いまだに続くM資金詐欺

大口の詐欺事件としてしばしば世間を騒がすのが「M資金詐欺」です。古くは俳優の田宮二郎がこの詐欺にひっかかり、自殺に追い込まれています。他にも元横綱の朝青龍も「M資金詐欺」の被害に遭っています
また新たに「M資金詐欺」の容疑で3人が逮捕されたと報じられていますので、取り上げます


先の大戦に敗れた日本を統治したGHQ(連合国軍総司令部)が接収したとされる巨額資産「M資金」を提供すると偽って、会社役員の70代の男性から現金計約3億円を詐取したとして、詐欺容疑で東京都港区海岸の無職、武藤薫容疑者(66)ら男3人が逮捕された事件で、男性からさらに約28億円をだまし取った疑いが強まったとして、神奈川県警捜査2課が同容疑で、3人を22日にも再逮捕する方針を固めたことが20日、捜査関係者への取材で分かった。
捜査関係者によると、3人は共謀して平成30年ごろ、M資金を原資とする架空の資金提供を受けるための交渉費の名目などで男性から約28億円を詐取した疑いが持たれている。
関係者によると、男性は大手飲食チェーンのトップで、28億円のほぼ全額を一度に詐取されたとみられることも判明。被害金はすべて個人資金だったという。
捜査2課は、だまし取ったカネの大半が指示役だった武藤容疑者に流れたとみて調べている。捜査関係者によると、高級マンションの家賃や、海外旅行費のほか、ゲーム開発などを手掛ける会社(東京都港区)の運営資金に充てていたことも新たに分かった。
捜査2課は、ほかにも、武藤容疑者らが関与したとみられる数十人分の詐欺被害を把握しており、全容解明を進める方針だ。
(産経新聞の記事から引用)


上記の記事だけでは細部が不明なので、別の報道も引用しておきましょう
武藤容疑者は「基幹産業育成資金」と称する架空の資金をでっち上げ、「GHQ(連合国軍総司令部)の財産をもとにした国家予算外の資金」を貸し付けるという触れ込みで被害者を騙しています。M資金詐欺のセオリー通りの手口です
神奈川県警捜査2課によると、他に逮捕されたのは、東京都中央区日本橋浜町の無職飯田正志(79)と、同あきる野市秋川の無職五十嵐文昭(59)の両容疑者です
騙されたという被害者は大手外食チェーンの経営者とあります。調べると、回転寿司チェーンのアトムボーイなどを傘下に持つコロワイドの経営者蔵人金男だと分かりました
いまどき「M資金詐欺」にむざむざとひっかかるものなのか、と思ってしまうのですが、架空の資金提供話に驚き、うかれ、舞い上がって警戒心も吹き飛んでしまうようです
以前はこの手の詐欺話には元皇族を自称する人物とか、大物政治家の秘書などという脇役も登場し、高級ホテルに呼び出して密談したりと、それっぽい仕掛けを用いていたのですが、今回はどうだったのでしょう?
逮捕されたのが3人だけなら、随分とこじんまりとした詐欺グループのようです。役者が足りないのでは、と余計な心配をしそうになります
それにしても28億円は大金です。これを10回ほど、詐欺師グループに乞われるまま振り込んだのだとか
経済情報サイト「ダイアモンド・オンライン」にその手口を紹介する記事がありましたので、関心のある方は一読ください
元皇族やら政治家秘書という役者を使って騙す手口ではなく、「財政法上に基づく特別な融資」であると信じ込ませるため紙の資料を大量に用意する手口だったと分かります。その手間も大変だったろうと思うのですが


コロワイド会長が30億円騙された「M資金詐欺」、その驚きの手口を公開!

(関連記事)
元横綱朝青龍 M資金詐欺で1億円被害
王族を自称し建国資金を騙し取る詐欺事件
実在しない100万ドル札で詐欺 過去にも発生
有栖川宮を名乗った詐欺師
「母さん助けて詐欺」の名称で犯罪を防げるのか?
テレビの公開捜査でオレオレ詐欺逮捕
「三井財閥の子孫」と騙した女詐欺師逮捕
結婚詐欺師木嶋佳苗 虚飾と過食の人生
結婚詐欺師木嶋佳苗の祖父逝去
被災地でニセ医者事件 自称救急小児科医
被災地でニセ医者 逮捕される
「北朝鮮には300兆円の地下資源」と書くジャーナリスト
「韓国の野球選手、安田財閥令嬢と婚約」と報じた韓国メディア
炎上騒動 武田信玄の末裔を名乗る女性モデル