「コロナで日本は負け、韓国は大勝利」と書く韓国メディア

コロナウィルス感染に対する各国の取り組みはさまざまであり、軽々しく勝ったの負けたただのと報じるものではないと自分は思います
しかし、隣の韓国では連日のように「日本はコロナ対策に失敗し、経済も破綻した。韓国は堅固な防疫体制を構築し、コロナに勝利した」との報道が繰り返されており、異様な雰囲気を感じます(韓国人にとっては勝利に酔いしれる、心地よい報道なのでしょう)
これまでにも何度か韓国の報道を紹介してきたところで、その自己陶酔っぷりには苦笑するしかありません
事実関係を精査することもなく、厳密に検証を加えようともせず、単純に「優秀な国民性が発揮されて日本に勝ったのだ」と連日のように報じれば国民は喜び、記事を繰り返し読んで勝利感や達成感に浸れる…ものと推測します
事実を報じるのではなく、国民を喜ばせるための嘘記事を書くのが韓国にとっては「正しいジャーナリズム」なのです
インターネットの掲示板「5ちゃんねる」に掲載された蚯蚓記者の翻訳から、以下、引用します


コロナ19発生後、我が国は積極的な防疫で世界的な信頼を得たし、国民は今や我が国が先進国であることを知った。コロナ19前に予測された経済指標とは差があるが善戦したというニュースが聞こえ、国民の積極的な努力で大規模感染発生を遅らせた。
今回の事態でも分かるように韓国人のDNAは特別だ。危機がくれば犠牲を恐れず、猪突的に危機を克服しようとする国民性は私たちだけの特別なものだと言える。私たちは危機が発生した時、家族のため、周辺のため、進んで国のために犠牲になることをためらわなかった。
壬辰倭乱の時、君主が捨てた国を国民がどうにか守り、日帝強制占領期間には命を犠牲にして独立運動をした。国債補償運動、金集め運動から最近のコロナ19事態までそのDNAは続いた。
今は社会的距離をおくことと行動半径の制約で個人活動を犠牲にしている。同時に医療関係者の事態鎮静のための献身は大韓民国を越えて世界的な模範事例になったし各種の賛辞が続いた。防疫には失敗しても現状をよく克服しながら私たちは危機に強いことをもう一度悟ることになったし、戦後の廃虚から数十年間で作ってきたインフラと周辺環境がこれからは大きな機会になることをコロナ19を通じて知ることになった。
大きなチャンスの中で第一は国民性だろう。
(中略)
三番目の機会は日本だ。世界的にすでに彼らの産業インフラは構築されているが、コロナ19で安全に問題が生じ、表裏が異なる彼らの国民性が今回の契機に全世界に明らかに知られたので彼らは急速に信頼を失うだろう。世界はその過程で危険な日本の代わりに安全な韓国に目を向けるだろう。自然に日本の主力産業は私たちのもので代替され、日本に集まった観光客の足取りは我が国に向かうだろう。率直に言えば今後、私たちがより一層成長するためには日本が持っていたインフラをどれほど早く奪い取ってくるかが重要になるだろう。
四番目は教育熱だ。食べられず、着られず、住めなかった過去でそれらより耐え難かったのは習えないことだった。
(中略)
私たちの政治が発展できないのは多くの部分で海外のモデルをベンチマーキングしたためだ。我が国だけの特異性を知らず、ただ先進国と呼ばれる他国のモデルを創意性なしにベンチマーキングしたのだ。今回のコロナ19の発生はこれをより一層明確に分からせてくれた。
私たちの防疫モデルはその優秀性が認められ、多くの国がまねようとしたが、彼らは大きな成果を上げられなかった。優秀なモデルなのになぜベンチマーキングできなかったのだろうか?彼らと私たちは大きく違うためだ。
結局、私たちは私たちだけの独自の成功モデルを作っていかなければならない。その基本は創意性であり政治だけ除き、すでに工学を含む多くの分野で創意性は発現している。望ましくは創意性を持つ人々が政界にはやく進出すれば進出するほど政治は何段階かさらに発展できるはずだ。
チョン・イド(株)ドリーム企画代表理事 工学専門記者/作家/コラムニスト
ソース:工学ジャーナル(韓国語)[チョンイドコラム] ‘危機’のコロナ19は大韓民国から‘機会’に変移される


ツッコミどころ満載の記事です。どうやら書いている記者自身、快楽を刺激する脳内物質がドバドバ分泌され、高揚感に浸りきっているのでしょう
いちいち嘘を指摘するのも野暮なので止めておきます
コロナウィルス感染対策として治療薬やワクチンを開発する、と文在寅大統領は宣言していましたが、どうなったのでしょうか?
記者は文在寅大統領の政治に満足し、誇らしい気分でいるようです。しかし、各経済指標は韓国経済の悪化を示しているのであり、少なくとも明るい未来は見えてきません
日本に向かった観光客を奪い返すだの、日本の主力産業は韓国が代替するだの、勇ましい話が満載ですが
コロナウィルス感染は終息したわけではなく、まだまだ感染の広がりに歯止めがかかりません。自国だけ安全ならそれでよし、とはいかないのです。貿易にも支障が出ており、特に貿易に依存する韓国は大きな損失を被るでしょう
なので、現時点でコロナウィルスに勝利したかのような記事を書き、国民を欺くような真似をするべきではないのは言うまでなく、もっと広い視野をもって報道する必要があります。でなければ、自分のような韓国ウォッチャーのネタにされ、「お笑い記事」扱いされるだけです

(関連記事)
投資の神様? ジム・ロジャーズは迷言連発
コロナ禍 中国北朝鮮国境で感染拡大
コロナ禍 「緊急事態宣言は必要だったか」と書くAERA
コロナ禍 韓国ゲイクラブから86人が感染
コロナ禍 韓国ソウルのゲイクラブで集団感染
楽天PCR検査キット なぜ偽医者経歴が通用したのか
「コロナで西洋優越主義は終焉」と書く韓国メディア
コロナ禍で企業倒産 政府に助けを求める大富豪
コロナ対策コメント 玉川徹を批判する朝日新聞
コロナウィルス向けワクチン開発と意気込む文在寅大統領
K-POP歌手 4月1日にコロナ感染と嘘
コロナ対応そっちのけ 日韓メディアの誹謗中傷合戦
韓国メディア「日本のコロナ対策は間違っている」
コロナ対策 日本の入国制限に激怒する韓国
コロナウィルス 韓国教会で集団感染
韓国政府 日本からインフルエンザ治療薬輸入を検討
コロナウィルス感染 死者が250人突破
コロナウィルス感染 武漢から500万人が逃げ出す