王族を自称し建国資金を騙し取る詐欺事件

先だってはM資金詐欺の事件に言及しました。古典的な詐欺の手口で有名なのがM資金詐欺と皇族や家族の末裔を自称する詐欺でしょう
福井県でもブライトン王国の末裔を名乗り、「建国のための資金を融資してほしい。建国の暁には1.5倍にして返す」と資金をだまし取っていた詐欺事件の裁判が進められているのだとか
起訴されている王見禎宏被告(67)は法廷の場で、堂々と自分が王族の末裔であると生い立ちを語り、「新しい財源として世界に組み込むその寸前で逮捕された。元本となる金や銀がバチカン市国に保存されている。その元本があるから日本は債券を発行できている」と持論を展開したと報道されています。まったく悪びれず反省もせず、演技を続けている様はなかなかの詐欺師っぷりでしょう


王族の末裔かたり「建国費」詐取 会社役員の被告、福井地裁で28日判決
「私は王族の末裔(まつえい)。海外にある資産を回収して王国を建国するために支援してくれれば、1・5倍にして返す」――。そんなうたい文句で多額の金をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた住居不定、会社役員、王見禎宏被告(67)の判決が28日、福井地裁で言い渡される。
6月1日に福井地裁で開かれた王見被告の論告求刑公判。4月に懲役5年の判決を受け控訴した東京都文京区、会社役員、五百旗頭(いおきべ)正男被告(71)と共謀し、2013年に東京都と福井県の2人から計6150万円をだまし取ったとされる王見被告に検察側は懲役5年を求刑した。しかし、王見被告は最終意見陳述で資産が存在すると信じて疑わない様子だった。「逮捕されたからといって事業が終わるわけではない。生きている限りやりとげなければならないという責務がある」などとよどみなく話した。
五百旗頭被告の判決や起訴状によると、王見被告らが描く事業とはこうだ。
明治天皇の父である孝明天皇がバチカン市国に数十兆円という膨大な資産を隠しており、その引受人が王族の末裔の王見被告である。その資産を引き出すため、英国南東部の都市ブライトンに王見被告が元首となる信託統治領「ブライトン王国」をつくり、バチカン市国に眠る資産を運用する金融機関を設立する。そのための経費として支援金を募る――。
孝明天皇やブライトン、バチカン市国といった実在の人物や地名以外は王見被告らが作り出した架空の話だ。
王見被告は1953年、広島県に生まれた。王見姓は孝明天皇から授けられた王族の末裔を示すものだと父親から聞き、家系が特別なものだと思いこむようになったという。皇学館大学(三重県伊勢市)では古代や中世の歴史を学んだ。90年に上京。96年に海外の投資話を通じて五百旗頭被告と知り合う。
五百旗頭被告の判決によると、当時から王見被告は自分が王族の末裔だと周囲に吹聴していたといい、五百旗頭被告が王見被告の出自に対する自負を利用し、犯行を計画したとみられる。
2000年以降、王見被告の財産や「ブライトン王国」に関する情報が王見被告の元に届くようになった。00年ごろ、2人の共通の知人から英国の会計省に王見被告の財産200億円があると聞かされ、英語が得意な五百旗頭被告と渡英したがそのような財産は確認できなかった。
02年には王見被告のために五百旗頭被告が米ニューヨークに留学する必要があるという書面が「チャールズ伯爵」らから届いた。王見被告は数百万円を五百旗頭被告に渡したが、五百旗頭被告は渡米することはなかった。
その後も、02年に「(王見被告が)欧州連合銀行の理事に欧州王族連合と英国王族代表として推薦された」という文書が「欧州連合認証部門代表キャビン・ジョージ」から届き、06年には「欧州王室連合」の「デヴィッド・ヴァン・ダイク」から「英国のブライトンに王見被告を元首とする信託統治領をつくり、資産を運用する金融機関を設立するための経費が必要だ」という書簡が届いた。これらは五百旗頭被告が作成したものだったが、王見被告は自身の出生が特別なものだと確信を持つようになった。
(以下、略)


このブログの記事を書いているのが28日の午後7時です。午後1時開廷で判決公判が遭ったはずですが、検索しても判決についての報道が見当たりません。有罪判決が下されたはずですが
王見被告は30億円もの金を集め、私的に流用したとされます。返済可能な金はほとんど残っていないのでしょう
この奇怪な王位継承話を信じ、大金を差し出す人間がいる現実にも驚かされます(オレオレ詐欺に簡単に騙されてしまう人も多いのですから、警戒心が薄いのか、人が良すぎて疑うことを知らないのか?)
弁護人は王見被告を無罪だと主張しているのも、首を傾げたくなります。被告人に寄り添うのが弁護人の仕事だとしても、王見被告の主張を正当なものと信じる理由、根拠があるのかと問い質してみたくなります
江戸時代末期、荘園を失った公家は貧乏のどん底で喘いでいたのであり、孝明天皇といえども莫大な資産を所有していたとは考えられません
ですから話の発端からしてデタラメ、インチキであり、耳を貸すに値しないものです
王見被告は有罪判決によって服役しても、出所後には再び同じ詐欺話で犯行を続けるのかもしれません
追記:福井地裁は王見被告に懲役4年6月の実刑判決を言い渡しています

(関連記事)
いまだに続くM資金詐欺
元横綱朝青龍 M資金詐欺で1億円被害
実在しない100万ドル札で詐欺 過去にも発生
有栖川宮を名乗った詐欺師
「母さん助けて詐欺」の名称で犯罪を防げるのか?
テレビの公開捜査でオレオレ詐欺逮捕
「三井財閥の子孫」と騙した女詐欺師逮捕
結婚詐欺師木嶋佳苗 虚飾と過食の人生
結婚詐欺師木嶋佳苗の祖父逝去
被災地でニセ医者事件 自称救急小児科医
被災地でニセ医者 逮捕される
「北朝鮮には300兆円の地下資源」と書くジャーナリスト
「韓国の野球選手、安田財閥令嬢と婚約」と報じた韓国メディア
炎上騒動 武田信玄の末裔を名乗る女性モデル