿のメガネ屋に行った後、ついでに歌舞伎町の様子を見に来た」
「その際、呼び込みの人に声を掛けられ、興味本位で入店した」
「店の女性とLINEを交換したかもしれない」
「軽率でした」
記事には店の複数の関係者の話が書かれているほか、女性とのLINEのやり取りも掲載されている。ここまで書かれては高井氏も認めざるをえない。「国民が生活に苦しんでいるときにとんでもない」と党幹部も激高。高井氏は15日に離党届を提出した。
高井氏に呆れと怒りの声
高井氏といえば、東大経済学部を卒業して郵政省(現在の総務省)に入省したエリート中のエリート。国会議員秘書から国政に転じ、現在3期目。
クルーズ船で感染が増えていた2月12日以降、平日夜の11日間のうち、首相が知人や企業経営者、与党議員らと9日間会食していたことを指摘して、「民間企業は飲み会を自粛している。首相の危機感のなさが国民を不安にしている」と批判したこともあったとデイリー新潮は伝えている。
緊急事態宣言が出され、国民が外出自粛要請で窮屈な生活を強いられている中、国会議員が取るべき行為なのか? ネット上では呆れると同時に怒りの声しか聞こえてこない。
(まぐまぐニュースの記事から引用)


枝野代表は相手が自民党の国会議員であれば「議員辞職しろ」と迫ったでしょう。しかし、身内の立憲民主党議員の場合は遠慮するのか、除籍処分でお茶を濁しています。なぜ、議員辞職を迫らなかったのでしょうか?
立憲民主党では初鹿議員もセクハラ行為が露見し、離党届を出しました。初鹿議員にも議員辞職を求めなかったのですから、高井議員に辞職を求められるはずはありません
政府に文句を言うだけ、批判するだけの政党が存在する意義があるのか、と思うばかりです

(関連記事)
立民党初鹿議員 強制わいせつで書類送検
民進党初鹿議員 女優をラブホテルに連れ込み
維新の党初鹿明博国対委員長代理 「テロと闘うな」主張
「戦争」発言丸山穂高議員 辞職勧告決議は?
蓮舫議員の公設秘書が痴漢
田畑毅元衆院議員を強姦罪で書類送検
衆議院議員辞職 田畑毅のゲスの極み
新潟県知事 女性問題で辞任へ
不倫しまくり宮崎謙介議員 あっさりと辞職
不倫辞職した宮崎謙介前議員を庇う義理の母
宮崎謙介衆院議員不倫の相手は鈴木亜美?
山尾志桜里議員 不倫を否定し離党届
不倫男後藤田氏救った妻・水野真紀
水野真紀 夫の不倫と子供のお受験
週刊誌に「女子大生とエッチした」と書かれた佐田玄一郎議員
政界失楽園 中川郁子政務官路上キス事件
田中美絵子衆議院議員が官僚と不倫 官僚は更迭
鴻池内閣官房副長官が女性問題で辞任
国会サボってデート 上西小百合衆院議員
暴言・暴行の豊田真由子議員 入院し雲隠れ
暴言・暴行で豊田真由子議員が自民を離党