飲酒、146キロ暴走でも「危険運転ではない」と判決

酒を飲んだ上に時速146キロで車を走らせ、4人を死亡させる事故を起こした末広雅洋被告に対し、津地方裁判所は危険運転致死傷罪を認めず、過失運転致死傷罪を適用して懲役7年の実刑判決を言い渡しています
何のための裁判なのか、と言いたくなる呆れた判決です


2018年12月、三重県津市で車を時速146キロで走らせタクシーと衝突し、5人を死傷させた罪に問われていた男の裁判員裁判で、津地裁は16日、危険運転致死傷罪ではなく過失運転致死傷罪を適用し、懲役7年の判決を言い渡しました。
末広雅洋被告(58)は2018年12月、津市の国道23号線で乗用車を時速146キロで走らせ、タクシーと衝突乗客ら4人を死亡させ、1人に大ケガをさせた危険運転致死傷の罪に問われていました。
裁判では「危険な運転行為」だったのか、被告に危険な運転をしている認識があったかどうかが争点となりました。
これまでの裁判で末広被告は、「進行の制御ができなかったとは思っていない」と述べ、制御でき危険な運転行為に該当しないとして危険運転致死傷罪は成立しないと主張。
弁護側も地検が予備的訴因として追加した「過失運転致死傷罪」が妥当として、執行猶予付きの判決を求めていました。
一方、検察側は被告が過去8回事故を起こしていたことを指摘。そのうえで「時速146キロの速度は制御困難」として危険運転致死傷罪での懲役15年を求刑していました。
16日の裁判員裁判の判決で津地裁の柴田誠裁判長は、「ハンドルやブレーキの操作の僅かなミスによって事故を発生させる危険があったことは明らか」と指摘しました。
その一方で「自己の運転技術を過信し、事故が発生する可能性を想定していなかったとみる余地が多分にあり、犯罪の故意があったと認定するには合理的な疑いが残る」として危険運転致死傷罪の成立は認めず、地検が予備的訴因として追加した過失運転致死傷罪を適用。その上限となる懲役7年の判決を言い渡しました。
判決について津地検は「判決内容を精査し、上級庁とも協議のうえ適切に対応したい」とコメントしています。
(東海テレビの記事から引用)

「犯罪の故意があったと認定するには合理的な疑いが残る」と裁判官は述べているのですが、そこは認識の間違いでしょう
飲酒運転をした時点で犯罪が成立するのであり、末広被告に犯罪の故意があったかどうかなど論じる必要はありません。末広被告が飲酒運転をした結果、死亡事故を起こしているのですから、当然の帰結として危険運転致死傷罪で裁くべきです
そうでなければ、危険運転致死傷罪を設けた立法の趣旨を踏みにじってしまうわけで
また、末広被告が過去に8回も事故を起こしている事実も無視すべきではありません。それだけ危険な運転を繰り返してきた人物、と見るのが当然ではないでしょうか?
被告は運転に自信があり、酩酊していても十分運転できていた、などと主張していますが、死亡事故を起こしたという事実一つでそれらの主張を否定できます
検察は控訴し、是非とも上級審で争ってもらい、危険運転致死傷罪が適用されるよう頑張ってもらいたいものです

(関連記事)
飲酒運転で幼児3人死亡事故 懲役20年確定へ
つがる4人死亡事故 危険運転で起訴も無罪主張
つがる4人死亡事故 懲役20年判決
東名あおり運転裁判 危険運転を否認
東名あおり運転裁判 懲役23年求刑
観光バスで大事故 立ち入り調査で違反が多数見つかる
亀岡暴走事故 被告が判決を不服として控訴
亀岡暴走事故 懲役5年以上8年以下の実刑判決
亀岡暴走事故 被害者の近況と少年法
亀岡暴走事故 小学校教頭が電話番号を漏らす
無免許運転で児童の列に突っ込む 懲役は7年前後
祇園暴走事故 損害賠償請求裁判
京都の暴走事故 てんかん患者が運転
クレーン車事故で児童6人死亡 運転手は「てんかん」の持病
クレーン車事故で運転手起訴 危険運転致死罪は見送り
クレーン車事故を考える2 「てんかん」隠していたと母親が謝罪
クレーン車事故 6人殺害して懲役7年の求刑
飛行機内で泥酔、暴行で懲役20年?
中国人女ひき逃げで逮捕 5人死傷
浜松中国人ひき逃げ事故 同乗の夫も書類送検
浜松暴走死事件 中国人被告に懲役8年判決
小樽の飲酒ひき逃げ 危険運転で懲役22年判決
小樽市3人死亡事故で最高裁判決 懲役22年確定
歌川5人殺傷交通事故 懲役23年の実刑判決
前橋女子高生渋滞事故 運転の固執した85歳
小学校教頭 飲酒ひき逃げ死亡事故で逮捕
死亡ひき逃げ事故 小学校教頭に実刑判決
常磐道あおり運転 宮崎被告に執行猶予付き有罪判決