高槻少女殺害事件を考える25 控訴取り下げの行方

体調が悪く、ブログの更新を休みました。現在もひどい状態ですが、書きたいものを書けるだけ取り上げていきます
寝屋川市の男女の中学生が殺害され、息された事件は最初の遺体発見現場が高槻市内であったため、上記のタイトルで言及してきました
山田浩二被告の死刑判決が確定されたかに見えたのですが、山田被告による2度の控訴取り下げを巡って司法判断が迷走し、宙に浮いた状態です
裁判を執り行う裁判所自体が控訴取り下げの扱いを巡って判断がブレるのですから、呆れてしまいます
山田被告自身が2度も控訴取り下げを申し立てたのですから、それを受け止め、控訴は取り下げられたものと扱えば済む話です
産経新聞は以下のように報じています


大阪府寝屋川市の中学1年の男女が殺害された事件は、13日で発生から5年となる。ただこの間、1審で死刑判決を受けた山田浩二被告(50)が2度にわたり自ら控訴を取り下げたり、検察・弁護側双方が異議や無効などを申し立てたりする応酬が続き、事態は異例の展開を見せている。控訴審開始か死刑確定か。見通しは今も立たず、関係者は複雑な心境を抱く。
いったんは死刑囚
「控訴審で判決が変わるかもしれないという期待もある一方で、置かれている状況への不安や絶望も入り交じっているようだ」
大阪拘置所に収容されている山田被告と、手紙のやりとりなどを続ける月刊誌「創」の篠田博之編集長(68)が語る。
平成30年12月、大阪地裁で死刑判決を言い渡された被告。弁護側は即日控訴したが昨年5月18日、突如として自ら控訴を取り下げた。この時いったんは死刑が確定し死刑囚となった。
弁護人は同月30日、取り下げを無効とするよう大阪高裁に申し入れ。審理した高裁第6刑事部は昨年12月、被告が死刑確定を明確に意識していなかった可能性があるとして、控訴取り下げを無効と判断した。
「突発的に行動
被告自身が求めた控訴取り下げが、無効とされるのは異例だ。
検察側は「予想外の判断」(大阪高検幹部)を受け、判断を不服として最高裁への特別抗告と、大阪高裁への異議申し立てをそれぞれ行った。
特別抗告は最高裁が今年2月に棄却。しかし異議申し立てについては高裁第1刑事部が3月、第6刑事部の無効決定は合理的な根拠を示していないとして、審理のやり直しを命じた。
その約1週間後、被告は再び、控訴取り下げを求める書面を高裁に提出。死刑判決を受けた被告が、2度も控訴取り下げを求める例のない展開となった。
篠田氏は「精神的に追い詰められると突発的に行動してしまう、被告の特性が影響している可能性がある」と指摘する。
(以下、略)


もちろん死刑判決ですから、裁判所が控訴取り下げの申し立てを慎重に取り扱おうとするのは理解できます。しかし、第三者から見れば裁判所が山田被告に弄ばれているように映るだけです
最初から存在しない架空の犯人による犯行だと主張するなど、山田被告の主張は嘘だらけでした。嘘つきが控訴したところで、控訴審では新たな嘘を並べ立てるだけでしょう
そんな裁判は時間と費用の無駄では?
今後、死刑が確定しても山田被告はでたらめな内容の再審請求を繰り返すのではないか、と思われます
死刑囚の申し立てだからと、そんな嘘の再審請求を慎重に審議する必要があるのでしょうか?
これはチンピラが司法に対し唾を吐きかけているも同然であり、法の秩序を愚弄する行為です
大阪高裁の刑事部で協議し、山田被告による控訴取り下げ(2回目の)を有効と判断し、死刑判決を確定させるのが最良の結果と考えます

(関連記事)
高槻少女殺害事件を考える1 快楽殺人
高槻少女殺害事件を考える2 遺体は寝屋川の中学生
高槻少女殺害事件を考える3 杜撰さと周到さ
高槻少女殺害事件を考える4 容疑者逮捕
高槻少女殺害事件を考える5 山田容疑者の行動
高槻少女殺害事件を考える6 星野くん犯人説?
高槻少女殺害事件を考える7 山田容疑者の素性
高槻少女殺害事件を考える8 性的サディズム
高槻少女殺害事件を考える9 監禁事件7件
高槻少女殺害事件を考える10 再逮捕で殺人容疑立件へ
高槻少女殺害事件を考える11 犯罪自慢
高槻少女殺害事件を考える12 初公判は11月の予定
高槻少女殺害事件を考える13 山田被告が土下座
高槻少女殺害事件を考える14 睡眠導入剤で眠らせ殺害
高槻少女殺害事件を考える15 身勝手な弁解
高槻少女殺害事件を考える16 精神障害なし
高槻少女殺害事件を考える17 被告人質問で嘘連発
高槻少女殺害事件を考える18 死刑求刑
高槻少女殺害事件を考える19 判決は死刑
高槻少女殺害事件を考える20 死刑判決への論評
高槻少女殺害事件を考える21 控訴取り下げ死刑確定
高槻少女殺害事件を考える22 山田被告の手紙・手記
高槻少女殺害事件を考える23 「控訴取下げ無効」で控訴審開始へ
高槻少女殺害事件を考える24 2度めの控訴取り下げ
実在した殺人鬼を描く映画「チャイルド44 森に消えた子供たち」
ロシア政府が米映画「チャイルド44」を批判、上映禁止
現代の切り裂きジャック事件に終身刑の判決 英国
「切り裂きジャック」事件 125年目の真相
佐川一政 パリ人肉食事件を考える1