コミケ中止の波紋 漫画文化の危機か?

日本の同人誌サークルによる最大のイベント「コミックマーケット98」の中止について、東京新聞が記事を掲載しています
コミケ中止がサークルの活動や、同人誌の印刷業者に大きな影響を与えるのは言うまでもなく、コミケの在り方やそれに代替するイベントなどなど、変化を求められる時期なのかもしれません


5月25日の大型連休に開催予定だった世界最大級の同人誌即売会「コミックマーケット98」が新型コロナウイルスの影響で、1975年の開始以来、初めて中止された。創作者やファン、運営団体や印刷業者ら多くの人の熱意で続いてきた一大イベント。次回開催も不透明な中、参加者の意欲や企業体力の低下が懸念され、従来の仕組みが機能しなくなる恐れも。日本の漫画文化を支えてきた土台が危機に直面している。 
◆夏に東京ビッグサイト使えず、GWに予定も…
コミケは毎年、夏と冬に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開かれ、昨年の来場者は夏冬とも四日間で延べ七十万人を超えた。今夏はビッグサイトが東京五輪・パラリンピックの報道拠点となるため使用できず、初めてゴールデンウイーク(GW)に開かれるはずだった。
しかし、新型コロナの感染拡大を受け、運営する「コミックマーケット準備会」は、三月二十七日に中止を決定。安田かほる共同代表によると、これまでも開催が危ぶまれた時はあったが、何とか乗り切ってきた。四十五年の歴史の中で初の事態に「『三密』は避けられないイベントなので仕方ない。それでも、とにかく悔しい」と無念さをにじませる。
コミケはただの即売会ではない。多彩なジャンルがそろい、同好の士が同人誌を介して交流を図る貴重なコミュニケーションの場でもある。会場設営を主に支えるのは、そうした「場所」づくりに意義を見いだすボランティアだ。参加サークルはコミケを目標に計画を立てて、創作活動に励む。
同人誌の多くは既存の作品をモチーフにした「二次創作」。漫画制作へのハードルを下げることから、「クリエーターのゆりかご」ともいわれる。コミケで育ち、プロとして活躍する人気漫画家も多く、日本の漫画文化を下支えする基盤ともなっており、その魅力は世界にも広がりつつある。
安田さんは「中止で参加者のモチベーションが低下すると、作品が減り、ボランティアが蓄積してきたノウハウも途絶えかねない。コミケ文化が収縮してしまうのでは」と危ぶむ。
◆大量キャンセルで印刷業者も苦境「売り上げ、前年の3割」
同人誌を印刷する業者の経済的損失も大きい。今年は元々、夏開催のコミケがGWに移ったため、従来あったGWのイベント分の受注がなくなり、厳しい状況だった。準備会広報の里見直記さんによると、コミケには約三万二千サークルが参加し、既刊・在庫分も含めて約一千万部が搬入される予定だった。新刊の印刷予定部数は不明だが、印刷業者は大量の予約キャンセルに見舞われ、そうした対応業務での疲労だけが増す結果に。
栄光(広島県)社長で、二十四社が加盟する日本同人誌印刷業組合の岡田一理事長は、コミケに出す予定だった作品をインターネットなどで販売する「エアコミケ」などの取り組みもあったことから、「同人誌の売り上げは全くゼロではないが、前年の三割ほど」とし、「これから先が一段と厳しくなるだろう」と苦境を明かす。
(東京新聞の記事から引用)


「印刷された薄い本を手にとって」というのがコミケのスタイルとしても、大勢の人が集まるイベントの開催が難しくなれば、今後は従来と異なるスタイルでの開催を考えなければならないのでしょう
日本の同人誌文化にコミックマーケットが果たした役割は大きいのは認めますが、中止が即、同人誌文化の衰退をもたらすとは限りません
むしろ、コミックマーケットの存在が圧倒的、という状況が改められる機会になる可能性もあります
一部のビジネスと化したサークルには販売機会の喪失は痛手です。しかし、相変わらず手弁当でやっているサークルもあるわけで、今回の中止がただちにモチベーションの低下に結びつくかは不明です(コミケ参加サークルの9割は赤字であり、つまりは持ち出しです)
同人サークルのビジネス化、あるいは商業化が一概に悪いとは言いませんが
インターネットの掲示板「5ちゃんねる」を見ると、「1回や2回のコミケ中止で廃れるようなら、文化とは呼べない」と辛辣な意見が目に付きます。加えて、「二次創作というけど実際は著作権侵害」とか、「エロ本祭だろ。中止になれ」という意見もあります
ただ、批判的な意見を寄せている人物自身がコミケに通った経験があるとは限りません。「5ちゃんねる」に批判的な意見を書き込んでいる人のほとんどは、実際にコミケに足を運んだ経験のない人では?
「ゲーム研究会の本とか、なろう系小説のグッズとか、漫画家本人による『幻の続編』とか。知ってる人は色々と買いに行くんだけど。二次創作しか知らん人が多いのは・・・まあ、仕方ないか」という声もありました
今後はコミックマーケットに替わってインターネット上での開催とか、地方都市での開催とか、同人サークルのジャンルごとに細分化された即売会実施するとか、さまざまな試みがされるのかもしれません
いずれにせよ、創作意欲が簡単に萎えてしまうとは考えられないのであり、同人サークルの文化はまだまだ継続されるのでしょう

(関連記事)
コミックマーケットに見る日本の底力
漫画やアニメの資料保存へ 国立メディアセンター設立なるか
アメコミ変化 ヒロインはイスラム系女子高生
英国をゆるがす日本のカワイイ文化
日本のロリータ・ファッション文化が世界を侵食
人が搭乗できるロボットを作ってしまう日本
東京国際アニメフェア閉幕 観客動員大幅減少
AFP通信が初音ミクを「リアル世界のヒットメーカー」と報じる
「もしドラ」 ドラッカーをもアニメにしてしまう日本
「東京アニメフェア」ボイコット企業が別イベント開催
中国の人気アニメーション「喜羊羊与灰太狼」
日本文化は金にならないと批判する中国メディア
中国アニメ産業の悩み 実はまったく儲からない
中国アニメ業界のジレンマ 就職先がない
「名探偵コナン」に勝てない中国アニメ
「けいおん!」山田尚子監督 アニメーションを語る
中国アニメ 今度は「ONE PIECE 」のパクリ
中国 偽物等身大ガンダム騒動
中国メディア「日本のコスプレは冠位十二階が発祥だ」
東京ビッグサイトは世界で68番目のサイズ
中国のネット規制 BL小説同人小説も摘発
「すごい日本ブーム」を考える
日本アニメの底力 カロリーメイトCM
高校漫画大会で優勝の韓国「日本の鼻をへし折った」