政治学者白井聡 松任谷由実に「早く死んだほうが」と暴言

政治学者で京都精華大学講師の白井聡が、自身のフェイスブックに書き込んだ松任谷由実批判が炎上する騒ぎになっています
退陣表明をした安倍首相と親しい松任谷由実が、「会見を見て切なくなった」と発言したことを取り上げ、「醜態を晒している」とか、「老いとは残酷なもの」、「早く死んだほうがいい」などなど個人攻撃を展開したものです
誰がどの政治家を支持しようと、その人の価値観なり人生観があるわけで、松任谷由実が安倍首相を支持しても、それは彼女の価値観でしょう
しかし、左翼グループと結託して安倍政権批判を繰り広げてきた白井聡には、安倍首相を支持する松任谷由実も敵としか映らないようです
以下、J-CASTニュースの記事から一部、引用します


白井氏は2020年8月29日、松任谷さんのラジオ発言を伝えるスポーツ紙の記事を自らのフェイスブックに引用し、松任谷さんの旧姓を挙げてこう断言した。
松任谷さんは28日夜、ニッポン放送の番組「松任谷由実のオールナイトニッポンGOLD」で、安倍夫妻と仲がよいことから、辞任会見について「テレビでちょうど見ていて泣いちゃった。切なくて」と心境を明かした。安倍首相とは、プライベートでは同じ価値観を共有しているとして、今後については、「もっと自由にご飯に行ったりできるかな」と漏らしていた。
これに対し、白井氏は、フェイスブックで続けて、こう揶揄した。
「本当に、醜態をさらすより、早く死んだほうがいいと思いますよ。ご本人の名誉のために」
『永続敗戦論』『武器としての「資本論」』などの著書で知られる白井氏は、フェイスブックやツイッターなどで、安倍政権を批判・揶揄する発言を繰り返している。8月30日には「安倍政権の7年余りとは、日本史上の汚点である」と題する記事を朝日新聞の言論サイト「論座」に投稿し、ネット上で論議になった。
松任谷さんを非難したのは、こうした背景があるからだとみられている。
橋下徹氏なども言及「俺たちがやれば社会的に抹殺」
白井氏のフェイスブックには当初、白井氏に共感する人たちから「ユーミンも落ちたもんだ」「生活、人生をめちゃくちゃにされた国民の方が泣きたいよ」といった声がコメント欄に寄せられた。
これに対し、白井氏は、松任谷さんに対し、「老いとは残酷なものだ」「戦後日本の劣化と共に劣化していったということかもしれませんね」といった書き込みを同欄でしていた。
その後、ネット上で注目されて、コメント欄などには白井氏への批判が相次ぎ、「言っていいことと悪いことがある」「発言には強い嫌悪を感じます」「他者をねぎらう言葉さえ許されないとは」といった声が寄せられて炎上状態になっている。元大阪市長で弁護士の橋下徹氏も、ツイッターで、「こんな発言を俺たちがやれば社会的に抹殺だよ」などと苦言を呈した。
白井氏は、9月1日になってフェイスブックを更新し、次のような「声明」を出した。
「松任谷由実氏についての私の発言が、物議をかもしているということですが、削除いたしました。私は、ユーミン、特に荒井由実時代の音楽はかなり好きです(あるいは、でした)。それだけに、要するにがっかりしたのですよ。偉大なアーティストは同時に偉大な知性であって欲しかった。そういうわけで、つい乱暴なことを口走ってしまいました。反省いたします」
(以下、略)


フェイスブックの書き込みは削除した白井聡ですが、内心は不満で一杯なのでしょう
あの石垣のり子参議院議員の発言を彷彿とさせます
要するに「自分は悪くない。間違ったことは言ってない」との思いが根底にくすぶっているものと推測されます
白井聡は「偉大な詩人には偉大な知性を期待したくなってしまう。要するに私は、ひどくがっかりしたのです」と後で釈明しています。ならば「松任谷由実の発言に自分はがっかりしました」と端的に書けばよいのです。「早く死ね」は明らかに余計ですし、暴言でしょう
言論を武器に戦う政治学者にしてはお粗末すぎる失言であり、謝罪の仕方も醜悪です
この辺りも石垣のりこの下手な釈明とそっくりであり、似通った思考回路の持ち主であるのかもしれません
さて、42歳にして京都精華大学の専任講師という身の上の白井聡ですが、それで大丈夫なのかと心配になります。専任講師といえど給料は安いので、生活も不安定なのでは?
今回の舌禍事件で評価が下がり専任講師を解任されたりすれば、失業の危機を迎えるおそれもあるでしょう

