黒川東京地検検事長 賭け麻雀で失脚?

一躍時の人となった黒川弘務東京地検検事長に文春砲が炸裂しています。新聞記者と賭け麻雀に興じていたと週刊文春が報じ、波紋が広がっています
政府は今国会での検察法改正案の成立を断念したものの、次の国会では成立させたいと意気込んでいました
内閣の決定で定年延長を手にしたばかりの黒川検事長ですが、このままでは検事総長就任を前に辞任する事態になりそうです


東京高検の黒川弘務検事長(63)が新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の発令下に賭けマージャンをしていた疑いがあると週刊文春が20日、電子版で報じた。与党内で進退を問う声が出ており、公明党の石田祝稔政調会長は記者会見で「事実であれば職務を続けられる話ではない」と批判、辞任を要求した。
自民党の閣僚経験者も「取り締まる側が、賭けマージャンをやっていたとなるともう持たない。近く辞めざるを得ないだろう」と語った。事態が黒川氏の辞任に発展した場合、特例的に同氏の定年延長を決めた安倍政権の責任が厳しく問われることになりそうだ。
これに関連し、菅義偉官房長官は記者会見で「事実関係については詳細を承知しておらずコメントは差し控えたい。法務省で適切に対応する」と述べるにとどめた。
文春報道によると、黒川氏は今月1日に産経新聞記者宅に約6時間半滞在。朝日新聞社員も交えて翌日未明までマージャンをし、記者が用意したハイヤーで帰宅したとされる。13日もマージャンをしたとの証言も掲載。同誌が事実確認を求めたのに対し、黒川氏は口を開かなかったという。
(時事通信の記事から引用) 


産経関係者の証言によれば、黒川氏は昔から、複数のメディアの記者と賭けマージャンに興じており、最近も続けていたという。その際には各社がハイヤーを用意するのが通例だった。
マージャンは密閉空間で4人が密集し、密接な距離で卓を囲む「3密」の典型で、東京都も雀荘に休業を要請している。また、少額でも賭博罪に該当する。
さらに、国家公務員倫理規程上も問題がある。人事院の見解は以下の通りだ。
「国家公務員が、会社の利益を目的とする人物(記者)から、社会通念上相当と認められる程度をこえて、接待や財産上の利益供与を受けている場合、国家公務員倫理規程に抵触するおそれがあります。そもそも賭けマージャンは刑法犯なので、そういう人物がいれば倫理法以前の問題。国家公務員法の98条(法令遵守)や99条(信用を傷つけてはいけない)といった一般服務義務に違反する可能性があり、懲戒免職といった事態も想定されます」
(週刊文春の記事から引用)


一般に数千円程度の金が動く程度の麻雀なら、起訴されることはありません。数十万円もの金が動く麻雀では逮捕されます。西武ライオンズの投手だった東尾修は麻雀賭博で、ジャイアンツの柴田勲とラグビーの松尾雄治はポーカー賭博でそれぞれ逮捕されています。賭けていた金額は不明ながらも、1万円や2万円という金額ではないのでしょう
さて、週刊文春の記者は賭け麻雀の現場を見ていませんので、黒川検事長としては「知らぬ、存ぜぬ」で押し通すのでしょうか?
しかし、検事長と新聞記者が集まって「集まれ!どうぶつの森」に興じていたはずはありませんし、時事問題について議論していたとも思えません
朝日新聞の記者が当日の賭け麻雀についてゲロしてしまえば詰みです。しかし、朝日新聞からゲロするよう求められても、黒川検事長をかばって黙秘するのかもしれません。産経新聞の記者も黙秘するのでしょう
ですが、検察内部や自民党内から批判が高まれば辞任せざるを得ないのではないか、と思います
強引に黒川検事長の定年を延長させたものの、安倍内閣としては手痛い黒星です

(関連記事)
黒川検事長辞任 驕りと慢心
https://05448081.at.webry.info/202005/article_23.html
検察庁法改正反対運動を批判する堀江貴文
SEALDs(シールズ)の現在 敗北を認めたら負け
SEALDs残党が喘ぐ衆議院選挙 朝日新聞
村本大輔沖縄で吠えるも無知さらす
ウーマンラッシュアワー村本を「最強反戦芸人」と書くメディア
「講演で稼ぐネトウヨビジネス」と書くLITERA
「共謀罪」法を敵視する東京新聞
SEALs解散 活動を自画自賛
SEALDsを賛美した佐野元春のポエム
共産党「人を殺す予算」発言の藤野政策委員長を更迭
「防衛費は人殺しの予算」と言う日本共産党
SEALs高校生デモの参加者は中高年が目立つ
SEALs奥田愛基をカリスマ視する週刊朝日
石田純一の「反知性主義」発言を考える
SEALDsと野党共闘を大絶賛する「週刊金曜日」
民主党岡田代表 シールズや共産党と組む?
SEALDsの高校生 安全保障関連法反対の理由
SEALDsの奥田愛基 国会で安保法案に反対の意見陳述
安全保障法案成立 無理解と反対を乗り越え