少年院出の15歳が殺人 あまりに短絡な犯行

福岡市のテナントビルの女性トイレで21歳の女性が刺殺され、少年院を仮退院したばかりの15歳の少年が逮捕されています
少年は8月26日に少年院(おそらく福岡少年院でしょう)を仮退院し、福岡県内の更生保護施設に入ったものの、そこから逃げ出し事件を起こしています
仮退院後に更生保護施設に身を寄せたということからして、親許に帰れない事情があったか、家庭が崩壊して保護者が不在であったと推測できます。つまり寄る辺ない身の上、なのでしょう
犯行は最初から女性を強姦するつもりで狙ったものであり、抵抗されたためカッとなって刺したと思われます
しかし、少年院を仮退院してすぐにこれだけの凶悪な事件を起こしたのですから、少年院では何を教育していたのか、と批判が起こるのは当然です


福岡市中央区の商業施設で8月28日夜に女性(21)が刺殺された事件で、現場で包丁を所持していたとして銃刀法違反容疑で現行犯逮捕された少年(15)が「女性を刺した。包丁は盗んだ」と説明していることが31日、捜査関係者への取材で分かった。福岡県警は同日、少年が中学3年に相当する年齢で、住民票上の住所は県外と発表した。
捜査関係者によると、少年は26日に九州の少年院から県内の更生保護施設に移り、27日夜に施設から失踪した。その後の行動について、少年は「バスに乗って福岡市に行った」と説明しているという。
県警によると、少年は「施設に戻るつもりはなかった」と供述。施設からの失踪時と逮捕時の所持金はなく、何らかの手段で現金を手に入れて、公共交通機関を利用したとみて調べる。
女性は28日午後7時35分ごろ、同市中央区地行浜2丁目の大型商業施設「マークイズ福岡ももち」1階の女子トイレで倒れているのが見つかった。
捜査関係者によると、女性は首など上半身を中心に10カ所以上の刺し傷や切り傷があり、大量に出血して血だまりがあった。遺体を外から運んできた形跡はなく、県警は女性がトイレ内で殺害された可能性が高いとみている。少年が持っていた包丁に付いた血液からは、女性のDNA型が検出された。
マークイズ福岡ももちは臨時休館を続けていたが、31日、事件から3日ぶりに営業を再開。出入り口を中心に警備員を増やし、警備体制を強化した。施設を訪れた80代女性は「事件当日も午前中に来ていたので、遭遇していたらと思うと怖い。ようやく営業再開してくれて良かった」と話した。
(西日本新聞の記事から引用)


この少年は仮退院する前から女性を強姦することばかり考え、自分の欲望をパンパンに膨らませていたのでしょう
そして何のためらいもなく、迷いもなく犯行に着手したと考えられます
女子トイレで女性を襲った後少年は包丁を手にしたまま店内をうろつき、買い物客が気づいて逃げ惑う中、転んでしまった小学生の女の子に包丁を突きつけています。そこを非番の消防署員が少年にタックルを食らわせ、取り押さえるに至ったという経緯です。自ら凶器を手放し、自首する気はなかったものと判断できます
さて、話が早いのですが、処分はどうなるのか、気になるところです
旧少年法では犯行時16歳未満の者については、死刑や無期懲役を科すことはできないと規定されていました。これが法改正により14歳以上の犯罪少年は刑事罰の対象となり、18歳未満の者については無期懲役に代わって言い渡せる有期懲役の上限を15年から20年に引き上げられています。少年の刑事裁判でよく用いられる不定期刑については、未成年者の場合「10年以下」という制限があったのが改正され、「10年から15年」になっています
本件の場合、殺人罪に問われる犯行ですから有期懲役なら上限は懲役20年となります

(関連記事)
少年院出の15歳が殺人 保護処分が刑事処分か
ストーカー殺人の少年が出所後また殺人未遂
西尾ストーカー殺人の少年 出所後再犯で懲役1年8月
石巻3人殺傷事件を考える1 事件の状況など
石巻3人死傷事件を考える2 人格障害
石巻3人殺傷事件を考える6 死刑判決
石巻3人殺傷事件を考える7 死刑判決批判の愚
光市母子殺害事件 最高裁も死刑判決支持
光市母子殺害事件で福田死刑囚が再審請求
光市母子殺害犯 再審申し立てるも棄却
木曽川長良川連続リンチ殺人の少年被告3人に死刑判決
木曽川長良川連続リンチ殺人を考える 暴走する少年
木曽川長良川リンチ殺人を考える3 再審請求
4人を射殺した永山則夫を聖人視するメディア