「韓ドラの次はウェブ漫画が来る」という記事

FRIDAYの掲載記事で、児玉愛子という韓国コラムニストが書いた記事を取り上げます
韓国ドラマなどの情報に通じた人物なのでしょうが、今回取り上げる記事はあまりに低レベルであり、本当にプロのライターなのかしらんと思わざるを得ない内容です


韓ドラの次は「ウェブ漫画」?韓国のコンテンツ輸出の勝算と誤算
韓国の人気コンテンツといえば、すぐに思いつくのが韓国ドラマや韓国映画、K-POPだ。ドラマは『愛の不時着』『梨泰院(イテウォン)クラス』で新たなファン層を獲得。K-POPもBTSからNiziUまで、次々と人気グループを輩出している。
それに加えて急成長しているのが韓国の“ウェブ漫画”市場だ。今月公開の映画『ヒットマン エージェント:ジュン』でもクォン・サンウがウェブ漫画家を目指している。
漫画といえば、世界的に見ても日本が高いシェアを占めているが、ここ数年はスマホで気軽に読めるデジタルコミックが身近になっている。中でも注目を集めているのが韓国発のデジタルコミック“ウェブトゥーン”だという。
そのウェブトゥーンを無料で読めるアプリ「XOY」は2019年1月にLINEに移行。気づけばLINEの「LINEマンガ」とカカオトークの「ピッコマ」が日本のデジタルマンガ市場で熾烈な戦いを繰り広げていた。
作品には学歴至上主義や格差社会、外見がモノを言うお国柄だから整形もリアルに描かれる。LINEマンガでも人気の『外見至上主義』や『私は整形美人』が良い例だろう。
人気となったウェブトゥーンが韓国で映画化・ドラマ化されることも珍しくない。日本でも公開された映画『神と共に』や、Netflixで配信されている映画『チーズ・イン・ザ・トラップ』、Amazonプライム配信のドラマ『ミセン-未生-』もウェブトゥーン原作だ。
ウェブトゥーンにはもちろん課題もある。文化や風習が違うのでローカライズが簡単ではない。「XOY」で配信された『チーズ・イン・ザ・トラップ』は“兵役”関連の記述がすべてカットされ、残念がる声も聞かれた。
また、韓国映画にもなった『神と共に』は日本の漫画家によってリメイクされている。韓国の原作者は「自分の絵が下手すぎるためだ」とテレビ番組で説明し、「ウェブトゥーンには絵が下手な作品もある」と語った。
(以下、略)


まず、韓国のウェブトーン自体、どのくらい売上の規模であるのか、漫画家はどれくらい収入があるのか、何も取材しないまま記事を書いています。無料配信のアプリに乗っかっているだけで、収益構造が不鮮明であり、分からないことだらけです
児玉愛子は記事を書いていて、自分で疑問に思わないのでしょうか?
日本の漫画市場に占める韓国のウェブの割合は何%なのか、それすら提示されないまま「次は韓国のウェブ漫画が来る」と言われてもねえ
無料配信でも高収益を挙げられるようなビジネスモデルを採用しているのなら、そう書くべきでしょう
当ブログでも以前、韓国の人気ウェブ漫画がアニメ化されるとの記事を書いていますが、期待したほどの出来ではなく、日本のアニメファンの評価も厳しいみのでした。
上記の記事ではウェブ漫画をドラマ化、映画化して成功した作品もあるようですが、韓国のウェブ漫画を記事のまま「ヒット作の原石が眠る宝庫」のように扱うのはどうか、と思ってしまいます

(関連記事)
韓国の劇場版ホラーアニメ「奇々怪々整形水」が日本公開
https://05448081.at.webry.info/202011/article_23.html
韓国マンガ「NOBLESSE」アニメ化
アニメ「神之塔」の評価は
韓国の人気漫画「神之塔」アニメ化も放送予定は?
韓国アニメ「赤い靴と7人のドワーフ」
「ウェブ漫画の元祖は韓国」であり「文化強国」だと主張
韓国アニメの現在 「セミとマジックキューブ」
パクリまくりの韓国アニメ 「スペース・サンダー・キッズ」
酷評された韓国アニメ「クリスタル妖精ジスクォード」
朝鮮日報「結局、日本のアニメには追いつけないニダ」
「千と千尋」のパクリアニメ「月光宮殿」はどうなったか
韓国アニメ「月光の宮殿」は「千と千尋」のパクリか?
韓国アニメ「カイ~鏡湖の伝説~」コケる
韓国アニメのクリエーター「すぐには宮崎駿になれない」
日本の漫画を超えた韓国マンファ「プリースト」映画化
危機に直面した日本アニメ業界
日韓アニメ・マンガ市場の比較
「日本漫画の時代は終わった」と報じたメディア
マンガ強国をあきらめきれない韓国
韓国アニメーション 「千年狐ヨウビ」
日本に負けない韓国アニメ「Ghost Messenger」の出来は?
韓国のパクリ映画「リザレクション」
韓国のマンファ ストーリーが秀逸?
日本アニメの「雨の表現」に驚く韓国
韓国アニメ「ゴッド・オブ・ハイスクール」は成功するか?