岐阜の老人施設で5人死傷 起訴から1年も公判はまだ

岐阜県高山市の老人介護施設で5人を死傷させたとして起訴された小鳥剛被告について、朝日新聞が記事を掲載しています
起訴から1年を経過していますが、いまだに公判前の争点整理が続いており、初公判がいつのなるのか見当もつきません。小鳥被告が5人を殺傷した容疑を全面的に否定しており、公判では多くの証人を呼んで証言させる必要があるのでしょう

岐阜県高山市の介護老人保健施設「それいゆ」で2017年7月末~8月中旬、入所していた高齢者5人が相次いで死傷した事件。このうち高齢者2人にけがをさせ、死なせたなどとされる元職員の小鳥剛被告(34)が、高齢者1人への傷害の疑いで逮捕、起訴されてから、2月末で1年が経った。裁判に向けた手続きが進められる一方、県警によると、残る高齢者3人の死傷については「捜査中」のままだ。
「この1年、とても長かった」。17年8月13日に亡くなった「それいゆ」入所者、中江幸子さん(当時87)の長男、茂廣さん(69)は語る。小鳥被告は、中江さんに対する傷害致死の罪で昨年3月17日に追起訴された。
当時、茂廣さんは「これで母親がなぜ亡くなったのか理由がわかる」と期待していた。しかし、小鳥被告は起訴内容を全面的に否認。公判前整理手続きや、裁判に向けた打ち合わせが岐阜地裁で続くが、「岐阜でやっていることは、この遠い高山ではなんもわからん」と茂廣さんはもどかしさを感じている。
幸子さんが亡くなってから約2年半が経ち、周囲から「裁判は終わったのか」と言われることもあるという。「時間が経ち、様々な思い出や思いが薄れていっている感じがする。だからこそ、母が亡くなった理由を早く知りたい」
介護現場という「密室」で発生した事件。立件された2件に共通するのは、司法解剖の記録が残っていたこと。一方で、立件に至っていない、脳挫傷で亡くなった石本きん子さん(当時93)については、亡くなった当初、事件性が疑われず、検視や司法解剖が行われていなかった。
捜査関係者によると、唯一残されていた記録が石本さんのCT画像だ。県警はこのCT画像からけがの状態を分析。骨を実際に立体で再現し、骨折などのけがが他者の暴行でできるものかどうか、鑑定を行っている。
しかし、過去にあった他県の似た状況の事件では、CT画像などをもとに入所者を虐待した疑いなどで容疑者を逮捕するも、一部が不起訴になった事件もあり、道のりは険しい。ある捜査関係者は「立件できなければ、今後似たような事案があっても厳しくなる」とこぼす。
県警は、専門家と協力したけがの鑑定に加え、施設の職員への聞き取りを改めて行うなどして、捜査を進めている。
小鳥被告に接見している弁護士によると、小鳥被告は現在も一貫して、事件への関与を否定しているという。
(朝日新聞の記事から引用)

小鳥被告は高山の老人介護施設を退職した後、自身にかけられた嫌疑について否定するブログをアップしています。それによれば、「被害に遭った5人の居室は誰でも出入り可能であり、自分が犯人と特定されるのはおかしい」と指摘し、「入所者が転倒するのはよくあることで、防ぎようがない」とも書き、施設には組織ぐるみで自分を犯人に仕立てようという陰謀があったと述べています
苦し紛れの陰謀論、なのでしょう
3人が死亡している状況を鑑みれば、暴行がすぎて死亡させるに至ったものと解釈できますが、ここはやはり殺人罪を適用して責任を問う必要があると考えます。被害者が暴行を受けたと申し出れば、当然小鳥被告の刑事責任を問う結果になるのですから、口封じのため殺意をもって命を奪ったと推認できるからです
3人の殺害と2人への殺人未遂となれば、当然死刑が求刑されるのであり、裁判の行方が注目されます

(関連記事)
岐阜の老人施設で5人死傷 連続殺人として立件へ
岐阜の老人施設で5人死傷 元職員を逮捕
岐阜の老人施設で5人死傷 連続殺人の可能性も
老人ホーム3人転落死 今井被告に死刑判決
老人ホーム3人転落死 今井被告の自供動画公開
老人ホーム3人転落死 今井被告の初公判
老人ホーム3人転落死 殺人容疑否認で来春公判へ
老人ホーム3人転落死 今井被告は黙秘で初公判未定
老人ホーム3人転落死 管理会社の見苦しい釈明
老人ホーム3人転落死 今井容疑者は自己愛障害?
老人ホーム3人転落死 元職員が犯行自供
老人ホーム3人転落死事件の闇
川崎3人転落死老人ホーム 問題だらけの実態
老人ホームで3人が転落死 同じ職員が当直
大口病院不審死 久保木被告起訴も公判はまだ
大口病院不審死 3人殺害で久保木容疑者起訴へ
大口病院不審死 元看護師が48人殺害か
横浜病院点滴殺人 内部犯行の可能性
中野区老人ホーム殺人 元介護職員に懲役16年の判決