(関連記事)
「ユーミン死ね」発言の白井聡を担ぐ韓国メディア
https://05448081.at.webry.info/202009/article_19.html
韓国メディア 「韓国叩き」の論拠に白井聡の「永続敗戦論」を引用
「永続敗戦論」でデモを煽る白井聡
内田・白井の「日本戦後史論」を称賛する韓国メディア
立民党石垣議員 安倍首相を揶揄し謝罪に追い込まれる
民間人を「ファシスト、レイシスト」攻撃 立憲民主党石垣のり子議員
「1日100円で安倍政権打倒」と言う経済学者
「安倍は人間じゃない」発言で野党結集を煽る山口二郎法政大学教授
安倍明恵の日本主義を批評する中島岳志
河野洋平が安倍政治を批判
SEALs奥田愛基をカリスマ視する週刊朝日
石田純一の「反知性主義」発言を考える

少年院出の15歳が殺人 あまりに短絡な犯行

福岡市のテナントビルの女性トイレで21歳の女性が刺殺され、少年院を仮退院したばかりの15歳の少年が逮捕されています
少年は8月26日に少年院(おそらく福岡少年院でしょう)を仮退院し、福岡県内の更生保護施設に入ったものの、そこから逃げ出し事件を起こしています
仮退院後に更生保護施設に身を寄せたということからして、親許に帰れない事情があったか、家庭が崩壊して保護者が不在であったと推測できます。つまり寄る辺ない身の上、なのでしょう
犯行は最初から女性を強姦するつもりで狙ったものであり、抵抗されたためカッとなって刺したと思われます
しかし、少年院を仮退院してすぐにこれだけの凶悪な事件を起こしたのですから、少年院では何を教育していたのか、と批判が起こるのは当然です


福岡市中央区の商業施設で8月28日夜に女性(21)が刺殺された事件で、現場で包丁を所持していたとして銃刀法違反容疑で現行犯逮捕された少年(15)が「女性を刺した。包丁は盗んだ」と説明していることが31日、捜査関係者への取材で分かった。福岡県警は同日、少年が中学3年に相当する年齢で、住民票上の住所は県外と発表した。
捜査関係者によると、少年は26日に九州の少年院から県内の更生保護施設に移り、27日夜に施設から失踪した。その後の行動について、少年は「バスに乗って福岡市に行った」と説明しているという。
県警によると、少年は「施設に戻るつもりはなかった」と供述。施設からの失踪時と逮捕時の所持金はなく、何らかの手段で現金を手に入れて、公共交通機関を利用したとみて調べる。
女性は28日午後7時35分ごろ、同市中央区地行浜2丁目の大型商業施設「マークイズ福岡ももち」1階の女子トイレで倒れているのが見つかった。
捜査関係者によると、女性は首など上半身を中心に10カ所以上の刺し傷や切り傷があり、大量に出血して血だまりがあった。遺体を外から運んできた形跡はなく、県警は女性がトイレ内で殺害された可能性が高いとみている。少年が持っていた包丁に付いた血液からは、女性のDNA型が検出された。
マークイズ福岡ももちは臨時休館を続けていたが、31日、事件から3日ぶりに営業を再開。出入り口を中心に警備員を増やし、警備体制を強化した。施設を訪れた80代女性は「事件当日も午前中に来ていたので、遭遇していたらと思うと怖い。ようやく営業再開してくれて良かった」と話した。
(西日本新聞の記事から引用)


この少年は仮退院する前から女性を強姦することばかり考え、自分の欲望をパンパンに膨らませていたのでしょう
そして何のためらいもなく、迷いもなく犯行に着手したと考えられます
女子トイレで女性を襲った後少年は包丁を手にしたまま店内をうろつき、買い物客が気づいて逃げ惑う中、転んでしまった小学生の女の子に包丁を突きつけています。そこを非番の消防署員が少年にタックルを食らわせ、取り押さえるに至ったという経緯です。自ら凶器を手放し、自首する気はなかったものと判断できます
さて、話が早いのですが、処分はどうなるのか、気になるところです
旧少年法では犯行時16歳未満の者については、死刑や無期懲役を科すことはできないと規定されていました。これが法改正により14歳以上の犯罪少年は刑事罰の対象となり、18歳未満の者については無期懲役に代わって言い渡せる有期懲役の上限を15年から20年に引き上げられています。少年の刑事裁判でよく用いられる不定期刑については、未成年者の場合「10年以下」という制限があったのが改正され、「10年から15年」になっています
本件の場合、殺人罪に問われる犯行ですから有期懲役なら上限は懲役20年となります

(関連記事)
ストーカー殺人の少年が出所後また殺人未遂
西尾ストーカー殺人の少年 出所後再犯で懲役1年8月
石巻3人殺傷事件を考える1 事件の状況など
石巻3人死傷事件を考える2 人格障害
石巻3人殺傷事件を考える6 死刑判決
石巻3人殺傷事件を考える7 死刑判決批判の愚
光市母子殺害事件 最高裁も死刑判決支持
光市母子殺害事件で福田死刑囚が再審請求
光市母子殺害犯 再審申し立てるも棄却
木曽川長良川連続リンチ殺人の少年被告3人に死刑判決
木曽川長良川連続リンチ殺人を考える 暴走する少年
木曽川長良川リンチ殺人を考える3 再審請求
4人を射殺した永山則夫を聖人視するメディア