中学教師体罰 全治3カ月の重傷で逮捕

いまどき生徒に体罰を加えた教師が逮捕されるという、時代錯誤みたいな事案が兵庫県宝塚市でありました
体罰は教師による暴力であり、怪我をさせたなら傷害という刑法犯になります
そんな当たり前のことをわきまえていない教師がまだいるのであり、唖然とさせられます


中学教諭、生徒の背骨折り逮捕
中学校の部活中、部員の男子生徒2人に体罰を加えてけがを負わせたとして、兵庫県警宝塚署は12日、傷害の疑いで、宝塚市立中学校教諭の男(50)=西宮市=を逮捕した。
逮捕容疑は、9月25日午後4時半ごろから約30分にわたり、同校の道場で、顧問を務める柔道部の1年生男子部員2人に対し、投げ技をかけて両頬を数回殴ったり、寝技をしつこくかけたりしてけがを負わせた疑い。12歳の生徒は背骨を折り全治約3カ月の重傷で、13歳の生徒は首に軽いけが。調べに対し、「おおむね間違いありません」と容疑を認めている。
同署によると、道場にある冷蔵庫で保管していたアイスクリームがなくなっていた事案が発生。男らが部員を対象に聞き取りをした結果、2人が食べたことを認めたため、部員らの前で暴行を加えたという。2人の両親が数日後に同署に相談。10月に入って被害届を出した。
同署によると男は2016年から同校で勤務。当時から柔道部の顧問を務めていたという。
宝塚市教育委員会によると、事案が起きた9月25日、学校側から市教委に報告があったという。
同校は10月12日午後7時から、保護者会を開いて説明。その後、午後9時すぎに同校から市教委に逮捕の連絡があったという。同市教委は「まずは事実確認を進めたい」とした。
宝塚市内では、今年6月にも市立中学校で女子生徒に対して厳しい指導をしたとして、生徒が所属する部活動の男性顧問が停職1カ月の処分を受けている。女子生徒は指導を受けた後に校舎から転落し、腕の骨を折る重傷を負った。
(神戸新聞の記事から引用)


記事では教師の名が伏せられていますが、上野宝博であると露見しています
背骨を折って全治約3カ月の重傷と記事には書かれているものの、別の報道によればコルセットで患部を固定し学校に通っていると伝えられており、怪我の程度には不明な点があります
ともあれ、どう見ても傷害事件であり、逮捕して身柄を取るのは警察として当然の対応でしょう(罪証隠滅のおそれや、逃亡のおそれがあるかどうかはともかく)
なので、事案はすでに中学校や教育委員会の手が届かないところに至ってるわけです。警察は必ず身柄付きで送検するはずです。今後、勾留するかどうかは検察の判断になります
上野宝博容疑者は過去にも体罰で訓告2回、減給処分1回があり、札付きの暴力教師と呼んで差し支えないでしょう
そのような人物を柔道部の顧問に据えていた学校長の判斷も適切であったか、問われなければなりません
率直に言って過去に3度、体罰で処分を受けているのですから教師としては不適格であり、早々に辞めさせるべき人物です。今回どのような刑事処分が下されるかはまだ分かりませんが、免職するのが相当です。でないと、次は生徒を柔道技で絞め殺すかもしれません
最悪の事態に至る前に教師を辞めさせ、生徒の命を守る必要があります
上野宝博のやっているのは教育ではなく、私怨による暴力です。それを彼自身抑えられないのですから、教師失格だと自分は思います

(関連記事)
中学体罰教師 上野宝博を懲戒免職
https://05448081.at.webry.info/202011/article_41.html
中学体罰教師 上野宝博を傷害で起訴
https://05448081.at.webry.info/202011/article_5.html
岩手県立高体罰事件を考える 顧問教師の責任は?
岩手県立高体罰事件を考える 生徒の自殺
桜宮高校体罰教師に執行猶予判決
桜宮高校自殺 元バスケ部顧問教師に4300万円賠償命令
桜宮高校体罰自殺で大阪市に賠償命じる判決
桜宮高校 体罰教師を咎めなかった事情
桜宮高校 体罰で生徒が自殺
大分竹田高校体罰死事件を考える 顧問の独善
児童を黒板に叩きつけた教師に有罪判決
児童の頭を黒板に叩きつけた教師 停職処分で辞任
児童を黒板に叩きつける 豊橋の小学校教諭
体罰教師 5度目で停職処分
聖カタリナ学園高校セクハラ教師を解雇
小学生バレーボール部監督 体罰で永久追放