車内に女児放置 竹内容疑者は何をしていたのか?

高松市で女児2人が乗用車内に長時間放置され死亡した事件で、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された母親の竹内麻理亜容疑者(26)への取り調べが続いています。竹内容疑者は頻繁に夜の街へ出かけ、飲み歩いていたようですが、夫には娘を連れて実家へ行くと嘘をついていたと判明しています
しかも、事件当日は男性と飲食を共にした後、男性宅に長時間滞在していたようですから、不倫関係があったものと勘ぐられるのもやむを得ないでしょう


■バー「週4日」
2人を放置した夜、何があったのか。
捜査関係者によると、竹内容疑者は9月2日夜、娘2人を連れて実家を訪れた後、再び娘と車に乗り込んだ。向かった先は市内の繁華街に近いコインパーキング。午後9時頃、娘2人を車内に残し、1人で飲食店のはしごを始めた。
3日午前3時頃、竹内容疑者は3軒目となるバーに入った。先に店内にいた知人男性らとともにハイボールを3杯飲み、午前5時半頃に店を出て、昼頃まで男性宅にいた。駐車場に戻ったのは、2人を放置した約15時間後だった。
バーの関係者によると、竹内容疑者は昨年秋から、多い時で週4日、夜中に来店。居合わせた客と歓談し、明け方になると「タクシーで帰る」と言い残して、店を後にしていたという。
竹内容疑者の夫は県警に「妻は週2、3回、実家に帰っていた」と説明。2~3日の行動についても、「飲んでいることは知らなかった」と話し、実家にいると認識していた。
■気温36度
県警が力を入れているのが、2人が放置された車内状況の解明だ。
高松市では放置された2日午後9時以降、気温が28度から下がらず、3日に竹内容疑者が119番した時は36度に達していた。
竹内容疑者は「エンジンをかけ、エアコンをつけたまま車を離れたが、戻ってみると止まっていた」と説明しているが、竹内容疑者が乗っていた車種について、日本自動車ジャーナリスト協会の菰田潔こもだきよし会長は「エンジンをかけたまま外からドアをロックすると、警笛で警告する機能はあるが、エンジンはそのまま作動し続ける。一定時間で自動的に切れる機能はない」とする。県警は、エンジンの作動状況や2人が残された約15時間の車内温度などについて、同型車による再現実験を重ね、解明を進める。
(読売新聞の記事から引用)


保護責任者遺棄致死罪は懲役3年以上、20年以下という幅の広い刑期が設定されています。より悪質な場合は殺人罪が適用されますので無期懲役もあり得ます
さて、竹内容疑者は夫に隠れて飲み歩いていたのであり、このままなら離婚確定でしょう。夫が育児に協力しなかったのか、何が理由であるかは不明ですが
夫の方は娘2人を死なせた妻に怒り心頭のはずであり、さらに不倫の疑いも加わりますので、妻を許す気にはなれないのでは?
夫から離婚を突きつけられ、刑事裁判では保護責任者遺棄致死罪で懲役20年を言い渡され、さらに夫からは民事訴訟で娘2人を殺されたとして慰謝料を請求されるかもしれません。過去の判例で保護責任者遺棄致死は被害者が1人の場合、懲役8年から10年の判決が多いようですが、今回は被害者が2人なので刑期を2倍と考えています
竹内容疑者が失うものはあまりに大きいわけです
しかし、それでも2人の幼子が惨たらしい死を迎えたことへの償いになるのかどうか
竹内容疑者は弁護士を立て、事件当時精神的に不安定な状態にあったと主張し(夫にも責任があったと付け加えて)、刑事裁判でなんとか減刑を引き出したいところでしょう

(関連記事)
車内に女児放置 最初から冷房使用せず
https://05448081.at.webry.info/202009/article_16.html
車に女児放置 死亡させた母親逮捕
大阪幼児餓死事件を考える1 厳しい家庭で育ったはずなのに
大阪幼児餓死事件を考える2 下村容疑者の生い立ち
大阪幼児餓死事件を考える3 こどもを抱えて迷走の果てに
大阪幼児餓死事件を考える4 遊び歩く母親
大阪幼児餓死事件を考える5 起訴前に精神鑑定
大阪幼児餓死事件を考える6 今も父は娘を拒絶
大阪幼児餓死事件を考える7 多重人格の可能性
大阪幼児餓死事件を考える8 多重人格を否定、起訴へ
大阪幼児餓死事件を考える9 下村早苗被告の裁判始まる
大阪幼児餓死事件を考える10 下村被告の実父が証言台に
大阪幼児餓死事件を考える11 中学時代にレイプ被害
大阪幼児餓死事件を考える12 控訴審でも懲役30年
西淀川虐待死事件 内夫に懲役12年の判決
里子を虐待・死亡させた声優に懲役9年の判決
里子を殴り殺した声優の事件を考える 続報
里親の声優が3歳児を殴り殺害した容疑で逮捕
北海道で山に子どもを置き去り 無事発見も謎だらけ
北海道で山に子どもを置き去り 父親の不可解な説明
北海道で山に子ども置き去り 「しつけのため」と釈明