女子高生をワイヤーで拘束・監禁した男 逮捕

SNSで知り合った男性に誘い出されて家出、という事件がしばしば起きます。被害者の意に反して監禁に至るケースもあります
埼玉県内に住む女子高生が横浜在住の中年男に誘い出され、マンションに監禁される(しかもワイヤーロープで体を拘束されて)という事件がありましたので取り上げます


埼玉県内の女子高校生をワイヤーロープで巻きつけ、自宅に監禁したとして、横浜市の会社経営の男が逮捕監禁の疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは、横浜市鶴見区の会社経営、後藤弘泰容疑者(44)です。
警察によりますと、後藤容疑者は5日午後7時半過ぎ、横浜市内にある自宅のマンションの部屋で、埼玉県内の公立高校に通う女子生徒の体にワイヤーロープを巻きつけて部屋の鉄パイプと結び、脱出できないようにしていたとして、逮捕監禁の疑いが持たれています。
女子生徒にけがはないということです。
女子生徒については、自宅に帰ってこないとして家族がおよそ1か月前に警察に届け出ていたということです。
女子生徒は携帯電話を取り上げられていましたが、5日夕方になり、ゲーム機を使って、埼玉県警の専用ホームページに設けられた通報システムを利用して「拘束されていて逃げられない」と通報し、警察が監禁されていた場所を特定したということです。
調べに対し後藤容疑者は「女子生徒とはSNSで知り合い、自宅で監禁していたことは間違いない」と容疑を認めているということで、警察は動機やいきさつを調べています。
(NHKニュースから引用)


ニュースサイトへの意見として、後藤容疑者を「SM小説紛いの妄想の世界と現実の区別がつかないいい歳した大人」と批判する書き込みがありました。が、これは間違いでしょう。後藤容疑者は妄想世界と現実の区別を失ったため犯罪に走ったのではなく、現実世界の中でいかに女子高生を誘い出し監禁するか検討し、計画した上で犯行に及んでいるわけで、妄想世界で己を見しなった結果ではありません
実際、女子高生は行方不明として家族が捜索願を出していたものの居場所は特定されず、一ヶ月間監禁するのに成功したわけです
妄想世界に耽溺し、現実検討能力を失った状態で犯行に及んでいたのなら、犯行は途中で破綻するなり、失敗に終わっていたはずです(妄想に基づく杜撰な犯行計画で拉致・監禁を成功させるなど困難ですから)
さて、被害者の家族が警察に届け出ていたものの、警察は本腰を入れて行方を探したのかどうかは不明です。おそらく本格的な捜索はしなかったのでしょう。「数日すれば戻ってきますよ」などと対応していたのでは?
埼玉県警本部長は「失踪人、家出人の届けが多いのだから、1件1件捜査に人員を割けない」とでも釈明すると思われます
が、何はともあれ生きて救出されたのは幸いでした
後藤容疑者が今後、どのような供述をするかはともかく、ワイヤーロープでぐるぐる巻きにしておいて「被害者とは合意の上だった」などと弁解できないでしょう

(関連記事)
埼玉少女失踪事件を考える13 控訴審は懲役12年の判決
埼玉少女失踪事件を考える12 懲役9年の判決
埼玉少女失踪事件を考える11 異常発言で判決延期
埼玉少女失踪事件を考える10 懲役15年求刑
埼玉少女失踪事件を考える9 「何が悪かったのか?」
埼玉少女失踪事件を考える8 単なる同棲だとする説
埼玉少女失踪事件を考える7 誘拐の目的
埼玉失踪少女事件を考える6 寺内被告初公判
埼玉少女失踪事件を考える5 量刑は懲役3年?
埼玉失踪少女事件を考える4 「なぜ逃げ出さなかったのか」という疑問
埼玉失踪少女事件を考える3 寺内容疑者の父が謝罪
埼玉失踪少女事件を考える2 犯行計画
埼玉失踪少女事件を考える1 2年間も監禁状態
島根県女性誘拐事件 9か月監禁で72歳逮捕
新潟少女監禁事件を考える1 犯人の異常行動
新潟少女監禁事件を考える2 警察の失態
新潟少女監禁事件を考える3 佐藤宣行の精神鑑定
新潟少女監禁事件を考える4 刑務所を出所
カリフォルニア少女監禁事件 禁固431年の刑
性犯罪被害者へ18億円の保証金支払い
若い女性を監禁した「監禁王子」事件を考える1 懲役14年
「監禁王子」事件を考える2 戻るべき場所
姫路女子中学生監禁わいせつ事件を考える
ベルギーの連続少女監禁事件の受刑者が釈放?
倉敷女児行方不明事件 懲役6年6月の判決
倉敷女児行方不明事件 「自分好みに育てたかった」
倉敷女児行方不明事件 犯人を岡山で確保
倉敷女児行方不明事件 公開捜査も手がかりなし
未解決の誘拐・失踪事件 庄山仁君失踪(昭和44年)
未解決の誘拐殺人 城丸君事件(1984年)
大阪女児誘拐事件を考える 「誘拐するつもりはなかった」
大阪女児誘拐事件を考える 中学時代は優秀とか
大阪女児誘拐事件を考える 通行人に助けを求めなかった?
徳島県立病院主事 女子高生への傷害で裁判