京都アニメーション放火事件を考える 「ツルネは盗用」

京都アニメーションのスタジオに放火した青葉真司容疑者はやけどの治療が一段落し、逮捕状の執行により勾留が決まりました。さらに鑑定留置が決まり、責任能力の有無や犯行動機について調べを受けることになっています
やけどで歩行も困難な青葉容疑者を勾留する意味があるのか、との声が一部にはありました。現状で罪証隠滅の恐れや逃走の恐れはないにしても、自殺を図る可能性がないとは言い切れません。なので、身柄を拘束しておく判断は正しいものと考えられます
青葉容疑者は、「自分の小説の一部が京都アニメーションの作品『ツルネ―風舞高校弓道部』で盗用された」と主張している、と報じられています


京都アニメーション放火殺人事件で5月に殺人容疑などで逮捕された青葉真司容疑者(42)が、京アニのテレビアニメ「ツルネ―風舞高校弓道部」の一部のシーンについて、「自分の小説を盗まれた」という趣旨の供述をしていたことが17日までに、捜査関係者への取材で分かった。
この作品は弓道に青春をかける男子高校生たちのストーリー。NHKのテレビアニメとして2018~19年に放映された。青葉容疑者が主張するシーンの放映部分は2分半程度。捜査関係者によると、作品全体ではなく一部の具体的な場面を指して、「盗用」と主張しているという。
青葉容疑者は現在、事件当時の精神状態を調べるため、3カ月の期間で鑑定留置されている。起訴の可否に直結する刑事責任能力を慎重に見極めるため、鑑定留置が延長される可能性もあり、捜査は長期化の様相を呈している。
「小説を盗まれた。京アニが許せなかった」。捜査関係者によると、青葉容疑者は逮捕後、「ツルネ」の他にも京アニ作品を挙げて動機を語ったという。過去に同姓同名の人物が京アニに小説作品を応募したが、1次審査で落選。京アニは「弊社の作品に同一、類似の点はない」としており、府警は一方的に恨みを募らせたとみている。
一方、青葉容疑者は「当初は包丁で襲うつもりだった」「ガソリンを使えば多くの人を殺害できると思った」とも供述。現場に持参した6本の包丁は事件の数週間前に購入していたといい、府警は、より大きな被害を出すための手段を選ぶ冷静さを保っていたとみている。
鑑定留置では医師が事件当時の精神状態を調べ、犯行への影響の有無を見極める。期間は9月10日までで、京都地検は結果をもとに起訴の可否を判断する。
青葉容疑者の逮捕容疑は昨年7月18日午前10時半ごろ、京アニ第1スタジオにガソリンをまいて放火して建物を全焼させ、36人を殺害、33人に重軽傷を負わせるなどした疑い。府警によると、現在も1人が入院してやけどの治療を受けている。
(京都新聞)

風舞高校弓道部より


小説のコンクールの1次審査で落とされた作品の中から、わざわざ一部のみを取り出し、脚本や演出に流用するなどという手間をかけたりはしないのであり、青葉容疑者の思い込みでしょう
しかし、青葉容疑者にすればそれが事実であると確信しているのですから、どのように説明しようと説得しようと無駄です
したがって裁判においても、「被告人の思い込みから生じた逆恨みである」と指摘され有罪判決を言い渡されたところで、青葉容疑者は納得などせず激しく反発するだけと想像できます
だとしても、青葉容疑者の偏執狂的な被害妄想のせいで多くの人が犠牲になったのですから、その責任はきっちり取らせる必要があります。本人が納得しないとしても

(関連記事)
京都アニメーション放火事件を考える 小説盗まれたと執着
https://05448081.at.webry.info/202005/article_29.html
京都アニメーション放火事件を考える 容疑者の小説公開は可能か?
京都アニメーション放火事件を考える 青葉容疑者の動機は?
京アニを「麻薬の売人以下」と書いた純丘曜彰教授の見苦しい弁解
京アニを「麻薬の売人以下」と中傷し炎上 大阪芸大教授純丘曜彰 その1
京アニを「麻薬の売人以下」と中傷し炎上 大阪芸大教授純丘曜彰 その2
京都アニメーション放火事件を考える 青葉容疑者の小説が実在
京都アニメーション放火事件を考える 青葉容疑者の小説とは
京都アニメーション放火事件を考える 33名が死亡
京都アニメーション放火事件を考える 犯人は41歳の男
パチンコ店放火殺人で死刑判決
大阪パチンコ店放火殺人 高見被告の死刑判決確定
16人殺害の個室ビデオ放火事件 二審も死刑判決
死者44人 歌舞伎町雑居ビル火災
武富士強盗放火殺人の小林死刑囚 死刑執行
「けいおん!」山田尚子監督 アニメーションを語る
劇場版「涼宮ハルヒの消失」を見て
【公式】 涼宮ハルヒの消失 予告
「涼宮ハルヒの消失」映画化
涼宮ハルヒの憂鬱 新作放送
「涼宮ハルヒの憂鬱」の憂鬱
「黒子のバスケ」脅迫犯 犯行の背景
「黒子のバスケ」脅迫事件 被告の手記がうざい
ライトノベル作家を脅迫した男を逮捕