「旭日旗のイラストはけしからん。削除しろ」と騒ぐ韓国

モバイルゲーム「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」の公式SNSに掲載されたイラストの絵柄を「旭日旗であり、削除しろ」と韓国が騒いでいると報じられています
問題のイラストは以下のとおりです
これはどう見ても旭日旗ではなく、大漁旗をイメージしたイラストでしょう
元記事が韓国語なので、いつものようにインターネットの掲示板「5ちゃんねる」に貼られた蚯蚓記者の翻訳から引用します

EiMYHoOUYAA3zNP.jpg


公式SNSイラストに右翼論議…“旭日旗おりて謝れ” vs “問題ない”
http://www.topstarnews.net/news/articleView.html?idxno=834441
日本のメディア会社ブシロードとクラフトエッグでサービス中のモバイル リズムゲーム「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」が時ならぬ旭日旗論議に包まれた。
「バンドリ!」公式ツイッターは去る17日夜、アニメ「ガルパ☆ピコ」の一場面をイラストにして公開した。公開されたイメージにはキャラクターの後にマグロが飛びはねる姿と共に太陽が昇る場面が入れられた。
しかし、背景の太陽の部分が、旭日旗を連想させることから右翼議論に包まれた。一部では帝国主義と関係ない大漁旗を象すると主張しているが、大多数の韓国ネチズンは、あえてそのようなイメージを使わなければならなかったのか、という意見を出している。
さらに「#ブシモ_謝れ」などのハッシュタグがTwitter上位にあがるほど波紋が大きい。
これに一部の日本ネチズンは「あれのどこが戦犯旗だ。国交断絶しよう」「伝統的に使う画像なのに、なぜ謝罪しなければならないのか」「謝罪なんてしない」「日本のことは気にするな」などの文をアップして問題ないという反応を見せている。
その上、「バンドリ!」には日本帝国主義美化議論があったボーカロイド曲「千本桜」が収録されたため、さらに不評だ。ただし、DCインサイドのバンドリギャラリーでは、これがなぜ議論になるのか分からない、という反応が主だっている。
一方、まだ「バンドリ!」側はこれに対して立場を表明していない。
(トップスターニュースの記事から引用)


韓国人の言い分をツイッターから拾っていくつか紹介しておきましょう。旭日旗であろうとなかろうと、旭日旗(旧日本軍を象徴する軍旗)を連想させるものは、ナチスの旗と同じく使用を禁止すべきだ、というのが彼らの言い分です

(大漁旗は)日本の文化かもしれないけど、韓国人には旭日旗にしか見えない。 公式で議論になりかねない写真を考えずに書いた。 それに対して怒るのは当たり前のことではないでしょうか。

韓国人も旭日旗と大漁旗の違いは知ってる。でも旭日旗と似ていたから韓国人の方は恐怖を感じた。だから運営は悪い謝罪するべき

ツイッターに載せてあるイラストは大漁旗というからそうだとしましょう。 それではアニメから出た戦犯はどう説明するつもりですか。

最後のツイートが何を言ってるのか、理解不能です
現時点で旭日旗の使用を禁止すべきだと騒いでいるのは韓国だけであり、例によってインチキな歴史観を開陳しナチスのハーケンクロイツと同等に禁止されるべきシンボルだと主張しています
ただし、韓国は嘘を100万回重ねれば真実になる、という国ですから、インチキな歴史観もそれを繰り返せば韓国人にとって真実となり、他国の人にもインチキな歴史観を押し付けようとします
なので、旭日旗の使用は全世界的に使用禁止にすべきと、韓国は騒ぎ続けているのであり、実に迷惑な話です
今回も騒動もゲーム会社は謝罪する必要など皆無であり、「イラストには何の問題もない」と主張すれば済むのです

(関連記事)
東京五輪で旭日旗を振るな、と書く朝日新聞
「旭日旗使用は問題なし」日本政府が韓国に反論
韓国済州島観艦式 海上自衛隊の旭日旗を問題視するメディア
RADWINPSの「HINOMARU(日の丸)」を注視 韓国メディア
アニメ「GATE 自衛隊彼の地~」を批判する韓国メディア
椎名林檎W杯応援歌を右翼的と批判する中韓
「米社会で毒キノコのように広まる旭日旗」と書く朝鮮日報
プレミアリーグでの旭日旗応援を敵視する韓国メディア
サッカー・アジア杯 韓国選手猿真似パフォーマンスで処分か?
韓国選手「猿真似」問題2 韓国メディアのおかしな釈明
韓国選手「猿真似」問題3 スコットランドメディア激怒
韓国選手「猿真似」問題4 韓国メディアと日本メディアの違い
韓国選手「猿真似」問題5 犬食い野郎と野次られたキ・ソヨン
「精神力では我々が上」と主張する韓国サッカーの敗北
アニメの「日の丸弁当」を目の敵にする韓国
韓国メディア 日本のアニメを使って「従軍慰安婦」の証拠を捏造
「反日なら何でもあり」の韓国
作家辺見庸「旭日旗の恐怖はアジアに焼き付いている」